Cost Management 規範の目的とビジネス上のリスクMotivations and business risks in the Cost Management discipline

この記事では、クラウド ガバナンス戦略でお客様が Cost Management の規範を一般的に採用する理由について説明します。This article discusses the reasons that customers typically adopt a Cost Management discipline within a cloud governance strategy. ポリシー ステートメントを追いやるビジネス リスクの例もいくつか示します。It also provides a few examples of business risks that drive policy statements.

関連性Relevance

コストの管理の観点から見ると、クラウドの導入はパラダイム シフトをもたらします。In terms of cost governance, cloud adoption creates a paradigm shift. 従来のオンプレミス環境でのコスト管理は、更新サイクル、データセンターの取得、ホストの更新、定期的なメンテナンスの問題に基づいています。Managing costs in a traditional on-premises world is based on refresh cycles, datacenter acquisitions, host renewals, and recurring maintenance issues. 年間の設備投資予算に合わせて、これらのコストを予測、計画、調整できます。You can forecast, plan, and refine these costs to align with annual capital expenditure budgets.

クラウド ソリューションでは、多くの企業はコスト管理に対してより事後対応型の手法を採用する傾向があります。For cloud solutions, many businesses tend to take a more reactive approach to cost management. 多くの場合、企業は一定のクラウド サービスを事前購入するか、使用のコミットを行います。In many cases, businesses will prepurchase, or commit to use, a set amount of cloud services. このモデルでは、特定のクラウド ベンダーでの支出に関してビジネスが計画する金額に基づいて割引を最大化することで、事前対応の計画されたコスト サイクルが認識されると想定しています。This model assumes that maximizing discounts, based on how much the business plans on spending with a specific cloud vendor, creates the perception of a proactive, planned cost cycle. その認識が現実のものになるのは、ビジネスにおいて成熟したコスト管理規範も実装している場合に限られます。That perception will only become reality if the business also implements a mature Cost Management discipline.

クラウドでは、従来のオンプレミスのデータセンターでは前例のないセルフ サービス機能を提供します。The cloud offers self-service capabilities that were previously unheard of in traditional on-premises datacenters. これらの新機能によって、ビジネスがより迅速に、より少ない制限で処理され、新しいテクノロジを採用しやすくなります。These new capabilities empower businesses to be more agile, less restrictive, and more open to adopt new technologies. セルフ サービスの欠点は、エンド ユーザーが割り当てられた予算を知らないうちに超える可能性があることです。The downside of self-service is that end users can unknowingly exceed allocated budgets. 逆に、同じユーザーが計画の変更を経験し、クラウド サービスの予測金額を意外に使用しない可能性もあります。Conversely, the same users can experience a change in plans and unexpectedly not use the amount of cloud services forecasted. どちらの方向にもシフトする可能性があるため、ガバナンス チーム内での Cost Management の規範に投資するだけの価値があります。The potential of shift in either direction justifies investment in a Cost Management discipline within the governance team.

ビジネス リスクBusiness risk

コスト管理規範で、クラウドベースのワークロードをホストする場合に発生する費用に関連するコア ビジネス リスクへの対処を試みます。The Cost Management discipline attempts to address core business risks related to expenses incurred when hosting cloud-based workloads. ビジネスとの連携により、これらのリスクを特定し、クラウドのデプロイを計画して実装したら、妥当性について各リスクを監視します。Work with your business to identify these risks and monitor each of them for relevance as you plan for and implement your cloud deployments.

リスクは組織によって異なりますが、クラウド ガバナンス チーム内でのディスカッションの開始点として使用できる一般的なコスト関連のリスクとして以下を利用できます。Risks will differ between organization, but the following serve as common cost-related risks that you can use as a starting point for discussions within your cloud governance team:

  • 予算管理: 予算を管理しないと、クラウド ベンダーとの間で過剰な支出が生じる可能性があります。Budget control: Not controlling budget can lead to excessive spending with a cloud vendor.
  • 使用の損失: 使用されないままの事前購入や事前コミットメントは、無駄な投資となる可能性があります。Utilization loss: Prepurchases or precommitments that go unused can result in lost investments.
  • 異常な支出: いずれかの方向への予期せぬ急上昇は、不適切な使用のインジケーターとなる可能性があります。Spending anomalies: Unexpected spikes in either direction can be indicators of improper usage.
  • オーバープロビジョニングされた資産: 資産がアプリケーションまたは仮想マシン (VM) のニーズを超える構成でデプロイされると、資産が無駄になる可能性があります。Overprovisioned assets: When assets are deployed in a configuration that exceed the needs of an application or virtual machine (VM), they can create waste.

次のステップNext steps

Cost Management ポリシー テンプレートを使用して、現在のクラウド導入計画によって生じる可能性が高いビジネス リスクを文書化します。Use the Cost Management policy template to document business risks that are likely to be introduced by the current cloud adoption plan.

現実的なビジネス リスクについて把握できたら、リスクに対する企業の許容範囲と、その許容範囲を監視するための指標と主なメトリックについて文書化することが、次の手順となります。After you've gained an understanding of realistic business risks, the next step is to document the business's tolerance for risk and the indicators and key metrics to monitor that tolerance.