複雑な企業向けのガバナンス ガイド: コスト管理の規範の改善Governance guide for complex enterprises: Improve the Cost Management discipline

この記事では、実行可能な最小限の製品 (MVP) ガバナンスにコスト管理を追加することで物語を進めます。This article advances the narrative by adding cost controls to the minimum viable product (MVP) governance.

物語を進めるAdvancing the narrative

導入は、ガバナンス MVP で定義されている許容値インジケーターを超えて拡大しました。Adoption has grown beyond the tolerance indicator defined in the governance MVP. 支出の増加により、支出パターンを監視して制御するために、クラウド ガバナンス チームが時間をかけて対応する必要が生じています。The increases in spending now justifies an investment of time from the cloud governance team to monitor and control spending patterns.

イノベーションの明確な推進力として、IT はもはや、多くの場合にコスト センターと見なされなくなっています。As a clear driver of innovation, IT is no longer seen primarily as a cost center. IT 組織がより多くの価値を提供するにつれ、CFO と CIO は、社内での IT の役割をシフトするのは今が最適であるという結論に至りました。As the IT organization delivers more value, the CIO and CFO agree that the time is right to shift the role IT plays in the company. その他の変更の中でも、CFO は、事業部門の 1 つのカナダ支店について、クラウド会計に対する直接支払いの方法をテストしたいと考えています。Among other changes, the CFO wants to test a direct pay approach to cloud accounting for the Canadian branch of one of the business units. 廃止された 2 つのデータ センターのうちの 1 つは、その事業部門のカナダの運用に関する資産を独占的にホストしていました。One of the two retired datacenters was exclusively hosted assets for that business unit's Canadian operations. このモデルでは、その事業部門のカナダ子会社が、ホストされている資産に関連する運営費について直接請求されます。In this model, the business unit's Canadian subsidiary will be billed directly for the operating expenses related to the hosted assets. このモデルにより、IT チームは他部門の支出の管理に重点を置くことなく、価値の創造に集中することができます。This model allows IT to focus less on managing someone else's spending and more on creating value. この切り替えを開始する前にコスト管理ツールを用意する必要があります。Before this transition can begin cost management tooling needs to be in place.

現在の状態の変化Changes in the current state

このストーリーの前の段階で、IT チームは保護されたデータを含む実稼働ワークロードを Azure に積極的に移動していました。In the previous phase of this narrative, the IT team was actively moving production workloads with protected data into Azure.

その後、以下に示すように、ガバナンスに影響を与えるいくつかの変化がありました。Since then, some things have changed that will affect governance:

  • 廃止のフラグが設定された 2 つのデータ センターから 5,000 個の資産が削除されました。5,000 assets have been removed from the two datacenters flagged for retirement. 調達と IT セキュリティ チームは現在、残りの物理的な資産をプロビジョニング解除しています。Procurement and IT security are now deprovisioning the remaining physical assets.
  • アプリケーション開発チームは、カスタマー エクスペリエンスに大きな影響を与える、複数のクラウドネイティブ アプリケーションをデプロイする CI/CD パイプラインを実装しました。The application development teams have implemented CI/CD pipelines to deploy some cloud-native applications, significantly affecting customer experiences.
  • BI チームは、集計、キュレーション、洞察、および予測の各プロセスを作成して、事業運営に目に見える利益をもたらしました。The BI team has created aggregation, curation, insight, and prediction processes driving tangible benefits for business operations. これらの予測により、独創的な新しい製品やサービスの創出が強化されるようになりました。Those predictions are now empowering creative new products and services.

将来の状態を段階的に改善するIncrementally improve the future state

コストの監視とレポートをクラウド ソリューションに追加する必要があります。Cost monitoring and reporting should be added to the cloud solution. レポートでは、クラウド コストを消費している機能に直接運営費を関連付ける必要があります。Reporting should tie direct operating expenses to the functions that are consuming the cloud costs. 追加のレポートにより、IT チームは支出を監視し、コスト管理に関する技術的なガイダンスを提供できます。Additional reporting should allow IT to monitor spending and provide technical guidance on cost management. カナダ支店では、該当の部門に直接請求されます。For the Canadian branch, the department will be billed directly.

リスクの変化Changes in risk

予算管理: セルフ サービス機能には、新しいプラットフォームでは過度の予期しないコストが生じるリスクがつきものです。Budget control: There is an inherent risk that self-service capabilities will result in excessive and unexpected costs on the new platform. コストを監視し、継続的なコスト リスクを軽減するためのガバナンス プロセスを実施し、計画した予算との継続的な整合を確保する必要があります。Governance processes for monitoring costs and mitigating ongoing cost risks must be in place to ensure continued alignment with the planned budget.

このビジネス リスクは、いくつかの技術的リスクへと拡大する可能性があります。This business risk can be expanded into a few technical risks:

  • 実際のコストが計画を超過するリスクがある。There is a risk of actual costs exceeding the plan.
  • ビジネス条件は変化します。Business conditions change. そうしたときには、ビジネス機能が予想より多くのクラウド サービスを消費する必要がある場合が存在し、それが異常な支出につながります。When they do, there will be cases when a business function needs to consume more cloud services than expected, leading to spending anomalies. こうした追加コストが計画に対する必要な調整とは対照的に超過分と見なされるリスクがあります。There is a risk that these additional costs will be considered overages as opposed to a required adjustment to the plan. カナダの試みは、成功した場合、このリスクの改善に役立つはずです。If successful, the Canadian experiment should help remediate this risk.
  • システムが過剰にプロビジョニングされ、過剰な支出が発生するリスクがある。There is a risk of systems being overprovisioned, resulting in excess spending.

ポリシー ステートメントの変化Changes to the policy statements

ポリシーに対する次の変更は、新しいリスクを修正して導入をガイドするのに役立ちます。The following changes to policy will help remediate the new risks and guide implementation.

  • すべてのクラウド コストは、毎週、クラウド ガバナンス チームが計画に対して監視する必要があります。All cloud costs should be monitored against plan on a weekly basis by the cloud governance team. クラウド コストと計画の間の差異に関するレポートは、毎月、IT リーダーと財務部門で共有する必要があります。Reporting on deviations between cloud costs and plan is to be shared with IT leadership and finance monthly. クラウド コストと計画のすべての更新は、毎月、IT リーダーと財務部門で確認する必要があります。All cloud costs and plan updates should be reviewed with IT leadership and finance monthly.
  • すべてのコストは、責任の所在を明らかにするため、特定の職務に割り当てる必要があります。All costs must be allocated to a business function for accountability purposes.
  • クラウド資産は、最適化の機会を探して継続的に監視する必要があります。Cloud assets should be continually monitored for optimization opportunities.
  • クラウド ガバナンス ツールでは、資産のサイズ変更オプションを、承認済みの構成リストに限定する必要があります。Cloud governance tooling must limit asset sizing options to an approved list of configurations. このツールにより、すべての資産がコスト監視ソリューションによって発見可能で、追跡されるようにする必要があります。The tooling must ensure that all assets are discoverable and tracked by the cost monitoring solution.
  • デプロイの計画時には、運用ワークロードのホスティングに関連付けられている必須のクラウド リソースがあれば、それを文書化する必要があります。During deployment planning, any required cloud resources associated with the hosting of production workloads should be documented. このドキュメントは、予算の精度を高め、より高価なオプションの使用を防ぐ追加の自動化ツールを準備するのに役立ちます。This documentation will help refine budgets and prepare additional automation tools to prevent the use of more expensive options. このプロセス中には、Azure Reserved Virtual Machine Instances やライセンス コストの削減など、クラウド プロバイダーが提供するさまざまな割引ツールについて検討する必要があります。During this process consideration should be given to different discounting tools offered by the cloud provider, such as Azure Reserved Virtual Machine Instances or license cost reductions.
  • すべてのアプリケーション所有者は、クラウド コストをより適切に管理するために、ワークロードの最適化実習のトレーニングに参加する必要があります。All application owners are required to attend trained on practices for optimizing workloads to better control cloud costs.

ベスト プラクティスの段階的な改善Incremental improvement of the best practices

記事のこのセクションでは、ガバナンス MVP の設計を改善して、新しい Azure ポリシーおよび Azure Cost Management と Billing の実装を含めます。This section of the article will improve the governance MVP design to include new Azure policies and an implementation of Azure Cost Management and Billing. これら 2 つの設計変更を組み合わせることで、会社の新しいポリシー ステートメントを実現します。Together, these two design changes will fulfill the new corporate policy statements.

  1. Azure エンタープライズ ポータルで、カナダのデプロイについて部門管理者に請求するように変更します。Make changes in the Azure enterprise portal to bill the department administrator for the Canadian deployment.
  2. Azure Cost Management と Billing を実装します。Implement Azure Cost Management and Billing.
    1. サブスクリプション パターンとリソース グループ化のパターンに合わせて適切なレベルのアクセス スコープを設定します。Establish the right level of access scope to align with the subscription pattern and resource grouping pattern. 以前の記事で定義したガバナンス MVP との整合を前提にすると、これには、高レベルのレポート作成を実行するクラウド ガバナンスチームの登録アカウントのスコープのアクセスが必要になります。Assuming alignment with the governance MVP defined in prior articles, this would require enrollment account scope access for the cloud governance team executing on high-level reporting. ガバナンス以外のその他のチーム (カナダの調達チームなど) には、リソース グループのスコープのアクセスが必要になります。Additional teams outside of governance, like the Canadian procurement team, will require resource group scope access.
    2. Azure Cost Management と Billing で予算を編成します。Establish a budget in Azure Cost Management and Billing.
    3. 初期の推奨事項を確認して対応します。Review and act on initial recommendations. レポート プロセスをサポートするために定期プロセスを作成します。Create a recurring process to support the reporting process.
    4. 初期用と繰り返し用の両方について、Azure Cost Management と Billing のレポートを構成して実行します。Configure and execute Azure Cost Management and Billing reporting, both initial and recurring.
  3. Azure Policy を更新します。Update Azure Policy.
    1. 偏差を識別するために、タグ付け、管理グループ、サブスクリプション、およびリソース グループの値を監査します。Audit tagging, management group, subscription, and resource group values to identify any deviation.
    2. SKU サイズ オプションを確定して、デプロイ計画ドキュメントに記載されている SKU にデプロイを制限します。Establish SKU size options to limit deployments to SKUs listed in deployment planning documentation.

まとめConclusion

上記のプロセスおよび変更をガバナンス MVP に追加することで、コスト ガバナンスに関連した多くのリスクを改善しやすくなります。Adding the above processes and changes to the governance MVP helps remediate many of the risks associated with cost governance. 同時に、コスト管理に必要な可視性、説明責任、および最適化が実現します。Together, they create the visibility, accountability, and optimization needed to control costs.

次のステップNext steps

クラウド導入が拡大し、ビジネス価値が高まる一方で、リスクやクラウド ガバナンスのニーズも変わります。As cloud adoption grows and delivers additional business value, risks and cloud governance needs will also change. この架空の企業にとっての次の手順は、このガバナンス投資を利用して複数のクラウドを管理することです。For this fictional company, the next step is using this governance investment to manage multiple clouds.