クラウド導入フレームワークにおける KubernetesKubernetes in the Cloud Adoption Framework

ツール、プログラム、コンテンツ (ベスト プラクティス、構成テンプレート、アーキテクチャ ガイダンス) を含む規範的なフレームワークをレビューして、大規模な Kubernetes とクラウド ネイティブ プラクティスの導入を簡略化します。Review a prescriptive framework that includes the tools, programs, and content (best practices, configuration templates, and architecture guidance) to simplify adoption of Kubernetes and cloud-native practices at scale.

必要なアクションの一覧は、概念実証から実稼働、さらに拡大縮小と最適化まで、Kubernetes でのアプリケーションのデプロイを成功させるためのペルソナ別に分類されています。The list of required actions is categorized by persona to drive a successful deployment of applications on Kubernetes, from proof of concept to production, then scaling and optimization.

はじめにGet started

クラウド導入ライフサイクルのこのフェーズの準備として、次の演習を使用します。To prepare for this phase of the cloud adoption lifecycle, use the following exercises:

  • アプリケーションの開発とデプロイ:アプリケーション開発のパターンとプラクティスを確認し、CI/CD パイプラインを構成し、サイト信頼性エンジニアリング (SRE) のベスト プラクティスを実装します。Application development and deployment: Examine patterns and practices of application development, configure CI/CD pipelines, and implement site reliability engineering (SRE) best practices.
  • クラスターの設計と操作:クラスター構成とネットワーク設計を特定します。Cluster design and operations: Identify for cluster configuration and network design. インフラストラクチャのプロビジョニングを自動化することで、将来のスケーラビリティに対応します。Ensure future scalability by automating infrastructure provisioning. 事業継続とディザスター リカバリーを計画することで、高可用性を維持します。Maintain high availability by planning for business continuity and disaster recovery.
  • クラスターとアプリケーションのセキュリティ:Kubernetes のセキュリティの基本について理解を深めます。Cluster and application security: Familiarize yourself with Kubernetes security essentials. クラスターのセキュリティ保護設定とアプリケーションのセキュリティに関するガイダンスを確認します。Review the secure setup for clusters and application security guidance.