クラウド管理のためのワークロードの特殊化Workload specialization for cloud management

ワークロードの特殊化は、プラットフォームの特殊化の記事に記載されている概念に基づいています。Workload specialization builds on the concepts outlined in Platform Specialization.

クラウド管理ベースラインを越えるもの

  • ワークロードの運用: ワークロードの運用ごとの最大の投資と、最高レベルの回復性。Workload operations: The largest per-workload operations investment and highest degree of resiliency. ビジネス価値を促進するワークロードの約 20% にワークロードの運用を推奨します。We suggest workload operations for the approximately 20% of workloads that drive business value. 通常、この特殊化は、高い重要度またはミッション クリティカルなワークロード用に予約されています。This specialization is usually reserved for high criticality or mission-critical workloads.
  • プラットフォームの運用: 運用の投資は多数のワークロードに分散されています。Platform operations: Operations investment is spread across many workloads. 回復性の向上は、定義されたプラットフォームを利用するすべてのワークロードに影響します。Resiliency improvements affect all workloads that use the defined platform. 重要度が最も高いプラットフォームの約 20% に対してプラットフォームの運用を推奨します。We suggest platform operations for the approximately 20% of platforms that have the highest criticality. 通常、この特殊化は、中程度から高い重要度のワークロード用に予約されています。This specialization is usually reserved for medium to high criticality workloads.
  • 改善された管理ベースライン: 相対的に最小限の運用の投資。Enhanced management baseline: The relatively lowest operations investment. この特殊化では、追加のクラウドネイティブの運用ツールとプロセスを使用して、ビジネス コミットメントがわずかに改善されます。This specialization slightly improves business commitments by using additional cloud-native operations tools and processes.

プロセスの概要High-level process

ワークロードの特殊化は、反復的なアプローチで次の 4 つのプロセスの規範的な実行で構成されます。Workload specialization consists of a disciplined execution of the following four processes in an iterative approach. 各プロセスの詳細については、プラットフォームの特殊化に関する記事を参照してください。Each process is explained in more detail in Platform Specialization.

  • システム設計を改善する: 中断を効果的に最小限に抑えるために、特定のワークロードの設計を改善します。Improve system design: Improve the design of a specific workload to effectively minimize interruptions.
  • 修復を自動化する: 一部の改善は費用効果が高くありません。Automate remediation: Some improvements aren't cost effective. このような場合、修復を自動化し、中断の影響を抑える方が合理的です。In such cases, it might make more sense to automate remediation and reduce the effect of interruptions.
  • ソリューションをスケーリングする: システム設計と自動修復を改善したら、サービス カタログを使用してそれらの変更を環境全体にスケーリングできます。Scale the solution: As you improve systems design and automated remediation, you can scale those changes across the environment through the service catalog.
  • 継続的な改善: さまざまな監視ツールを使用して、段階的な改善点を見つけることができます。Continuous improvement: You can use different monitoring tools to discover incremental improvements. これらの改善点は、システム設計、自動化、スケーリングの次のパスで対処できます。These improvements can be addressed in the next pass of system design, automation, and scale.

文化の変化Cultural change

多くの場合、ワークロードの特殊化によって、管理ベースライン、強化されたベースライン、プラットフォーム操作の提供に焦点を当てた従来の IT ビルド プロセスに文化の変化がもたらされます。Workload specialization often triggers a cultural change in traditional IT build processes that focus on delivering a management baseline, enhanced baselines, and platform operations. このような種類のオファリングは、環境全体にスケーリングできます。Those types of offerings can be scaled across the environment. ワークロードの特殊化は、プラットフォームの特殊化と実行方法が似ています。Workload specialization is similar in execution to platform specialization. ただし、一般的なプラットフォームとは異なり、個々のワークロードに必要な特殊化は、多くの場合、スケーリングされません。But unlike common platforms, the specialization required by individual workloads often doesn't scale.

ワークロードの特殊化が必要な場合、運用管理は一般に一元化された IT の観点を越えて進化します。When workload specialization is required, operational management commonly evolves beyond a centralized IT perspective. クラウド導入フレームワークで提案されているアプローチは、クラウド管理機能の分散です。The approach suggested in Cloud Adoption Framework is a distribution of cloud management functionality.

このモデルでは、監視、デプロイ、DevOps、およびその他の技術革新に焦点を当てた機能などの運用タスクは、アプリケーション開発またはビジネスユニット組織に移行します。In this model, operational tasks like monitoring, deployment, DevOps, and other innovation-focused functions shift to an application-development or business-unit organization. クラウド プラットフォーム チームとコア クラウド監視チームは、引き続き環境全体の管理ベースラインを提供します。The cloud platform team and the core cloud monitoring team still delivers on the management baseline across the environment.

これらの一元化されたチームは、ワークロードの専門チームにワークロードの操作を指導および指示します。Those centralized teams also guide and instruct workload-specialized teams on operations of their workloads. しかし、毎日の運用の責任は、IT の外部で管理されるクラウド管理チームにあります。But the day-to-day operational responsibility falls on a cloud management team that is managed outside of IT. この種類の分散コントロールは、クラウドのセンター オブ エクセレンスの成熟度を示す主要指標の 1 つです。This type of distributed control is one of the primary indicators of maturity in a cloud center of excellence.

プラットフォームの特殊化を越えるもの: Application InsightsBeyond platform specialization: Application Insights

明確なワークロード操作を行うには、特定のワークロードの詳細が必要です。Greater detail on the specific workload is required to provide clear workload operations. 継続的な改善フェーズの間、Application Insights をクラウド管理ツールチェーンに追加する必要があります。During the continuous improvement phase, Application Insights will be a necessary addition to the cloud management toolchain.

要件Requirement ツールTool 目的Purpose
アプリケーションの監視Application monitoring Application InsightsApplication Insights アプリの監視と診断Monitoring and diagnostics for apps
パフォーマンス、可用性、使用状況Performance, availability, and usage Application InsightsApplication Insights アプリケーション ダッシュボード、複合マップ、使用状況、トレースを使用した高度なアプリケーション監視Advanced application monitoring with the application dashboard, composite maps, usage, and tracing

Application Insights のデプロイDeploy Application Insights

  1. Azure portal 内で、 [Application Insights] に移動します。In the Azure portal, go to Application Insights.
  2. [+ 追加] を選択して、ライブ Web アプリケーションを監視するための Application Insights リソースを作成します。Select + Add to create an Application Insights resource to monitor your live web application.
  3. 画面の指示に従います。Follow the on-screen prompts.

監視用にアプリケーションを構成する方法については、Azure Monitor Application Insights ハブのページを参照してください。See the Azure Monitor Application Insights hub for guidance on configuring your application for monitoring.

パフォーマンス、可用性、使用状況を監視するMonitor performance, availability, and usage

  1. Azure portal で Application Insights を検索します。In the Azure portal, search for Application Insights.
  2. 一覧から Application Insights リソースのいずれかを選択します。Choose one of the Application Insights resources from the list.

Application Insights には、パフォーマンス、可用性、使用状況、および依存関係を監視するためのさまざまなオプションが含まれています。Application Insights contains different kinds of options for monitoring performance, availability, usage, and dependencies. こうしたアプリケーション データの各ビューを使用すると、継続的な改善のフィードバック ループが明確になります。Each of these views of the application data provides clarity into the continuous-improvement feedback loop.