フェーズ 2:Azure サーバー管理サービスへのオンボードPhase 2: Onboarding Azure server management services

Azure 管理サービスに関連するツール計画について理解したら、2 番目のフェーズの準備ができています。After you're familiar with the tools and planning involved in Azure management services, you're ready for the second phase. フェーズ 2 では、これらのサービスを Azure リソースと共に使用するためにオンボードする手順について説明します。Phase 2 provides step-by-step guidance for onboarding these services for use with your Azure resources. このオンボード プロセスを環境内で広く採用する前に、それを評価することから開始します。Start by evaluating this onboarding process before adopting it broadly in your environment.

注意

このガイドの以降のセクションで説明する自動化アプローチでは、クラウドにサーバーがまだデプロイされていないデプロイを対象とします。The automation approaches discussed in later sections of this guidance are meant for deployments that don't already have servers deployed to the cloud. これには、必要なすべてのリソースとポリシーを作成するためのサブスクリプションに対する所有者の役割が必要です。They require that you have the Owner role on a subscription to create all the required resources and policies. Log Analytics ワークスペースと Automation アカウントを既に作成してある場合は、オートメーションのサンプル スクリプトを開始するときに、これらのリソースを適切なパラメーター内で渡すことをお勧めします。If you've already created Log Analytics workspaces and Automation accounts, we recommend that you pass these resources in the appropriate parameters when you start the example automation scripts.

オンボード プロセスOnboarding processes

ガイドのこのセクションでは、Azure 仮想マシンとオンプレミス サーバーの両方を対象に、次のオンボーディング プロセスについて説明します。This section of the guidance covers the following onboarding processes for both Azure virtual machines and on-premises servers:

  • ポータルを使用して評価のために単一の VM 上の管理サービスを有効にしますEnable management services on a single VM for evaluation by using the portal. このプロセスを使用して、Azure サーバー管理サービスを理解します。Use this process to familiarize yourself with the Azure server management services.
  • ポータルを使用してサブスクリプション用の管理サービスを構成しますConfigure management services for a subscription by using the portal. このプロセスは、プロビジョニングされた新しい VM によって管理サービスが自動的に使用されるように Azure 環境を構成するのに役立ちます。This process helps you configure the Azure environment so that any new VMs that are provisioned will automatically use management services. スクリプトやコマンド ラインより Azure portal のエクスペリエンスを好む場合は、このアプローチを使用します。Use this approach if you prefer the Azure portal experience to scripts and command lines.
  • Azure Automation を使用してサブスクリプション用の管理サービスを構成しますConfigure management services for a subscription by using Azure Automation. このプロセスは完全に自動化されます。This process is fully automated. サブスクリプションの作成だけ行います。新しくプロビジョニングされた VM に対して管理サービスを使用する環境はスクリプトによって構成されます。Just create a subscription, and the scripts will configure the environment to use management services for any newly provisioned VM. このアプローチは、PowerShell スクリプトと Azure Resource Manager テンプレートに精通しているか、それらの使い方を学習したい場合に使用します。Use this approach if you're familiar with PowerShell scripts and Azure Resource Manager templates, or if you want to learn to use them.

これらのアプローチの手順はそれぞれ異なります。The procedures for each of these approaches are different.

注意

Azure portal を使用する場合、オンボード手順の順番は自動オンボード手順の場合と異なります。When you use the Azure portal, the sequence of onboarding steps differs from the automated onboarding steps. ポータルでは、よりシンプルなオンボード エクスペリエンスが提供されます。The portal offers a simpler onboarding experience.

次の図は、管理サービスに対して推奨されるデプロイ モデルを示しています。The following diagram shows the recommended deployment model for management services:

推奨されるデプロイ モデルの図

上の図に示すように、Log Analytics エージェントには、オンプレミス サーバー用に 2 つの構成があります。As shown in the preceding diagram, the Log Analytics agent has two configurations for on-premises servers:

  • 自動登録: Log Analytics エージェントがサーバーにインストールされ、ワークスペースに接続するように構成されている場合に、そのワークスペース上で有効になっているソリューションがサーバーに自動的に適用されます。Auto-enroll: When the Log Analytics agent is installed on a server and configured to connect to a workspace, the solutions that are enabled on that workspace are applied to the server automatically.
  • オプトイン: エージェントがインストールされ、ワークスペースに接続されている場合でも、ワークスペース内のサーバーのスコープ構成に追加されていない限りソリューションは適用されません。Opt-in: Even if the agent is installed and connected to the workspace, the solution isn't applied unless it's added to the server's scope configuration in the workspace.

次のステップNext steps

オンボード プロセスを評価するためにポータルを使用して単一の VM をオンボードする方法を確認します。Learn how to onboard a single VM by using the portal to evaluate the onboarding process.