クラウドでの運用管理プラクティスの確立Establish operational management practices in the cloud

クラウドの導入は、ビジネス価値を実現するための触媒です。Cloud adoption is a catalyst for enabling business value. ただし、真のビジネス価値は、クラウドにデプロイされるテクノロジ資産の進行中の安定した運用によって実現されます。However, real business value is realized through ongoing, stable operations of the technology assets deployed to the cloud. クラウド導入フレームワークのこのセクションでは、クラウドでの運用管理へのさまざまな移行について説明します。This section of the Cloud Adoption Framework guides you through various transitions into operational management in the cloud.

実施可能なベスト プラクティスActionable best practices

最新の運用管理ソリューションでは、運用のマルチクラウド ビューを作成します。Modern operations management solutions create a multicloud view of operations. 次のベスト プラクティスによって管理される資産は、クラウド、既存のデータセンター、または競合するクラウド プロバイダーにさえ存在する場合があります。Assets managed through the following best practices may live in the cloud, in an existing datacenter, or even in a competing cloud provider. 現在、フレームワークには、クラウドでの運用管理の成熟度を説明する 2 つのベスト プラクティス リファレンスがあります。Currently, the framework includes two best-practices references to guide operations management maturity in the cloud:

  • Azure サーバー管理:運用管理に必要なクラウドネイティブ ツールとサービスを組み込むためのオンボーディング ガイドです。Azure server management: An onboarding guide to incorporating the cloud-native tools and services needed to manage operations.
  • ハイブリッド監視:多くのお客様は、System Center Operations Manager にかなりの投資を既に行ってきました。Hybrid monitoring: Many customers have already made a substantial investment in System Center Operations Manager. これらのお客様の場合、ハイブリッド監視のこのガイドによって、クラウドネイティブのレポート作成ツールを Operations Manager のツールと比較したり、照らし合わせたりできます。For those customers, this guide to hybrid monitoring can help them compare and contrast the cloud-native reporting tools with Operations Manager tooling. この比較により、運用管理にどのツールを使用するかをより簡単に決定できるようになります。This comparison makes it easier to decide which tools to use for operational management.

クラウド操作Cloud operations

これらのベスト プラクティスは、次の図に示すように、いずれも運用管理の将来の状態の方法論を目指すものです。Both of these best practices build toward a future-state methodology for operations management, as illustrated in the following diagram:

クラウド導入フレームワークの管理手法

ビジネスの整合: 管理メソドロジでは、すべてのワークロードは重要度およびビジネス価値によって分類されます。Business alignment: In the Manage methodology, all workloads are classified by criticality and business value. 次に、この分類は、影響分析によって測定されます。ここでは、パフォーマンスの低下やビジネスの中断に関連付けられている失われた価値を計算します。That classification can then be measured through an impact analysis, which calculates the lost value associated with performance degradation or business interruptions. その具体的な収益への影響を使用して、クラウド運用チームは事業部門と協力して、コストとパフォーマンスのバランスを取るコミットメントを確立できます。Using that tangible revenue impact, cloud operations teams can work with the business to establish a commitment that balances cost and performance.

クラウド運用の規範: ビジネスが整合された後は、各ワークロードのクラウド運用の適切な規範の追跡と報告はずっと簡単になります。Cloud operations disciplines: After the business is aligned, it's much easier to track and report on the proper disciplines of cloud operations for each workload. 次に、各規範に沿った決定を、事業部門が簡単に理解できるコミットメント期間に変換できます。Making decisions along each discipline can then be converted to commitment terms that can be easily understood by the business. この連携アプローチにより、ビジネス利害関係者を、コストとパフォーマンスの適切なバランスを見つけるためのパートナーにすることができます。This collaborative approach makes the business stakeholder a partner in finding the right balance between cost and performance.

  • インベントリと可視性: 少なくとも、運用管理には、資産のインベントリ作成と、各資産の実行状態を可視化するための手段が必要になります。Inventory and visibility: At a minimum, operations management requires a means of inventorying assets and creating visibility into the run state of each asset.
  • 運用のコンプライアンス: 資産の構成、サイズ、コスト、およびパフォーマンスを定期的に管理することが、期待どおりのパフォーマンスを維持するための鍵です。Operational compliance: Regular management of configuration, sizing, cost, and performance of assets is key to maintaining performance expectations.
  • 保護と復旧: 運用の中断を最小限に抑えることと、回復を迅速に進めることは、企業の業績悪化や収益への悪影響を避けるために役立ちます。Protect and recover: Minimizing operational interruptions and expediting recovery help the business avoid performance losses and adverse revenue impacts. 検出と回復は、この規範の重要な側面です。Detection and recovery are essential aspects of this discipline.
  • プラットフォームの運用: すべての IT 環境には、一連のよく使用されるプラットフォームが含まれます。Platform operations: All IT environments contain a set of commonly used platforms. これらのプラットフォームには、SQL Server や Azure HDInsights などのデータ ストアを含めることができます。Those platforms could include data stores such as SQL Server or Azure HDInsight. その他の一般的なプラットフォームには、Azure Kubernetes Service (AKS) などのコンテナー ソリューションを含めることができます。Other common platforms could include container solutions such as Azure Kubernetes Service (AKS). プラットフォームに関係なく、プラットフォームの運用の成熟度では、一般的なプラットフォームがワークロードによってどのようにデプロイ、構成、および使用されるかに基づいた運用のカスタマイズに注目します。Regardless of the platform, platform operations maturity focuses on customizing operations based on how the common platforms are deployed, configured, and used by workloads.
  • ワークロードの運用: 運用の成熟度の最も高いレベルでは、クラウド運用チームは重要なワークロードの運用を調整することができます。Workload operations: At the highest level of operational maturity, cloud operations teams can tune operations for critical workloads. そのようなワークロードの場合、使用可能なデータが、ワークロードをその使用に基づいて自動修復、サイズ変更、または保護するのに役立ちます。For those workloads, available data can assist in automating the remediation, sizing, or protection of workloads based on their utilization.

Microsoft Azure Well-Architected Framework など、その他のガイダンスは、前述の規範内で、各ワークロードについて詳細なアーキテクチャ上の決定を下すうえで役立ちます。Additional guidance, such as the Microsoft Azure Well-Architected Framework, can help you make detailed architectural decisions about each workload, within the previously described disciplines.

クラウド導入フレームワークのこのセクションは、前出の各トピックに基づいた内容であり、組織内のクラウド運用を成熟させるために役立ちます。This section of the Cloud Adoption Framework will build on each of the preceding topics to help promote mature cloud operations within your organization.