クラウドの IT 管理と運用IT management and operations in the cloud

企業がクラウドベースのモデルに移行するとき、適切な管理と運用の重要性はいくら強調しても足りないくらいです。As a business moves to a cloud-based model, the importance of proper management and operations can't be overstated. 残念ながら、クラウドファーストの運用モデルの構築で成功するために必要となる IT 管理の変更について準備している組織は多くありません。Unfortunately, few organizations are prepared for the IT management shift that's required for success in building a cloud-first operating model. クラウド導入フレームワークに関するこのセクションでは、クラウドでの成功を証明した運用モデル、プロセス、ツールについて説明します。This section of the Cloud Adoption Framework outlines the operating model, processes, and tooling that have proven successful in the cloud. これらの各分野では、企業がクラウドの導入を開始する際に IT の運用と管理を考察する点で些細でありながら根本的な変化が見られます。Each of these areas represents a minor but fundamental change in the way the business should view IT operations and management as it begins to adopt the cloud.

IT 管理の簡単な歴史Brief history of IT management

クラウドに先立ち、IT 管理は単純な調達役割から発展しました。Before the cloud, IT management grew from a simple acquisition function. ビジネス プロセスをサポートする技術機材を取得するとき、特定の機材ベンダー グループに関する専門知識や豊富な経験が必要でした。Acquisition of technical equipment to support business processes required technical expertise and deep experience with a specific group of equipment vendors. IT 管理により、IT 資産の選択、取得、構成が統合されました。IT management consolidated the selection, acquisition, and configuration of IT assets. 一般的に、取得された資産には、ストレージ、計算処理能力、ネットワークのほか、目的のビジネス機能を動かすために必要となる他の同様の資産がありました。Generally, the acquired assets included storage, computing power, networking, and other similar assets that are required to power the desired business function. 機材に関する主要題目の専門家として、IT には、パフォーマンスを最大化し、事業の中断を最小限に抑えるように機材を運用する仕事も与えられました。As the primary subject matter experts on the equipment, IT was also tasked with operating the equipment to ensure maximum performance and minimal business disruptions.

企業は、新しいテクノロジ ソリューションを構築する際に明確なニーズがあります。それによって、資産の取得、さらに完全なデーセンターの構築に関連する相当な費用を正当化できます。When the business builds out new technology solutions, it has a clear need that can justify the significant expenses associated with acquiring assets, or even building out full datacenters. ソリューションの構築時に、企業は取得コストを将来への投資と見なします。When it builds solutions, the business sees the acquisition costs as an investment in the future. 企業のニーズが満たされると、同じコストに対する見方が変わります。After the business need is met, the perception of the same costs shifts. 既存ソリューションに関連するコストは、過去のニーズから生まれた運用の妨げと見なされます。Costs that are associated with existing solutions are seen as operational drag that's created by past needs. 多くの企業が IT を原価中心点と見なす理由はこの認識にあります。That perception is why many businesses view IT as a cost center. これは、多くの IT 組織が IT スタッフを対象に通常のコスト制御やコスト削減を実施する理由でもあります。It's also why many IT organizations experience regular cost-control exercises or reductions in IT staff.

クラウド管理Cloud management

この歴史的 IT 運用モデルは 20 年以上十分な能力を発揮しました。The historical IT operating model was sufficient for over 20 years. しかしながら、今ではこのモデルは時代遅れとなり、クラウドファーストの代替に比べ、望ましくありません。But that model is now outdated and is less desirable than cloud-first alternatives. IT 管理チームは、クラウドに移行する際に、このモデルについて再考し、企業のためにより大きな価値を引き出す機会を得ます。When IT management teams move to the cloud, they have an opportunity to rethink this model and drive greater value for the business. この記事シリーズでは、IT 管理の最新モデルについて説明します。This article series outlines a modernized model of IT management.

クラウド導入フレームワークの管理手法

次のステップNext steps

新しいクラウド管理モデルの理解を深めるには、ビジネス アラインメントの理解から始めてください。For a deeper understanding of the new cloud management model, start with Understand business alignment.