クラウド管理におけるビジネスの重要度Business criticality in cloud management

すべてのビジネスにおいて、あまりに重要なために失敗できないワークロードがいくつか存在します。Across every business, there exist a small number of workloads that are too important to fail. これらのワークロードは、ミッション クリティカルと見なされます。These workloads are considered mission critical. このようなワークロードで停止やパフォーマンスの低下が発生すると、企業全体で収益と収益性への悪影響が感じられる可能性があります。When those workloads experience outages or performance degradation, the adverse impact on revenue and profitability can be felt across the entire company.

その対極には、数か月も使用されることのないワークロードもあります。At the other end of the spectrum, some workloads can go months at a time without being used. このようなワークロードのパフォーマンス低下や停止は望ましくありませんが、その影響は切り離されており限定的です。Poor performance or outages for those workloads is not desirable, but the impact is isolated and limited.

IT ポートフォリオ内の各ワークロードの重要度を理解することは、クラウド管理への相互的なコミットメントへの最初の一歩となります。Understanding the criticality of each workload in the IT portfolio is the first step toward establishing mutual commitments to cloud management. 次の図は、従うべき重要度スケールとビジネスで行われる標準的なコミットメントとの一般的な関係を示しています。The following diagram illustrates a common alignment between the criticality scale to follow and the standard commitments made by the business.

重要度と管理レベルの関係

重要度スケールCriticality scale

ビジネスの重要度の調整作業の最初の手順は、重要度スケールの作成です。The first step in any business criticality alignment effort is to create a criticality scale. 次の表に、独自のスケールを作成するための参照またはテンプレートとして使用できるスケールのサンプルを示します。The following table presents a sample scale to be used as a reference, or template, for creating your own scale.

重要度Criticality ビジネス ビューBusiness view
ミッション クリティカルMission-critical 企業の業務に影響を及ぼします。また、企業の利益と損失に影響を与える可能性があります。Affects the company's mission and might noticeably affect corporate profit-and-loss statements.
ユニット クリティカルUnit-critical 特定の事業ユニットの業務と、その損益計算書に影響します。Affects the mission of a specific business unit and its profit-and-loss statements.
High 業務の妨げにはなりませんが、重要度の高いプロセスに影響を与えます。Might not hinder the mission, but affects high-importance processes. 停止した場合は、測定可能な損失を定量化できます。Measurable losses can be quantified in the case of outages.
MediumMedium プロセスへの影響が生じる可能性があります。Impact on processes is likely. 損失は少ないか見当もつきませんが、ブランドの毀損やアップストリームの損失が発生する可能性があります。Losses are low or immeasurable, but brand damage or upstream losses are likely.
Low ビジネス プロセスへの影響は測定できません。Impact on business processes isn't measurable. ブランドの毀損やアップストリームの損失の可能性はありません。Neither brand damage nor upstream losses are likely. 1 つのチームに局地的な影響が及ぶ可能性があります。Localized impact on a single team is likely.
サポートされていないUnsupported このワークロードに関連付けられたビジネス所有者、チーム、またはプロセスは、ワークロードの継続的な管理への投資を正当化できません。No business owner, team, or process that's associated with this workload can justify any investment in the ongoing management of the workload.

業界、業種、または特定のビジネス プロセスに固有の重要度の分類を企業が追加で含めることは一般的です。It's common for businesses to include additional criticality classifications that are specific to their industry, vertical, or specific business processes. 追加の分類の例を次に示します。Examples of additional classifications include:

  • コンプライアンスクリティカル: 規制の厳しい業界では、コンプライアンス要件を維持するための取り組みの一環として、一部のワークロードが重要になる場合があります。Compliance-critical: In heavily regulated industries, some workloads might be critical as part of an effort to maintain compliance requirements.
  • セキュリティクリティカル: 一部のワークロードはミッション クリティカルでない場合がありますが、停止によってデータが失われたり、保護された情報への意図しないアクセスが発生したりする可能性があります。Security-critical: Some workloads might not be mission critical, but outages could result in loss of data or unintended access to protected information.
  • 安全性クリティカル: 停止中に従業員や顧客の生命または物理的な安全が危険にさらされる場合は、ワークロードを安全性クリティカルとして分類することをお勧めします。Safety-critical: When lives or the physical safety of employees and customers is at risk during an outage, it can be wise to classify workloads as safety-critical.

正確な重要度の重要性Importance of accurate criticality

このクラウド導入プロセスの後半では、クラウド管理チームがこの分類を使用して、調整された重要度レベルを満たすために必要な作業量を決定します。Later in the cloud-adoption process, the cloud management team will use this classification to determine the amount of effort required to meet aligned levels of criticality. オンプレミス環境では、運用管理は、多くの場合、中央で購入され、必要な企業負担のように扱われるため、追加の事業費はほとんどまたはまったくかかりません。In on-premises environments, operations management is often purchased centrally and treated as a necessary business burden, with little or no additional operating costs. すべてのクラウド サービスと同様に、運用管理は月単位の運用コストとして資産ごとに購入されます。Like all cloud services, operations management is purchased on a per-asset basis as monthly operating costs.

クラウドでの運用管理には明確かつ直接的なコストがあるため、コストと必要な重要度のスケールを適切に調整することが重要です。Because there's a clear and direct cost to operations management in the cloud, it's important to properly align costs and desired criticality scales.

既定の重要度の選択Select a default criticality

ポートフォリオ内のすべてのワークロードの最初のレビューには時間がかかる場合があります。An initial review of every workload in the portfolio can be time consuming. この取り組みが、より広範なクラウド戦略の妨げにならないように、すべてのワークロードに適用する既定の重要度についてチームが合意することをお勧めします。To ensure that this effort doesn't block your broader cloud strategy, we recommend that your teams agree on a default criticality to apply to all workloads.

前述の重要度スケールの表に基づいて、重要度 "" を既定値として採用することをお勧めします。Based on the preceding criticality-scale table, we recommend that you adopt medium criticality as the default. そうすることで、クラウド戦略チームは、より高いレベルの重要度を必要とするワークロードをすばやく特定できます。Doing so will allow your cloud strategy team to quickly identify workloads that require a higher level of criticality.

テンプレートを使用するUse the template

運用管理ブックを使用してクラウド管理を計画している場合は、次の手順が適用されます。The following steps apply if you're using the operations management workbook to plan for cloud management.

  1. Scale ワークシートで重要度スケールを記録します。Record the criticality scale in the Scale worksheet.
  2. Example ワークシートまたは Clean Template ワークシートの各ワークロードを更新して、Criticality 列に既定の重要度を反映させます。Update each workload in either the Example worksheet or the Clean Template worksheet to reflect the default criticality in the Criticality column.
  3. 業務では、既定の重要度の誤差を反映するために正しい値を入力する必要があります。The business should enter the correct values to reflect any deviations from the default criticality.

次のステップNext steps

チームがビジネスの重要度を定義すると、ビジネスへの影響を計算および記録できるようになります。After your team has defined business criticality, you can calculate and record business impact.