クラウド管理の規範にわたる管理の平準化Management leveling across cloud management disciplines

どのような環境においても適切な管理の鍵となるのは、一貫性のある反復可能なプロセスです。The keys to proper management in any environment are consistency and repeatable processes. Azure で実行できる操作には、無限の選択肢があります。There are endless of options for the things that can be done in Azure. 同様に、クラウドの管理にも無数の手法があります。Likewise, there are countless approaches to cloud management. 一貫性と再現性を確保するには、これらのオプションを、クラウドでホストされるワークロード向けに提供される一貫した管理プロセスおよびツールのセットに絞り込むことが重要です。To provide consistency and repeatability, it's important to narrow those options to a consistent set of management processes and tools that will be offered for workloads hosted in the cloud.

推奨される管理レベルSuggested management levels

IT ポートフォリオ内のワークロードは異なるため、1 つのレベルの管理で各ワークロードに対応できるとは言えません。Because the workloads in your IT portfolio vary, it's unlikely that a single level of management will suffice for each workload. さまざまなワークロードとビジネス コミットメントをサポートするために、クラウド運用チームまたはプラットフォーム運用チームが、いくつかのレベルの運用管理を確立することをお勧めします。To help you support a variety of workloads and business commitments, we suggest that your cloud operations team or platform operations team establish a few levels of operations management.

クラウド導入フレームワークで管理レベルと成熟度を管理する

開始点として、前の図に示され、次の一覧で提案されている管理レベルを設定することを検討してください。As a starting point, consider establishing the management levels that are shown in the preceding diagram and suggested in the following list:

  • 管理ベースライン: クラウド管理ベースライン (または管理ベースライン) は、Azure のすべてのクラウド管理の基盤となる、定義済みのツール、プロセス、および一貫した価格から成る定義済みのセットです。Management baseline: A cloud management baseline (or management baseline) is a defined set of tools, processes, and consistent pricing that serve as the foundation for all cloud management in Azure. クラウド管理ベースラインを確立し、ビジネスのベースライン オファリングに含めるツールを決定するには、「クラウド管理の規範」セクションの一覧を確認してください。To establish a cloud management baseline and determine which tools to include in the baseline offering to your business, review the list in the "Cloud management disciplines" section.
  • 拡張ベースライン: 一部のワークロードでは、1 つのプラットフォームやワークロードに必ずしも固有でないベースラインの強化が必要になることがあります。Enhanced baseline: Some workloads might require enhancements to the baseline that aren't necessarily specific to a single platform or workload. これらの強化はすべてのワークロードにとってコスト効果が高いわけではありませんが、任意のワークロードで追加の管理サポート コストに見合うだけの効果を発揮するプロセス、ツール、ソリューションが存在します。Although these enhancements aren't cost effective for every workload, there should be common processes, tools, and solutions for any workload that can justify the cost of the extra management support.
  • プラットフォームの特化: 特定の環境では、いくつかの一般的なプラットフォームがさまざまなワークロードで使用されます。Platform specialization: In any given environment, some common platforms are used by a variety of workloads. この一般的なアーキテクチャの共通性は、企業がクラウドを採用した場合も変わりません。This general architectural commonality doesn't change when businesses adopt the cloud. プラットフォームの特殊化は、データおよびアーキテクチャ分野の専門知識を適用して、より高度な運用管理を実現する高いレベルの管理です。Platform specialization is an elevated level of management that applies data and architectural subject matter expertise to provide a higher level of operational management. プラットフォームの特殊化の例には、SQL Server、Containers、Active Directory などのサービスに固有の管理機能があります。これらのサービスは一貫性のある反復可能なプロセス、ツール、アーキテクチャによってより適切に管理することができます。Examples of platform specialization would include management functions specific to SQL Server, Containers, Active Directory, or other services that can be better managed through consistent, repeatable processes, tools, and architectures.
  • ワークロードの特化: 真にミッション クリティカルなこれらのワークロードについては、そのワークロードの管理に深くかかわる経費の正当化になる場合があります。Workload specialization: For workloads that are truly mission critical, there might be a cost justification to go much deeper into the management of that workload. ワークロードの特殊化では、ワークロードの利用統計情報を適用して、日々の管理のためのより高度なアプローチを決定します。Workload specialization applies workload telemetry to determine more advanced approaches to daily management. その同じデータによって、運用管理だけでは実現できない、安定性、信頼性、回復性の向上につながるオートメーション、デプロイ、設計の改善点が見つかることもよくあります。That same data often identifies automation, deployment, and design improvements that would lead to greater stability, reliability, and resiliency beyond what's possible with operational management alone.
  • サポート外: サポートされていないまたは重要でないと分類されているワークロードについても、クラウド管理の規範では伝えられない一般的な管理プロセスを伝えることも同様に重要です。Unsupported: It's equally important to communicate common management processes that won't be delivered through cloud management disciplines for workloads that are classified as not supported or not critical.

また、組織では、これらの管理レベルの 1 つ以上に関連した機能をサービス プロバイダーに外部委託することもできます。Organizations might also choose to outsource functions related to one or more of these management levels to a service provider. これらのサービス プロバイダーでは、Azure Lighthouse を使用して、より的確な精度と透明性を提供することができます。These service providers can use Azure Lighthouse to provide greater precision and transparency.

このシリーズの残りの記事では、これらの各規範でよく見られるプロセスについて概説します。The remaining articles in this series outline processes that are commonly found within each of these disciplines. 同時に、Azure 管理ガイドでは、これらの各プロセスをサポートできるツールを紹介します。In parallel, the Azure Management Guide demonstrates the tools that can support each of those processes. 管理ベースラインの作成のサポートについては、まず Azure 管理ガイドから始めてください。For assistance with building your management baseline, start with the Azure Management Guide. ベースラインを確立したら、この記事シリーズとそれに付随するベスト プラクティスは、そのベースラインを拡張して他のレベルの管理サポートを定義するのに役立ちます。After you've established the baseline, this article series and the accompanying best practices can help expand that baseline to define other levels of management support.

クラウド管理の規範Cloud management disciplines

推奨される各管理レベルでは、さまざまなクラウド管理の規範が求められる可能性があります。Each suggested management level can call on a variety of cloud management disciplines. ただし、このマッピングは、適切なレベルのクラウド管理を実現するために推奨されるプロセスやツールを簡単に見つけることができるように設計されています。However, the mapping is designed to make it easier to find the suggested processes and tools to deliver on the appropriate level of cloud management.

ほとんどの場合、前述の "管理ベースライン レベル" は、次の分野のプロセスとツールで構成されています。In most cases, the previously discussed management baseline level consists of processes and tools from the following disciplines. いずれの場合も、"拡張ベースライン機能" を示すためにいくつかのプロセスとツールが強調されています。In each case, a few processes and tools are highlighted to demonstrate enhanced baseline functions.

  • インベントリと可視性: 少なくとも、管理ベースラインには、資産のインベントリ作成と、各資産の実行状態を可視化するための手段が用意されている必要があります。Inventory and visibility: At a minimum, a management baseline should include a means of inventorying assets and creating visibility into the run state of each asset.
  • 運用のコンプライアンス: 資産の構成、サイズ、コスト、およびパフォーマンスを定期的に管理することが、期待どおりのパフォーマンスと管理ベースラインを維持するための鍵となります。Operational compliance: Regular management of configuration, sizing, cost, and performance of assets is key to maintaining performance expectations and a management baseline.
  • 保護と復旧: 運用の中断を最小限に抑えることと、回復を迅速に進めることは、パフォーマンスの低下や収益への影響の回避に役立ちます。Protect and recover: Minimizing operational interruptions and expediting recovery can help you avoid performance losses and revenue impacts. 検出と回復は、管理ベースラインにおけるこの規範の重要な側面です。Detection and recovery are essential aspects of this discipline within any management baseline.

このプラットフォームの特殊化管理レベルは、プラットフォームの運用規範に対応したプロセスとツールから取得されます。The platform specialization level of management pulls from the processes and tools that are aligned with the platform operations disciplines. 同様に、ワークロードの特殊化管理レベルは、ワークロードの運用規範に対応したプロセスとツールから取得されます。Likewise, the workload specialization level of management pulls from the processes and tools that are aligned with the workload operations disciplines.

次のステップNext steps

クラウド管理の各レベルを定義するための次の手順では、インベントリと可視性を理解します。The next step toward defining each level of cloud management is an understanding of inventory and visibility.