クラウド監視ガイド: はじめにCloud monitoring guide: Introduction

クラウドは、企業によるテクノロジ リソースの調達と利用の方法を根本的に変えます。The cloud fundamentally changes how enterprises procure and use technology resources. 以前は、インフラストラクチャからソフトウェアまで、あらゆるレベルのテクノロジの所有権と責任が企業にあることが前提になっていました。In the past, enterprises assumed ownership of and responsibility for all levels of technology, from infrastructure to software. 今では、クラウドによって、企業は必要に応じてリソースをプロビジョニングして使用できる可能性があります。Now, the cloud offers the potential for enterprises to provision and consume resources as needed.

設計の選択という点から言えば、クラウドはほぼ無制限の柔軟性をもたらしますが、企業が求めているのは、一貫性のある実証済みのクラウド テクノロジ導入手法です。Although the cloud offers nearly unlimited flexibility in terms of design choices, enterprises seek proven and consistent methodology for the adoption of cloud technologies. クラウド導入の目標もタイムラインも企業ごとに異なるため、1 つのアプローチですべての導入に対応することはほぼ不可能です。Each enterprise has different goals and timelines for cloud adoption, making a one-size-fits-all approach to adoption nearly impossible.

クラウド導入戦略の図

このデジタル変革は、お使いのインフラストラクチャ、ワークロード、およびアプリケーションを最新化する機会でもあります。This digital transformation also enables an opportunity to modernize your infrastructure, workloads, and applications. ビジネスの戦略と目標によっては、オンプレミスからクラウドでの完全な運用への移行の一環として、ハイブリッド クラウド モデルを導入する可能性が高くなります。Depending on business strategy and objectives, adopting a hybrid cloud model is likely part of the migration journey from on-premises to operating fully in the cloud. この変革の過程で、IT チームには、クラウドからすぐに得られる利点を導入し具現化することが求められます。During this journey, IT teams are challenged to adopt and realize rapid value from the cloud. また、IT チームは Azure に移行するアプリケーションやサービスを効果的に監視しつつ、効果的な IT 運用と DevOps を維持できる方法を見つけ出すことも求められます。IT must also understand how to effectively monitor the application or service that's migrating to Azure, and continue to deliver effective IT operations and DevOps.

利害関係者は、クラウドベースのサービスとしてのソフトウェア (SaaS) 監視と管理ツールの活用を求めています。Stakeholders want to use cloud-based, software as a service (SaaS) monitoring and management tools. 彼らは、エンドツーエンドの可視性を確保し、コストを削減し、インフラストラクチャや従来のソフトウェアベース IT 運用ツールのメンテナンスへの対応を減らすために、サービスやソリューションによって何が提供されるかを理解する必要があります。They need to understand what services and solutions deliver to achieve end-to-end visibility, reduce costs, and focus less on infrastructure and maintenance of traditional software-based IT operations tools.

しかし、IT 部門としては、これまでに多大な投資を行ってきたツールを使用したいと考えることでしょう。However, IT often prefers to use the tools they've already made a significant investment in. この方法では両方のクラウド モデルを監視するためのサービス運用プロセスをサポートしつつ、最終的に SaaS ベースのサービスへの移行を目標にできます。This approach supports their service operations processes to monitor both cloud models, with the eventual goal of transitioning to a SaaS-based offering. IT 部門がこの方法を好む理由は、切り替えのために計画に時間がかかったり、リソースや資金がかかったりすることだけではありません。IT prefers this approach not only because it takes time, planning, resources, and funding to switch. どの製品または Azure サービスが移行を実現するのに適しているのか、あるいは適用できるのかについて当惑してしまうためでもあります。It's also because of confusion about which products or Azure services are appropriate or applicable to achieve the transition.

このガイドの目的は、エンタープライズ IT マネージャー、ビジネス意思決定者、アプリケーション アーキテクト、およびアプリケーション開発者が次のことを理解できるように、詳細なリファレンスを提供することにあります。The goal of this guide is to provide a detailed reference to help enterprise IT managers, business decision makers, application architects, and application developers understand:

  • Azure 監視プラットフォーム、およびその機能の概要と比較Azure monitoring platforms, with an overview and comparison of their capabilities.
  • ハイブリッド、プライベート、および Azure ネイティブのワークロードの監視に最適なソリューションThe best-fit solution for monitoring hybrid, private, and Azure native workloads.
  • インフラストラクチャとアプリケーションの両方をエンドツーエンドで監視するための推奨されるアプローチ。The recommended end-to-end monitoring approach for both infrastructure and applications. このアプローチには、これらの一般的なワークロードを Azure に移行するためのデプロイ可能なソリューションも含まれます。This approach includes deployable solutions for migrating these common workloads to Azure.

このガイドは、個々の Azure サービスやソリューションを使用または構成するためのハウツー記事ではありませんが、該当する場合や利用可能な場合には、それらのソースが参照されます。This guide isn't a how-to article for using or configuring individual Azure services and solutions, but it does reference those sources when they're applicable or available. これを読むことで、ベスト プラクティスとパターンに従ってワークロードを正しく処理する方法を理解できます。After you've read it, you'll understand how to successfully operate a workload by following best practices and patterns.

Azure Monitor と System Center Operations Manager に精通していない場合に、それらを比類のないものにしている要素と、それらの比較について理解を深めたい場合は、監視プラットフォームの概要に関するページを参照してください。If you're unfamiliar with Azure Monitor and System Center Operations Manager, and you want to get a better understanding of what makes them unique and how they compare to each other, review the Overview of our monitoring platforms.

対象ユーザーAudience

このガイドは主に、エンタープライズ管理者、IT 運用、IT セキュリティとコンプライアンス、アプリケーション アーキテクト、ワークロード開発所有者、およびワークロード操作所有者を対象としています。This guide is useful primarily for enterprise administrators, IT operations, IT security and compliance, application architects, workload development owners, and workload operations owners.

本書の構成How this guide is structured

この記事はシリーズの一部です。This article is part of a series. 次の記事は、次の順で、まとめて読まれるように作られています。The following articles are meant to be read together, in order:

製品およびサービスProducts and services

Azure、お客様の企業ネットワーク、その他のクラウド プロバイダーでホストされているさまざまなリソースを監視、管理するためのいくつかのソフトウェアとサービスを利用できます。A few software and services are available to help you monitor and manage a variety of resources that are hosted in Azure, your corporate network, or other cloud providers. これらは次のとおりです。They are:

このガイドの最初のバージョンでは、現在の監視プラットフォームについて説明します。Azure Monitor と System Center Operations Manager。This first version of the guide covers our current monitoring platforms: Azure Monitor and System Center Operations Manager. また、各クラウド デプロイ モデルを監視するための推奨される戦略についても概説します。It also outlines our recommended strategy for monitoring each of the cloud deployment models. また、データ収集とアラートをはじめとする、監視に関する推奨事項の最初のセットも含まれています。Also included is the first set of monitoring recommendations, starting with data collection and alerting.

次のステップNext steps