クラウド導入フレームワークにおけるクラウド移行Cloud migration in the Cloud Adoption Framework

大企業規模のクラウド導入計画には、新しいビジネス ロジックの開発に大きな投資を約束できないワークロードが含まれます。Any enterprise-scale cloud adoption plan, will include workloads that do not warrant significant investments in the creation of new business logic. そのようなワークロードは、リフト アンド シフト、シフト アンド オプティマイズ、モダナイズなど、さまざまな方法でクラウドに移すことができます。Those workloads could be moved to the cloud through any number of approaches: lift and shift; lift and optimize; or modernize. これらの各方法は移行と見なされます。Each of these approaches is considered a migration. 次の演習は、そのようなワークロードを評価、移行、最適化、セキュリティ保護、管理するための反復プロセスの構築に役立ちます。The following exercises will help establish the iterative processes to assess, migrate, optimize, secure, and manage those workloads.

クラウド導入ライフサイクルのこのフェーズを準備するために、以下が推奨されます。To prepare you for this phase of the cloud adoption lifecycle, we recommend the following:

     


最初のワークロードを移行する:「Azure 移行ガイド」を使用して、Azure のネイティブ ツールと移行アプローチについて理解を深めてください。Migrate your first workload: Use the Azure migration guide to become familiar with the Azure native tools and approach to migration.


移行シナリオ:追加の移行ツールとアプローチを使用して、その他の移行シナリオに対処します。Migration scenarios: Use additional migration tools and approaches to act on other migration scenarios.


ベスト プラクティス:一貫したベスト プラクティスの適用によって、移行の一般的なニーズに対処します。Best practices: Address common migration needs through the application of consistent best practices.


プロセス改善:移行はプロセス負荷の高い行為です。Process improvements: Migration is a process heavy activity. 移行作業の増加に応じて、これらのプロセス改善を使用して、移行のさまざまな側面を評価し、成熟させてください。As migration efforts scale, use these process improvements to evaluate and mature various aspects of migration.

移行手法と上記の手順は、次の前提に基づいています。The Migrate methodology and the steps above build on the following assumptions:

  • 移行スプリントを管理する手法は移行のウェーブまたはリリースに収まり、計画、準備、リリースの手法を使用して定義されます。The methodology governing migration sprints fits within migration waves or releases, which are defined using the Plan, Ready, and Adopt methodologies. 各移行スプリント内で、ワークロードのバッチがクラウドに移行されます。Within each migration sprint, a batch of workloads is migrated to the cloud.
  • ワークロードを移行する前に、短期的なクラウド導入計画のニーズを満たすために、少なくとも 1 つのランディング ゾーンが識別、構成、およびデプロイされています。Before migrating workloads, at least one landing zone has been identified, configured, and deployed to meet the needs of the near-term cloud adoption plan.
  • 移行は、通常、"リフト アンド シフト" または "再ホスト" と いう用語に関連しています。Migration is commonly associated with the terms lift and shift or rehost. この手法と上記の手順は、純粋な再ホスト アプローチを使用してデータセンターを移行しない (移行するワークロードはわずかである) という信念を基に構築されています。This methodology and the above steps are built on the belief that no datacenter and few workloads should be migrated using a pure rehost approach. 多くのワークロードを再ホストできますが、お客様は各ワークロード内の特定の資産を最新化することを選択することが多くなります。While many workloads can be rehosted, customers more often choose to modernize specific assets within each workload. この反復プロセスでは、速度と最新化のバランスが共通の論点となります。During this iterative process, the balance between speed and modernization is a common discussion point.

移行作業Migration effort

ワークロードを移行するために必要な作業は、一般に各ワークロードにつき、ワークロードの評価、ワークロードのデプロイ、ワークロードのリリースの 3 種類の作業に分類されます。The effort required to migrate workloads generally falls into three types of effort (or phases) for each workload: assess workloads, deploy workloads, and release workloads. クラウド導入フレームワークのこのセクションでは、ワークロードを運用環境に移行するために必要な各フェーズからのリターンを最大化する方法について説明します。This section of the Cloud Adoption Framework teaches readers how to maximize the return from each phase required to migrate a workload to production.

2 週間かかる標準のイテレーションの中で、経験豊富な移行チームは、2 つから 5 つの複雑さが低いまたは中程度のワークロードについて、このプロセスを完了できます。In a standard two-week long iteration, an experienced migration team can complete this process for 2-5 workloads of low-medium complexity. SAP などのより複雑なワークロードでは、1 つのワークロードの移行作業の 3 つのフェーズすべてを完了するのに、2 週間のイテレーションが複数回必要になる場合があります。More complex workloads, such as SAP, may take several two-week iterations to complete all three phases of migration effort for a single workload. 経験と複雑さは両方とも、タイムラインと移行速度に大きな影響を与えます。Experience and complexity both have a significant impact on timelines and migration velocity.

クラウド導入フレームワークの移行作業

次の箇条書きは、このプロセス (上図) の各フェーズの概要を示しています。The following bullets provide an overview of the phases of this process (pictured above):

  • ワークロードの評価: コスト、最新化、デプロイ ツールを評価するためのワークロードを評価します。Assess workloads: Assess workloads to evaluate cost, modernization, and deployment tooling. このプロセスでは、合理化のオプションについてさらに詳しく調べることで、以前の検出と評価で立てた仮説を検証するまたは異議を唱えることに焦点を当てます。This process focuses on validating or challenging the assumptions made during earlier discovery and assessments by looking more closely at rationalization options. また、このときに、移行後のワークロードで技術的な成功を確実に収められるよう、ユーザー パターンと依存関係をより詳しく調査します。This is also when user patterns and dependencies are studied more closely to ensure workloads will achieve technical success after migration.
  • ワークロードのデプロイ: ワークロードが評価されると、それらのワークロードの既存の機能がクラウド内でレプリケート (または強化) されます。Deploy workloads: After workloads are assessed, the existing functionality of those workloads is replicated (or improved) in the cloud. これには、クラウドへの "リフト アンド シフト" や "再ホスト" が含まれます。This could involve a lift and shift or rehost to the cloud. しかしより一般的には、このフェーズの間に、これらのワークロードをサポートする資産の多くがクラウドの利点を活用できるように最新化されます。But more commonly during this phase, many of the assets supporting these workloads will be modernized to capitalize on the benefits of the cloud.
  • ワークロードのリリース: 機能がクラウドにレプリケートされると、継続的な運用のためにワークロードをテスト、最適化、文書化、リリースできます。Release workloads: Once functionality is replicated to the cloud, workloads can be tested, optimized, documented, and released for ongoing operations. このプロセスで重要なのは、移行されたワークロードをレビューして、それらのワークロードを継続的にサポートできるようにガバナンス チーム、運用管理チーム、およびセキュリティ チームに渡す作業です。Critical during this process, is the effort to review the migrated workloads and hand them off to governance, operations management, and security teams for ongoing support of those workloads.

注意

移行作業の最初のほうのイテレーションでは、スコープを 1 つのワークロードに制限するのが一般的です。In some early iterations of migration effort, it is common to limit scope to a single workload. このアプローチにより、スキルのリテンション期間が最大化されるので、チームはより多くの時間をかけて実験して学ぶことができます。This approach maximizes skills retention and provides the team with more time to experiment and learn.

注意

移行ファクトリを構築する際、チームによっては上記のフェーズを複数のチームやスプリントにわたって分散することを選択する場合があります。When building a migration factory, some teams may choose to disperse each of the above phases across multiple teams and multiple sprints. このアプローチにより、再現性を高め、移行作業を高速化できます。This approach can improve repeatability and accelerate migration efforts.

移行ウェーブと反復的な変更管理Migration waves and iterative change management

移行のイテレーションでは、資産とワークロードを移行することによって技術的価値を提供します。Migration iterations deliver technical value by migrating assets and workloads. 移行ウェーブは、具体的で測定可能なビジネス価値を提供する、ワークロードの最小のコレクションです。A migration wave is the smallest collection of workloads that deliver tangible and measurable business value. 各イテレーションの結果、完了した技術的な作業を大まかにまとめたレポートが作成されます。Each iteration should result in a report outlining the technical efforts completed. ただし、ビジネスの変更や戦略の計画は、一般に若干高いレベルで行われます。However, business change and strategic planning typically happen at a slightly higher level. クラウド導入チームが移行作業に取り組む間、クラウド戦略チームはその次に行われる 1 つか 2 つの移行ウェーブを計画することに注力します。As the cloud adoption team delivers on the migration effort, the cloud strategy team focuses on planning the next 1-2 migration waves. また、クラウド戦略チームは、ビジネス価値を実現するためのタイムラインをより把握できるように、学習メトリックとして技術的な進行状況を追跡します。The cloud strategy team also tracks technical progress as a learning metric to better understand the timelines for realizing business value. その点において、移行ウェーブはビジネスの結果、担当者、およびタイムラインを追跡するための反復的な変更管理アプローチです。In that regard, migration waves are the iterative change management approach to tracking business outcomes, people, and timelines.

前のセクションの図に示すように、クラウド導入フレームワークの計画手法準備手法、一部の戦略手法におけるプロセスは、移行ウェーブの計画と管理に関するガイダンスを提供します。As outlined in the graphic in the prior section, processes within the Plan methodology, the Ready methodology, and to some extent the Strategy methodology of the Cloud Adoption Framework provide guidance on planning and managing the migration waves. これらのウェーブを管理することで、技術チームによって行われる移行作業の優先順位と定義が決まります。The management of those waves will prioritize and define the migration effort to be delivered by the technical teams.

次のステップNext steps

前述の手順と、後続の移行手法で紹介するガイダンスは、各移行スプリント内のプロセスを向上させるスキルを開発するのに役立てることができます。The steps outlined above, and subsequent guidance in the Migrate methodology, can help you develop skills to improve processes within each migration sprint. Azure 移行ガイドは最初の移行ウェーブで必要とされる最も一般的なツールと方法について概説した一連の記事です。The Azure migration guide is a brief series of articles that outlines the most common tools and approaches needed during your first migration wave.