オンプレミスの Linux アプリケーションを Azure VM と Azure Database for MySQL にリホストするRehost an on-premises Linux application to Azure VMs and Azure Database for MySQL

この記事では、Contoso という架空の会社が、LAMP ベースの 2 層アプリケーションをリホストし、Azure Virtual Machines (VM) と Azure Database for MySQL を使用して、それをオンプレミスから Azure に移行する方法について説明します。This article shows how the fictional company Contoso rehosts a two-tier LAMP-based application and migrates it from on-premises to Azure by using Azure Virtual Machines (VMs) and Azure Database for MySQL.

この例で使用されるサービス デスク アプリケーションである osTicket は、オープンソースとして提供されています。The service desk application used in this example, osTicket, is provided as open source. 独自のテストに使用する場合は、GitHub からダウンロードできます。If you want to use it for your own testing, you can download it from GitHub.

ビジネス ドライバーBusiness drivers

IT リーダーシップ チームは、ビジネス パートナーと緊密に連携して、彼らが何を達成したいと望んでいるかを理解しています。The IT leadership team has worked closely with business partners to understand what they want to achieve:

  • ビジネスの成長への対応。Address business growth. Contoso は成長を続けています。その結果、オンプレミスのシステムとインフラストラクチャに負荷がかかっています。Contoso is growing, and as a result there's pressure on the on-premises systems and infrastructure.
  • リスクの限定。Limit risk. サービス デスク アプリケーションはビジネスにとって非常に重要です。The service desk application is critical for the business. Contoso は、リスクを負うことなく Azure に移行したいと考えています。Contoso wants to move it to Azure with zero risk.
  • 拡張。Extend. Contoso は、アプリケーションに今すぐ変更を加えることは望んでいません。Contoso doesn't want to change the application right now. アプリケーションの安定性を維持することを望んでいます。The company wants to keep the application stable.

移行の目標Migration goals

Contoso クラウド チームは、最適な移行方法を決定するために、この移行の目標を明確にしました。The Contoso cloud team has pinned down goals for this migration to determine the best migration method:

  • 移行後、Azure 内のアプリケーションは、現在のオンプレミスの VMware 環境内と同じパフォーマンスを発揮できる必要があります。After migration, the application in Azure should have the same performance capabilities as it does today in the company's on-premises VMware environment. このアプリケーションは、オンプレミスにあるときと同様に、クラウド内でも非常に重要であり続けます。The application will remain as critical in the cloud as it is on-premises.
  • Contoso は、このアプリケーションに投資することは望んでいません。Contoso doesn't want to invest in this application. これはビジネスにとって重要なものですが、現状のまま確実にクラウドに移すことだけを望んでいます。It's important to the business, but in its current form Contoso simply wants to move it safely to the cloud.
  • Windows アプリケーションの移行をいくつか完了した後、Contoso は Azure で Linux ベースのインフラストラクチャを使用する方法を学びたいと考えています。Having completed a couple of Windows application migrations, Contoso wants to learn how to use a Linux-based infrastructure in Azure.
  • Contoso は、アプリケーションがクラウドに移された後、データベース管理タスクを最小限にしたいと考えています。Contoso wants to minimize database admin tasks after the application is moved to the cloud.

提案されたアーキテクチャProposed architecture

このシナリオでは:In this scenario:

  • 現在、アプリケーションは 2 つの VM (OSTICKETWEBOSTICKETMYSQL) に階層化されています。Currently the application is tiered across two VMs (OSTICKETWEB and OSTICKETMYSQL).

  • これらの VM は、VMware ESXi ホスト contosohost1.contoso.com (バージョン 6.5) 上に配置されています。The VMs are located on VMware ESXi host contosohost1.contoso.com (version 6.5).

  • VMware 環境は vCenter Server 6.5 (vcenter.contoso.com) によって管理され、VM 上で実行されています。The VMware environment is managed by vCenter Server 6.5 (vcenter.contoso.com) and runs on a VM.

  • Contoso には、オンプレミスのデータセンター (contoso-datacenter) があり、オンプレミスのドメイン コントローラー (contosodc1) が含まれています。Contoso has an on-premises datacenter (contoso-datacenter), with an on-premises domain controller (contosodc1).

  • OSTICKETWEB 上の Web アプリケーションは、Azure IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) VM に移行されます。The web application on OSTICKETWEB will be migrated to an Azure infrastructure as a service (IaaS) VM.

  • アプリケーション データベースは、Azure Database for MySQL PaaS に移行されます。The application database will be migrated to the Azure Database for MySQL platform as a service.

  • Contoso は運用ワークロードを移行しようとしているため、リソースは運用リソース グループ ContosoRG に配置されます。Because Contoso is migrating a production workload, the resources will reside in the production resource group ContosoRG.

  • OSTICKETWEB リソースはプライマリ リージョン (米国東部 2) にレプリケートされ、運用ネットワーク (VNET-PROD-EUS2) に配置されます。The OSTICKETWEB resource will be replicated to the primary region (East US 2) and placed in the production network (VNET-PROD-EUS2):

    • Web VM は、フロントエンド サブネット (PROD-FE-EUS2) 内に存在することになります。The web VM will reside in the front-end subnet (PROD-FE-EUS2).
  • アプリケーション データベースは、Azure Database Migration Service を使用して Azure Database for MySQL に移行されます。The application database will be migrated to Azure Database for MySQL by using Azure Database Migration Service.

  • Contoso データセンター内のオンプレミス VM は、移行が行われた後に使用停止にされます。The on-premises VMs in the Contoso datacenter will be decommissioned after the migration is done.

    シナリオ アーキテクチャの図。

移行プロセスMigration process

Contoso は、次のようにして移行プロセスを完了します。Contoso will complete the migration process as follows:

Web VM を移行するには:To migrate the web VM:

  • 最初の手順として、Contoso は、Azure Migrate をデプロイするために必要な Azure とオンプレミスのインフラストラクチャを設定します。As a first step, Contoso sets up the Azure and on-premises infrastructure needed to deploy Azure Migrate.
  • 同社には、Azure インフラストラクチャが既に用意されているので、Azure Migrate を使用して VM のレプリケーションを追加および構成するだけで済みます。サーバー移行ツール。The company already has the Azure infrastructure in place, so it just needs to add and configure the replication of the VMs through the Azure Migrate: Server Migration tool.
  • すべての準備ができたら、VM のレプリケートを開始できます。With everything prepared, Contoso can start replicating the VM.
  • レプリケーションが有効になり、機能するようになったら、Contoso は Azure Migrate を使用して移動を完了します。After replication is enabled and working, Contoso will complete the move by using Azure Migrate.

データベースを移行するには:To migrate the database:

  1. Contoso は、Azure で MySQL インスタンスをプロビジョニングします。Contoso provisions a MySQL instance in Azure.

  2. Contoso は Database Migration Service を設定して、オンプレミスのデータベース サーバーへのアクセスを確保します。Contoso sets up Database Migration Service, ensuring access to the on-premises database server.

  3. Contoso は、データベースを Azure Database for MySQL に移行します。Contoso migrates the database to Azure Database for MySQL.

    移行プロセスの図。

Azure サービスAzure services

サービスService 説明Description コストCost
Azure MigrateAzure Migrate Contoso は、Azure Migrate を使用して VMware VM を評価します。Contoso uses Azure Migrate to assess its VMware VMs. Azure Migrate は、マシンの移行適合性を評価します。Azure Migrate assesses the migration suitability of the machines. そのうえで、Azure で実行するための、サイズとコストの見積もりを提供します。It provides sizing and cost estimates for running in Azure. Azure Migrate は、追加料金なしで利用できます。Azure Migrate is available at no additional charge. 評価と移行に使用することにしたツール (ファーストパーティまたは ISV) によっては料金が発生する場合があります。You might incur charges depending on the tools (first-party or ISV) you decide to use for assessment and migration.
Azure Database Migration ServiceAzure Database Migration Service Database Migration Service を使用すると、ダウンタイムを最小限に抑えながら、複数のデータベース ソースから Azure データ プラットフォームにシームレスに移行できます。Database Migration Service enables seamless migration from multiple database sources to Azure data platforms with minimal downtime. サポートされているリージョンに関する情報と、Database Migration Service の価格に関する情報をご覧ください。Learn about supported regions and Database Migration Service pricing.
Azure Database for MySQLAzure Database for MySQL このデータベースは、オープン ソースの MySQL データベース エンジンに基づいています。The database is based on the open-source MySQL database engine. フルマネージドのエンタープライズ対応コミュニティ MySQL データベースが提供され、アプリケーションの開発とデプロイに使用できます。It provides a fully managed enterprise-ready community MySQL database for application development and deployment. Azure Database for MySQL の価格とスケーラビリティのオプションに関する情報をご覧ください。Learn more about Azure Database for MySQL pricing and scalability options.

前提条件Prerequisites

このシナリオで Contoso に必要なことを以下に示します。Here's what Contoso needs for this scenario.

必要条件Requirements 詳細Details
Azure サブスクリプションAzure subscription Contoso は前の記事でサブスクリプションを作成しました。Contoso created subscriptions during an earlier article. Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account.

無料アカウントを作成する場合、サブスクリプションの管理者としてすべてのアクションを実行できます。If you create a free account, you're the administrator of your subscription and can perform all actions.

既存のサブスクリプションを使用する場合に、自分が管理者でないようであれば、管理者と連携して所有者または共同作成者のアクセス許可を自分に割り当てます。If you use an existing subscription and you're not the administrator, work with the admin to assign you Owner or Contributor permissions.

より詳細なアクセス許可が必要な場合は、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用した Azure Site Recovery のアクセスの管理に関する記事をご覧ください。If you need more granular permissions, see Manage Azure Site Recovery access with role-based access control (RBAC).
Azure インフラストラクチャAzure infrastructure Contoso は、移行のための Azure インフラストラクチャについての記事で説明されているように、Azure インフラストラクチャを設定します。Contoso set up the Azure infrastructure as described in Azure infrastructure for migration.
オンプレミスのサーバーOn-premises servers オンプレミスの vCenter Server では、バージョン 5.5、6.0、6.5、または 6.7 が実行されている必要があります。The on-premises vCenter Server should be running version 5.5, 6.0, 6.5, or 6.7.

バージョン 5.5、6.0、6.5、または 6.7 が実行されている ESXi ホスト。An ESXi host running version 5.5, 6.0, 6.5, or 6.7.

ESXi ホスト上で実行している 1 つ以上の VMware VM。One or more VMware VMs running on the ESXi host.
オンプレミスの VMOn-premises VMs Azure での実行が保証されている Linux マシンを確認しますReview Linux machines that are endorsed to run on Azure.

シナリオのステップScenario steps

Contoso 管理者は、次のようにして移行を完了します。Here's how Contoso admins will complete the migration:

  • ステップ 1:Azure Migrate: Server Migration 用の Azure を準備するServer Migration.Step 1: Prepare Azure for Azure Migrate: Server Migration. Server Migration ツールを Azure Migrate プロジェクトに追加します。Add the server migration tool to the Azure Migrate project.
  • 手順 2:Azure Migrate: Server Migration 用のオンプレミス VMware を準備するServer Migration.Step 2: Prepare on-premises VMware for Azure Migrate: Server Migration. VM 検出用のアカウントを準備し、移行後に Azure Virtual Machines に接続するための準備をします。Prepare accounts for VM discovery and prepare to connect to Azure Virtual Machines after migrated.
  • ステップ 3:VM をレプリケートする。Step 3: Replicate VMs. レプリケーションを設定し、Azure Storage への VM のレプリケーションを開始します。Set up replication and start replicating VMs to Azure Storage.
  • 手順 4:Azure Migrate: Server Migration を使用してアプリケーション VM を移行する。Server Migration.Step 4: Migrate the application VM with Azure Migrate: Server Migration. テスト移行を実行してすべてが機能していることを確認した後、完全移行を実行して VM を Azure に移動します。Run a test migration to make sure everything's working, and then run a full migration to move the VM to Azure.
  • 手順 5:データベースを移行する。Step 5: Migrate the database. Azure Database Migration Service を使用して移行を設定します。Set up migration by using Azure Database Migration Service.

手順 1:Azure Migrate: Server Migration ツール用の Azure を準備するServer Migration ツールStep 1: Prepare Azure for the Azure Migrate: Server Migration tool

Contoso が VM を Azure に移行するには、以下の Azure コンポーネントが必要です。Here are the Azure components Contoso needs to migrate the VMs to Azure:

  • 移行中に作成される Azure VM が配置される仮想ネットワーク。A virtual network in which Azure VMs will be located when they're created during migration.
  • Azure Migrate: Server Migration ツール (OVA) (プロビジョニングおよび構成済みのもの)。The Azure Migrate: Server Migration tool (OVA) provisioned and configured.

コンポーネントを設定するには、Contoso の管理者が次の手順を実行します。To set up the components, Contoso admins follow these steps:

  1. ネットワークをセットアップします。Set up a network. Contoso は、Azure インフラストラクチャのデプロイを行ったときに、Azure Migrate: Server Migration に使用できるネットワークを既にセットアップしています。Contoso already set up a network that can be used for Azure Migrate: Server Migration when it deployed the Azure infrastructure.

  2. Azure Migrate: Server Migration ツールをプロビジョニングしますサーバー移行ツール。Provision the Azure Migrate: Server Migration tool.

    1. Azure Migrate から、OVA イメージをダウンロードし、VMware にインポートします。From Azure Migrate, download the OVA image, and import it into VMware.

      OVA ファイルのダウンロードを示すスクリーンショット。

    2. インポートしたイメージを起動し、次の手順を使用してツールを構成します。Start the imported image, and configure the tool by using the following steps:

      1. 前提条件を設定します。Set up the prerequisites.

        [前提条件のセットアップ] 画面を示すスクリーンショット。

      2. ツールを Azure サブスクリプションにポイントします。Point the tool to the Azure subscription.

        サブスクリプションの構成を示すスクリーンショット

      3. VMware vCenter の資格情報を設定します。Set the VMware vCenter credentials.

        資格情報の構成を示すスクリーンショット。

      4. 検出用の Linux ベースの資格情報を追加します。Add any Linux-based credentials for discovery.

        Linux ベースの資格情報の構成を示すスクリーンショット。

  3. ツールの構成後、ツールによってすべての仮想マシンが列挙されるまでに少し時間がかかります。After the tool is configured, it takes some time for the tool to enumerate all the virtual machines. このプロセスが完了すると、Azure の Azure Migrate ツールに VM が設定されます。After the process is finished, the VMs populate in the Azure Migrate tool in Azure.

さらにサポートが必要な場合Need more help?

Azure Migrate: Server Migration ツールの設定についてご確認ください。Learn about how to set up the Azure Migrate: Server Migration tool.

手順 2:Azure Migrate: Server Migration 用のオンプレミス VMware を準備するServer MigrationStep 2: Prepare on-premises VMware for Azure Migrate: Server Migration

Contoso は、Azure への移行後に、Azure 内のレプリケートされた VM に接続できることを望んでいます。After migrating to Azure, Contoso wants to be able to connect to the replicated VMs in Azure. Contoso の管理者は次のことを行う必要があります。There are a couple of things that the Contoso admins need to do:

  • Azure VM にアクセスするには、移行前に、オンプレミスの Linux VM で SSH を有効にします。To access Azure VMs, they enable SSH on the on-premises Linux VM before migration. Ubuntu の場合、sudo apt-get ssh install -y コマンドを使用してこの手順を実行できます。For Ubuntu, this step can be completed by using the following command: sudo apt-get ssh install -y.
  • 移行の実行後、ブート診断を調べて、VM のスクリーンショットを表示できます。After the admins run the migration, they can check boot diagnostics to view a screenshot of the VM.
  • これが機能しない場合は、VM が実行中であることを確認し、こちらのトラブルシューティングのヒントを参照する必要があります。If it doesn't work, they'll need to check that the VM is running, and review these troubleshooting tips.
  • Azure Linux エージェントをインストールします。Install the Azure Linux agent.

さらにサポートが必要な場合Need more help?

移行に向けて VM を準備する方法をご覧ください。Learn about how to prepare VMs for migration.

手順 3:VM をレプリケートするStep 3: Replicate VMs

Contoso の管理者は、Azure への移行を実行する前に、レプリケーションを設定して有効にする必要があります。Before Contoso admins can run a migration to Azure, they need to set up and enable replication.

検出が完了したら、Azure へのアプリケーション VM のレプリケーションを開始できます。With discovery finished, they can begin replication of the application VM to Azure.

  1. Azure Migrate プロジェクトで、 [サーバー] > [Azure Migrate:Server Migration] の順に移動し、 [レプリケート] を選択します。In the Azure Migrate project, go to Servers > Azure Migrate: Server Migration, and select Replicate.

    [レプリケート] オプションを示すスクリーンショット。

  2. [レプリケート] > [ソースの設定] > [マシンは仮想化されていますか?] で、 [はい (VMware vSphere の場合)] を選択します。In Replicate > Source settings > Are your machines virtualized?, select Yes, with VMware vSphere.

  3. [オンプレミスのアプライアンス] で、設定した Azure Migrate アプライアンスの名前を選択し、 [OK] を選択します。In On-premises appliance, select the name of the Azure Migrate appliance that you set up, and then select OK.

    [ソースの設定] タブを示すスクリーンショット。

  4. [仮想マシン] で、レプリケートするマシンを選択します。In Virtual machines, select the machines you want to replicate:

    • VM の評価を実行した場合は、評価結果から VM のサイズ設定とディスクの種類 (Premium または Standard) の推奨事項を適用できます。If you've run an assessment for the VMs, you can apply VM sizing and disk type (premium/standard) recommendations from the assessment results. [Azure Migrate Assessment から移行設定をインポートしますか?] で、 [はい] オプションを選択します。In Import migration settings from an Azure Migrate assessment?, select the Yes option.
    • 評価を実行しなかった場合、または評価の設定を使用しない場合は、 [いいえ] オプションを選択します。If you didn't run an assessment, or you don't want to use the assessment settings, select the No option.
    • 評価の使用を選択した場合は、VM グループと評価名を選択します。If you selected to use the assessment, select the VM group and assessment name.

    評価の選択を示すスクリーンショット。

  5. [仮想マシン] で、必要に応じて VM を検索し、移行する各 VM を選択します。In Virtual machines, search for VMs as needed, and select each VM you want to migrate. 次に、 [次のステップ: ターゲット設定] をクリックします。Then select Next: Target settings.

  6. [ターゲット設定] で、移行先のサブスクリプションとターゲット リージョンを選択します。In Target settings, select the subscription and target region to which you'll migrate. 移行後に Azure VM が属するリソース グループを指定します。Specify the resource group in which the Azure VMs will reside after migration. [仮想ネットワーク] で、移行後に Azure VM の参加先となる Azure 仮想ネットワークまたはサブネットを選択します。In Virtual Network, select the Azure virtual network/subnet to which the Azure VMs will be joined after migration.

  7. [Azure ハイブリッド特典] で、In Azure Hybrid Benefit:

    • Azure ハイブリッド特典を適用しない場合は、 [いいえ] を選択します。Select No if you don't want to apply Azure Hybrid Benefit. [次へ] を選択します。Then select Next.
  8. [コンピューティング] で、VM の名前、サイズ、OS ディスクの種類、可用性セットを確認します。In Compute, review the VM name, size, OS disk type, and availability set. VM は Azure の要件に準拠している必要があります。VMs must conform with Azure requirements.

    • VM サイズ: 評価の推奨事項を使用している場合は、[VM サイズ] ドロップダウン リストに推奨サイズが表示されます。VM size: If you use assessment recommendations, the VM size drop-down list contains the recommended size. それ以外の場合は、Azure Migrate によって、Azure サブスクリプション内の最も近いサイズが選択されます。Otherwise, Azure Migrate picks a size based on the closest match in the Azure subscription. または、 [Azure VM サイズ] でサイズを手動で選択します。Alternatively, pick a manual size in Azure VM size.
    • OS ディスク: VM の OS (ブート) ディスクを指定します。OS disk: Specify the OS (boot) disk for the VM. OS ディスクは、オペレーティング システムのブートローダーとインストーラーがあるディスクです。The OS disk is the disk that has the operating system bootloader and installer.
    • 可用性セット: 移行後に VM を Azure 可用性セットに配置する必要がある場合は、セットを指定します。Availability set: If the VM should be in an Azure availability set after migration, specify the set. このセットは、移行用に指定するターゲット リソース グループ内に存在する必要があります。The set must be in the target resource group you specify for the migration.
  9. [ディスク] で、VM ディスクを Azure にレプリケートするかどうかを指定します。In Disks, specify whether the VM disks should be replicated to Azure. Azure でのディスクの種類 (Standard SSD または HDD、あるいは Premium マネージド ディスク) を選択し、 [次へ] を選択します。Then select the disk type (standard SSD/HDD or premium-managed disks) in Azure, and select Next.

    • レプリケーションからディスクを除外できます。You can exclude disks from replication.
    • ディスクを除外すると、移行後に Azure VM 上に存在しなくなります。If you exclude disks, they won't be present on the Azure VM after migration.
  10. [レプリケーションの確認と開始] で、設定を確認します。In Review + Start replication, review the settings. 次に、 [レプリケート] を選択して、サーバーの初期レプリケーションを開始します。Then select Replicate to start the initial replication for the servers.

注意

レプリケーションを開始する前であれば、 [管理] > [マシンのレプリケート] でレプリケーションの設定をいつでも更新できます。You can update replication settings any time before replication starts in Manage > Replicating machines. レプリケーションの開始後は、設定を変更することができません。Settings can't be changed after replication starts.

手順 4:Azure Migrate: Server Migration で VM を移行するServer MigrationStep 4: Migrate the VM with Azure Migrate: Server Migration

Contoso の管理者は、クイック テスト移行を実行した後、完全移行を実行して Web VM を移動します。Contoso admins run a quick test migration and then a full migration to move the web VM.

テスト移行を実行するRun a test migration

  1. [移行の目標] > [サーバー] > [Azure Migrate: Server Migration] で、 [移行されたサーバーをテストします] を選択します。In Migration goals > Servers > Azure Migrate: Server Migration, select Test migrated servers.

    [移行されたサーバーをテストします] オプションを示すスクリーンショット。

  2. テストする VM を選択したまま (または右クリックし)、 [テスト移行] を選択します。Select and hold (or right-click) the VM to test, and then select Test migrate.

    [テスト移行] 項目を示すスクリーンショット。

  3. [テスト移行] で、移行後に Azure VM が配置される Azure 仮想ネットワークを選択します。In Test Migration, select the Azure virtual network in which the Azure VM will be located after the migration. 非運用環境の仮想ネットワークを使用することをお勧めします。We recommend you use a nonproduction virtual network.

  4. テスト移行ジョブが開始されます。The Test migration job starts. ポータルの通知でジョブを監視します。Monitor the job in the portal notifications.

  5. 移行の完了後、Azure portal の [仮想マシン] で、移行された Azure VM を確認します。After the migration finishes, view the migrated Azure VM in Virtual Machines in the Azure portal. マシン名には、サフィックス -Test が含まれています。The machine name has a suffix -Test.

  6. テストが完了したら、 [マシンのレプリケート] で Azure VM を選択したままにします (または右クリックします)。After the test is done, select and hold (or right-click) the Azure VM in Replicating machines. 次に、 [テスト移行をクリーンアップ] を選択します。Then select Clean up test migration.

    [テスト移行をクリーンアップ] 項目を示すスクリーンショット。

VM の移行Migrate the VM

Contoso の管理者は、ここで、移動を完了する完全移行を実行します。Now Contoso admins run a full migration to complete the move.

  1. Azure Migrate プロジェクトで、 [サーバー] > [Azure Migrate:Server Migration] の順に移動し、 [サーバーをレプリケートしています] を選択します。In the Azure Migrate project, go to Servers > Azure Migrate: Server Migration, and select Replicating servers.

    [サーバーをレプリケートしています] オプションを示すスクリーンショット。

  2. [マシンのレプリケート] で VM を選択したまま (または右クリックし)、 [移行] を選択します。In Replicating machines, select and hold (or right-click) the VM, and then select Migrate.

  3. [移行] > [仮想マシンをシャットダウンし、データ損失のない計画された移行を実行しますか] で、 [はい] > [OK] の順に選択します。In Migrate > Shut down virtual machines and perform a planned migration with no data loss, select Yes > OK.

    • 既定では、Azure Migrate によってオンプレミス VM がシャットダウンされ、前回のレプリケーションが発生した後に行われた VM の変更を同期するためにオンデマンド レプリケーションが実行されます。By default, Azure Migrate shuts down the on-premises VM and runs an on-demand replication to synchronize any VM changes that occurred since the last replication occurred. このアクションにより、データ損失が発生しなくなります。This action ensures no data loss.
    • VM をシャットダウンしたくない場合は、 [いいえ] を選択します。If you don't want to shut down the VM, select No.
  4. VM に対して移行ジョブが開始されます。A migration job starts for the VM. Azure 通知でジョブを追跡します。Track the job in Azure notifications.

  5. ジョブが完了したら、 [仮想マシン] ページで VM を表示して管理できます。After the job finishes, you can view and manage the VM from the Virtual Machines page.

手順 5:Azure Database for MySQL をプロビジョニングするStep 5: Provision Azure Database for MySQL

Contoso の管理者は、MySQL データベース インスタンスを、プライマリ リージョン (East US 2) 内にプロビジョニングします。Contoso admins provision a MySQL database instance in the primary region (East US 2).

  1. Azure portal で、Azure Database for MySQL リソースを作成します。In the Azure portal, create an Azure Database for MySQL resource.

    [Azure Database for MySQL] オプションを示すスクリーンショット。

  2. Azure データベースの名前 (contosoosticket) を追加します。Add the name contosoosticket for the Azure database. 運用リソース グループ ContosoRG にデータベースを追加し、その資格情報を指定します。Add the database to the production resource group ContosoRG, and specify credentials for it.

  3. オンプレミスの MySQL データベースはバージョン 5.7 であるため、互換性のためにこのバージョンを選択します。The on-premises MySQL database is version 5.7, so select this version for compatibility. データベースの要件に適合する、既定のサイズを使用します。Use the default sizes, which match database requirements.

    MySQL の資格情報を示すスクリーンショット。

  4. [バックアップ冗長オプション] で、 [geo 冗長] を選択します。For Backup Redundancy Options, select Geo-Redundant. このオプションを使用すると、停止が発生した場合に、セカンダリ リージョン (Central US) にデータベースを復元できます。This option allows you to restore the database in the secondary region (Central US) if an outage occurs. このオプションは、データベースをプロビジョニングするときにのみ構成できます。You can configure this option only when you provision the database.

    [geo 冗長] オプションを示すスクリーンショット。

  5. VNET-PROD-EUS2 ネットワークで、 [サービス エンドポイント] に移動し、SQL サービスのサービス エンドポイント (データベース サブネット) を追加します。In the VNET-PROD-EUS2 network, go to Service endpoints, and add a service endpoint (a database subnet) for the SQL service.

    サービス エンドポイントの追加を示すスクリーンショット。

  6. サブネットを追加したら、運用ネットワークのデータベース サブネットからのアクセスを許可する仮想ネットワーク規則を作成します。After adding the subnet, create a virtual network rule that allows access from the database subnet in the production network.

    仮想ネットワーク規則の作成を示すスクリーンショット。

手順 6:データベースを移行するStep 6: Migrate the database

MySQL データベースは、次の方法で移動できます。There are several ways to move the MySQL database. 各オプションで、Contoso の管理者はターゲットに対して Azure Database for MySQL インスタンスを作成する必要があります。Each option requires the Contoso admins to create an Azure Database for MySQL instance for the target. 作成後、次の手順で説明する 2 つのパスを使用して移行を実行できます。After it's created, they can perform the migration by using two paths that are described in the following steps:

  • 6a:Database Migration Service6a: Database Migration Service
  • 6b:MySQL Workbench のバックアップと復元6b: MySQL Workbench backup and restore

手順 6a:Database Migration Service を使用してデータベースを移行するStep 6a: Migrate the database via Database Migration Service

Contoso の管理者は、ステップバイステップの移行チュートリアルに従って、Database Migration Service を使用してデータベースを移行します。Contoso admins migrate the database via Database Migration Service by following the step-by-step migration tutorial. MySQL 5.6 または 5.7 を使用して、オンライン、オフライン、およびハイブリッド (プレビュー) の移行を実行できます。They can perform online, offline, and hybrid (preview) migrations by using MySQL 5.6 or 5.7.

注意

MySQL 8.0 は Azure Database for MySQL でサポートされていますが、Database Migration Service ツールではこのバージョンはまだサポートされていません。MySQL 8.0 is supported in Azure Database for MySQL, but the Database Migration Service tool doesn't yet support that version.

まとめると、Contoso の管理者は次の作業を行う必要があります。As a summary, Contoso admins must perform the following tasks:

  • 次のすべての移行の前提条件が満たされていることを確認します。Ensure all migration prerequisites are met:
    • MySQL サーバーのデータベース ソースは、Azure Database for MySQL でサポートされているバージョンと一致する必要があります。The MySQL server database source must match the version that Azure Database for MySQL supports. Azure Database for MySQL では、MySQL Community Edition、InnoDB ストレージ エンジン、同じバージョンのソースとターゲット間の移行がサポートされています。Azure Database for MySQL supports MySQL Community Edition, the InnoDB storage engine, and migration across the source and target with the same versions.
    • my.ini (Windows) または my.cnf (Unix) でバイナリ ログを有効にします。Enable binary logging in my.ini (Windows) or my.cnf (Unix). これを行わないと、移行ウィザードで次のエラーが発生します。"バイナリ ログにエラーがあります。Failure to do so will cause the following error in the Migration Wizard: "Error in binary logging. 変数 binlog_row_image の値が 'minimal' です。Variable binlog_row_image has value 'minimal.' その値を 'full' に変更してください。"Please change it to 'full.'" 詳細については、MySQL の Web サイトを参照してください。For more information, see the MySQL website.
    • ユーザーは ReplicationAdmin ロールを持っている必要があります。User must have ReplicationAdmin role.
    • 外部キーとトリガーを使用せずにデータベース スキーマを移行します。Migrate the database schemas without foreign keys and triggers.
  • Azure ExpressRoute または VPN を介してオンプレミス ネットワークに接続する仮想ネットワークを作成します。Create a virtual network that connects via Azure ExpressRoute or a VPN to your on-premises network.
  • 仮想ネットワークに接続されている Premium SKU を使用して、Database Migration Service インスタンスを作成します。Create a Database Migration Service instance by using a Premium SKU that's connected to the virtual network.
  • そのインスタンスから、仮想ネットワーク経由で MySQL データベースに確実にアクセスできるようにします。Ensure that the instance can access the MySQL database via the virtual network. 仮想ネットワーク レベル、ネットワーク VPN、および MySQL をホストするマシンで、Azure から MySQL へのすべての受信ポートが許可されていることを確認します。Ensure that all incoming ports are allowed from Azure to MySQL at the virtual network level, the network VPN, and the machine that hosts MySQL.
  • Database Migration Service ツールを実行します。Run the Database Migration Service tool:
    • 移行プロジェクトを作成します。Create a migration project.

      移行プロジェクトの作成を示すスクリーンショット。

      [新しい移行プロジェクト] ペインを示すスクリーンショット。

    • ソース (オンプレミス データベース) を追加します。Add a source (on-premises database).

      [ソースの追加に関する詳細] ペインを示すスクリーンショット。

    • ターゲットを選択します。Select a target.

      [ターゲットの詳細] ペインを示すスクリーンショット。

    • 移行するデータベースを選択します。Select the databases to migrate.

      [ターゲット データベースへマッピング] ペインを示すスクリーンショット。

    • 詳細設定を構成します。Configure advanced settings.

      [移行の設定] ペインを示すスクリーンショット。

    • レプリケーションを開始し、エラーを解決します。Start the replication and resolve any errors.

      エラーの解決を示すスクリーンショット。

    • 最終的なカットオーバーを実行します。Perform the final cutover. 最終的な一括を示すスクリーンショット。

      [一括を完了する] ペインを示すスクリーンショット。

      [移行アクティビティ] 一覧を示すスクリーンショット。

    • 外部キーとトリガーをすべて復帰させます。Reinstate any foreign keys and triggers.

    • 新しいデータベースを使用するようにアプリケーションを変更します。Modify applications to use the new database.

      新しいデータベースを使用するためのアプリケーションの変更を示すスクリーンショット。

手順 6b:データベースの移行 (MySQL Workbench)Step 6b: Migrate the database (MySQL Workbench)

Contoso の管理者は、MySQL ツールでバックアップと復元を使用してデータベースを移行します。Contoso admins migrate the database by using backup and restore with MySQL tools. MySQL Workbench をインストールし、データベースを OSTICKETMYSQL からバックアップして Azure Database for MySQL に復元します。They install MySQL Workbench, back up the database from OSTICKETMYSQL, and then restore it to Azure Database for MySQL.

MySQL Workbench のインストールInstall MySQL Workbench

  1. 前提条件を確認し、MySQL Workbench をダウンロードします。Check the prerequisites, and download MySQL Workbench.

  2. インストール手順に従って、MySQL Workbench for Windows をインストールします。Install MySQL Workbench for Windows by following the installation instructions.

  3. MySQL Workbench で、OSTICKETMYSQL への MySQL 接続を作成します。In MySQL Workbench, create a MySQL connection to OSTICKETMYSQL.

    [接続] タブを示すスクリーンショット。

  4. データベースを osticket として、ローカルの自己完結型ファイルにエクスポートします。Export the database as osticket to a local self-contained file.

    [データ エクスポート] 画面を示すスクリーンショット。

  5. データベースがローカルにバックアップされたら、Azure Database for MySQL インスタンスへの接続を作成します。After the database is backed up locally, create a connection to the Azure Database for MySQL instance.

    接続の成功を通知するポップアップ メッセージを示すスクリーンショット。

  6. 次に、自己完結型ファイルから、Azure Database for MySQL インスタンス内のデータベースをインポート (復元) します。Now, import (restore) the database in the Azure Database for MySQL instance from the self-contained file. このインスタンスに新しいスキーマ (osticket) が作成されます。A new schema (osticket) is created for the instance.

    [Import from Self-Contained File](自己完結型ファイルからのインポート) オプションを示すスクリーンショット。

VM をデータベースに接続するConnect the VM to the database

移行プロセスの最終ステップとして、Contoso の管理者は、OSTICKETMYSQL VM で実行されているアプリケーション データベースを指すようにアプリケーションの接続文字列を更新します。As the final step in the migration process, Contoso admins update the connection string of the application to point to the application database running on the OSTICKETMYSQL VM.

  1. PuTTY または別の SSH クライアントを使用して、OSTICKETWEB VM への SSH 接続を行います。Make an SSH connection to the OSTICKETWEB VM by using PuTTY or another SSH client. この VM はプライベートであるため、プライベート IP アドレスを使用して接続します。The VM is private, so connect by using the private IP address.

    [仮想マシンに接続する] ペインを示すスクリーンショット。

    データベースへの接続を示すスクリーンショット。

  2. OSTICKETWEB VM が OSTICKETMYSQL VM と通信できることを確認します。Make sure that the OSTICKETWEB VM can communicate with the OSTICKETMYSQL VM. この時点で、構成はオンプレミスの IP アドレス 172.16.0.43 でハードコードされています。Currently, the configuration is hardcoded with the on-premises IP address 172.16.0.43.

    更新の前:Before the update:

    更新前の IP を示すスクリーンショット。

    更新の後:After the update:

    更新後の IP を示すスクリーンショット。

  3. systemctl restart apache2 でサービスを再起動します。Restart the service with systemctl restart apache2.

    サービスの再起動を示すスクリーンショット。

  4. 最後に、Contoso ドメイン コントローラーのいずれかで、OSTICKETWEBOSTICKETMYSQL の DNS レコードを更新します。Finally, update the DNS records for OSTICKETWEB and OSTICKETMYSQL on one of the Contoso domain controllers.

    DNS レコードの更新を示すスクリーンショット。

    DNS レコードの更新を示すスクリーンショット。

さらにサポートが必要な場合Need more help?

デプロイを再調査するReview the deployment

アプリケーションが実行されるようになったので、Contoso は新しいインフラストラクチャを完全に操作可能にし、セキュリティで保護する必要があります。With the application now running, Contoso needs to fully operationalize and secure its new infrastructure.

移行後にクリーンアップするClean up after migration

移行が完了し、osTicket アプリケーション層が Azure VM で実行されています。With migration complete, the osTicket application tiers are running on Azure VMs.

ここで、Contoso は次の作業を行う必要があります。Now, Contoso needs to do the following tasks:

  • VMware VM を vCenter インベントリから削除します。Remove the VMware VMs from the vCenter inventory.
  • ローカルのバックアップ ジョブからからオンプレミスの VM を削除します。Remove the on-premises VMs from local backup jobs.
  • 新しい場所と IP アドレスを示すように内部ドキュメントを更新します。Update internal documentation to show new locations and IP addresses.
  • オンプレミスの VM とやり取りするリソースを確認します。Review any resources that interact with the on-premises VMs. すべての関連する設定またはドキュメントを更新して新しい構成を反映します。Update any relevant settings or documentation to reflect the new configuration.
  • Contoso は、依存関係マッピングを指定して Azure Migrate を使用し、OSTICKETWEB VM の移行を評価しました。Contoso used Azure Migrate with dependency mapping to assess the OSTICKETWEB VM for migration.

セキュリティSecurity

Contoso セキュリティ チームは、VM とデータベースを調査してセキュリティの問題を特定します。The Contoso security team reviews the VM and database to determine any security issues:

  • VM がアクセスを制御するためのネットワーク セキュリティ グループ (NSG) を見直します。They review the network security groups (NSGs) for the VM to control access. NSG は、アプリケーションに対して許可されるトラフィックのみが通過できるようにするために使用されます。NSGs are used to ensure that only traffic allowed to the application can pass.
  • Azure Disk Encryption と Azure Key Vault を使用して、VM ディスク上のデータをセキュリティで保護することを検討します。They consider securing the data on the VM disks by using Azure Disk Encryption and Azure Key Vault.
  • VM とデータベース インスタンス間の通信は、SSL 用に構成されていません。Communication between the VM and database instance isn't configured for SSL. データベース トラフィックをハッキングできないように、SSL を構成する必要があります。They'll need to configure SSL to ensure that database traffic can't be hacked.

詳細については、「Azure における IaaS ワークロードのセキュリティに関するベスト プラクティス」を参照してください。For more information, see Security best practices for IaaS workloads in Azure.

事業継続とディザスター リカバリーBusiness continuity and disaster recovery

事業継続とディザスター リカバリーのために、Contoso は次のアクションを実施します。For business continuity and disaster recovery, Contoso takes the following actions:

  • データの安全性を確保する。Keep data safe. Contoso は、Azure VM バックアップを使用して、アプリケーション VM 上のデータをバックアップします。Contoso backs up the data on the application VM by using Azure VM backup. データベースのバックアップを構成する必要はありません。The company doesn't need to configure backup for the database. Azure Database for MySQL は、サーバーのバックアップを自動的に作成して保存します。Azure Database for MySQL automatically creates and stores server backups. Contoso はデータベースに geo 冗長性を使用することを選択したので、データベースは回復性があり、運用準備ができています。Contoso selected to use geo-redundancy for the database so that it's resilient and production ready.
  • アプリケーションの稼働を維持する。Keep applications up and running. Contoso は、Site Recovery を使用して、Azure 内のアプリケーション VM をセカンダリ リージョンにレプリケートします。Contoso replicates the application VMs in Azure to a secondary region by using Site Recovery. 詳細については、「クイック スタート: Azure VM のセカンダリ Azure リージョンへのディザスター リカバリーの設定」を参照してください。For more information, see Quickstart: Set up disaster recovery to a secondary Azure region for an Azure VM.

ライセンスとコストの最適化Licensing and cost optimization

  • Contoso は、リソースのデプロイ後、Azure インフラストラクチャのデプロイ中に定義されたとおりに Azure タグを割り当てます。After deploying resources, Contoso assigns Azure tags as defined during the Azure infrastructure deployment.
  • Contoso Ubuntu サーバーにライセンスの問題はありません。There are no licensing issues for the Contoso Ubuntu servers.
  • Contoso は Azure Cost Management および Billing を使用して、IT リーダーが定めた予算内に確実に収まるようにします。Contoso will use Azure Cost Management and Billing to ensure the company stays within budgets established by the IT leadership.