Azure VM および SQL Server Always On 可用性グループでオンプレミス アプリケーションをリホストするRehost an on-premises application with Azure VMs and SQL Server Always On availability groups

この記事では、Contoso という架空の会社が、Azure への移行の一環として、VMware 仮想マシン (VM) 上で実行される 2 階層の Windows .NET アプリケーションをリホストする方法を説明します。This article demonstrates how the fictional company Contoso rehosts a two-tier Windows .NET application running on VMware virtual machines (VMs) as part of a migration to Azure. Contoso は、アプリケーションのフロントエンド VM を Azure VM に、アプリケーションのデータベースを Azure SQL Server VM に移行し、SQL Server Always On 可能性グループを使用して Windows Server フェールオーバー クラスター内で実行するようにします。Contoso migrates the application front-end VM to an Azure VM, and the application database to an Azure SQL Server VM, running in a Windows Server failover cluster with SQL Server Always On availability groups.

この例で使用される SmartHotel360 アプリケーションは、オープン ソースとして提供されています。The SmartHotel360 application used in this example is provided as open source. 独自のテスト目的に使用する場合は、GitHub からダウンロードしてください。If you want to use it for your own testing purposes, download it from GitHub.

ビジネス ドライバーBusiness drivers

IT リーダーシップ チームは、ビジネス パートナーと密接に連絡を取り合い、彼らがこの移行で何を達成しようとしているのかを理解しました。The IT leadership team has worked closely with business partners to understand what they want to achieve with this migration. 目的は次のとおりです。They want to:

  • ビジネスの成長への対応。Address business growth. Contoso は成長を続けています。そのため、オンプレミスのシステムとインフラストラクチャに負荷がかかっています。Contoso is growing, and as a result there's pressure on on-premises systems and infrastructure.
  • 効率化。Increase efficiency. Contoso では、不要な手順を取り除き、開発者とユーザーのプロセスを効率化する必要があります。Contoso needs to remove unnecessary procedures and streamline processes for developers and users. ビジネス部門は、顧客の要求により迅速に対応するために、IT 部門に対して、時間やコストを無駄にせず、迅速に作業を行うことを求めています。The business needs IT to be fast and not waste time or money to deliver faster on customer requirements.
  • 機敏性の向上。Increase agility. Contoso IT は、ビジネス部門の要求に対して、対応力を向上させる必要があります。Contoso IT needs to be more responsive to the needs of the business. また、グローバル経済で成功を収めるために、市場の変化よりも迅速に対応する必要があります。It must react faster than the changes in the marketplace to enable success in a global economy. ビジネスの妨げや障害にならないようにする必要があります。IT mustn't get in the way or become a business blocker.
  • スケール。Scale. ビジネスが順調に成長している中で、Contoso IT 部門は、同じペースで拡張するシステムを提供する必要があります。As the business grows successfully, Contoso IT must provide systems that grow at the same pace.

移行の目標Migration goals

Contoso クラウド チームは、この移行の目標を設定しました。The Contoso cloud team has pinned down goals for this migration. これらの目標を使用して、最良の移行方法を決定しました。These goals were used to determine the best migration method:

  • 移行後、Azure 内のアプリケーションは、現在の VMware における場合と同じパフォーマンスを発揮できる必要があります。After migration, the application in Azure should have the same performance capabilities as it does today in VMware. このアプリケーションは、オンプレミスにあるときと同様に、クラウドでも引き続き非常に重要です。The application will remain as critical in the cloud as it is on-premises.
  • Contoso は、このアプリケーションに投資することを望んでいません。Contoso doesn't want to invest in this application. これはビジネスにとって重要なものですが、現状のまま確実にクラウドに移すことだけを望んでいます。It's important to the business, but in its current form, Contoso simply wants to move it safely to the cloud.
  • このアプリケーション用のオンプレミス データベースでは、可用性の問題が発生していました。The on-premises database for the application has had availability issues. Contoso の希望は、フェールオーバー機能を備えた高可用性クラスターとしてこのデータベースを Azure にデプロイすることです。Contoso want to deploy it in Azure as a high-availability cluster with failover capabilities.
  • Contoso は、現在の SQL Server 2008 R2 プラットフォームを SQL Server 2017 にアップグレードしたいと考えています。Contoso wants to upgrade from its current SQL Server 2008 R2 platform to SQL Server 2017.
  • Contoso は、このアプリケーションに Azure SQL Database を使用したくないと考えており、別の方法を探しています。Contoso doesn't want to use Azure SQL Database for this application and is looking for alternatives.

ソリューション設計Solution design

Contoso は、会社の目標と要件を明確にした後、デプロイ ソリューションを設計してレビューし、移行プロセスを確認します。After pinning down the company's goals and requirements, Contoso designs and reviews a deployment solution and identifies the migration process. また、移行に使用する Azure サービスも確認します。The Azure services that it will use for the migration also are identified.

現在のアーキテクチャCurrent architecture

  • アプリケーションは 2 つの VM (WEBVMSQLVM) に階層化されています。The application is tiered across two VMs (WEBVM and SQLVM).
  • これらの VM は、VMware ESXi ホスト contosohost1.contoso.com (バージョン 6.5) 上に配置されています。The VMs are located on VMware ESXi host contosohost1.contoso.com (version 6.5).
  • VMware 環境は、VM 上で実行されている vCenter Server 6.5 (vcenter.contoso.com) によって管理されています。The VMware environment is managed by vCenter Server 6.5 (vcenter.contoso.com) that runs on a VM.
  • Contoso には、オンプレミスのデータセンター (contoso-datacenter) があり、これにはオンプレミスのドメイン コントローラー (contosodc1) が含まれています。Contoso has an on-premises datacenter (contoso-datacenter) with an on-premises domain controller (contosodc1).

提案されたアーキテクチャProposed architecture

このシナリオでは:In this scenario:

  • Contoso は、アプリケーション フロントエンド WEBVM を、Azure IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) VM に移行します。Contoso will migrate the application front end WEBVM to an Azure infrastructure as a service (IaaS) VM.

    • このフロントエンド VM は、Azure の ContosoRG リソース グループ (運用リソースで使用される) にデプロイされます。The front-end VM in Azure will be deployed in the ContosoRG resource group (used for production resources).
    • その配置先は、プライマリ リージョン (East US 2) にある Azure 運用ネットワーク (VNET-PROD-EUS2) です。It will be located in the Azure production network (VNET-PROD-EUS2) in the primary region (East US 2).
  • アプリケーション データベースは、Azure SQL Server VM に移行されます。The application database will be migrated to an Azure SQL Server VM.

    • 配置先は、プライマリ リージョン (East US 2) にある Contoso の Azure データベース ネットワーク (PROD-DB-EUS2) です。It will be located in Contoso's Azure database network (PROD-DB-EUS2) in the primary region (East US 2).
    • SQL Server Always On 可用性グループを使用する、2 ノードの Windows Server フェールオーバー クラスターに配置されます。It will be placed in a Windows Server failover cluster with two nodes that uses SQL Server Always On availability groups.
    • Azure の ContosoRG リソース グループには、このクラスター内の 2 つの SQL Server VM ノードがデプロイされます。In Azure, the two SQL Server VM nodes in the cluster will be deployed in the ContosoRG resource group.
    • これらの VM ノードの配置先は、プライマリ リージョン (East US 2) にある Azure 運用ネットワーク (VNET-PROD-EUS2) です。The VM nodes will be located in the Azure production network (VNET-PROD-EUS2) in the primary region (East US 2).
    • VM では、Windows Server 2016 と SQL Server 2017 Enterprise エディションが実行されます。VMs will run Windows Server 2016 with SQL Server 2017 Enterprise edition. Contoso は、このオペレーティング システムのライセンスを所有していません。Contoso doesn't have licenses for this operating system. 会社の Azure Enterprise Agreement コミットメントに対して請求されるライセンスを提供する、Azure Marketplace のイメージを使用します。It will use an image in Azure Marketplace that provides the license as a charge to the company's Azure Enterprise Agreement commitment.
    • 両方の VM は、一意の名前を除いて同じ設定を使用します。Apart from unique names, both VMs use the same settings.
  • Contoso は、クラスターのトラフィックをリッスンし、それを適切なクラスター ノードに転送する内部ロード バランサーをデプロイします。Contoso will deploy an internal load balancer that listens for traffic on the cluster and directs it to the appropriate cluster node.

    • 内部ロード バランサーは、ContosoNetworkingRG (ネットワーク リソースに使用) にデプロイされます。The internal load balancer will be deployed in ContosoNetworkingRG (used for networking resources).
  • Contoso データセンター内のオンプレミス VM は、移行が行われた後に使用停止にされます。The on-premises VMs in the Contoso datacenter will be decommissioned after the migration is done.

    シナリオのアーキテクチャの図を示すスクリーンショット。

データベースの考慮事項Database considerations

Contoso はソリューション設計プロセスの一環として、Azure SQL Database と SQL Server の機能を比較しました。As part of the solution design process, Contoso did a feature comparison between Azure SQL Database and SQL Server. 次の点を考慮した結果、SQL Server を実行する Azure IaaS VM を使用することにしました。The following considerations helped the company to decide to use an Azure IaaS VM running SQL Server:

  • Contoso がオペレーティング システムまたはデータベース サーバーをカスタマイズしなければならなくなった場合や、同じ VM にサードパーティのアプリケーションを併置して実行することが必要になった場合、SQL Server を実行する Azure VM を使用することが最適な解決策であると考えられる。Using an Azure VM running SQL Server seems to be an optimal solution if Contoso needs to customize the operating system or the database server, or if it might want to colocate and run third-party applications on the same VM.

ソリューションのレビューSolution review

Contoso は、長所と短所の一覧をまとめて、提案された設計を評価します。Contoso evaluates its proposed design by putting together a list of pros and cons.

考慮事項Consideration 詳細Details
長所Pros WEBVM は変更なしで Azure に移されるので、移行が簡単になります。WEBVM will be moved to Azure without changes, which makes the migration simple.

SQL Server 層は、SQL Server 2017 と Windows Server 2016 で実行されます。The SQL Server tier will run on SQL Server 2017 and Windows Server 2016. これにより、現在の Windows Server 2008 R2 オペレーティング システムは廃止されます。which retires the current Windows Server 2008 R2 operating system. SQL Server 2017 を実行することで、Contoso の技術的な要件と目標がサポートされます。Running SQL Server 2017 supports Contoso's technical requirements and goals. SQL Server 2008 R2 から移行しても、完全な互換性が提供されます。IT provides 100 percent compatibility while moving away from SQL Server 2008 R2.

Contoso は、Azure ハイブリッド特典を使用することで、ソフトウェア アシュアランスへの投資を活用できます。Contoso can take advantage of its investment in Software Assurance by using the Azure Hybrid Benefit.

Azure への高可用性 SQL Server のデプロイによってフォールト トレランスが得られるので、アプリケーションのデータ層が単一フェールオーバー ポイントではなくなります。A high-availability SQL Server deployment in Azure provides fault tolerance so that the application data tier is no longer a single point of failover.
短所Cons WEBVM では、Windows Server 2008 R2 が実行されています。WEBVM is running Windows Server 2008 R2. このオペレーティング システムは、特定のロールを対象に Azure でサポートされます (2018 年 7 月)。The operating system is supported by Azure for specific roles (July 2018). 詳細については、「Microsoft Azure 仮想マシンのマイクロソフト サーバー ソフトウェアのサポート」をご覧ください。To learn more, see Microsoft server software support for Microsoft Azure virtual machines.

アプリケーションの Web 層は、依然として単一フェールオーバー ポイントになります。The web tier of the application remains a single point of failover.

Contoso は、Azure App Service などのマネージド サービスに移行するのではなく、Azure VM として Web 層を引き続きサポートする必要があります。Contoso needs to continue supporting the web tier as an Azure VM rather than moving to a managed service such as Azure App Service.

このソリューションを選択した場合、Contoso は、Azure SQL Managed Instance などのマネージド プラットフォームに移行するのではなく、引き続き 2 つの SQL Server VM を管理する必要があります。With the chosen solution, Contoso will need to continue managing two SQL Server VMs rather than moving to a managed platform, such as Azure SQL Managed Instance. また、ソフトウェア アシュアランスにより、Contoso は既存のライセンスと引き換えに、Azure SQL Managed Instance を割引料金で利用できます。In addition, with Software Assurance, Contoso could exchange its existing licenses for discounted rates on Azure SQL Managed Instance.

Azure サービスAzure services

サービスService 説明Description コストCost
Azure Database Migration ServiceAzure Database Migration Service Azure Database Migration Service を使用すると、複数のデータベース ソースから Azure データ プラットフォームに、ダウンタイムを最小限に抑えながらシームレスに移行できます。Azure Database Migration Service enables seamless migration from multiple database sources to Azure data platforms with minimal downtime. サポートされているリージョンAzure Database Migration Service の価格に関する情報をご覧ください。Learn about supported regions and Azure Database Migration Service pricing.
Azure MigrateAzure Migrate Contoso は、Azure Migrate を使用して VMware VM を評価します。Contoso uses Azure Migrate to assess its VMware VMs. Azure Migrate は、マシンの移行適合性を評価します。Azure Migrate assesses the migration suitability of the machines. そのうえで、Azure で実行するための、サイズとコストの見積もりを提供します。It provides sizing and cost estimates for running in Azure. Azure Migrate は、追加料金なしで利用できます。Azure Migrate is available at no additional charge. 評価と移行に使用することにしたツール (ファーストパーティまたは独立系ソフトウェア ベンダー) によっては料金が発生する場合があります。They might incur charges depending on the tools (first-party or independent software vendor) they decide to use for assessment and migration. Azure Migrate の価格について、詳しくはこちらを参照してください。Learn more about Azure Migrate pricing.

移行プロセスMigration process

Contoso の管理者は、アプリケーション VM を Azure に移行します。The Contoso admins will migrate the application VMs to Azure.

  • Azure Migrate を使用して、フロントエンド VM を Azure VM に移行します。They'll migrate the front-end VM to Azure VM by using Azure Migrate:

    • 最初の手順として、Azure コンポーネントを準備してセットアップし、オンプレミスの VMware インフラストラクチャを準備します。As a first step, they'll prepare and set up Azure components and prepare the on-premises VMware infrastructure.
    • すべての準備ができたら、VM のレプリケートを開始できます。With everything prepared, they can start replicating the VM.
    • レプリケーションが有効になり、機能するようになったら、Azure Migrate を使用して VM を移行します。After replication is enabled and working, they migrate the VM by using Azure Migrate.
  • データベースの検証が完了したら、Azure Database Migration Service を使用して、Azure の SQL Server クラスターにデータベースを移行します。After they've verified the database, they'll migrate the database to a SQL Server cluster in Azure by using Azure Database Migration Service.

    • 最初の手順として、Azure の SQL Server VM をプロビジョニングし、クラスターと内部ロード バランサーをセットアップして、Always On 可用性グループを構成する必要があります。As a first step, they'll need to provision SQL Server VMs in Azure, set up the cluster and an internal load balancer, and configure Always On availability groups.
    • このように配置された状態で、データベースを移行することができます。With this in place, they can migrate the database.
  • 移行後は、データベースの Always On 可用性グループを有効にします。After the migration, they'll enable Always On availability groups for the database.

    移行プロセスの図を示すスクリーンショット。

前提条件Prerequisites

このシナリオで Contoso が行うべきことを以下に示します。Here's what Contoso needs to do for this scenario.

必要条件Requirements 詳細Details
Azure サブスクリプションAzure subscription このシリーズの先行する記事の中で、Contoso はサブスクリプションを既に作成しています。Contoso already created a subscription in an earlier article in this series. Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、無料アカウントを作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account.

無料アカウントを作成する場合、サブスクリプションの管理者としてすべてのアクションを実行できます。If you create a free account, you're the administrator of your subscription and can perform all actions.

既存のサブスクリプションを使用する場合に、自分が管理者でないようであれば、管理者と連携して所有者または共同作成者のアクセス許可を自分に割り当てます。If you use an existing subscription and you're not the administrator, work with the admin to assign you Owner or Contributor permissions.

Azure インフラストラクチャAzure infrastructure Contoso は、移行のための Azure インフラストラクチャについての記事で説明されているように、Azure インフラストラクチャを設定します。Contoso set up the Azure infrastructure as described in Azure infrastructure for migration.

Azure Migrate: Server Migration の具体的な前提条件の要件の詳細について確認してください。Server Migration に関するエラーのトラブルシューティングに役立つ情報を提供しています。Learn more about specific prerequisites requirements for Azure Migrate: Server Migration.
オンプレミスのサーバーOn-premises servers オンプレミスの vCenter Server では、バージョン 5.5、6.0、6.5、または 6.7 が実行されている必要があります。The on-premises vCenter Server should be running version 5.5, 6.0, 6.5, or 6.7.

バージョン 5.5、6.0、6.5、または 6.7 が実行されている ESXi ホスト。An ESXi host running version 5.5, 6.0, 6.5, or 6.7.

ESXi ホスト上で実行している 1 つ以上の VMware VM。One or more VMware VMs running on the ESXi host.
オンプレミスの VMOn-premises VMs Azure での実行が保証されている Linux マシンを確認しますReview Linux machines that are endorsed to run on Azure.

シナリオのステップScenario steps

Contoso が移行を実行する方法を次に示します。Here's how Contoso will run the migration:

  • ステップ 1:SQL Server Always On 可用性グループ クラスターを準備する。Step 1: Prepare a SQL Server Always On availability group cluster. 2 つの SQL Server VM ノードを Azure にデプロイするためのクラスターを作成します。Create a cluster for deploying two SQL Server VM nodes in Azure.
  • 手順 2:クラスターをデプロイして設定する。Step 2: Deploy and set up the cluster. Azure SQL Server クラスターを準備します。Prepare an Azure SQL Server cluster. データベースは、この既存のクラスターに移行されます。Databases are migrated into this existing cluster.
  • ステップ 3:Azure Load Balancer をデプロイする。Step 3: Deploy Azure Load Balancer. 複数の SQL Server ノードにトラフィックの負荷を分散するロード バランサーをデプロイします。Deploy a load balancer to balance traffic to the SQL Server nodes.
  • 手順 4:Azure Migrate 用に Azure を準備する。Step 4: Prepare Azure for Azure Migrate. レプリケートされたデータを保持する Azure Storage アカウントを作成します。Create an Azure Storage account to hold replicated data.
  • 手順 5:Azure Migrate 用のオンプレミス VMware を準備する。Step 5: Prepare on-premises VMware for Azure Migrate. VM を検出し、エージェントをインストールするためのアカウントを準備します。Prepare accounts for VM discovery and agent installation. 移行後にユーザーが Azure VM に接続できるように、オンプレミスの VM を準備します。Prepare on-premises VMs so that users can connect to Azure VMs after migration.
  • 手順 6:オンプレミスの VM を Azure にレプリケートする。Step 6: Replicate the on-premises VMs to Azure. Azure への VM レプリケーションを有効にします。Enable VM replication to Azure.
  • 手順 7: Azure Database Migration Service を介してデータベースを移行する。Step 7: Migrate the database via Azure Database Migration Service. Azure Database Migration Service を使用してデータベースを Azure に移行します。Migrate the database to Azure by using Azure Database Migration Service.
  • 手順 8: SQL Server Always On を使用してデータベースを保護する。Step 8: Protect the database with SQL Server Always On. クラスターの Always On 可用性グループを作成します。Create an Always On availability group for the cluster.
  • 手順 9:Azure Migrate を使用して VM を移行する。Step 9: Migrate the VM with Azure Migrate. すべてが想定どおりに動作していることを確認するためにテスト移行を実行します。Run a test migration to make sure everything's working as expected. 次に、Azure への移行を実行します。Then run a migration to Azure.

手順 1:SQL Server Always On 可用性グループ クラスターを準備するStep 1: Prepare a SQL Server Always On availability group cluster

クラスターを設定するには、Contoso の管理者が次の手順を実行します。To set up the cluster, the Contoso admins:

  1. Azure Marketplace で SQL Server 2017 Enterprise Windows Server 2016 イメージを選択して、2 つの SQL Server VM を作成します。Create two SQL Server VMs by selecting SQL Server 2017 Enterprise Windows Server 2016 image in the Azure Marketplace.

    SQL VM SKU を示すスクリーンショット。

  2. 仮想マシンの作成ウィザード > [基本] で、次のように構成します。In Create Virtual Machine Wizard > Basics, they configure:

    • VM の名前: SQLAOG1SQLAOG2Names for the VMs: SQLAOG1 and SQLAOG2.
    • マシンは Business Critical であるため、VM ディスクの種類で SSD を有効にします。Because machines are business-critical, enable SSD for the VM disk type.
    • マシンの資格情報を指定します。Specify machine credentials.
    • プライマリ リージョン (East US 2) の ContosoRG リソース グループに VM をデプロイします。They deploy the VMs in the primary region (East US 2) in the ContosoRG resource group.
  3. [サイズ] については、両方の VM で D2S v3 インスタンスから開始します。In Size, they start with D2S v3 instances for both VMs. 必要に応じて後でスケーリングします。They'll scale later as needed.

  4. [設定] で、次の操作を実行します。In Settings, they do the following actions:

    • これらの VM はアプリケーションの重要なデータベースであるため、マネージド ディスクを使用します。Because these VMs are critical databases for the application, they use managed disks.

    • プライマリ リージョン (East US 2) にある運用ネットワーク (VNET-PROD-EUS2) のデータベース サブネット (PROD-DB-EUS2) にそれらのマシンを配置します。They place the machines in the database subnet (PROD-DB-EUS2) of the production network (VNET-PROD-EUS2) in the primary region (East US 2).

    • 2 つの障害ドメインと 5 つの更新ドメインを含む新しい可用性セット (SQLAOGAVSET) を作成します。They create a new availability set (SQLAOGAVSET) with two fault domains and five update domains.

      新しい可用性セットを示すスクリーンショット。

  5. [SQL Server の設定] で、SQL 接続を既定のポート 1433 の仮想ネットワーク (プライベート) に制限します。In SQL Server settings, they limit SQL connectivity to the virtual network (private) on default port 1433. 認証については、オンサイトで使用するものと同じ資格情報 (contosoadmin) を使用します。For authentication, they use the same credentials as used on-site (contosoadmin).

    [SQL Server の設定] を示すスクリーンショット。

さらにサポートが必要な場合Need more help?

手順 2:クラスターをデプロイして設定するStep 2: Deploy and set up the cluster

クラスターを設定するには、Contoso の管理者が次の手順を実行します。To set up the cluster, the Contoso admins:

  1. クラウド監視として機能するように Azure Storage アカウントを設定します。Set up an Azure Storage account to act as the cloud witness.
  2. SQL Server VM を、Contoso オンプレミス データセンターの Active Directory ドメインに追加します。Add the SQL Server VMs to the Active Directory domain in the Contoso on-premises datacenter.
  3. Azure でクラスターを作成します。Create the cluster in Azure.
  4. クラウド監視を構成します。Configure the cloud witness.
  5. SQL Always On 可用性グループを有効にします。Enable SQL Always On availability groups.

ストレージ アカウントをクラウド監視として設定するSet up a storage account as a cloud witness

Contoso は、クラウド監視を設定するために、クラスターの調停に使用される BLOB ファイルを保持する Azure Storage アカウントが必要です。To set up a cloud witness, Contoso needs an Azure Storage account that will hold the blob file used for cluster arbitration. 複数のクラスターのクラウド監視の設定に同じストレージ アカウントを使用できます。The same storage account can be used to set up cloud witness for multiple clusters.

ストレージ アカウントを作成するには、Contoso の管理者が次の手順を実行します。To create a storage account, the Contoso admins:

  1. アカウントのわかりやすい名前 (contosocloudwitness) を指定します。Specify a recognizable name for the account (contosocloudwitness).

  2. LRS の汎用アカウントをデプロイします。Deploy a general all-purpose account, with LRS.

  3. アカウントをサード リージョン (South Central US) に配置します。Place the account in a third region (South Central US). リージョンで障害が発生した際にも使用できるように、プライマリ リージョンやセカンダリ リージョン以外に配置します。They place it outside the primary and secondary region so that it remains available during regional failure.

  4. インフラストラクチャ リソースを保持するリソース グループ (ContosoInfraRG) に配置します。Place it in the resource group that holds infrastructure resources, ContosoInfraRG.

    クラウド監視アカウント名を示すスクリーンショット。

  5. ストレージ アカウントを作成すると、対応するプライマリおよびセカンダリ アクセス キーが生成されます。When they create the storage account, primary and secondary access keys are generated for it. クラウド監視を作成するにはプライマリ アクセス キーが必要です。They need the primary access key to create the cloud witness. このキーはストレージ アカウント名の下の [アクセス キー] に表示されます。The key appears under the storage account name > Access keys.

    アクセス キーを示すスクリーンショット。

Contoso ドメインに SQL Server VM を追加するAdd SQL Server VMs to Contoso domain

  1. Contoso は、SQLAOG1SQLAOG2contoso.com ドメインに追加します。Contoso adds SQLAOG1 and SQLAOG2 to the contoso.com domain.
  2. 各 VM に Windows フェールオーバー クラスター機能およびツールをインストールします。On each VM, the admins install the Windows Failover Cluster feature and tools.

クラスターをセットアップするSet up the cluster

Contoso の管理者は、クラスターを設定する前に、各マシン上の OS ディスクのスナップショットを取得します。Before the Contoso admins set up the cluster, they take a snapshot of the OS disk on each machine.

[スナップショットの作成] ペインを示すスクリーンショット。

  1. Windows フェールオーバー クラスターを作成するスクリプトを実行します。They run a script to create the Windows failover cluster.

    Windows フェールオーバー クラスターを作成するスクリプトを示すスクリーンショット。

  2. クラスターを作成したら、VM がクラスター ノードとして表示されることを確認します。After the cluster is created, they verify that the VMs appear as cluster nodes.

    クラスターが作成されたことを示すスクリーンショット。

クラウド監視を構成するConfigure the cloud witness

  1. Contoso の管理者は、フェールオーバー クラスター マネージャーのクォーラム構成ウィザードを使用してクラウド監視を構成します。The Contoso admins configure the cloud witness by using the Quorum Configuration Wizard in Failover Cluster Manager.

  2. ウィザードで、ストレージ アカウントでクラウド監視を作成することを選択します。In the wizard, they select to create a cloud witness with the storage account.

  3. クラウド監視が構成されると、フェールオーバー クラスター マネージャー スナップインに表示されます。After the cloud witness is configured, it appears in the Failover Cluster Manager snap-in.

    クラウド監視が構成されたことを示すスクリーンショット。

SQL Server Always On 可用性グループを有効にするEnable SQL Server Always On availability groups

これで、Contoso の管理者は Always On 可用性グループを有効にすることができます。The Contoso admins can now enable Always On availability groups:

  1. SQL Server 構成マネージャーで、SQL Server (MSSQLSERVER) サービスについて Always On 可用性グループを有効にします。In SQL Server Configuration Manager, they enable Always On availability groups for the SQL Server (MSSQLSERVER) service.

    [Always On 可用性グループを有効にする] チェック ボックスを示すスクリーンショット。

  2. 変更を有効にするためにサービスを再起動します。They restart the service for changes to take effect.

Always On 可用性グループが有効になると、Contoso は SmartHotel360 データベースを保護する Always On 可用性グループを設定できます。With Always On availability groups enabled, Contoso can set up the Always On availability group that will protect the SmartHotel360 database.

さらにサポートが必要な場合Need more help?

手順 3:Azure Load Balancer をデプロイするStep 3: Deploy Azure Load Balancer

Contoso の管理者は、クラスター ノードの前に配置される内部ロード バランサーをデプロイしたいと考えています。The Contoso admins now want to deploy an internal load balancer that sits in front of the cluster nodes. ロード バランサーはトラフィックをリッスンし、適切なノードに転送します。The load balancer listens for traffic and directs it to the appropriate node.

負荷分散を示す図。

ロード バランサーを作成するには、Contoso の管理者が次の手順を実行します。To create the load balancer, the Contoso admins:

  1. Azure portal で、 [ネットワーク] > [ロード バランサー] の順に移動し、新しい内部ロード バランサー (ILB-PROD-DB-EUS2-SQLAOG) を設定します。In the Azure portal, go to Networking > Load balancer, and set up a new internal load balancer: ILB-PROD-DB-EUS2-SQLAOG.

  2. 運用ネットワーク (VNET-PROD-EUS2) のデータベース サブネット (PROD-DB-EUS2) にロード バランサーを配置します。Place the load balancer in the database subnet (PROD-DB-EUS2) of the production network (VNET-PROD-EUS2).

  3. それに静的 IP アドレス (10.245.40.100) を割り当てます。Assign it a static IP address (10.245.40.100).

  4. ネットワーク要素として、ロード バランサーをネットワーク リソース グループ ContosoNetworkingRG にデプロイします。As a networking element, deploy the load balancer in the networking resource group ContosoNetworkingRG.

    [ロード バランサーの作成] ペインを示すスクリーンショット。

内部ロード バランサーがデプロイされたら、Contoso の管理者はそれを設定する必要があります。After the internal load balancer is deployed, the Contoso admins need to set it up. バックエンド アドレス プールを作成し、正常性プローブを設定し、負荷分散規則を構成します。They create a back-end address pool, set up a health probe, and configure a load-balancing rule.

バックエンド プールを追加するAdd a back-end pool

Contoso の管理者は、クラスターの VM にトラフィックを分散させるために、ロード バランサーからネットワーク トラフィックを受け取る VM の NIC の IP アドレスを含むバックエンド アドレス プールを設定します。To distribute traffic to the VMs in the cluster, the Contoso admins set up a back-end address pool that contains the IP addresses of the NICs for VMs that will receive network traffic from the load balancer.

  1. ポータルのロード バランサー設定で、Contoso は次のバックエンド プールを追加します: ILB-PROD-DB-EUS-SQLAOG-BEPOOLIn the load balancer settings in the portal, Contoso adds a back-end pool: ILB-PROD-DB-EUS-SQLAOG-BEPOOL.

  2. このプールを可用性セット SQLAOGAVSET に関連付けます。The admins associate the pool with availability set SQLAOGAVSET. セット内の VM (SQLAOG1 および SQLAOG2) がプールに追加されます。The VMs in the set (SQLAOG1 and SQLAOG2) are added to the pool.

    [バックエンド プールの追加] 画面を示すスクリーンショット。

正常性プローブの作成Create a health probe

Contoso の管理者は正常性プローブを作成して、ロード バランサーがアプリケーションの正常性を監視できるようにします。The Contoso admins create a health probe so that the load balancer can monitor the application health. プローブは、正常性チェックへの VM の応答に基づき、ロード バランサーのローテーションに対して VM を動的に追加または削除します。The probe dynamically adds or removes VMs from the load balancer rotation based on how they respond to health checks.

プローブを作成するには、Contoso の管理者が次の手順を実行します。To create the probe, the Contoso admins:

  1. ポータルのロード バランサー設定で、正常性プローブ SQLAlwaysOnEndPointProbe を作成します。In the load balancer settings in the portal, create a health probe: SQLAlwaysOnEndPointProbe.

  2. TCP ポート 59999 で VM を監視するようにプローブを設定します。Set the probe to monitor VMs on TCP port 59999.

  3. プローブの間隔を 5 秒、しきい値を 2 に設定します。Set an interval of 5 seconds between probes and a threshold of 2. プローブが 2 回失敗すると、VM が異常と見なされます。If two probes fail, the VM will be considered unhealthy.

    [正常性プローブの追加] 画面を示すスクリーンショット。

トラフィックを受信するロード バランサーを構成するConfigure the load balancer to receive traffic

次に、Contoso の管理者は、複数の VM にトラフィックを分散する方法を定義するロード バランサー規則を設定します。Now, the Contoso admins set up a load balancer rule to define how traffic is distributed to the VMs.

  • フロントエンド IP アドレスが受信トラフィックを処理します。The front-end IP address handles incoming traffic.
  • バックエンド IP プールがトラフィックを受信します。The back-end IP pool receives the traffic.

規則を作成するには、Contoso の管理者が次の手順を実行します。To create the rule, the Contoso admins:

  1. ポータルのロード バランサー設定で、新しい規則として SQLAlwaysOnEndPointListener を追加します。In the load balancer settings in the portal, add a new rule: SQLAlwaysOnEndPointListener.

  2. TCP ポート 1433 で受信する SQL クライアント トラフィックを受け取るフロントエンド リスナーを設定します。Set a front-end listener to receive incoming SQL client traffic on TCP port 1433.

  3. トラフィックのルーティング先のバックエンド プールと、VM がトラフィックをリッスンするポートを指定します。Specify the back-end pool to which traffic will be routed and the port on which VMs listen for traffic.

  4. フローティング IP (Direct Server Return) を有効にします。これは、SQL Server Always On では常に必要となります。Enable floating IP (direct server return), which is always required for SQL Server Always On.

    正常性プローブの設定を示すスクリーンショット。

さらにサポートが必要な場合Need more help?

手順 4:Azure Migrate 用に Azure を準備するStep 4: Prepare Azure for Azure Migrate

Contoso が Azure Migrate をデプロイする必要がある Azure コンポーネントは次のとおりです。Here are the Azure components Contoso needs to deploy Azure Migrate:

  • 移行される VM が配置される仮想ネットワーク。A virtual network in which VMs will be located when they're migrated.
  • レプリケートされたデータを保持する Azure Storage アカウント。An Azure Storage account to hold replicated data.

Contoso の管理者は、これらのコンポーネントを次のように設定します。The Contoso admins set up these components:

  1. Contoso は、Azure インフラストラクチャをデプロイしたときに、Azure Migrate に使用できるネットワークとサブネットを既に作成しています。Contoso already created a network/subnet it can use for Azure Migrate when it deployed the Azure infrastructure.

    • SmartHotel360 アプリケーションは運用アプリケーションであり、WEBVM はプライマリ リージョン (East US 2) の Azure 運用ネットワーク (VNET-PROD-EUS2) に移行されます。The SmartHotel360 application is a production application, and WEBVM will be migrated to the Azure production network (VNET-PROD-EUS2) in the primary region (East US 2).
    • WEBVM は、運用リソースのために使用される ContosoRG リソース グループと、運用サブネット (PROD-FE-EUS2) に配置されます。WEBVM will be placed in the ContosoRG resource group, which is used for production resources, and in the production subnet (PROD-FE-EUS2).
  2. Contoso の管理者は、プライマリ リージョンに Azure Storage アカウント (contosovmsacc20180528) を作成します。The Contoso admins create an Azure Storage account (contosovmsacc20180528) in the primary region.

    • Standard ストレージと LRS レプリケーションが設定された汎用アカウントを使用します。Use a general-purpose account with standard storage and LRS replication.

手順 5:Azure Migrate 用のオンプレミス VMware を準備するStep 5: Prepare on-premises VMware for Azure Migrate

Contoso の管理者は、オンプレミスで以下を準備します。Here's what the Contoso admins prepare on-premises:

  • VM の検出を自動化するための vCenter Server または vSphere ESXi ホストのアカウント。An account on the vCenter Server or vSphere ESXi host to automate VM discovery.
  • 移行後にレプリケートされた Azure VM に Contoso が接続できるようにするためのオンプレミスの VM の設定。On-premises VM settings so that Contoso can connect to the replicated Azure VM after migration.

自動検出用のアカウントを準備するPrepare an account for automatic discovery

Azure Migrate では、次のことを実行するために、VMware サーバーへのアクセスが必要です。Azure Migrate needs access to VMware servers to:

  • VM を自動的に検出します。Automatically discover VMs.
  • レプリケーションと移行を調整します。Orchestrate replication and migration.
  • 少なくとも読み取り専用のアカウントが必要です。At least a read-only account is required. ディスクを作成および削除する、VM の電源をオンにするなどの操作を実行できるアカウントが必要です。They need an account that can run operations such as creating and removing disks and turning on VMs.

アカウントを設定するには、Contoso の管理者が次の手順を実行します。To set up the account, the Contoso admins:

  1. vCenter レベルでロールを作成します。Create a role at the vCenter level.
  2. そのロールに必要なアクセス許可を割り当てます。Assign that role the required permissions.

移行後に Azure VM に接続するための準備をします。Prepare to connect to Azure VMs after migration

Contoso は移行後、Azure VM に接続し、Azure で VM を管理できるようにしたいと考えています。After migration, Contoso wants to connect to the Azure VMs and allow Azure to manage the VMs. そのために、Contoso の管理者は移行前に以下の作業を行います。To do this, the Contoso admins do the following tasks before migration:

  1. インターネットでアクセスする場合:For access over the internet, they:

    • 移行前に、オンプレミス VM で RDP または SSH を有効にします。Enable RDP or SSH on the on-premises VM before migration.
    • パブリック プロファイルに TCP 規則と UDP 規則が追加されていることを確認します。Ensure that TCP and UDP rules are added for the Public profile.
    • オペレーティング システムのファイアウォールで RDP または SSH が許可されていることを確認します。Check that RDP or SSH is allowed in the operating system firewall.
  2. サイト間 VPN でアクセスする場合:For access over site-to-site VPN, they:

    • 移行前に、オンプレミス VM で RDP または SSH を有効にします。Enable RDP or SSH on the on-premises VM before migration.
    • オペレーティング システムのファイアウォールで RDP または SSH が許可されていることを確認します。Check that RDP or SSH is allowed in the operating system firewall.
    • Windows の場合、オンプレミス VM 上のオペレーティング システムの SAN ポリシーを OnlineAll に設定します。For Windows, set the operating system's SAN policy on the on-premises VM to OnlineAll.
  3. Azure エージェントをインストールします。Install the Azure agent:

  4. その他Miscellaneous

    • Windows の場合、移行をトリガーするときに、VM 上に保留中の Windows 更新プログラムがあってはいけません。For Windows, there should be no Windows updates pending on the VM when triggering a migration. ある場合、Contoso の管理者は更新が完了するまで VM にサインインすることはできません。If there are, the Contoso admins won't be able to sign in to the VM until the update completes.
    • 移行後、ブート診断を調べて、VM のスクリーンショットを確認できます。After migration, they can check Boot diagnostics to view a screenshot of the VM. これが機能しない場合は、VM が実行中であることを確認し、こちらのトラブルシューティングのヒントを参照する必要があります。If it doesn't work, they should verify that the VM is running and review these troubleshooting tips.

さらにサポートが必要な場合Need more help?

移行に向けて VM を準備する方法をご覧ください。Learn about how to prepare VMs for migration.

手順 6:オンプレミスの VM を Azure にレプリケートするStep 6: Replicate the on-premises VMs to Azure

Contoso の管理者は、Azure への移行を実行する前に、レプリケーションを設定して有効にする必要があります。Before the Contoso admins can run a migration to Azure, they need to set up and enable replication.

検出が完了したら、Azure への VMware VM のレプリケーションを開始できます。With discovery finished, they can begin replication of VMware VMs to Azure.

  1. Azure Migrate プロジェクトで、 [サーバー] > [Azure Migrate: Server Migration] の順に移動し、 [レプリケート] を選択します。In the Azure Migrate project, they go to Servers > Azure Migrate: Server Migration, and select Replicate.

    [レプリケート] オプションを示すスクリーンショット。

  2. [レプリケート] > [ソースの設定] > [マシンは仮想化されていますか?] で、 [はい (VMware vSphere の場合)] を選択します。In Replicate > Source settings > Are your machines virtualized?, they select Yes, with VMware vSphere.

  3. [オンプレミスのアプライアンス] で、設定済みの Azure Migrate アプライアンスの名前を選択し、 [OK] を選択します。In On-premises appliance, they select the name of the Azure Migrate appliance that was set up, and then select OK.

    [ソースの設定] タブを示すスクリーンショット。

  4. [仮想マシン] で、レプリケートするマシンを選択します。In Virtual machines, they select the machines to replicate.

    • Contoso の管理者は、VM の評価を実行した場合、評価結果から VM のサイズ設定とディスクの種類 (Premium または Standard) の推奨事項を適用できます。If the Contoso admins have run an assessment for the VMs, they can apply VM sizing and disk type (premium/standard) recommendations from the assessment results. [Azure Migrate Assessment から移行設定をインポートしますか?] で、 [はい] オプションを選択します。In Import migration settings from an Azure Migrate assessment?, they select the Yes option.
    • 評価を実行しなかった場合、または評価の設定を使用しない場合は、 [いいえ] オプションを選択します。If they didn't run an assessment or don't want to use the assessment settings, they select the No option.
    • 評価の使用を選択した場合は、VM グループと評価名を選択します。If they selected to use the assessment, they select the VM group and assessment name.

    評価の選択を示すスクリーンショット。

  5. [仮想マシン] で、必要に応じて VM を検索し、移行する各 VM を確認します。In Virtual machines, they search for VMs as needed and check each VM to migrate. 次に、 [次のステップ: ターゲット設定] をクリックします。Then they select Next: Target settings.

  6. [ターゲット設定] で、サブスクリプションと、移行先となるターゲット リージョンを選択し、移行後に Azure VM が配置されるリソース グループを指定します。In Target settings, they select the subscription, and target region to which they'll migrate, and specify the resource group in which the Azure VMs will reside after migration. [仮想ネットワーク] で、移行後に Azure VM の参加先となる Azure 仮想ネットワークまたはサブネットを選択します。In Virtual Network, they select the Azure virtual network/subnet to which the Azure VMs will be joined after migration.

  7. [Azure ハイブリッド特典] で、Contoso の管理者は次の操作を行います。In Azure Hybrid Benefit, the Contoso admins:

    • Azure ハイブリッド特典を適用しない場合は、 [いいえ] を選択します。Select No if they don't want to apply Azure Hybrid Benefit. 次に、 [次へ] を選択します。Then they select Next.
    • アクティブなソフトウェア アシュアランスまたは Windows Server サブスクリプションの対象となっている Windows Server マシンがあり、移行するマシンに特典を適用する場合は、 [はい] を選択します。Select Yes if they have Windows Server machines that are covered with active Software Assurance or Windows Server subscriptions, and they want to apply the benefit to the machines they're migrating. 次に、 [次へ] を選択します。Then they select Next.
  8. [コンピューティング] で、VM の名前、サイズ、OS ディスクの種類、可用性セットを確認します。In Compute, they review the VM name, size, OS disk type, and availability set. VM は Azure の要件に準拠している必要があります。VMs must conform with Azure requirements.

    • VM サイズ: 評価の推奨事項を使用している場合は、[VM サイズ] ドロップダウン リストに推奨サイズが表示されます。VM size: If they're using assessment recommendations, the VM size drop-down list contains the recommended size. それ以外の場合は、Azure Migrate によって、Azure サブスクリプション内の最も近いサイズが選択されます。Otherwise, Azure Migrate picks a size based on the closest match in the Azure subscription. または、 [Azure VM サイズ] でサイズを手動で選択することもできます。Alternatively, they can pick a manual size in Azure VM size.
    • OS ディスク: VM の OS (ブート) ディスクを指定します。OS disk: They specify the OS (boot) disk for the VM. OS ディスクは、オペレーティング システムのブートローダーとインストーラーがあるディスクです。The OS disk is the disk that has the operating system bootloader and installer.
    • 可用性セット: 移行後に VM を Azure 可用性セットに配置する必要がある場合は、セットを指定します。Availability set: If the VM should be in an Azure availability set after migration, they specify the set. このセットは、移行用に指定されたターゲット リソース グループに含まれている必要があります。The set must be in the target resource group specified for the migration.
  9. [ディスク] で、VM ディスクを Azure にレプリケートするかどうかを指定します。In Disks, they specify whether the VM disks should be replicated to Azure. Azure でのディスクの種類 (Standard SSD または HDD、あるいは Premium マネージド ディスク) を選択し、 [次へ] を選択します。Then they select the disk type (standard SSD/HDD or premium managed disks) in Azure and select Next.

    • レプリケーションからディスクを除外できます。They can exclude disks from replication.
    • ディスクを除外すると、移行後に Azure VM 上に存在しなくなります。If disks are excluded, they won't be present on the Azure VM after migration.
  10. [レプリケーションの確認と開始] で、設定を確認します。In Review + Start replication, they review the settings. 次に、 [レプリケート] を選択して、サーバーの初期レプリケーションを開始します。Then they select Replicate to start the initial replication for the servers.

注意

レプリケーションを開始する前であれば、 [管理] > [マシンのレプリケート] でレプリケーションの設定をいつでも更新できます。Replication settings can be updated any time before replication starts in Manage > Replicating machines. レプリケーションの開始後は、設定を変更することができません。Settings can't be changed after replication starts.

手順 7: Azure Database Migration Service を使用してデータベースを移行するStep 7: Migrate the database via Azure Database Migration Service

Contoso の管理者は、ステップバイステップの移行チュートリアルに従って、Azure Database Migration Service を使用してデータベースを移行します。The Contoso admins migrate the database via Azure Database Migration Service by following the step-by-step migration tutorial. オンライン、オフライン、およびハイブリッド (プレビュー) の移行を実行できます。They can perform online, offline, and hybrid (preview) migrations.

まとめると、次の作業を行う必要があります。As a summary, they must perform the following tasks:

  • Premium 価格レベルを使用して、仮想ネットワークに接続する Azure Database Migration Service インスタンスを作成します。Use the Premium pricing tier to create an Azure Database Migration Service instance that connects to the virtual network.
  • そのインスタンスから仮想ネットワーク経由でリモート SQL Server に確実にアクセスできるようにします。Ensure that the instance can access the remote SQL Server via the virtual network. 仮想ネットワーク レベル、ネットワーク VPN、および SQL Server をホストするマシンで、Azure から SQL Server へのすべての受信ポートが許可されていることを確認します。Ensure that all incoming ports are allowed from Azure to SQL Server at the virtual network level, the network VPN, and the machine that hosts SQL Server.
  • インスタンスを構成します。Configure the instance:
    • 移行プロジェクトを作成します。Create a migration project.
    • ソース (オンプレミス データベース) を追加します。Add a source (on-premises database).
    • ターゲットを選択します。Select a target.
    • 移行するデータベースを選択します。Select the databases to migrate.
    • 詳細設定を構成します。Configure advanced settings.
    • レプリケーション を開始します。Start the replication.
    • すべてのエラーを解決します。Resolve any errors.
    • 最終的なカットオーバーを実行します。Perform the final cutover.

手順 8: SQL Server Always On を使用してデータベースを保護するStep 8: Protect the database with SQL Server Always On

アプリケーション データベースが SQLAOG1 上で実行されており、Contoso の管理者は Always On 可用性グループを使用してこれを保護できます。With the application database running on SQLAOG1, the Contoso admins can now protect it by using Always On availability groups. SQL Server Management Studio を使用して SQL Server Always On を構成し、Windows クラスタリングを使用してリスナーを割り当てます。They configure SQL Server Always On by using SQL Server Management Studio and then assign a listener by using Windows clustering.

Always On 可用性グループを作成するCreate an Always On availability group

  1. SQL Server Management Studio で、 [Always On 高可用性] を選択したまま (または右クリックして)、新しい可用性グループ ウィザードを開始します。In SQL Server Management Studio, they select and hold (or right-click) Always On High Availability to start the New Availability Group Wizard.

  2. [オプションの指定] で、可用性グループ SHAOG を指定します。In Specify Options, they name the availability group SHAOG. [データベースの選択] で、SmartHotel360 データベースを選択します。In Select Databases, they select the SmartHotel360 database.

    [データベースの選択] ペインを示すスクリーンショット。

  3. [レプリカの指定] で、2 つの SQL ノードを可用性レプリカとして追加し、同期コミットを備えた自動フェールオーバーを提供するようにこれらを構成します。In Specify Replicas, they add the two SQL nodes as availability replicas and configure them to provide automatic failover with synchronous commit.

    [レプリカ] タブを示すスクリーンショット。

  4. グループ (SHAOG) のリスナーとポートを構成します。They configure a listener for the group (SHAOG) and port. 内部ロード バランサーの IP アドレスは、静的 IP アドレス (10.245.40.100) として追加されます。The IP address of the internal load balancer is added as a static IP address (10.245.40.100).

    [可用性グループ リスナーの作成] オプションを示すスクリーンショット。

  5. [データ同期の選択] で、自動シード処理を有効にします。In Select Data Synchronization, they enable automatic seeding. このオプションでは、SQL Server によって、グループ内のすべてのデータベースのセカンダリ レプリカが自動的に作成されるため、Contoso がバックアップと復元を手動で実行する必要はありません。With this option, SQL Server automatically creates secondary replicas for every database in the group, so Contoso doesn't have to manually back up and restore them. 検証後、可用性グループが作成されます。After validation, the availability group is created.

    Always On 可用性グループが作成されたことを示すスクリーンショット。

  6. Contoso がグループを作成するときに問題が発生しました。Contoso ran into an issue when creating the group. Active Directory Windows 統合セキュリティを使用していないので、SQL ログインにアクセス許可を付与して、Windows フェールオーバー クラスター ロールを作成する必要があります。It isn't using Active Directory Windows integrated security and needs to grant permissions to the SQL login to create the Windows failover cluster roles.

    SQL ログインへのアクセス許可の付与を示すスクリーンショット。

  7. グループが作成されると、SQL Server Management Studio に表示されます。After the group is created, it appears in SQL Server Management Studio.

クラスターでリスナーを構成するConfigure a listener on the cluster

SQL デプロイを設定する最後の手順として、Contoso の管理者は内部ロード バランサーをクラスター上のリスナーとして構成し、リスナーをオンラインにします。As a last step in setting up the SQL deployment, the Contoso admins configure the internal load balancer as the listener on the cluster and bring the listener online. このタスクを実行するスクリプトを使用します。They use a script to do this task.

クラスターのリスナーを示すスクリーンショット。

構成を確認するVerify the configuration

このとき、すべての設定が終了し、機能する可用性グループが Azure に存在し、移行したデータベースを使用しています。With everything set up, Contoso now has a functional availability group in Azure that uses the migrated database. 管理者は、SQL Server Management Studio で内部ロード バランサーに接続して構成を確認します。The admins verify the configuration by connecting to the internal load balancer in SQL Server Management Studio.

内部ロード バランサーの接続を示すスクリーンショット。

さらにサポートが必要な場合Need more help?

手順 9:Azure Migrate で VM を移行するStep 9: Migrate the VM with Azure Migrate

Contoso の管理者は、簡単なテスト フェールオーバーを実行してから VM を移行します。The Contoso admins run a quick test failover and then migrate the VM.

テスト移行を実行するRun a test migration

テスト移行を実行すると、移行の前に、すべてが正常に機能していることを保証する助けになります。Running a test migration helps ensure that everything's working as expected before the migration. Contoso の管理者が次の手順を実行します。The Contoso admins:

  1. 利用可能な最新の時点 (Latest processed) へのテスト フェールオーバーを実行します。Run a test failover to the latest available point in time (Latest processed).

  2. [フェールオーバーを開始する前にマシンをシャットダウンします] を選択します。これにより、Azure Migrate は、フェールオーバーをトリガーする前にソース VM のシャットダウンを試みます。Select Shut down machine before beginning failover so that Azure Migrate attempts to shut down the source VM before triggering the failover. 仮にシャットダウンが失敗したとしても、フェールオーバーは続行されます。Failover continues even if shutdown fails.

  3. テスト フェールオーバーでは、以下が実行されます。A test failover runs:

    • 移行を実行するために必要なすべての条件が満たされていることを確認する前提条件チェックが実行されます。A prerequisites check runs to make sure all of the conditions required for migration are in place.
    • Azure VM を作成できるように、フェールオーバーによってデータが処理されます。Failover processes the data so that an Azure VM can be created. 最新の復旧ポイントが選択された場合は、データから復旧ポイントが作成されます。If the latest recovery point is selected, a recovery point is created from the data.
    • 前の手順で処理されたデータを使用して、Azure VM が作成されます。An Azure VM is created by using the data processed in the previous step.
  4. フェールオーバーが完了すると、Azure Portal にはレプリカの Azure VM が表示されます。After the failover finishes, the replica Azure VM appears in the Azure portal. VM が適切なサイズであること、適切なネットワークに接続されていること、実行中であることを確認します。They check that the VM is the appropriate size, that it's connected to the right network, and that it's running.

  5. 確認したら、フェールオーバーをクリーンアップして、確認された事柄をすべて記録して保存します。After verifying, they clean up the failover, and record and save any observations.

フェールオーバーの実行Run a failover

  1. テスト フェールオーバーが予想どおりに機能することを確認したら、移行のための復旧計画を作成し、WEBVM を計画に追加します。After verifying that the test failover worked as expected, they create a recovery plan for migration, and add WEBVM to the plan.

    [復旧計画の作成] を示すスクリーンショット

  2. 計画に基づいてフェールオーバーを実行します。They run a failover on the plan. 最新の復旧ポイントを選択します。They select the latest recovery point. Azure Migrate が、フェールオーバーをトリガーする前にオンプレミスの VM のシャットダウンを試みる必要があることを指定します。They specify that Azure Migrate should try to shut down the on-premises VM before triggering the failover.

    [フェールオーバー] ペインを示すスクリーンショット。

  3. フェールオーバーが完了したら、Azure VM が想定どおりに Azure Portal に表示されることを確認します。After the failover, they verify that the Azure VM appears as expected in the Azure portal.

    仮想マシンの概要ペインを示すスクリーンショット。

  4. Azure の VM を検査したら、移行を完了して移行プロセスを終了し、VM のレプリケーションを停止して、VM の Azure Migrate の課金を停止します。After verifying the VM in Azure, they complete the migration to finish the migration process, stop replication for the VM, and stop Azure Migrate billing for the VM.

    [移行の完了] 項目を示すスクリーンショット。

接続文字列を更新するUpdate the connection string

Contoso の管理者は、移行プロセスの最後の手順として、SHAOG リスナーで実行されている移行されたデータベースを指すように、アプリケーションの接続文字列を更新します。As the final step in the migration process, the Contoso admins update the connection string of the application to point to the migrated database running on the SHAOG listener. この構成は、現在 Azure で実行されている WEBVM 上で変更されます。This configuration will be changed on the WEBVM now running in Azure. この構成は ASP.NET アプリケーションの web.config にあります。This configuration is located in the web.config of the ASP.NET application.

  1. Contoso の管理者は、C:\inetpub\SmartHotelWeb\web.config でファイルを見つけ、Always On 可用性グループの FQDN (shaog.contoso.com) を反映するようにサーバーの名前を変更します。The Contoso admins locate the file at C:\inetpub\SmartHotelWeb\web.config and change the name of the server to reflect the FQDN of the Always On availability group: shaog.contoso.com.

    Always On 可用性グループの FQDN を示すスクリーンショット。

  2. ファイルを更新して保存した後、WEBVM 上で IIS を再起動します。After updating the file and saving it, they restart IIS on WEBVM. コマンド プロンプトから iisreset /restart を使用します。They use iisreset /restart from a command prompt.

  3. IIS の再起動後、マネージド インスタンス上で実行されているデータベースがアプリケーションで使用されるようになります。After IIS is restarted, the application now uses the database running on the managed instance.

さらにサポートが必要な場合Need more help?

移行後にクリーンアップするClean up after migration

移行後、SmartHotel360 アプリケーションは Azure VM 上で実行されています。After migration, the SmartHotel360 application is running on an Azure VM. SmartHotel360 データベースは Azure SQL クラスターに配置されています。The SmartHotel360 database is located in the Azure SQL cluster.

次に、Contoso は、以下のクリーンアップ手順を完了する必要があります。Now, Contoso needs to finish these cleanup steps:

  • vCenter のインベントリからオンプレミスの VM を削除します。Remove the on-premises VMs from the vCenter inventory.
  • ローカルのバックアップ ジョブからから VM を削除します。Remove the VMs from local backup jobs.
  • VM の新しい場所と IP アドレスを示すように社内ドキュメントを更新します。Update internal documentation to show the new locations and IP addresses for VMs.
  • 使用停止になった VM とやりとりするリソースがあれば確認します。Review any resources that interact with the decommissioned VMs. すべての関連する設定またはドキュメントを更新して新しい構成を反映します。Update any relevant settings or documentation to reflect the new configuration.
  • 2 つの新しい VM (SQLAOG1SQLAOG2) を、運用監視システムに追加します。Add the two new VMs (SQLAOG1 and SQLAOG2) to production monitoring systems.

デプロイを再調査するReview the deployment

リソースを Azure に移行したら、新しいインフラストラクチャを完全に操作可能にして、セキュリティで保護する必要があります。With the migrated resources in Azure, Contoso needs to fully operationalize and secure its new infrastructure.

セキュリティSecurity

Contoso のセキュリティ チームは、WEBVMSQLAOG1SQLAOG2 の各仮想マシンを再調査して、セキュリティの問題を特定します。The Contoso security team reviews the virtual machines WEBVM, SQLAOG1, and SQLAOG2 to determine any security issues. 次のことを行う必要があります。They need to:

  • VM がアクセスを制御するためのネットワーク セキュリティ グループ (NSG) を見直します。Review the network security groups (NSGs) for the VM to control access. NSG は、アプリケーションに対して許可されるトラフィックのみが通過できるようにするために使用されます。NSGs are used to ensure that only traffic allowed to the application can pass.
  • Azure Disk Encryption と Azure Key Vault を使用して、ディスク上のデータをセキュリティで保護することを検討します。Consider securing the data on the disk by using Azure Disk Encryption and Azure Key Vault.
  • Transparent Data Encryption を評価します。Evaluate transparent data encryption. その後、新しい Always On 可用性グループで実行されている SmartHotel360 データベースでそれを有効にします。Then enable it on the SmartHotel360 database running on the new Always On availability group. Transparent Data Encryption の詳細をご覧ください。Learn more about transparent data encryption.

詳細については、「Azure における IaaS ワークロードのセキュリティに関するベスト プラクティス」を参照してください。For more information, see Security best practices for IaaS workloads in Azure.

事業継続とディザスター リカバリーBusiness continuity and disaster recovery

事業継続とディザスター リカバリーのために、Contoso は次のアクションを実施します。For business continuity and disaster recovery, Contoso takes the following actions:

ライセンスとコストの最適化Licensing and cost optimization

  • Contoso は WEBVM の既存のライセンスを所有しているので、Azure ハイブリッド特典を活用します。Contoso has existing licensing for its WEBVM and will take advantage of the Azure Hybrid Benefit. Contoso は、この特典を活用するために、既存の Azure VM を変換します。Contoso will convert the existing Azure VMs to take advantage of this pricing.
  • Contoso は Azure Cost Management および Billing を使用して、IT リーダーが定めた予算内に確実に収まるようにします。Contoso will use Azure Cost Management and Billing to ensure the company stays within budgets established by the IT leadership.

まとめConclusion

この記事では、Contoso が Azure Migrate を使用して、アプリケーション フロントエンド VM を Azure に移行することで、SmartHotel360 アプリケーションを Azure にリホストしました。In this article, Contoso rehosted the SmartHotel360 application in Azure by migrating the application front-end VM to Azure by using Azure Migrate. Contoso は、Azure Database Migration Service を使用して、Azure でプロビジョニングされた SQL Server クラスターにアプリケーション データベースを移行し、それを SQL Server Always On 可用性グループで保護しました。Contoso migrated the application database to a SQL Server cluster provisioned in Azure by using Azure Database Migration Service and protected it in a SQL Server Always On availability group.