Azure に移行するワークロードのコストとサイズ設定のベスト プラクティスBest practices to cost and size workloads migrated to Azure

移行の計画と設計の際には、コストに注目することで、より確実に Azure への移行で長期的な成功を収めることができます。As you plan and design for migration, focusing on costs ensures the long-term success of your Azure migration. 移行プロジェクト時は、すべてのチーム (財務チーム、管理チーム、アプリケーション開発チーム) が関連するコストを理解しておくことが重要です。During a migration project, it's critical that all teams (such as finance, management, and application development teams) understand associated costs.

  • 移行の前に、月単位、四半期単位、および年単位の予算目標のベースラインを確立して、移行にかかる金額を見積もり、移行を確実に成功に導くことが重要です。Before migration, it's important to have a baseline for monthly, quarterly, and yearly budget targets in order to estimate the amount you'd spend on your migration and ensure its success.
  • 移行後は、コストを最適化し、継続的にワークロードを監視して、将来の使用パターンを計画する必要があります。After migration, you should optimize costs, continually monitor workloads, and plan for future usage patterns. 移行されたリソースは、ある種類のワークロードとして開始されても、使用状況、コスト、および変化するビジネス要件に基づいて、時間の経過と共に別の種類に変化することがあります。Migrated resources might start out as one type of workload, but shift to another type over time, based on usage, costs, and shifting business requirements.

この記事では、移行の前後で、コストとサイズを準備および管理するためのベスト プラクティスについて説明します。This article describes best practices for preparing for and managing cost and size, both before and after migration.

重要

この記事で説明するベスト プラクティスと見解は、Azure プラットフォームと、記事の執筆時点で利用できるサービスの機能に基づいています。The best practices and opinions described in this article are based on Azure platform and service features available at the time of writing. 特徴や機能は時間の経過と共に変化します。Features and capabilities change over time. お客様のデプロイにすべての推奨事項が当てはまるとは限らないため、お客様にとって適切なものを選択してください。Not all recommendations might be applicable for your deployment, so select what works for you.

移行前Before migration

ワークロードをクラウドに移動する前に、それらを Azure で実行する毎月のコストを見積もります。Before you move your workloads to the cloud, estimate the monthly cost of running them in Azure. クラウドのコストを先を見越して管理すれば、運営費の予算に準拠する助けになります。Proactively managing cloud costs helps you adhere to your operating expense budget. 予算が限られている場合は、移行前にこれを考慮に入れます。If budget is limited, take this into account before migration. コストを削減するため、適切な場合は、ワークロードを Azure のサーバーレス テクノロジに変えることを検討します。Consider converting workloads to Azure serverless technologies, where appropriate, to reduce costs.

このセクションに示すベスト プラクティスを使用すると、次の点で役立ちます。The best practices in this section help you:

  • コストを見積もる。Estimate costs.
  • 仮想マシン (VM) とストレージのサイズを適切に設定する。Perform right-sizing for virtual machines (VMs) and storage.
  • Azure ハイブリッド特典を利用する。Use Azure Hybrid Benefit.
  • Azure Reserved Virtual Machine Instances を使用する。Use Azure Reserved Virtual Machine Instances.
  • すべてのサブスクリプションのクラウド支出を見積もる。Estimate cloud spending across subscriptions.

ベスト プラクティス:毎月のワークロード コストを見積るBest practice: Estimate monthly workload costs

移行されるワークロードの月額料金を予測するために、利用できるツールがいくつかあります。To forecast your monthly bill for migrated workloads, there are several tools you can use.

  • Azure 料金計算ツール: VM やストレージなど、見積もり対象の製品を選択します。Azure pricing calculator: Select the products you want to estimate, such as VMs and storage. 次に、計算ツールにコストを入力し、見積もりを作成します。Then, input costs into the calculator to build an estimate.

    Azure 料金計算ツール メニューのスクリーンショット。Screenshot of the Azure pricing calculator. "図 1:Azure 料金計算ツール。 "Figure 1: Azure pricing calculator.

  • Azure Migrate: コストを見積もるには、Azure でワークロードを実行するために必要なすべてのリソースを確認し、それらを計上します。Azure Migrate: To estimate costs, you need to review and account for all the resources required to run your workloads in Azure. このデータを取得するには、サーバー、VM、データベース、ストレージを含む資産のインベントリを作成します。To acquire this data, you create inventory of your assets, including servers, VMs, databases, and storage. この情報は、Azure Migrate を使用して収集できます。You can use Azure Migrate to collect this information.

    • Azure Migrate は、オンプレミス環境で検出と評価を行ってインベントリを提供します。Azure Migrate discovers and assesses your on-premises environment to provide an inventory.

    • Azure Migrate では、全体像を把握できるように、VM 間の依存関係をマップして表示できます。Azure Migrate can map and show you dependencies between VMs, so that you have a complete picture.

    • Azure Migrate の評価には、推定コストが含まれています。An Azure Migrate assessment contains estimated cost.

      • コンピューティング コスト: Azure Migrate は、評価の作成時には推奨される Azure VM のサイズを採用し、Azure Billing API シリーズを使用して VM の推定月間コストを計算します。Compute costs: Using the Azure VM size recommended when you create an assessment, Azure Migrate uses the Azure Billing APIs to calculate estimated monthly VM costs. この見積りでは、オペレーティング システム、ソフトウェア アシュアランス、Azure Reserved Virtual Machine Instances、VM のアップタイム、場所、および通貨の設定が考慮されます。The estimation considers the operating system, Software Assurance, Azure Reserved Virtual Machine Instances, VM uptime, location, and currency settings. 評価に含まれるすべての VM にわたるコストが集計され、月間コンピューティング コストの合計が計算されます。It aggregates the cost across all VMs in the assessment, and calculates a total monthly compute cost.
      • ストレージ コスト: Azure Migrate は、評価に含まれるすべての VM のストレージ コストを集計して、月間ストレージ コストの合計を計算します。Storage cost: Azure Migrate calculates total monthly storage costs by aggregating the storage costs of all VMs in an assessment. 特定のマシンの月間ストレージ コストは、そのマシンに接続されているすべてのディスクの月間コストを集計することで計算できます。You can calculate the monthly storage cost for a specific machine by aggregating the monthly cost of all disks attached to it.

      Azure Migrate のスクリーンショット。 "図 2: Azure Migrate の評価。 "Screenshot of Azure Migrate Figure 2: Azure Migrate assessment.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:適切なサイズの VMBest practice: Right-size VMs

ワークロードをサポートする Azure VM をデプロイするときは、さまざまなオプションを選択できます。You can choose various options when you deploy Azure VMs to support workloads. 各種類の VM には特定の機能があり、さまざまな組み合わせの CPU、メモリ、およびディスクが用意されています。Each VM type has specific features and different combinations of CPU, memory, and disks. VM は、次の表に示すようにグループ化されます。VMs are grouped as shown in the following table:

TypeType 詳細Details 使用法Usage
汎用目的General-purpose CPU とメモリのバランスがとれています。Balanced CPU-to-memory. テストと開発、中小規模のデータベース、およびトラフィック量が中小程度の Web サーバーに適しています。Good for testing and development, small- to medium-sized databases, and low- to medium-volume traffic web servers.
コンピューティング最適化Compute-optimized メモリに対する CPU の比が大きくなっています。High CPU-to-memory. トラフィック量が中程度の Web サーバー、ネットワーク アプライアンス、バッチ処理、およびアプリケーション サーバーに適しています。Good for medium-volume traffic web server, network appliances, batch processes, and application servers.
メモリ最適化Memory-optimized 高いメモリ対 CPU。High memory-to-CPU. リレーショナル データベース、中から大規模のキャッシュ、およびインメモリ分析に適しています。Good for relational databases, medium- to large-size cache, and in-memory analytics.
ストレージの最適化Storage optimized 高いディスク スループットと I/O。High disk throughput and I/O. ビッグ データ、SQL データベース、および NoSQL データベースに適しています。Good for big data, and SQL and NoSQL databases.
GPU の最適化GPU optimized 特殊な VM。Specialized VMs. 1 つまたは複数の GPU。Single or multiple GPUs. 大量のグラフィックスおよびビデオの編集。Heavy graphics and video editing.
高性能High performance 最も高速で最も強力な CPU。Fastest and most powerful CPU. オプションの、高スループットのネットワーク インターフェイス (RDMA) を備えた VM。VMs with optional high-throughput network interfaces (RDMA). クリティカルな高性能アプリケーション。Critical high-performance applications.
  • これらの VM 間の価格の違いと、長期的な予算への影響を理解しておくことが重要です。It's important to understand the pricing differences between these VMs, and the long-term budget effects.
  • 種類ごとに、内部にいくつかの VM シリーズがあります。Each type has several VM series within it.
  • さらに、あるシリーズ内の VM を選択すると、そのシリーズ内の VM のみをスケールアップまたはスケールダウンできます。Additionally, when you select a VM within a series, you can only scale the VM up and down within that series. たとえば、DS2_v2 インスタンスは DS4_v2 にスケールアップできますが、F2s_v2 インスタンスなどの異なるシリーズのインスタンスには変更できません。For example, a DS2_v2 instance can scale up to DS4_v2, but it can't be changed to an instance of a different series, such as a F2s_v2 instance.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:適切なストレージを選択するBest practice: Select the right storage

オンプレミス ストレージ (SAN または NAS) とそれらをサポートするネットワークのチューニングと維持管理は、コストが高く時間がかかる場合があります。Tuning and maintaining on-premises storage (SAN or NAS), and the networks to support them, can be costly and time-consuming. ファイル (ストレージ) のデータは、一般に、運用と管理の負担を軽減するため、クラウドに移行されます。File (storage) data is commonly migrated to the cloud to help alleviate operational and management headaches. Microsoft では、Azure にデータを移動するためのオプションをいくつか提供しており、それらのオプションについて決定する必要があります。Microsoft provides several options for moving data to Azure, and you need to make decisions about those options. データにとって適切なストレージの種類を選択すれば、組織は毎月数千ドルを節約できます。Picking the right storage type for data can save your organization several thousands of dollars every month. いくつかの考慮事項があります。Here are a few considerations:

  • あまりアクセスされないデータやビジネス クリティカルでないデータは、最も高価なストレージに配置する必要がありません。Data that isn't accessed much and isn't business-critical doesn't need to be placed on the most expensive storage.
  • 逆に、重要なビジネス クリティカル データは、より高いレベルのストレージ オプションに配置する必要があります。Conversely, important business-critical data should be located on higher tier storage options.
  • 移行計画時には、最適なストレージにマップするために、データのインベントリを作成し、重要度で分類します。During migration planning, take an inventory of data and classify it by importance, in order to map it to the most suitable storage. 予算とコストに加えて、パフォーマンスを考慮に入れます。Consider budget and costs, as well as performance. コストは必ずしも主要な要因ではありません。Cost shouldn't necessarily be the main factor. 最小コストのオプションを選択すると、ワークロードがパフォーマンスと可用性のリスクにさらされる可能性があります。Picking the least expensive option might expose the workload to performance and availability risks.

ストレージのデータの種類Storage data types

Azure では、ストレージ データのさまざまな種類が提供されています。Azure provides different types of storage data.

データ型Data type 詳細Details 使用法Usage
BLOBBlobs テキスト データやバイナリ データなどの大量の非構造化オブジェクトを格納するために最適化されています。Optimized to store massive amounts of unstructured objects, such as text or binary data.

HTTP/HTTPS 経由でどこからでもデータにアクセスします。Access data from everywhere over HTTP/HTTPS.

ストリーミングやランダム アクセスのシナリオに使用します。Use for streaming and random access scenarios. たとえば、イメージやドキュメントをブラウザーに直接提供する、ビデオやオーディオをストリーム配信する、バックアップやディザスター リカバリーのデータを格納するなどです。For example, to serve images and documents directly to a browser, stream video and audio, and store backup and disaster recovery data.
[ファイル]Files マネージド ファイル共有は SMB 3.0 経由でアクセスされます。Managed file shares accessed over SMB 3.0. オンプレミスのファイル共有を移行する場合に、ファイル データへの複数アクセス/接続を提供するために使用します。Use when migrating on-premises file shares, and to provide multiple access/connections to file data.
ディスクDisks ページ BLOB に基づきます。Based on page blobs.

ディスクの種類: Standard (HDD または SSD) または Premium (SSD)。Disk type: standard (HDD or SSD) or premium (SSD).

ディスク管理: アンマネージド (ユーザーがディスクの設定とストレージを管理する) またはマネージド (ユーザーがディスクの種類を選択し、Azure 側でディスクを管理する)。Disk management: unmanaged (you manage disk settings and storage) or managed (you select the disk type and Azure manages the disk for you).
VM には Premium ディスクを使用します。Use premium disks for VMs. 簡単な管理とスケーリングのためにはマネージド ディスクを使用します。Use managed disks for simple management and scaling.
キューQueues 認証された呼び出し (HTTP または HTTPS) を介してアクセスされる大量のメッセージを格納および取得します。Store and retrieve large numbers of messages accessed via authenticated calls (HTTP or HTTPS). 非同期メッセージ キューを使用してアプリケーションのコンポーネントを接続します。Connect application components with asynchronous message queueing.
テーブルTables テーブルを格納します。Store tables. このデータ型は Azure Cosmos DB Table API の一部です。This data type is part of Azure Cosmos DB Table API.

アクセス層Access tiers

Azure Storage には、ブロック BLOB データにアクセスするためのさまざまなオプションが用意されています。Azure Storage provides different options for accessing block blob data. レベルに合った適切なアクセス層を選択することで、最も費用対効果の高い方法でブロック BLOB データが格納されるようにする助けとなります。Selecting the right access tier helps ensure that you store block blob data in the most cost-effective manner.

アクセス層Access tier 詳細Details 使用法Usage
ホットHot ストレージ コストはクールより高いです。Higher storage cost than cool. アクセス料金はクールよりも低いです。Lower access charges than cool.

これが既定のレベルです。This is the default tier.
頻繁にアクセスされる、アクティブに使用中のデータに使用します。Use for data in active use, that's accessed frequently.
クールCool ストレージ コストはホットより低いです。Lower storage cost than hot. アクセス料金はホットよりも高いです。Higher access charges than hot.

少なくとも 30 日間格納します。Store for minimum of 30 days.
短期間、格納します。Store short-term. データは使用できますが、アクセス頻度は低いものです。Data is available but accessed infrequently.
ArchiveArchive 個々 のブロック BLOB に使用されます。Used for individual block blobs.

最も費用対効果の高いストレージ オプション。Most cost-effective option for storage. データ アクセスは、ホットとコールドよりも高価です。Data access is more expensive than hot and cold.
取得の待ち時間としての数時間を許容でき、少なくとも 180 日間は同じ層に留まるデータに使用します。Use for data that can tolerate several hours of retrieval latency, and will remain in the tier for at least 180 days.

ストレージ アカウントの種類Storage account types

Azure では、さまざまな種類のストレージ アカウントとパフォーマンス レベルが提供されています。Azure provides different types of storage accounts and performance tiers.

アカウントの種類Account type 詳細Details 使用法Usage
汎用 v2 StandardGeneral-purpose v2 standard BLOB (ブロック、ページ、追加)、ファイル、ディスク、キュー、およびテーブルをサポートしています。Supports blobs (block, page, and append), files, disks, queues, and tables.

ホット、クール、およびアーカイブのアクセス層をサポートしています。Supports hot, cool, and archive access tiers. ゾーン冗長ストレージ (ZRS) がサポートされています。Zone-redundant storage (ZRS) is supported.
ほとんどのシナリオの、ほとんどの種類のデータに使用します。Use for most scenarios and most types of data. Standard ストレージ アカウントは、HDD または SSD ベースとして指定できます。Standard storage accounts can be HDD- or SSD-based.
汎用 v2 PremiumGeneral-purpose v2 premium BLOB ストレージ データ (ページ BLOB) をサポートしています。Supports Blob storage data (page blobs). ホット、クール、およびアーカイブのアクセス層をサポートしています。Supports hot, cool, and archive access tiers. ZRS がサポートされています。ZRS is supported.

SSD に格納されます。Stored on SSD.
すべての VM のために使用することをお勧めします。Microsoft recommends using for all VMs.
汎用 v1General-purpose v1 アクセスの階層化はサポートされません。Access tiering isn't supported. ZRS はサポートされません。Doesn't support ZRS. アプリケーションに Azure クラシック デプロイ モデルが必要な場合に使用します。Use if applications need the Azure classic deployment model.
BLOBBlob 非構造化オブジェクトを格納するための特殊なストレージ アカウント。Specialized storage account for storing unstructured objects. ブロック BLOB と 追加 BLOB のみを提供します (ファイル、キュー、テーブル、ディスクのストレージ サービスはありません)。Provides block blobs and append blobs only (no file, queue, table, or disk storage services). 同じ持続性、可用性、スケーラビリティ、および General Purpose v2 と同じパフォーマンスを提供します。Provides the same durability, availability, scalability and performance as general-purpose v2. これらのアカウントにページ BLOB を格納することはできないため、VHD ファイルは格納できません。You can't store page blobs in these accounts, and therefore can't store VHD files. アクセス層はホットまたはクールに設定できます。You can set an access tier to hot or cool.

ストレージ冗長オプションStorage redundancy options

ストレージ アカウントでは、回復力と高可用性のためにさまざまな種類の冗長性を使用できます。Storage accounts can use different types of redundancy for resilience and high availability.

TypeType 詳細Details 使用法Usage
ローカル冗長ストレージ (LRS)Locally redundant storage (LRS) 1 つのストレージ単位内で、別個の障害ドメインと更新ドメインにレプリケートすることで、ローカルの障害から保護します。Protects against a local outage by replicating within a single storage unit to a separate fault domain and update domain. 1 つのデータ センター内に複数のデータコピーを保管します。Keeps multiple copies of your data in one datacenter. 年間 99.999999999% (9 が 11 個) 以上のオブジェクトの持続性を提供します。Provides at least 99.999999999 percent (eleven nines) durability of objects over a particular year. アプリケーションが格納するデータは簡単に再構築できるものかどうかを考慮に入れます。Consider whether your application stores data that can be easily reconstructed.
ゾーン冗長ストレージ (ZRS)Zone-redundant storage (ZRS) 1 つのリージョン内の 3 つのストレージ クラスター間でレプリケートすることで、データ センター停止の保護に冗長性を持たせます。Protects against a datacenter outage by replicating across three storage clusters in a single region. 各ストレージ クラスターは、物理的に分離されており、独自の可用性ゾーン内に置かれています。Each storage cluster is physically separated and located in its own Availability Zone. 複数のデータセンターまたはリージョンにわたってデータのコピーを複数保持することで、年間 99.9999999999% (9 が 12 個) 以上のオブジェクトの持続性を提供します。Provides at least 99.9999999999 percent (twelve nines) durability of objects over a particular year, by keeping multiple copies of your data across multiple datacenters or regions. 一貫性、持続性、および高可用性が必要かどうかを考慮します。Consider whether you need consistency, durability, and high availability. 複数のゾーンが永続な影響を受けた場合、リージョンの災害からは保護されないことがあります。Might not protect against a regional disaster, when multiple zones are permanently affected.
geo 冗長ストレージ (GRS)Geo-redundant storage (GRS) プライマリ リージョンから数百マイル離れたセカンダリ リージョンにデータをレプリケートすることで、リージョン全体の障害から保護します。Protects against an entire region outage, by replicating data to a secondary region hundreds of miles away from the primary. 年間 99.99999999999999% (9 が 16 個) 以上のオブジェクトの持続性を提供します。Provides at least 99.99999999999999 percent (sixteen nines) durability of objects over a particular year. Microsoft がセカンダリ リージョンへのフェールオーバーを開始しない限り、レプリカは使用できません。Replica data isn't available unless Microsoft initiates a failover to the secondary region. フェールオーバーが発生した場合、読み取りと書き込みのアクセスは可能です。If failover occurs, read and write access is available.
読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS)Read-access geo-redundant storage (RA-GRS) GRS に似ています。Similar to GRS. 年間 99.99999999999999% (9 が 16 個) 以上のオブジェクトの持続性を提供します。Provides at least 99.99999999999999 percent (sixteen nines) durability of objects over a particular year. GRS で使用される 2 番目のリージョンからの読み取りアクセスを許可することで、99.99% の読み取り可用性を提供します。Provides 99.99 percent read availability, by allowing read access from the second region used for GRS.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:Azure ハイブリッド特典を活用するBest practice: Take advantage of Azure Hybrid Benefit

オンプレミスの Microsoft ソフトウェアを Azure と統合するポートフォリオにより、競争力とコスト面でのメリットが得られます。A portfolio that integrates on-premises Microsoft software with Azure can provide you with competitive and cost advantages. オペレーティング システム、またはソフトウェア アシュアランス (SA) を通したその他のソフトウェア ライセンスを現在所有している場合は、Azure ハイブリッド特典を使用して、それらのライセンスをクラウドに持ち込むことができます。If you currently have an operating system or other software licensing through Software Assurance, you can take those licenses with you to the cloud, with Azure Hybrid Benefit.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:予約 VM インスタンスを使用するBest practice: Use reserved VM instances

ほとんどのクラウド プラットフォームでは、従量課金制の支払いモデルが使用されています。Most cloud platforms use a pay-as-you-go payment model. ワークロードがどのように変動するかは必ずしもわからないので、このモデルには不利な点があります。This model presents disadvantages, because you don't necessarily know how dynamic your workloads will be. ワークロードの明確な意図を指定すれば、インフラストラクチャの計画に貢献することになります。When you specify clear intentions for a workload, you contribute to infrastructure planning.

Azure Reserved Virtual Machine Instances を使用している場合は、VM インスタンスに対して 1 年分または 3 年分の料金を前払いします。When you use Azure Reserved VM Instances, you prepay for a one-year or three-year term for VM instances.

  • 前払いにより、使用するリソースに関して割引が提供されます。Prepayment provides a discount on the resources you use.
  • VM、SQL Database のコンピューティング、Azure Cosmos DB、またはその他のリソース コストを、従量課金制の料金と比較して大幅に削減できます。You can significantly reduce VM, Azure SQL Database compute, Azure Cosmos DB, or other resource costs that compare to pay-as-you-go prices.
  • 予約は課金割引を提供するもので、リソースの実行時の状態には影響しません。Reservations provide a billing discount, and don't affect the runtime state of your resources.
  • 予約インスタンスはキャンセルできます。You can cancel reserved instances.

従量課金制と Azure ハイブリッド特典や予約インスタンスを比較したスクリーンショット。 "図 3: Azure Reserved VM Instances。 "Screenshot of comparison of pay-as-you-go and Azure Hybrid Benefit with reserved instances. Figure 3: Azure Reserved VM Instances.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:すべてのサブスクリプションのクラウド支出を集計するBest practice: Aggregate cloud spending across subscriptions

多くの場合、最終的には複数の Azure サブスクリプションを利用することになります。Eventually, it's very likely that you'll have more than one Azure subscription. たとえば、開発と運用の境界を分けるために追加のサブスクリプションが必要な場合があります。また、クライアントごとに別個のサブスクリプションを必要とするプラットフォームがある場合もあります。For example, you might need an additional subscription to separate development and production boundaries, or you might have a platform that requires a separate subscription for each client. すべてのサブスクリプションにわたってデータのレポート作成を 1 つのプラットフォームに集約する機能があるのは、有用な特徴です。Having the ability to aggregate data reporting across all the subscriptions into a single platform is a valuable feature.

これを行うために、Azure Cost Management + Billing の API を使用できます。To do this, you can use Azure Cost Management + Billing APIs. その後、Azure SQL Database などの 1 つのソースにデータを集約したら、Power BI などのツールを使用して、集約されたデータを明示できます。Then, after aggregating data into a single source such as Azure SQL Database, you can use tools like Power BI to surface the aggregated data. 集約されたサブスクリプション レポートや、きめ細かなレポートを作成できます。You can create aggregated subscription reports, and granular reports. たとえば、コスト管理に関する事前対応のための分析情報が必要なユーザーのために、部門、リソース グループ、またはその他の情報に基づいて、コストに関する特定のビューを作成できます。For example, for users who need proactive insights into cost management, you can create specific views of costs, based on department, resource group, or other information. 彼らに Azure の課金データへのフル アクセスを提供する必要はありません。You don't need to provide them with full access to Azure billing data.

詳細情報:Learn more:

移行後After migration

ワークロードの移行を成功させてから、数週間にわたって消費データを収集すると、リソースのコストについて明確な認識が得られます。After a successful migration of your workloads and a few weeks of collecting consumption data, you'll have a clear idea of resources costs. データを分析するときに、Azure のリソース グループとリソースについての予算ベースラインの生成を開始できます。As you analyze data, you can start to generate a budget baseline for Azure resource groups and resources. その後、クラウドの予算が費やされようとしている場所を理解したら、コストをさらに削減する方法を分析できます。Then, as you understand where your cloud budget is being spent, you can analyze how to further reduce your costs.

ベスト プラクティス:Azure Cost Management + Billing を使用するBest practice: Use Azure Cost Management + Billing

Microsoft では、支出を追跡する助けとなる Azure Cost Management + Billing を提供しています。Microsoft provides Azure Cost Management + Billing to help you track spending. このサービスは以下のことを行います。This service:

  • Azure の支出の監視と管理を行い、リソースの使用を最適化する助けになります。Helps you to monitor and control Azure spending, and optimize use of resources.
  • サブスクリプション全体と、そのすべてのリソースが見直されて、推奨事項が示されます。Reviews your entire subscription and all of its resources, and makes recommendations.
  • 外部ツールやレポート用の財務システムと統合するための完全な API が提供されています。Provides you with a full API to integrate external tools and financial systems for reporting.
  • リソースの使用状況を追跡し、1 つの統一されたビューでクラウドのコストを管理するうえで役立ちます。Tracks resource usage and helps you manage cloud costs with a single, unified view.
  • 情報に基づいた決定を下しやすいように、運用と財務に関する豊富な分析情報が提供されます。Provides rich operational and financial insights to help you make informed decisions.

Azure Cost Management + Billing では、次のことができます。With Azure Cost Management + Billing, you can:

  • 財務上の説明責任のために予算を作成します。Create a budget for financial accountability.

    • 特定の期間 (月単位、四半期単位、年単位) と範囲 (サブスクリプションまたはリソース グループ) について、使用またはサブスクライブしているサービスを計算に入れることができます。You can account for the services you consume or subscribe to for a specific period (monthly, quarterly, or annually), and a scope (subscriptions or resource groups). たとえば、月、四半期、または年の期間の Azure サブスクリプション予算を作成できます。For example, you can create an Azure subscription budget for a monthly, quarterly, or annual period.
      • 作成した予算は、コストの分析に表示されます。After you create a budget, it's shown in a cost analysis. 現在の支出と予算を照らし合わせることは、コストや支出を分析する際に重要です。Viewing your budget against current spending is important when you're analyzing your costs and spending.
    • 予算のしきい値に達したときに、電子メール通知を受信することを選択できます。You can choose to have email notifications sent when your budget thresholds are reached.
    • コスト管理データは、分析のために Azure Storage にエクスポートできます。You can export costs management data to Azure Storage, for analysis.

    Cost Management の予算のスクリーンショット。 "図 4: Azure Cost Management + Billing の予算。Screenshot of Cost Management budget. Figure 4: Azure Cost Management + Billing budget.

  • コスト分析を実行し、組織のコストを探って分析すれば、コストがどのように生じるかを理解し、支出の傾向を特定する助けになります。Do a cost analysis to explore and analyze your organizational costs, to help you understand how costs are accrued, and identify spending trends.

    • コスト分析は、Enterprise Agreement ユーザーが利用できます。Cost analysis is available to Enterprise Agreement users.
    • 部門、アカウント、サブスクリプション、リソース グループを含む多様な範囲別に、コスト分析データを表示できます。You can view cost analysis data for various scopes, including by department, account, subscription, or resource group.
    • 現在の月の総コストと、毎日の累積コストを表示するコスト分析を取得できます。You can get a cost analysis that shows total costs for the current month, and accumulated daily costs.

    Azure Cost Management の分析のスクリーンショット "図 5: Azure Cost Management + Billing の分析。Screenshot of Azure Cost Management analysis Figure 5: Azure Cost Management + Billing analysis.

  • 最適化と効率向上が可能な方法を示す Advisor の推奨事項を取得します。Get Advisor recommendations that show you how you can optimize and improve efficiency.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:リソースの使用率を監視するBest practice: Monitor resource utilization

Azure では、リソースが消費されたときに使用した分だけ支払いを行います。そうでないときに支払いはしません。In Azure you pay for what you use, when resources are consumed, and you don't pay when they aren't. VM の場合、VM が割り当てられているときに課金が発生し、VM の割り当てが解除された後は課金されません。For VMs, billing occurs when a VM is allocated, and you aren't charged after a VM is deallocated. これを念頭に置いて使用中の VM を監視し、VM のサイズ設定を確認します。With this in mind, you should monitor VMs in use, and verify VM sizing.

ベースラインを特定するために、継続的に VM のワークロードを評価します。Continually evaluate your VM workloads to determine baselines. たとえば、月曜日から金曜日の午前 8 時から午後 6 時まではワークロードの用頻度が高く、それ以外の時間帯はほとんど使用されない場合は、ピーク時間帯以外は VM をダウングレードできます。For example, if your workload is used heavily Monday through Friday, 8 AM to 6 PM, but hardly used outside those hours, you can downgrade VMs outside peak times. これは、VM のサイズを変更すること、または仮想マシン スケール セットを使用して VM の上下の自動スケーリングを行うことを意味する場合もあります。This might mean changing VM sizes, or using virtual machine scale sets to autoscale VMs up or down. 一部の企業では、いつ使用できる必要があり、いつ必要がないかを指定するカレンダーから VM を「一時停止」させています。Some companies "snooze" VMs via a calendar that specifies when they should be available and when they're not needed.

Azure Cost Management + Billing、Azure Monitor、Azure Advisor などの Microsoft ツールを使用して VM の使用を監視できます。You can monitor VM usage by using Microsoft tools, such as Azure Cost Management + Billing, Azure Monitor, and Azure Advisor. サードパーティ製のツールも使用できます。Third-party tools are also available.

注意

VM の監視に加えて、Azure ExpressRoute や仮想ネットワーク ゲートウェイなどの他のネットワーク リソースで、過小使用や過多使用が起きてないかを監視する必要があります。In addition to VM monitoring, you should monitor other networking resources, such as Azure ExpressRoute and virtual network gateways, for underuse and overuse.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:リソース グループの予算を実施するBest practice: Implement resource group budgets

リソース グループを使用してコスト境界を表すと便利な場合がよくあります。Often, you might find it useful to represent cost boundaries with resource groups. リソース グループの予算は、リソース グループに関連するコストを追跡するのに役立ちます。A resource group budget helps you track the costs associated with a resource group. 予算に達したか予算を超えたときにアラートをトリガーし、さまざまなプレイブックを実行できます。You can trigger alerts and run a wide variety of playbooks when you reach or exceed your budget.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:Azure Monitor の保持期間を最適化するBest practice: Optimize Azure Monitor retention

Azure にリソースを移動し、それらの診断ログを有効にすると、大量のログ データが生成されます。As you move resources into Azure and enable diagnostic logging for them, you generate a lot of log data. 通常、このログ データは、Log Analytics ワークスペースにマップされているストレージ アカウントに送信されます。Typically, this log data is sent to a storage account that's mapped to a Log Analytics workspace. Azure Monitor のデータ保持を最適化するためのいくつかのヒントを次に示します。Here are a few tips for optimizing Azure Monitor retention:

  • ログ データの保持期間が長いほど、より多くのデータを持つことになります。The longer the log data retention period, the more data you'll have.
  • すべてのログ データが一様なわけではなく、一部のリソースは他よりも多くのログ データを生成します。Not all log data is equal, and some resources will generate more log data than others.
  • 規制とコンプライアンスのため、リソースによっては保持期間の長いログ データもあれば、短いデータもあります。Due to regulations and compliance, it's likely that you'll need to retain log data for some resources longer than for others.
  • ログのストレージ コストを最適化することと、必要なログ データを保管することのバランスに注意する必要があります。You should walk a careful line between optimizing your log storage costs, and keeping the log data you need.
  • 移行の完了直後にログ記録を評価して設定を行うことをお勧めします。そうすることで、重要でないログの保持にコストがかからなくなります。We recommend evaluating and setting up the logging immediately after completing a migration so that you don't spend money on retaining logs of no importance.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:ストレージを最適化するBest practice: Optimize storage

移行の前にベスト プラクティスに従ってストレージを選択した場合は、おそらくいくつかの利点を得ることになります。If you followed best practices for selecting storage before migration, you're probably reaping some benefits. ただし、さらに最適化できるその他のストレージ コストが存在する可能性があります。But there can be additional storage costs that you can still optimize. BLOB やファイルは時間の経過と共に古くなります。Over time, blobs and files become stale. データがもはや使用されない可能性もありますが、規制の要件のため、データを一定期間保管する必要がある可能性があります。Data might not be used anymore, but regulatory requirements might mean that you need to keep it for a certain period. そのため、元の移行に使用したパフォーマンスが高いストレージにデータを格納する必要がない場合があります。As such, you might not need to store it on the high-performance storage that you used for the original migration.

古いデータを識別して、より低コストのストレージ領域に移動することが、月単位のストレージ予算とコスト削減に大きな影響を及ぼすことがあります。Identifying and moving stale data to cheaper storage areas can have a huge impact on your monthly storage budget and cost savings. Azure では、こうした古いデータを識別して格納する場合に役立つ方法を多数提供しています。Azure provides many ways to help you identify and then store this stale data.

  • 汎用 v2 ストレージのアクセス層を活用して、重要度の低いデータをホット アクセス層からクールやアーカイブのアクセス層に移動します。Take advantage of access tiers for general-purpose v2 storage, moving less important data from hot to cool and archived tiers.
  • StorSimple を使用すると、カスタマイズしたポリシーに基づく古いデータを移動しやすくなります。Use StorSimple to help move stale data that's based on customized policies.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:VM の最適化を自動化するBest practice: Automate VM optimization

クラウドで VM を実行する場合の最終目標は、VM が使用する CPU、メモリ、およびディスクを最大利用することです。The ultimate goal of running a VM in the cloud is to maximize the CPU, memory, and disk that it uses. 最適化されていない VM を検出した場合や、VM が使用されていない期間が頻繁にある場合は、それらの VM を、シャットダウンするか、仮想マシン スケール セットを使用してスケールダウンすることをお勧めします。If you discover VMs that aren't optimized or have frequent periods when VMs aren't used, it makes sense to either shut them down or downscale them by using virtual machine scale sets.

VM は、Azure Automation、仮想マシン スケール セット、自動シャット ダウン、スクリプト型のソリューション、サード パーティ製のソリューションを使用して最適化できます。You can optimize a VM with Azure Automation, virtual machine scale sets, auto-shutdown, and scripted or third-party solutions.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:Budgets API と共に Logic Apps と Runbook を使用するBest practices: Use Azure Logic Apps and runbooks with Budgets API

Azure では、テナント課金情報にアクセスできる REST API が提供されています。Azure provides a REST API that has access to your tenant billing information. Budgets API を使用して、外部システムとワークフローを統合できます。これらは、作成したメトリックによって API データからトリガーされます。You can use the Budgets API to integrate external systems and workflows that are triggered by metrics that you build from the API data. 使用状況やリソースに関するデータを、お使いのデータ分析ツールで取得できます。You can pull usage and resource data into your preferred data analysis tools. Budgets API は、Azure Logic Apps や Runbook と統合できます。You can integrate the Budgets API with Azure Logic Apps and runbooks.

Azure Resource Usage API と Azure Resource RateCard API は、コストを正確に予測して管理するうえで役立ちます。The Azure Resource Usage and RateCard APIs can help you accurately predict and manage your costs. これらの API はリソース プロバイダーとして実装されていて、Azure Resource Manager が公開している API に含まれています。The APIs are implemented as a resource provider and are included in the APIs exposed by the Azure Resource Manager.

詳細情報:Learn more:

ベスト プラクティス:サーバーレス テクノロジを実装するBest practice: Implement serverless technologies

VM ワークロードは、多くの場合、ダウンタイムを回避するために "現状のまま" で移行されます。VM workloads are often migrated "as-is" to avoid downtime. VM は、多くの場合、間欠的なタスク、実行期間が短いタスク、または長時間かかるタスクをホストしていることがあります。Often, VMs can host tasks that are intermittent, run over a short period, or alternately, take up many hours. たとえば、Windows タスク スケジューラや PowerShell スクリプトなどの、スケジュールされたタスクを実行する VM です。Examples include VMs that run scheduled tasks, such as Windows task scheduler or PowerShell scripts. これらのタスクが実行中でないときには、それにもかかわらず VM とディスク ストレージのコストが費やされています。When these tasks aren't running, you're nevertheless absorbing VM and disk storage costs.

移行後に、これらの種類のタスクを徹底して見直したら、それを Azure Functions や Azure Batch のジョブなどのサーバーレス テクノロジに移行することを検討します。After migrating and thoroughly reviewing these types of tasks, you might consider migrating them to serverless technologies like Azure Functions or Azure Batch jobs. これらのソリューションを使用することでコストを削減することができ、VM の管理と保守を行う必要がなくなります。These solutions can cut costs, and you'd no longer need to manage and maintain the VMs.

詳細情報:Learn more:

次のステップNext steps

他のベスト プラクティスを確認します。Review other best practices: