ワークロードを評価して計画を調整するAssess workloads and refine plans

このガイドのリソースは、各ワークロードを評価し、各ワークロードの移行に対する適合性についての前提条件を吟味し、移行オプションに関するアーキテクチャ上の決定を確定するのに役立ちます。The resources in this guide help you assess each workload, challenge assumptions about each workload's suitability for migration, and finalize architectural decisions about migration options.

上記のリンクのガイダンスに従っていない場合は、情報に基づく移行に関する意思決定を行うために、データと評価ツールが必要になる可能性があります。If you didn't follow the guidance in the links above, you will likely need data and an assessment tool to make informed migration decisions. Azure Migrate は、評価および Azure への移行を行うためのネイティブ ツールです。Azure Migrate is the native tool for assessing and migrating to Azure. 新しいサーバー移行プロジェクトを作成し、必要なデータを収集するには、次の手順を使用します (まだ行っていない場合)。If you haven't already, use these steps to create a new server migration project and collect the necessary data.

Azure MigrateAzure Migrate

Azure Migrate では、Azure への移行についてオンプレミスのインフラストラクチャ、アプリケーション、データが評価されます。Azure Migrate assesses on-premises infrastructure, applications, and data for migration to Azure. このサービスは以下のことを行います。This service:

  • オンプレミス資産の移行の適合性を評価します。Assesses the migration suitability of on-premises assets.
  • パフォーマンスベースのサイズ設定を実行します。Performs performance-based sizing.
  • オンプレミスの資産を Azure で実行する場合のコスト見積もりを提供します。Provides cost estimates for running on-premises assets in Azure.

リフト アンド シフトのアプローチを検討している場合、または移行の初期評価段階にある場合に、このサービスは適しています。If you're considering a lift and shift approach, or are in the early assessment stages of migration, this service is for you. 評価が完了したら、Azure Migrate を使用して移行を実行します。After completing the assessment, use Azure Migrate to execute the migration.

Azure Migrate の概要

新しいサーバー移行プロジェクトの作成Create a new server migration project

以下の手順を使用して、Azure Migrate を使用したサーバーの移行評価を開始します。Begin a server migration assessment using Azure Migrate via these steps:

  1. [Azure Migrate] を選択します。Select Azure Migrate.
  2. [概要][サーバーの評価と移行] を選択します。In Overview, select Assess and migrate servers.
  3. [ツールの追加] を選択します。Select Add tools.
  4. [サーバーの検出、評価、移行] で、 [ツールの追加] を選択します。In Discover, assess and migrate servers, select Add tools.
  5. [移行プロジェクト] で、自分の Azure サブスクリプションを選択し、リソース グループがない場合は作成します。In Migrate project, select your Azure subscription, then create a resource group if you don't have one.
  6. [プロジェクトの詳細] で、プロジェクト名と、プロジェクトを作成したい地域を指定し、 [次へ] を選択します。In Project Details, specify the project name and geography where you want to create the project, then select Next.
  7. [評価ツールの選択] で、 [今は評価ツールの追加をスキップします] > [次へ] の順に選択します。In Select assessment tool, select Skip adding an assessment tool for now > Next.
  8. [移行ツールの選択] で、次を選択します: [Azure Migrate: Server Migration] > [次へ]In Select migration tool, select Azure Migrate: Server Migration > Next.
  9. [確認 + ツールの追加] で設定を確認し、 [ツールの追加] を選択します。In Review + add tools, review the settings, then select Add tools.
  10. ツールを追加すると、Azure Migrate プロジェクト > [サーバー] > [移行ツール] に表示されます。After adding the tool, it appears in Azure Migrate project > Servers > Migration tools.

サービス マップService Map

Service Map は自動的に Windows および Linux のシステム上のアプリケーション コンポーネントを検出し、サービス間の通信をマップします。Service Map automatically discovers application components on Windows and Linux systems and maps the communication between services. Service Map を使用すると、サーバーを重要なサービスを提供する相互接続されたシステムとして表示することができます。With Service Map, you can view your servers in the way that you think of them: as interconnected systems that deliver critical services. Service Map は、TCP 接続アーキテクチャ全体におけるサーバー、プロセス、受信接続と送信接続の待機時間、ポートの間の接続を表示します。エージェントのインストール以外の構成は必要ありません。Service Map shows connections between servers, processes, inbound and outbound connection latency, and ports across any TCP-connected architecture, with no configuration required other than the installation of an agent.

Azure Migrate では、Service Map を使用して、環境全体でレポート機能と依存関係が強化されます。Azure Migrate uses Service Map to enhance the reporting capabilities and dependencies across the environment. この統合の詳細については、「依存関係の視覚化」を参照してください。For full details of this integration, see Dependency visualization. Azure Migrate サービスを使用する場合、Service Map を構成してその利点を得るために追加の手順は必要ありません。If you use the Azure Migrate service, then no additional steps are required to configure and obtain the benefits of Service Map. 以下の説明は、Service Map を他の目的またはプロジェクトに使用したい場合の参考用に提供されています。The following instructions are provided for your reference if you'd like to use Service Map for other purposes or projects.

Service Map を使用して依存関係の視覚化を有効にするEnable dependency visualization using Service Map

依存関係の視覚化を使用するには、分析するオンプレミスの各マシンにエージェントをダウンロードしてインストールします。To use dependency visualization, download and install agents on each on-premises machine that you want to analyze.

  • 各コンピューターに Microsoft Monitoring Agent をインストールする必要があります。Microsoft Monitoring Agent must be installed on each machine.
  • 各コンピューターに Microsoft Dependency Agent をインストールする必要があります。The Microsoft Dependency Agent must be installed on each machine.
  • インターネットに接続されていないマシンがある場合、それらのマシンに Log Analytics ゲートウェイをダウンロードしてインストールする必要もあります。Also, if you have machines with no internet connectivity, download and install Log Analytics gateway on those machines.

詳細情報Learn more