ワークロードのリリース (テスト、最適化、ハンドオフ)Release workloads (test, optimize, and handoff)

サービスを Azure に移行したら、次の段階では、ソリューションの最適化できる可能性がある領域の確認などを行います。Now that you have migrated your services to Azure, the next phase includes reviewing the solution for possible areas of optimization. この作業には、ソリューションの設計の確認、サービスの適切なサイズ設定、コストの分析が含まれる可能性があります。This effort could include reviewing the design of the solution, right-sizing the services, and analyzing costs.

この段階は、環境を最適化し、可能な環境の変換を実行する機会でもあります。This phase is also an opportunity to optimize your environment and perform possible transformations of the environment. たとえば、"再ホスト" 移行を実行した後、サービスが Azure 上で実行されている場合は、ソリューション構成や消費されるサービスを再検討し、可能であれば何らかの "リファクタリング" を実行してソリューションの機能を最新化して向上することができます。For example, you may have performed a "rehost" migration, and now that your services are running on Azure you can revisit the solutions configuration or consumed services, and possibly perform some "refactoring" to modernize and increase the functionality of your solution.

この記事の残りの部分では、移行されたワークロードを最適化するためのツールについて説明します。The remainder of this article focuses on tools for optimizing the migrated workload. パフォーマンスとコストのバランスが適切になったら、ワークロードを運用環境にレベル上げする準備が整います。When the proper balance between performance and cost has been reached, a workload is ready to be promoted to production. プロモーション オプションのガイダンスについては、「最適化およびレベル上げ」でプロセス改善に関する記事を参照してください。For guidance on promotion options, see the process improvement articles on optimize and promote.

消費ベースのコスト モデルを提供するすべての Azure サービスは、Azure portal、CLI、または PowerShell を使用してサイズを変更できます。All Azure services that provide a consumption-based cost model can be resized through the Azure portal, CLI, or PowerShell. サービスのサイズを正しく設定するための最初の手順は、その使用状況のメトリックを確認することです。The first step in correctly sizing a service is to review its usage metrics. Azure Monitor サービスを使用すると、これらのメトリックにアクセスできます。The Azure Monitor service provides access to these metrics. 必要に応じて、分析しているサービスのメトリックの収集を構成し、ワークロード パターンに基づいて意味のあるデータを収集できるように適切な時間を確保します。You may need to configure the collection of the metrics for the service you're analyzing, and allow an appropriate time to collect meaningful data based on your workload patterns.

  1. [監視] に移動します。Go to Monitor.
  2. [メトリック] を選択し、分析するサービスのメトリックを表示するようにグラフを構成します。Select Metrics and configure the chart to show the metrics for the service to analyze.

サイズを変更できる一般的なサービスをいくつか次に示します。The following are some common services that you can resize.

仮想マシンのサイズ変更Resize a virtual machine

Azure Migrate では、移行前評価フェーズの一環として適切なサイズの分析を実行します。このツールを使用して移行された仮想マシンは、お客様の移行前の要件に基づいて既にサイズが調整されている可能性があります。Azure Migrate performs a right-sizing analysis as part of its pre-migration Assess phase, and virtual machines migrated using this tool will likely already be sized based on your pre-migration requirements.

ただし、他の方法を使用して作成または移行された仮想マシンの場合、または移行後の仮想マシンの要件を調整する必要がある場合は、必要に応じて仮想マシンのサイズをさらに調整します。However, for virtual machines created or migrated using other methods, or in cases where your post-migration virtual machine requirements need adjustment, you may want to further refine your virtual machine sizing.

  1. [仮想マシン] に移動します。Go to Virtual machines.
  2. 一覧から目的の仮想マシンを選択します。Select the desired virtual machine from the list.
  3. 一覧から [サイズ] と目的の新しいサイズを選択します。Select Size and the desired new size from the list. 必要に応じて、フィルターを調整して目的のサイズを見つけます。You may need to adjust the filters to find the size you need.
  4. [サイズ変更] を選択します。Select Resize.

運用環境の仮想マシンのサイズを変更すると、サービスが中断する可能性があります。Resizing production virtual machines can cause service disruptions. 運用環境に昇格する前に、VM に正しいサイズ設定を適用するようにします。Try to apply the correct sizing for your VMs before you promote them to production.

ストレージ アカウントのサイズを変更するResize a storage account

  1. [ストレージ アカウント] に移動します。Go to Storage accounts.
  2. 目的のストレージ アカウントを選択します。Select the desired storage account.
  3. 実際の要件に合わせて [構成] を選択し、ストレージ アカウントのプロパティを調整します。Select Configure and adjust the properties of the storage account to match your requirements.
  4. [保存] を選択します。Select Save.

SQL データベースのサイズを変更するResize a SQL Database

  1. [SQL データベース] または [SQL サーバー] に移動してサーバーを選択します。Go to either SQL databases, or SQL servers, then select the server.
  2. 目的のデータベースを選択します。Select the desired database.
  3. [構成] と目的の新しいサービス レベル サイズを選択します。Select Configure and the desired new service tier size.
  4. [適用] を選択します。Select Apply.