移行環境の計画チェックリスト:移行前に環境の対応性を検証するMigration environment planning checklist: Validate environmental readiness prior to migration

移行プロセスの最初の手順として、移行する資産を受け取り、ホストし、サポートするために、クラウドに適切な環境を作成する必要があります。As an initial step in the migration process, you need to create the right environment in the cloud to receive, host, and support migrating assets. この記事では、移行前に現在の環境で検証する項目の一覧を提供します。This article provides a list of things to validate in the current environment prior to migration.

次のチェックリストは、クラウド導入フレームワークの準備手法のガイダンスに従っています。The following checklist aligns with the guidance in the Ready methodology of the Cloud Adoption Framework. 次のいずれの実行についても、ガイダンスのセクションを確認してください。Review that section for guidance regarding execution of any of the following.

作業の種類の前提Effort type assumption

この記事とチェックリストでは、クラウド移行に対する_再ホスト_または_クラウドの切り替え_を想定しています。This article and checklist assume a rehost or cloud transition approach to cloud migration.

ガバナンスの整合Governance alignment

移行の準備が完了した環境について最初の最も重要な決定事項は、ガバナンスの整合を選択することです。The first and most important decision regarding any migration-ready environment is the choice of governance alignment. 移行の基礎とガバナンスの整合に関して合意に達していますか?Has a consensus been achieved regarding alignment of governance with the migration foundation? 少なくとも、クラウド導入チームは、この移行が、制限されたガバナンスを伴う単一の環境、完全に管理されている環境ファクトリ、またはその中間のバリエーションのうち、いずれになるかを理解する必要があります。At a minimum, the cloud adoption team should understand whether this migration is landing in a single environment with limited governance, a fully governed environment factory, or some variant in between. ガバナンスの整合に関するその他のガイダンスについては、ガバナンスの方法論に関する記事を参照してください。For additional guidance on governance alignment, see the Govern methodology.

運用管理の整合Operations management alignment

資産をクラウドに移行する前に、運用管理に関する要件や制約を理解しておくことが重要です。Before migrating assets into the cloud, it is important to understand any requirements or constraints regarding operations management. 少なくとも、移行環境には、運用のベースラインを満たすために必要なすべての実装が含まれている必要があります。At a minimum, the migration environment should include any implementations required to meet the operations baseline. 運用の整合に関するその他のガイダンスについては、管理の方法論に関する記事を参照してください。For additional guidance on operations alignment, see the Manage methodology.

クラウド対応性の実装Cloud readiness implementation

最初の移行でより広範なクラウド ガバナンス戦略に合わせることを選択したかにかかわらず、ご利用のクラウド デプロイ環境が確実にワークロードをサポートするように構成されているようにする必要があります。Whether you choose to align with a broader cloud governance strategy or not for your initial migration, you will need to ensure your cloud deployment environment is configured to support your workloads.

移行をクラウド ガバナンス戦略と合わせることを最初から計画する場合、ご利用のクラウド環境をすべての企業要件と合わせるポリシー、ツールチェーン、強制メカニズムの決定を通知するのに役立つ、クラウド ガバナンスの 5 つの規律を適用する必要があります。If you're planning to align your migration with a cloud governance strategy from the start, you'll need to apply the Five Disciplines of Cloud Governance to help inform decisions on policies, toolchains, and enforcement mechanisms that will align your cloud environment with overall corporate requirements. Azure サービスを使用してこのモデルを実装する方法の例については、クラウド導入フレームワークの実践的なガバナンス デザイン ガイドを参照してください。Consult the Cloud Adoption Framework actionable governance design guides for examples of how to implement this model using Azure services.

初期の移行がより広範なクラウド ガバナンス戦略と厳密に合致していない場合は、組織、アクセス、インフラストラクチャの計画における一般的な問題は引き続き管理する必要があります。If your initial migrations are not closely aligned with a broader cloud governance strategy, the general issues of organization, access, and infrastructure planning still need to be managed. これらのクラウドの対応性に関する決定には、Azure セットアップ ガイドをご覧ください。Consult the Azure setup guide for help with these cloud readiness decisions.

注意事項

初期ワークロードの移行以外については、ガバナンス戦略を開発することを強くお勧めします。We highly recommend that you develop a governance strategy for anything beyond your initial workload migration.

ガバナンスの整合のレベルに関係なく、以下のトピックに関連する決定を行う必要があります。Regardless of your level of governance alignment, you will need to make decisions related to the following topics.

リソースの編成Resource organization

ガバナンスの整合の決定に基づいて、組織とリソースのデプロイへのアプローチは、移行前に確立する必要があります。Based on the governance alignment decision, an approach to the organization and deployment of resources should be established prior to migration.

分類Nomenclature

一貫性のある名前付けスキーマと共に、名前付けリソースに対する一貫性のあるアプローチは、移行前に確立する必要があります。A consistent approach for naming resources, along with consistent naming schemas, should be established prior to migration.

リソース管理Resource governance

リソースを管理するためのツールに関する決定は、移行前に行う必要があります。A decision regarding the tools to govern resources should be made prior to migration. ツールは完全に実装される必要はありませんが、方向を選択し、テストする必要があります。The tools do not need to be fully implemented, but a direction should be selected and tested. クラウド ガバナンス チームは、移行前のガバナンス ツールに対する実用最小限の製品 (MVP) の実装を定義し、要求する必要があります。The cloud governance team should define and require the implementation of a minimum viable product (MVP) for governance tooling prior to migration.

ネットワークNetwork

クラウドベースのワークロードには、エンドユーザーと管理者のアクセスをサポートするために、仮想ネットワークのプロビジョニングが必要です。Your cloud-based workloads will require the provisioning of virtual networks to support end-user and administrative access. リソースの組織とリソースのガバナンスの決定に基づいて、IT のセキュリティ要件に合わせてネットワークのアプローチを選択する必要があります。Based on resource organization and resource governance decisions, you should select a network approach align it to IT security requirements. さらに、ネットワークの決定は、移行のバックログでワークロードを操作し、オンプレミスでホストされているリソースへのアクセスをサポートする必要がある任意のハイブリッド ネットワークの制約に合わせる必要があります。Further, your networking decisions should be aligned with any hybrid network constraints required to operate the workloads in the migration backlog and support any access to resources hosted on-premises.

IDIdentity

クラウドベースの ID サービスは、クラウド リソースに対して ID およびアクセス管理 (IAM) を提供するための前提条件になります。Cloud-based identity services are a prerequisite for offering identity and access management (IAM) for your cloud resources. 続行する前に、自分の ID 管理戦略をクラウド導入プランと合致させます。Align your identity management strategy with your cloud adoption plans before proceeding. たとえば、既存のオンプレミスの資産を移行する場合、移行中と移行後のオンプレミス環境およびクラウド環境を超えてユーザーの資格情報の一貫性のあるセットを許可するために、ディレクトリの同期を使用してハイブリッド ID の方法をサポートすることを検討します。For example, when migrating existing on-premises assets, consider supporting a hybrid identity approach using directory synchronization to allow a consistent set of user credentials across you on-premises and cloud environments during and after the migration.

次のステップNext steps

環境が最小要件を満たしている場合、移行の対応性に対して承認されていると見なすことができます。If the environment meets the minimum requirements, it may be deemed approved for migration readiness. 文化の複雑さと変更管理は、計画の実施中に適切な目標を確保するため、ロールと責任を合致させるのに役立ちます。Cultural complexity and change management helps to align roles and responsibilities to ensure proper expectations during execution of the plan.