優先順位付けされたワークロードに合わせて資産を調整しますAlign assets to prioritized workloads

ワークロードは、次の資産のコレクションの概念的な説明です:VM、アプリケーション、データ ソース。Workload is a conceptual description of a collection of assets: VMs, applications, and data sources. 定義と優先順位付けに関する前の記事では、ワークロードを定義するデータを収集するためのガイダンスを紹介しました。The previous article, Define and prioritize, provided guidance for collecting the data that will define the workload. 移行前に、そのリスト内のいくつかの技術的な入力に追加の検証が必要です。Before migration, a few of the technical inputs in that list require additional validation. この記事は、以下の入力の検証に役立ちます。This article helps with validation of the following inputs:

  • アプリケーション: このワークロードに含まれるすべてのアプリケーションを記載します。Applications: List any applications included in this workload.
  • VM とサーバー: ワークロードに含まれるすべての VM またはサーバーを記載します。VMs and servers: List any VMs or servers included in the workload.
  • データ ソース: ワークロードに含まれるすべてのデータ ソースを記載します。Data sources: List any data sources included in the workload.
  • 依存関係: このワークロードに含まれていないすべての資産の依存関係を記載します。Dependencies: List any asset dependencies not included in the workload.

このデータを収集するには、いくつかの方法があります。There are several options for assembling this data. 次に、最も一般的なアプローチをいくつか示します。The following are a few of the most common approaches.

代替入力:移行、最新化、イノベーションAlternative inputs: Migrate, modernize, innovate

前出のデータ ポイントの目的は、優先順位付けの助けとなる相対的な技術的作業と依存関係をキャプチャすることです。The objective of the preceding data points is to capture relative technical effort and dependencies as an aid to prioritization. 目的とする遷移によっては、適切な優先順位付けをサポートするために別のデータ ポイントの収集が必要になる場合があります。Depending on the transition you want, you may need to gather alternative data points to support proper prioritization.

移行: 純粋な移行作業では、既存のインベントリと資産の依存関係が相対的な複雑さの公正なメジャーとして機能します。Migrate: For pure migration efforts, the existing inventory and asset dependencies serve as a fair measure of relative complexity.

最新化: ワークロードの目標がアプリケーションやその他の資産の最新化の場合、これらのデータ ポイントは複雑さに対して依然として堅牢なメジャーです。Modernize: When the goal for a workload is to modernize applications or other assets, these data points are still solid measures of complexity. ただし、ワークロード ドキュメントに最新化の機会の入力を追加することが賢明な場合があります。However, it might be wise to add an input for modernization opportunities to the workload documentation.

イノベーション: クラウド導入作業中にデータまたはビジネス ロジックの重要な変更がある場合、それは "革新的" な種類の変革と見なされます。Innovate: When data or business logic is undergoing material change during a cloud adoption effort, it's considered an innovate type of transformation. 新しいデータまたは新しいビジネス ロジックが作成される場合にも同じことが当てはまります。The same is true when you're creating new data or new business logic. 革新的なシナリオの場合、資産の移行は必要な最小の作業量を表す可能性があります。For any innovate scenarios, the migration of assets will likely represent the smallest amount of effort required. これらのシナリオでは、チームは相対的な複雑さを測定するために一連の技術データを考案する必要があります。For these scenarios, the team should devise a set of technical data inputs to measure relative complexity.

Azure MigrateAzure Migrate

Azure Migrate では、アプリケーション、VM、データ ソース、依存関係の集約を加速できる一連のグループ化関数が提供されます。Azure Migrate provides a set of grouping functions that can speed up the aggregation of applications, VMs, data sources, and dependencies. ワークロードが概念的に定義されると、依存関係マッピングに基づいて資産をグループ化するための基礎としてこれらのワークロードを使用できます。After workloads have been defined conceptually, they can be used as the basis for grouping assets based on dependency mapping.

Azure Migrate のドキュメントでは、依存関係に基づいてマシンをグループ化する方法に関するガイダンスが提供されます。The Azure Migrate documentation provides guidance on how to group machines based on dependencies.

構成管理データベースConfiguration-management database

既存の運用管理ツール内に、適切に保守された構成管理データベース (CMDB) が存在する組織も中にはあります。Some organizations have a well-maintained configuration-management database (CMDB) within their existing operations-management tooling. その場合は、代わりに CMDB を使用して前述のデータ ポイントを提供することも可能です。They could use the CMDB alternatively to provide the input data points discussed earlier.

次のステップNext steps

資産の調整とワークロードの定義に基づいて合理化決定を見直します。Review rationalization decisions based on asset alignment and workload definitions.