クラウド導入のための計画Plan for cloud adoption

クラウド導入を成功させるには、計画が不可欠の要件です。A plan is an essential requirement for a successful cloud adoption. クラウド導入計画は、企業が従来の IT アプローチから近代的でアジャイルな変革のアプローチに移行することを支援する反復的なプロジェクト計画です。A cloud adoption plan is an iterative project plan that helps a company transition from traditional IT approaches to transformation over to modern, agile approaches. この一連の記事では、企業が IT ポートフォリオのバランスを取り、長期にわたる移行を管理するうえで、クラウド導入計画がどのように役立つかを説明します。This article series outlines how a cloud adoption plan helps companies balance their IT portfolio and manage transitions over time. このプロセスを通じて、ビジネス目標を具体的な技術的取り組みに明確に変換できます。Through this process, business objectives can be clearly translated into tangible technical efforts. これらの取り組みは、ビジネス利害関係者が共感できる方法で管理および伝達できます。Those efforts can then be managed and communicated in ways that make sense to business stakeholders. しかし、そのようなプロセスを導入するには、従来のプロジェクト管理のアプローチをいくらか変更することが必要な場合もあります。However, adopting such a process may require some changes to traditional project-management approaches.

戦略と計画を一線化するAlign strategy and planning

クラウド導入計画は、明確に定義された戦略から始まります。Cloud adoption plans start with a well-defined strategy. この戦略では少なくとも、クラウド導入の動機、ビジネス上の成果、業務上の正当な理由を大まかに示す必要があります。At a minimum, the strategy should outline the motivations, business outcomes, and business justifications for cloud adoption. それらのプラスのリターンは、その後、それらを実現するために必要な取り組みと釣り合いが取れます。Those positive returns are then balanced by the effort required to realize them.

この取り組みはデジタル資産 (提案されたものか既存のもの) から始まります。それによって戦略がより具体的なワークロードおよび資産に変換されます。The effort starts with the digital estate (proposed or existing), which translates the strategy into more tangible workloads and assets. そのうえで、そうした具体的な要素を技術的作業にマッピングすることができます。You can then map these tangible elements to technical work. その後、その技術的作業は、適切な組織構造内の熟練者が実行できます。From there, skilled people in a proper organizational structure can execute the technical work. クラウド導入計画では、これらのトピックを、アジャイルなプロジェクト管理手法によって予測し、予算化し、実装し、および管理できる 1 つの計画に統合します。The cloud adoption plan combines these topics into one plan that can be forecasted, budgeted, implemented, and managed by means of agile project-management practices. この一連の記事は計画の作成に役立ち、ジョブを簡単なものにするためのいくつかのテンプレートを提供します。This article series helps you build the plan and provides a few templates to make the job easier.

順次計画から反復計画への移行Transition from sequential to iterative planning

クラウド導入計画は、一部の組織にとっては重要な転機になる可能性があります。Planning for cloud adoption can be a significant change for some organizations. IT 組織は、長い間、ウォーターフォール モデルのように、プロジェクト管理の線形 (順次) モデルの適用に重点を置いてきました。IT organizations have long focused on the application of linear or sequential models of project management, like the waterfall model. 従来の IT では、このアプローチはまったく理にかなっていました。In traditional IT, this approach was entirely logical. 大規模な IT プロジェクトのほとんどは、高価なハードウェア リソースを取得するための調達依頼から始まっていました。Most large IT projects started with a procurement request to acquire expensive hardware resources. 多くの場合、資本支出の要求、予算の割り当て、および機器の取得がプロジェクト実行の大きな割合を占めていました。Capital expense requests, budget allocations, and equipment acquisition often represented a large percentage of project execution. さらに、ハードウェアは、いったん取得すると、それ自体が、提供内容に対する制約となっていました。And after it was acquired, the hardware itself became a constraint on what could be delivered.

クラウドの取得モデルは、順次モデルを必要としてきたコアの依存関係を変化させます。The acquisition models of the cloud change the core dependencies that made a sequential model necessary. 取得サイクルを操業費用アプローチに置き換えると、企業がより少ない財務負担でよりすばやく移行するうえで役に立ちます。The replacement of acquisition cycles with an operating-expense approach helps businesses move more quickly and with smaller financial commitments. このアプローチにより、チームはすべての要件を熟知する前にプロジェクトに着手しやすくなります。This approach helps teams to engage in projects before all requirements are well known. さらに、これによって成長マインドセットの余地が生まれるため、チームは人為的な制約を受けることなく自由に実験、学習、および提供できるようになります。It also creates room for a growth mindset, which frees the team to experiment, learn, and deliver without artificial constraints. 以上のような理由から、チームがアジャイルまたは反復的なアプローチをクラウド導入計画に利用することを強くお勧めします。For all these reasons and more, we highly recommend that teams use agile or iterative approaches to cloud adoption planning.

クラウド導入計画を作成するBuild your cloud adoption plan

この一連の記事では、戦略および取り組みを実践的なクラウド導入計画に変換するための各手順について説明します。This article series walks through each step of translating strategy and effort into an actionable cloud adoption plan:

  1. 前提条件: 計画を作成する前に、前提条件の手順がすべて完了していることを確認します。Prerequisites: Confirm that all prerequisite steps have been completed before you create your plan.
  2. ワークロードを定義し、優先順位を付ける: 最初の導入バックログを設定するために、最初の 10 個のワークロードに優先順位を付けます。Define and prioritize workloads: Prioritize your first 10 workloads to establish an initial adoption backlog.
  3. ワークロードに合わせて資産を調整する: 優先順位付けされたワークロードに対応するために必要な資産 (提案されたものか既存のもの) を特定します。Align assets to workloads: Identify which assets (proposed or existing) are required to support the prioritized workloads.
  4. 合理化決定を見直す: 合理化決定を見直し、移行またはイノベーションの導入パスの決定を微調整します。Review rationalization decisions: Review rationalization decisions to refine adoption path decisions: migrate or innovate.
  5. イテレーション計画とリリース計画の確立: "イテレーション" は、作業を実行するために割り当てられた時間ブロックです。Establish iterations and release plans: Iterations are the time blocks allocated to do work. "リリース" は、生産プロセスへの変更をトリガーする前に行うべき作業の定義です。Releases are the definition of the work to be done before triggering a change to production processes.
  6. タイムラインを見積もる: 最初の見積もりに基づいて、リリース計画のための大まかなタイムラインを設定します。Estimate timelines: Establish rough timelines for release planning purposes, based on initial estimates.

次のステップNext steps

クラウド導入計画を作成する前に、必要な前提条件がすべて満たされていることを確認してください。Before building your cloud adoption plan, ensure that all necessary prerequisites are in place.