クラウド導入計画と Azure DevOpsCloud adoption plan and Azure DevOps

Azure DevOps は、反復的なプロジェクトを管理する Azure のお客様向けの、クラウドベースのツールのセットです。Azure DevOps is the set of cloud-based tools for Azure customers who manage iterative projects. これにはデプロイ パイプラインと DevOps の他の重要な側面を管理するためのツールも含まれています。It also includes tools for managing deployment pipelines and other important aspects of DevOps.

この記事では、テンプレートを使用して Azure DevOps にバックログをすばやくデプロイする方法について説明します。In this article, you'll learn how to quickly deploy a backlog to Azure DevOps using a template. このテンプレートは、クラウド導入フレームワークのガイダンスに基づき、クラウド導入作業を標準化されたプロセスに合わせます。This template aligns cloud adoption efforts to a standardized process based on the guidance in the Cloud Adoption Framework.

クラウド導入計画を作成するCreate your cloud adoption plan

クラウド導入計画をデプロイするには、Azure DevOps Demo Generator を開きます。To deploy the cloud adoption plan, open the Azure DevOps demo generator. このツールにより、Azure DevOps テナントにこのテンプレートがデプロイされます。This tool will deploy the template to your Azure DevOps tenant. ツールを使用するには、次の手順に従う必要があります。Using the tool requires the following steps:

  1. [選択したテンプレート] フィールドが [Cloud Adoption Plan](クラウド導入計画) に設定されていることを確認します。Verify that the Selected Template field is set to Cloud Adoption Plan. そうでない場合は、 [テンプレートの選択] を選択して適切なテンプレートを選択します。If it isn't, select Choose template to choose the right template.
  2. [組織の選択] ドロップダウン リスト ボックスから、対象の Azure DevOps 組織を選択します。Select your Azure DevOps organization from the Select Organization drop-down list box.
  3. 新しいプロジェクトの名前を入力します。Enter a name for your new project. このクラウド導入計画は、対象の Azure DevOps テナントにデプロイされると、この名前が設定されます。The cloud adoption plan will have this name when it's deployed to your Azure DevOps tenant.
  4. [プロジェクトの作成] を選択して、戦略と計画のテンプレートに基づき、新しいプロジェクトをお使いのテナント内に作成します。Select Create Project to create a new project in your tenant, based on the strategy and plan template. 進行状況バーに、プロジェクトをデプロイするまでの進捗が示されます。A progress bar show your progress toward deploying the project.
  5. デプロイが完了したら、 [プロジェクトに移動] を選択して新しいプロジェクトを表示します。When deployment is finished, select Navigate to project to see your new project.

プロジェクトの作成が完了したら、この一連の記事を読み進めて、実際のクラウド導入計画に合わせてこのテンプレートを変更する方法を確認してください。After your project has been created, continue through this article series to learn how to modify the template to align to your cloud adoption plan.

このツールに関するその他のサポートとガイダンスについては、Azure DevOps Services Demo Generator に関する記事をご覧ください。For additional support and guidance on this tool, see Azure DevOps Services demo generator.

クラウド導入計画を一括編集するBulk edit the cloud adoption plan

計画プロジェクトがデプロイされたら、Microsoft Excel を使用してそれを変更できます。When the plan project has been deployed, you can use Microsoft Excel to modify it. Microsoft Excel を使用すると、Azure DevOps ブラウザー エクスペリエンスを使用するよりもはるかに簡単に計画内に新しいワークロードまたは資産を作成できます。It's much easier to create new workloads or assets in the plan by using Microsoft Excel than by using the Azure DevOps browser experience.

一括編集を行うためにワークステーションを準備するには、Microsoft Excel を使用した作業項目の一括追加または変更に関する記事をご覧ください。To prepare your workstation for bulk editing, see Bulk add or modify work items with Microsoft Excel.

ユーザーは、プロジェクトを使用してタスクを追跡し、バックログを作成して、リソースを割り当てることができます。Some users may want to use Project to track their tasks, create backlog and assign resource. プロジェクトを Azure DevOps に接続する手順を次に示します。Here are the steps to connect Project to Azure DevOps.

クラウド導入計画を使用するUse the cloud adoption plan

クラウド導入計画では、アクティビティがアクティビティの種類ごとに整理されています。The cloud adoption plan organizes activities by activity type:

  • エピック: "エピック" は、クラウド導入ライフサイクルの全体的なフェーズを表します。Epics: An epic represents an overall phase of the cloud adoption lifecycle.
  • 機能: 機能は、各フェーズ内での具体的な目標の整理に使用されます。Features: Features are used to organize specific objectives within each phase. たとえば、特定のワークロードの移行は 1 つの機能になります。For instance, migration of a specific workload would be one feature.
  • ユーザー ストーリー: ユーザー ストーリーは、特定の目標に基づくアクティビティの論理的なコレクションに作業をグループ化します。User stories: User stories group work into logical collections of activities based on a specific goal.
  • タスク: タスクは、実際に実行する必要がある作業です。Tasks: Tasks are the actual work to be done.

各レイヤーでは、依存関係に基づいてアクティビティが順序付けされます。At each layer, activities are then sequenced based on dependencies. アクティビティは、目下の目標またはタスクを明確にするために、クラウド導入フレームワーク内の記事にリンクされています。Activities are linked to articles in the Cloud Adoption Framework to clarify the objective or task at hand.

クラウド導入計画の最もわかりやすいビューは、エピック バックログ ビューです。The clearest view of the cloud adoption plan comes from the Epics backlog view. エピック バックログ ビューへの変更については、バックログの表示に関する記事を参照してください。For help with changing to the Epics backlog view, see the article on viewing a backlog. このビューからは簡単に、導入ライフサイクルの現在のフェーズを完了するために必要な作業を計画および管理できます。From this view, it's easy to plan and manage the work required to complete the current phase of the adoption lifecycle.

注意

クラウド導入計画の現在の状態は、移行作業に重点を置いています。The current state of the cloud adoption plan focuses heavily on migration efforts. ガバナンス、イノベーション、または操作に関連したタスクは、手動で設定する必要があります。Tasks related to governance, innovation, or operations must be populated manually.

クラウド導入計画を調整するAlign the cloud adoption plan

戦略の手法と計画の手法の概要ページは、それぞれ戦略と計画のテンプレートを参照しています。The overview pages for the Strategy methodology and the Plan methodology each refer to the strategy and plan template. このテンプレートでは、クラウド導入計画のテンプレートを導入用の特定の計画に合わせて調整するための決定事項およびデータ ポイントが整理されています。That template organizes the decisions and data points that will align the template for the cloud adoption plan with your specific plans for adoption. 新しいプロジェクトを配置する前に、戦略の手法計画の手法の演習を完了することを検討してください。Considering completing the exercises in the Strategy methodology and the Plan methodology before aligning your new project.

次の記事では、クラウド導入計画の調整がサポートされています。The following articles support alignment of the cloud adoption plan:

  • ワークロード:移行または最新化の対象となる各ワークロードを取り込むために、クラウド移行エピック内の機能を調整します。Workloads: Align features within the cloud migration epic to capture each workload to be migrated or modernized. これらの機能を追加して変更することで、上位 10 個のワークロードを移行する作業を取り込みます。Add and modify those features to capture the effort to migrate your top 10 workloads.
  • 資産:各資産 (仮想マシン、アプリケーション、またはデータ) は、各ワークロードの下のユーザー ストーリーで表現されます。Assets: Each asset (virtual machine, application, or data) is represented by the user stories under each workload. これらのユーザー ストーリーを追加し、デジタル資産に合うように変更します。Add and modify those user stories to align with your digital estate.
  • 合理化:各ワークロードが定義されると、そのワークロードに関する初期の想定に疑問が生じる場合があります。Rationalization: As each workload is defined, the initial assumptions about that workload can be challenged. この結果、各資産のタスクが変更されることがあります。This might result in changes to the tasks under each asset.
  • リリース計画を作成する:イテレーション パスは、作業を各種リリースやイテレーションに合わせることでリリース計画を確立します。Create release plans: Iteration paths establish release plans by aligning efforts with various releases and iterations.
  • タイムラインを確立する:各イテレーションの開始日と終了日を定義すると、プロジェクト全体を管理するタイムラインが作成されます。Establish timelines: Defining start and end dates for each iteration creates a timeline to manage the overall project.

これらの 5 つの記事は、実際の導入作業の管理を開始するために必要な調整タスクそれぞれに役立ちます。These five articles help with each of the alignment tasks required to start managing your adoption efforts. 次の手順では、調整の演習を開始します。The next step gets you started on the alignment exercise.

次のステップNext steps

ワークロードの定義および優先順位付けで計画プロジェクトの調整を開始します。Start aligning your plan project by defining and prioritizing workloads.