追加のサブスクリプションを作成して、Azure 環境をスケーリングするCreate additional subscriptions to scale your Azure environment

多くの場合、組織では複数の Azure サブスクリプションを使用して、サブスクリプションごとのリソース制限を回避し、Azure リソースの管理と制御を強化します。Organizations often use multiple Azure subscriptions to avoid per-subscription resource limits and to better manage and govern their Azure resources. サブスクリプションをスケーリングするための戦略を立てておくことが重要です。It's important to define a strategy for scaling your subscriptions.

基本的な概念を確認するReview fundamental concepts

初期サブスクリプションを超えて Azure 環境を拡張する場合、アカウント、テナント、ディレクトリ、サブディレクトリなどの Azure の概念を理解しておくことが重要です。As you expand your Azure environment beyond your initial subscriptions, it's important to understand Azure concepts such as accounts, tenants, directories, and subscriptions. 詳細については、「Azure 基礎の概念」を参照してください。For more information, see Azure fundamental concepts.

他の考慮事項により、追加のサブスクリプションが必要になる場合があります。Other considerations might necessitate additional subscriptions. クラウド資産を拡張するときは、次の点に留意してください。Keep the following in mind as you expand your cloud estate.

技術的な考慮事項Technical considerations

サブスクリプションの制限: サブスクリプションでは、一部のリソースの種類に対して制限が定義されています。Subscription limits: Subscriptions have defined limits for some resource types. たとえば、あるサブスクリプションでは仮想ネットワークの数に制限があります。For example, the number of virtual networks in a subscription is limited. サブスクリプションがこれらの制限に近づいた場合は、別のサブスクリプションを作成し、そこに追加のリソースを置く必要があります。When a subscription approaches these limits, you'll need to create another subscription and put additional resources there. 詳細については、Azure サブスクリプションとサービスの制限 に関する記事を参照してください。For more information, see Azure subscription and service limits.

クラシック モデルのリソース: Azure を長期間使用している場合は、クラシック デプロイ モデルを使用して作成されたリソースが存在する可能性があります。Classic model resources: If you've been using Azure for a long time, you may have resources that were created using the classic deployment model. Azure のポリシー、ロールベースのアクセス制御、リソースのグループ化、およびタグは、クラシック モデルのリソースには適用できません。Azure policies, role-based access control, resource grouping, and tags cannot be applied to classic model resources. これらのリソースは、クラシック モデルのリソースのみを含むサブスクリプションに移動する必要があります。You should move these resources into subscriptions that contain only classic model resources.

コスト: サブスクリプション間のデータのイングレスとエグレスに対して追加コストが発生することがあります。Costs: There might be some additional costs for data ingress and egress between subscriptions.

ビジネスの優先順位Business priorities

ビジネスの優先順位によって、追加のサブスクリプションを作成する場合があります。Your business priorities might lead you to create additional subscriptions. 次のような優先順位が考えられます。These priorities include:

  • 革新Innovation
  • 移行Migration
  • コストCost
  • 操作Operations
  • SecuritySecurity
  • ガバナンスGovernance

サブスクリプションのスケーリングに関するその他の考慮事項については、クラウド導入フレームワークの「サブスクリプション決定ガイド」を参照してください。For other considerations about scaling your subscriptions, review the subscription decision guide in the Cloud Adoption Framework.

サブスクリプション間でのリソースの移動Moving resources between subscriptions

サブスクリプション モデルが大きくなると、一部のリソースを他のサブスクリプションに所属させることを決定する場合があります。As your subscription model grows, you might decide that some resources belong in other subscriptions. 多くの種類のリソースをサブスクリプション間で移動できます。Many types of resources can be moved between subscriptions. また、自動デプロイを使用して、別のサブスクリプションでリソースを再作成することもできます。You can also use automated deployments to re-create resources in another subscription. 詳細については、別のリソース グループまたはサブスクリプションへの Azure リソースの移動に関する記事をご覧ください。For more information, see Move Azure resources to another resource group or subscription.

新しいサブスクリプションを作成するためのヒントTips for creating new subscriptions

  • サブスクリプションの新規作成の担当者を特定します。Identify who is responsible for creating new subscriptions.
  • サブスクリプションで既定で使用可能なリソースの種類を決定します。Decide which resource types are available in a subscription by default.
  • すべての標準サブスクリプションの外観を決定します。Decide what all standard subscriptions should look like. RBAC アクセス、ポリシー、タグ、インフラストラクチャ リソースなどの考慮事項があります。Considerations include RBAC access, policies, tags, and infrastructure resources.
  • 可能であれば、サービス プリンシパルを使用してプログラムによって新しいサブスクリプションを作成しますIf possible, programmatically create new subscriptions via a service principal. サブスクリプションを作成するには、サービス プリンシパルにアクセス許可を付与する必要があります。You must grant permission to the service principal to create subscriptions. 自動化されたワークフローを通じて新しいサブスクリプションを要求できるセキュリティ グループを定義します。Define a security group that can request new subscriptions via an automated workflow.
  • エンタープライズ契約 (EA) をご利用のお客様は、組織で非 EA サブスクリプションの作成がブロックされるように Azure サポートにご依頼ください。If you're an Enterprise Agreement (EA) customer, ask Azure support to block creation of non-EA subscriptions for your organization.

次のステップNext steps

管理グループ階層を作成すると、サブスクリプションとリソースを整理および管理できます。Create a management group hierarchy to help organize and manage your subscriptions and resources.