追加のサブスクリプションを作成して、Azure 環境をスケーリングする

多くの場合、組織では複数の Azure サブスクリプションを使用して、サブスクリプションごとのリソース制限を回避し、Azure リソースの管理と制御を強化します。 サブスクリプションをスケーリングするための戦略を立てておくことが重要です。

Note

Azure 環境内でサブスクリプションを計画するための最初の手順として、リソース組織向けの Azure ランディング ゾーンのガイダンスを検討して、規模が大きくなる環境のコンテキストが考慮されていることを確認することをお勧めします

基本的な概念を確認する

初期サブスクリプションを超えて Azure 環境を拡張する場合、アカウント、テナント、ディレクトリ、サブディレクトリなどの Azure の概念を理解しておくことが重要です。 詳細については、「Azure 基礎の概念」を参照してください。

他の考慮事項により、追加のサブスクリプションが必要になる場合があります。 クラウド資産を拡張するときは、次の点に留意してください。

技術的な考慮事項

サブスクリプションの制限: サブスクリプションでは、一部のリソースの種類に対して制限が定義されています。 たとえば、あるサブスクリプションでは仮想ネットワークの数に制限があります。 サブスクリプションがこれらの制限に近づいた場合は、別のサブスクリプションを作成し、そこに追加のリソースを置く必要があります。 詳細については、Azure サブスクリプションとサービスの制限 に関する記事を参照してください。

クラシック モデルのリソース: Azure を長期間使用している場合は、クラシック デプロイ モデルを使用して作成されたリソースが存在する可能性があります。 Azure のポリシー、Azure ロールベースのアクセス制御、リソースのグループ化、およびタグは、クラシック モデルのリソースには適用できません。 これらのリソースは、クラシック モデルのリソースのみを含むサブスクリプションに移動する必要があります。

コスト: サブスクリプション間のデータのイングレスとエグレスに対して追加コストが発生することがあります。

ビジネスの優先順位

ビジネスの優先順位によって、追加のサブスクリプションを作成する場合があります。 次のような優先順位が考えられます。

  • 革新
  • 移行
  • コスト
  • 操作
  • Security
  • ガバナンス

サブスクリプションのスケーリングに関するその他の考慮事項については、クラウド導入フレームワークの「サブスクリプション決定ガイド」を参照してください。

サブスクリプション間でのリソースの移動

サブスクリプション モデルが大きくなると、一部のリソースを他のサブスクリプションに所属させることを決定する場合があります。 多くの種類のリソースをサブスクリプション間で移動できます。 また、自動デプロイを使用して、別のサブスクリプションでリソースを再作成することもできます。 詳細については、別のリソース グループまたはサブスクリプションへの Azure リソースの移動に関する記事をご覧ください。

新しいサブスクリプションを作成するためのヒント

  • サブスクリプションの新規作成の担当者を特定します。
  • サブスクリプションで既定で使用可能なリソースの種類を決定します。
  • すべての標準サブスクリプションの外観を決定します。 Azure RBAC アクセス、ポリシー、タグ、インフラストラクチャ リソースなどの考慮事項があります。
  • 可能であれば、サービス プリンシパルを使用してプログラムによって新しいサブスクリプションを作成します。 サブスクリプションを作成するには、サービス プリンシパルにアクセス許可を付与する必要があります。 自動化されたワークフローを通じて新しいサブスクリプションを要求できるセキュリティ グループを定義します。
  • エンタープライズ契約 (EA) をご利用のお客様は、組織で非 EA サブスクリプションの作成がブロックされるように Azure サポートにご依頼ください。

次のステップ

管理グループ階層を作成すると、サブスクリプションとリソースを整理および管理できます。