一貫性のあるハイブリッド クラウドの作成Create hybrid cloud consistency

この記事では、一貫性のあるハイブリッド クラウド作成するための高レベルの方法を説明します。This article guides you through the high-level approaches for creating hybrid cloud consistency.

移行中のハイブリッド デプロイ モデルは、リスクを軽減しき、スムーズなインフラストラクチャの移行に貢献することができます。Hybrid deployment models during migration can reduce risk and contribute to a smooth infrastructure transition. クラウド プラットフォームは、ビジネス プロセスに関して最大レベルの柔軟性を提供します。Cloud platforms offer the greatest level of flexibility when it comes to business processes. クラウドへの移行をためらう組織が多くあります。Many organizations are hesitant to make the move to the cloud. 代わりに、所有している最も機密性の高いデータの完全な制御を維持したいと考えます。Instead, they prefer to keep full control over their most sensitive data. 残念ながら、オンプレミス サーバーでは、クラウドと同じ速度でのイノベーションは可能ではありません。Unfortunately, on-premises servers don't allow for the same rate of innovation as the cloud. ハイブリッド クラウド ソリューションなら、クラウド イノベーションの速度と、オンプレミス管理の制御が提供されます。A hybrid cloud solution offers the speed of cloud innovation and the control of on-premises management.

一貫性のあるハイブリッド クラウドを統合するIntegrate hybrid cloud consistency

ハイブリッド クラウド ソリューションを使用することで、組織はコンピューティング リソースをスケールできます。Using a hybrid cloud solution allows organizations to scale computing resources. 短期の需要急増に対処するために、膨大な資本支出をする必要もなくなります。It also eliminates the need to make massive capital expenditures to handle short-term spikes in demand. ビジネスの変更により、より機密性の高いデータやアプリケーションのためにローカル リソースを解放する必要が高まる可能性があります。Changes to your business can drive the need to free up local resources for more sensitive data or applications. クラウド リソースのプロビジョニング解除の方が、より簡単かつ迅速で、コストもかかりません。It's easier, faster, and less expensive to deprovision cloud resources. 追加のリソースを購入して維持する代わりに、組織が一時的に使用するリソースの分に対してのみ支払いを行います。You pay only for those resources your organization temporarily uses, instead of having to purchase and maintain additional resources. このアプローチにより、長期間にわたってアイドル状態のままになることもある機器の量が減ります。This approach reduces the amount of equipment that might remain idle over long periods of time. ハイブリッド クラウド コンピューティングでは、データ漏洩のリスクを最小限に抑えながら、柔軟性、スケーラビリティ、コスト効率といったクラウド コンピューティングのすべてのメリットが提供されます。Hybrid cloud computing delivers all the benefits of cloud computing flexibility, scalability, and cost efficiencies with the lowest possible risk of data exposure.

ID、管理、セキュリティ、データ、開発、および DevOps にわたって一貫性のあるハイブリッド クラウドの作成 図 1:ID、管理、セキュリティ、データ、開発、および DevOps にわたって一貫性のあるハイブリッド クラウドの作成。Creating hybrid cloud consistency across identity, management, security, data, development, and DevOps Figure 1: Creating hybrid cloud consistency across identity, management, security, data, development, and DevOps.

真のハイブリッド クラウド ソリューションでは 4 つのコンポーネントを提供する必要があります。そのそれぞれから、次のような大きなメリットがもたらされます。A true hybrid cloud solution must provide four components, each of which brings significant benefits:

  • オンプレミス アプリケーションとクラウド アプリケーションのための共通 ID: このコンポーネントによって、ユーザーにすべてのアプリケーションへのシングル サインオン (SSO) が提供され、ユーザーの生産性が向上します。Common identity for on-premises and cloud applications: This component improves user productivity by giving users single sign-on (SSO) to all their applications. また、アプリケーションとユーザーがネットワークやクラウドの境界を越えるときの一貫性も確保されます。It also ensures consistency as applications and users cross network or cloud boundaries.
  • ハイブリッド クラウド全体の管理とセキュリティの統合: このコンポーネントによって、環境の監視、管理、セキュリティ保護がまとまりのある方法で提供され、可視性と制御の向上を実現できます。Integrated management and security across your hybrid cloud: This component provides you with a cohesive way to monitor, manage, and secure the environment, which enables increased visibility and control.
  • データ センターとクラウドに向けた一貫性のあるデータ プラットフォーム: このコンポーネントによって、オンプレミスとクラウドのデータ サービスへのシームレスなアクセスと結び付くデータ移植性が生み出され、すべてのデータ ソースに対する深い分析情報が得られます。A consistent data platform for the datacenter and the cloud: This component creates data portability, combined with seamless access to on-premises and cloud data services for deep insight into all data sources.
  • クラウドとオンプレミスのデータ センター間で統合される開発と DevOps: このコンポーネントによって、2 つの環境間で必要に応じてアプリケーションを移行することができます。Unified development and DevOps across the cloud and on-premises datacenters: This component allows you to move applications between the two environments as needed. 両方の場所の開発環境が同じになったため、開発者の生産性が向上します。Developer productivity improves because both locations now have the same development environment.

Azure の観点から見たこれらのコンポーネントの例を以下に示します。Here are some examples of these components from an Azure perspective:

  • Azure Active Directory (Azure AD) はオンプレミスの Active Directory と連携し、すべてのユーザーに共通の ID が提供されます。Azure Active Directory (Azure AD) works with on-premises Active Directory to provide common identity for all users. オンプレミスとクラウドにわたる SSO によって、必要なアプリケーションと資産にユーザーが安全にアクセスすることが簡単になっています。SSO across on-premises and via the cloud makes it simple for users to safely access the applications and assets they need. 管理者は、セキュリティとガバナンス制御を管理でき、ユーザー エクスペリエンスに影響を与えずに、アクセス許可を柔軟に調整することもできます。Admins can manage security and governance controls and also have the flexibility to adjust permissions without affecting the user experience.
  • Azure では、クラウドとオンプレミス インフラストラクチャの両方に対して、統合された管理とセキュリティのサービスが提供されます。Azure provides integrated management and security services for both cloud and on-premises infrastructure. これのサービスには、ハイブリッド クラウドの監視、構成、保護に使われる統合ツール セットが含まれます。These services include an integrated set of tools that are used to monitor, configure, and protect hybrid clouds. 管理に対するこのエンドツーエンドのアプローチは、とりわけ、ハイブリッド クラウド ソリューションを検討している組織が直面する実世界の課題に対処するものです。This end-to-end approach to management specifically addresses real-world challenges that face organizations considering a hybrid cloud solution.
  • Azure のハイブリッド クラウドには、すべてのデータへのセキュリティで保護されたアクセスが、シームレスかつ効率的に行われるようにする一般的なツールが用意されています。Azure hybrid cloud provides common tools that ensure secure access to all data, seamlessly and efficiently. Azure データ サービスは Microsoft SQL Server と 一体になり、一貫性のあるデータ プラットフォームを作り出します。Azure data services combine with Microsoft SQL Server to create a consistent data platform. 一貫性のあるハイブリッド クラウド モデルでは、ユーザーは運用と分析の両方のデータを操作できます。A consistent hybrid cloud model allows users to work with both operational and analytical data. オンプレミスとクラウドで、データ ウェアハウス、データ分析、データ視覚化のために、同じサービスが提供されます。The same services are provided on-premises and in the cloud for data warehousing, data analysis, and data visualization.
  • Azure クラウド サービスは Azure Stack オンプレミスと結合され、統合された開発と DevOps が提供されます。Azure cloud services, combined with Azure Stack on-premises, provide unified development and DevOps. クラウドとオンプレミス間の一貫性は、DevOps チームが、いずれかの環境で実行され、適切な場所に簡単にデプロイできるアプリケーションを構築できることを意味します。Consistency across the cloud and on-premises means that your DevOps team can build applications that run in either environment and can easily deploy to the right location. ハイブリッド ソリューション間でテンプレートを再利用することもでき、それによってさらに DevOps プロセスを簡略化できます。You also can reuse templates across the hybrid solution, which can further simplify DevOps processes.

ハイブリッド クラウド環境での Azure StackAzure Stack in a hybrid cloud environment

Azure Stack は、一貫性のある Azure サービスを、組織が自社のデータセンターで実行できるハイブリッド クラウド ソリューションです。Azure Stack is a hybrid cloud solution that allows organizations to run Azure-consistent services in their datacenter. Azure のパブリック クラウド サービスとの一貫性が保たれた、シンプルな開発、管理、セキュリティのエクスペリエンスが提供されます。It provides a simplified development, management, and security experience that's consistent with Azure public cloud services. Azure Stack は Azure の拡張機能です。Azure Stack is an extension of Azure. この機能を使用して、オンプレミス環境から Azure サービスを実行でき、その後、必要な場合は Azure クラウドに移動することができます。You can use it to run Azure services from your on-premises environments and then move to the Azure cloud if and when required.

Azure Stack では、同じツールを使用して IaaS と PaaS の両方をデプロイおよび運用でき、Azure パブリック クラウドと同じエクスペリエンスが提供されます。With Azure Stack, you can deploy and operate both IaaS and PaaS by using the same tools and offering the same experience as the Azure public cloud. Azure Stack の管理は、Web UI ポータルからであるか PowerShell からであるかを問わず、Azure の IT 管理者およびエンド ユーザーのための一貫性のあるルック アンド フィールを備えています。Management of Azure Stack, whether through the web ui portal or through PowerShell, has a consistent look and feel for IT administrators and end users with Azure.

Azure と Azure Stack によって、顧客向けアプリケーションと社内の基幹業務アプリケーションのどちらにも対応する、新しいハイブリッドのユース ケースが実現されます。Azure and Azure Stack open up new hybrid use cases for both customer-facing and internal line-of-business applications:

  • エッジおよび非接続ソリューション。Edge and disconnected solutions. 待機時間と接続性の要件に対応するには、お客様は Azure Stack でローカルにデータを処理した後、Azure に集約してさらに詳しく分析できます。To address latency and connectivity requirements, customers can process data locally in Azure Stack and then aggregate it in Azure for further analytics. 両方で共通するアプリケーション ロジックを使用できます。They can use common application logic across both. 多くのお客様が、工場の現場、クルーズ船、坑道など、さまざまなコンテキストにわたるこうしたエッジ シナリオに関心があります。Many customers are interested in this edge scenario across different contexts, like factory floors, cruise ships, and mine shafts.
  • さまざまな規制に対応するクラウド アプリケーション。Cloud applications that meet various regulations. お客様は、Azure でアプリケーションの開発とデプロイを行えば、Azure Stack 上のオンプレミスにデプロイする完全な柔軟性が得られ、規制やポリシーの要件に対応できます。Customers can develop and deploy applications in Azure, with full flexibility to deploy on-premises on Azure Stack to meet regulatory or policy requirements. コードの変更は不要です。No code changes are needed. アプリケーションの例としては、グローバルな監査、財務報告書の作成、外国為替取引、オンライン ゲーム、経費報告書の作成が挙げられます。Application examples include global audit, financial reporting, foreign exchange trading, online gaming, and expense reporting. お客様はビジネス要件と技術的要件に基づいて、同じアプリケーションの異なるインスタンスを Azure または Azure Stack にデプロイしようとする場合があります。Customers sometimes look to deploy different instances of the same application to Azure or Azure Stack, based on business and technical requirements. Azure はほとんどの要件を満たすのに対して、Azure Stack は必要な場合にデプロイのアプローチを補完するものです。While Azure meets most requirements, Azure Stack complements the deployment approach where needed.
  • オンプレミスのクラウド アプリケーション モデル。Cloud application model on-premises. お客様は、Azure の Web サービス、コンテナー、マイクロサービス、サーバーレスの各アーキテクチャを使用して、既存のアプリケーションの更新と拡張を行うか、新しいものを構築することができます。Customers can use Azure web services, containers, microservices, and serverless architectures to update and extend existing applications or build new ones. クラウドの Azure と、オンプレミスの Azure Stack で一貫性のある DevOps プロセスを使用できます。You can use consistent DevOps processes across Azure in the cloud and Azure Stack on-premises. 中核のミッションクリティカルなアプリケーションも含めた、アプリケーションの最新化への関心が高まっています。There's a growing interest in application modernization, even for core mission-critical applications.

Azure Stack には 2 つのデプロイ オプションが用意されています。Azure Stack is offered via two deployment options:

  • Azure Stack 統合システム: Azure Stack 統合システムは Microsoft とハードウェア パートナーによって提供され、クラウドと歩調を合わせたイノベーションと、管理のしやすさをバランスさせて提供するソリューションを実現しています。Azure Stack integrated systems: Azure Stack integrated systems are offered through Microsoft and hardware partners to create a solution that provides cloud-paced innovation balanced with simple management. Azure Stack はハードウェアとソフトウェアの統合システムとして提供されるため、クラウドからのイノベーションを採用しつつ柔軟性と制御性が得られます。Because Azure Stack is offered as an integrated system of hardware and software, you get flexibility and control while still adopting innovation from the cloud. Azure Stack 統合システムのサイズは 4 ノードから 12 ノードです。Azure Stack integrated systems range in size from 4 to 12 nodes. ハードウェア パートナーと Microsoft によって共同でサポートされます。They're jointly supported by the hardware partner and Microsoft. Azure Stack 統合システムの使用により、運用ワークロード向けの新しいシナリオが可能になります。Use Azure Stack integrated systems to enable new scenarios for your production workloads.
  • Azure Stack Development Kit: Microsoft Azure Stack Development Kit は、Azure Stack の単一ノード デプロイです。Azure Stack Development Kit: The Microsoft Azure Stack Development Kit is a single-node deployment of Azure Stack. キットを使って、Azure Stack の評価と学習を行うことができます。You can use it to evaluate and learn about Azure Stack. このキットは開発環境としても使用でき、Azure と一貫性のある API とツールを使用して開発を行うことができます。You can also use the kit as a developer environment, where you can develop by using APIs and tooling that are consistent with Azure. Azure Stack Development Kit は、運用環境での使用は想定されていません。The Azure Stack Development Kit isn't intended for use as a production environment.

Azure Stack の単一クラウド エコシステムAzure Stack one-cloud ecosystem

完全な Azure エコシステムを使用して、Azure Stack の取り組みをスピードアップできます。You can speed up Azure Stack initiatives by using the complete Azure ecosystem:

  • Azure では、Azure の認定を受けているアプリケーションとサービスの多くが、Azure Stack で動作することが保証されています。Azure ensures that most applications and services that are certified for Azure will work on Azure Stack. 複数の ISV が、Azure Stack に向けて自社のソリューションを拡張しています。Several ISVs are extending their solutions to Azure Stack. ISV として、Bitnami、Docker、Kemp Technologies、Pivotal Cloud Foundry、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux などが挙げられます。These ISVs include Bitnami, Docker, kemp technologies, pivotal cloud foundry, Red Hat enterprise Linux, and suse Linux.
  • Azure Stack は、フル マネージド サービスとして配信および運用することを選択できます。You can opt to have Azure Stack delivered and operated as a fully managed service. 間もなく、いくつかのパートナーから、Azure と Azure Stack にまたがるマネージド サービスのオファリングが提供される予定です。Several partners will have managed service offerings across Azure and Azure Stack shortly. パートナーとして、Tieto、Yourhosting、Revera、Pulsant、NTT などが挙げられます。These partners include tieto, Yourhosting, Revera, Pulsant, and ntt. これらのパートナーにより、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムから Azure 用のマネージド サービスが提供されます。These partners deliver managed services for Azure via the Cloud Solution Provider (CSP) program. ハイブリッド ソリューションを含むようにオファリングが拡張されています。They're extending their offerings to include hybrid solutions.
  • 完全なフル マネージド ハイブリッド クラウド ソリューションの 1 例が Avanade で、オールインワンのオファーが提供されます。As an example of a complete, fully managed hybrid cloud solution, Avanade delivers an all-in-one offer. オファーには、クラウド変換サービス、ソフトウェア、インフラストラクチャ、設定と構成、継続的なマネージド サービスが含まれます。It includes cloud transformation services, software, infrastructure, setup and configuration, and ongoing managed services. これにより、お客様は、現在 Azure を利用しているのとまったく同じように Azure Stack を利用できます。This way customers can consume Azure Stack just as they do with Azure today.
  • プロバイダーは、お客様のためにエンドツーエンドの Azure ソリューションを構築して、アプリケーション最新化の取り組みを推進することに貢献できます。Providers can help accelerate application modernization initiatives by building end-to-end Azure solutions for customers. 各プロバイダーは、詳細な Azure のスキル セット、領域と業界の知識、DevOps などのプロセスの専門知識を提供します。Each provider brings a deep Azure skill set, domain and industry knowledge, and process expertise such as DevOps. すべての Azure Stack の実装が、プロバイダーがソリューションを設計し、システムのデプロイを先導して影響を与える機会となります。Every Azure Stack implementation is an opportunity for a provider to design the solution and lead and influence system deployment. プロバイダーは、含まれる機能をカスタマイズして運用作業を提供することもできます。They can also customize the included capabilities and deliver operational activities. プロバイダーの例として、Avanade、DXC、Dell EMC Services、InFront Consulting Group、HPE Pointnext、PwC (旧称 PricewaterhouseCoopers) などが挙げられます。Examples of providers include Avanade, DXC, Dell EMC Services, Infront Consulting Group, HPE Pointnext, and PWC (formerly PricewaterhouseCoopers).