適切に設計したランディング ゾーンの設計領域Design areas of a well-architected landing zone

各 Azure ランディング ゾーンの実装オプションからは、デプロイ アプローチと定義された設計原則が提供されます。Each Azure landing zone implementation option provides a deployment approach and defined design principles. 実装オプションを選択する前に、この記事を参考にし、次の表にある設計領域について理解を深めてください。Before choosing an implementation option, use this article to gain an understanding of the design areas listed in the following table.

注意

このような設計領域は、ランディング ゾーンをデプロイする前に検討すべき内容を表します。These design areas describe what you should consider prior to deploying a landing zone. 単純な参照として使用します。Use it as a simple reference. 設計原則とデプロイの実用的手順については、ランディング ゾーンの実装オプションを参照してください。See the landing zone implementation options for design principles and actionable steps for deployment.

設計領域Design areas

デプロイ オプションに関係なく、各設計領域を注意深く検討してください。Regardless of the deployment option, you should carefully consider each design area. 決定は、各ランディング ゾーンが依存するプラットフォームの基礎に影響します。Your decisions affect the platform foundation on which each landing zone depends.

設計領域Design areas 目的Objective 関連する方法Relevant methodologies
エンタープライズ登録Enterprise enrollment Azure を契約している企業のお客様にとって、適切なテナントの作成と登録は重要な初期段階です。For enterprise customers with an Azure commitment, proper tenant creation and enrollment is an important early step. ReadyReady
IDIdentity ID およびアクセス管理は、パブリック クラウドの主要なセキュリティ境界です。Identity and access management is a primary security boundary in the public cloud. セキュリティで保護され、完全に準拠したアーキテクチャの基盤になるものです。It's the foundation for any secure and fully compliant architecture. ReadyReady
ネットワーク トポロジと接続Network topology and connectivity ネットワークと接続性の決定は、どのようなクラウド アーキテクチャでも同様に重要な基本的な側面です。Networking and connectivity decisions are an equally important foundational aspect of any cloud architecture. ReadyReady
リソースの編成Resource organization クラウド導入の規模が拡大するにつれて、サブスクリプションの設計と管理グループの階層に関する考慮事項は、ガバナンス、運用管理、導入パターンに影響を与えます。As cloud adoption scales, considerations for subscription design and management group hierarchy have an impact on governance, operations management, and adoption patterns. ガバナンスGovern
ガバナンスの規範Governance disciplines セキュリティ、ガバナンス、コンプライアンス ポリシーの監査と適用を自動化します。Automate auditing and enforcement of security, governance, and compliance policies. ガバナンスGovern
運用ベースラインOperations baseline クラウドで安定して継続的な運用を行うには、可視性、運用コンプライアンス、保護および復旧機能を提供する運用ベースラインが必要です。For stable, ongoing operations in the cloud, an operations baseline is required to provide visibility, operations compliance, and protect and recover capabilities. 管理するManage
ビジネス継続性とディザスター リカバリー (BCDR)Business continuity and disaster recovery (BCDR) 回復性は、アプリケーションを円滑に機能させるための鍵となります。Resiliency is key for smooth functioning of applications. BCDR は回復性の重要な要素です。BCDR is an important component of resiliency. BCDR は、バックアップによるデータの保護と、ディザスター リカバリーによる障害からのアプリケーションの保護に関係します。BCDR involves protection of data via backups and protection of applications from outages via disaster recovery. 管理するManage
デプロイ オプションDeployment options 最適なツールとテンプレートを配置し、ランディング ゾーンとサポート リソースをデプロイします。Align the best tools and templates to deploy your landing zones and supporting resources. ReadyReady

次のステップNext steps

これらの設計領域は時間をかけて実装し、クラウドの運用モデルを形成できます。You can implement these design areas over time so that you can grow into your cloud operating model. あるいは、各設計領域に定義された配置から始まる、豊富なこだわりの実装オプションがあります。Alternately, there are rich, opinionated implementation options that start with a defined position on each design area.

モジュールの設計領域を理解したら、次の手順は、クラウドの導入計画と要件に最適なランディング ゾーン実装オプションを選択することです。With an understanding of the modular design areas, the next step is to choose the landing zone implementation option that best aligns with your cloud adoption plan and requirements.