Azure 製品によるポートフォリオ階層のサポート方法How do Azure products support the portfolio hierarchy?

ポートフォリオ階層を理解して整理する」では、ポートフォリオ階層とロール マッピングに対する定義セットによって、ほとんどのポートフォリオ アプローチのスコープの階層が確立されています。In Understanding and aligning the portfolio hierarchy, a set of definitions for the portfolio hierarchy and role mapping established a hierarchy of scope for most portfolio approaches. その記事で説明されているので、概要を示す各レベルまたは "スコープ" は必要ないかもしれません。As described in that article, you might not need each of the outlined levels or scopes. レイヤーの数を最小限に抑えると複雑さが軽減されるため、これらのレイヤーをすべて要件として示すべきではありません。Minimizing the number of layers reduces complexity, so these layers shouldn't all be viewed as a requirement.

この記事では、階層の各レベルまたはスコープが Azure の組織ツール、デプロイとガバナンス ツール、Microsoft の Azure 向けクラウド導入フレームワークのいくつかのソリューションでどのようにサポートされているかを示します。This article shows how each level or scope of the hierarchy is supported in Azure through organizational tools, deployment and governance tools, and some solutions in the Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure.

Azure での階層の整理Organizing the hierarchy in Azure

Azure Resource Manager には、クラウド階層の各レベルで資産を整理するのに役立ついくつかの組織アプローチが含まれます。Azure Resource Manager includes several organizational approaches that help organize assets at each level of the cloud hierarchy.

次の図のスライド バーは、配置における一般的なバリエーションを示しています。The slide bars in the following diagram demonstrate common variants in alignment. スライド バーの灰色の部分は一般的ですが、特定のビジネス要件にのみに使用する必要があります。The gray parts of the slide bars are common but should be used only for specific business requirements. イメージの後のポイントでは、推奨されるベスト プラクティスについて説明します。The points after the image describe a suggested best practice.

階層に対して調整されたリソース組織

  • ポートフォリオ: 企業または事業単位には、技術的な資産はおそらく含まれませんが、コストの決定に影響を与える可能性があります。Portfolio: The enterprise or business unit probably won't contain any technical assets but might affect cost decisions. 企業と事業単位は、管理グループ階層のルート ノードで表されます。The enterprise and business units are represented in the root nodes of the management group hierarchy.
  • クラウド プラットフォーム: 各環境に対して、管理グループ階層内に独自のノードが与えられます。Cloud platforms: Each environment has its own node in the management group hierarchy.
  • ランディング ゾーンとクラウド基盤: 各ランディング ゾーンは、サブスクリプションとして表されます。Landing zones and cloud foundation: Each landing zone is represented as a subscription. 同様に、プラットフォーム基盤はそれ自体のサブスクリプションに含まれます。Likewise, platform foundations are contained in their own subscriptions. クラウドごとやワークロードごとのサブスクリプションにサブスクリプション設計がいくつかあります。これにより、それぞれの整理ツールが変わります。Some subscription designs might call for a subscription per cloud or per workload, which would change the organizing tool for each.
  • ワークロード: 各ワークロードは、リソース グループとして表されます。Workloads: Each workload is represented as a resource group. リソース グループは、ソリューション、デプロイ、または資産の他の技術的なグループを表すためによく使用されます。Resource groups are often used to represent solutions, deployments, or other technical groupings of assets.
  • 資産: 各資産は、Azure のリソースとして本質的に表されます。Assets: Each asset is inherently represented as a resource in Azure.

タグによる整理Organizing with tags

ベスト プラクティスから逸脱することはよくあります。Deviations from the best practice are common. これを記録するには、すべての資産にタグをつけます。You can record them by tagging all assets. タグを使用し、階層の各関連レイヤーを表します。Use a tag to represent each of the relevant layers of the hierarchy. 詳細については、「推奨される名前付けおよびタグ付け規則」をご覧ください。For more information, see Recommended naming and tagging conventions.