Azure Stack Hub で実行されるワークロードを管理するManage workloads that run on Azure Stack Hub

パブリックおよびプライベートのクラウド プラットフォームにまたがるハイブリッド ソリューションの運用と管理は複雑で、ビジネスの運営にリスクが生じる可能性があります。Operations and management of hybrid solutions across public and private cloud platforms is complex and could introduce risk to business operations. Azure Stack Hub はデータセンターで実行されている、組織の Azure プライベート インスタンスであるため、ハイブリッド運用のリスクは大幅に削減されます。Because Azure Stack Hub is your organization's private instance of Azure running in your datacenter, the risk of hybrid operations is greatly reduced.

クラウド導入フレームワークの管理手法に概説されているように、推奨される運用管理アクティビティでは、以下の主な役割に重点を置いています。As outlined in the Manage methodology of the Cloud Adoption Framework, suggested operations management activities focus on the following list of core responsibilities. 同じ役割は、Azure Stack Hub をサポートする運用管理チームにも当てはまります。The same responsibilities hold true for the operations management teams that support Azure Stack Hub.

  • インベントリと可視性: 複数のクラウドをまたいで資産の目録を作成します。Inventory and visibility: Create an inventory of assets across multiple clouds. 各資産の実行状態が見えるようにします。Develop visibility into the run state of each asset.
  • 運用のコンプライアンス: 各状態が適切に構成され、条文に制御された環境で実行されるよう、コントロールとプロセスを確立します。Operational compliance: Establish controls and processes to ensure that each state is properly configured and running in a well-governed environment.
  • 保護と復旧: 管理対象のすべての資産が保護され、ベースライン管理ツールで復旧できるようにします。Protect and recover: Ensure that all managed assets are protected and can be recovered by using baseline management tooling.
  • 拡張ベースライン オプション: ビジネス ニーズを満たす可能性があるベースラインへの一般的な追加オプションを評価します。Enhanced baseline options: Evaluate common additions to the baseline that might meet business needs.
  • プラットフォームの運用: 十分に定義されたサービス カタログと集中管理型のプラットフォームを使用して管理ベースラインを拡張します。Platform operations: Extend the management baseline with a well-defined service catalog and centrally managed platforms.
  • ワークロードの運用: 管理ベースラインを拡張し、ミッション クリティカルなワークロードに集中的に取り組みます。Workload operations: Extend the management baseline to include a focus on mission-critical workloads.

Azure Stack Hub の運用管理に関する考慮事項Considerations for Azure Stack Hub operations management

標準の運用管理アクティビティの中には、少し異なる技術的な考慮事項を必要とするものがあります。Some of the standard operations management activities require slightly different technical considerations. 以下の記事では、これらの考慮事項について概説します。The following articles outline those considerations.

  • セルフサービス サポートは、顧客を対象としており、ブート診断、スクリーンショット、シリアル ログ、メトリックなどが含まれます。Self-service support for your customers, including boot diagnostics, screenshots, serial logs, and metrics.
  • ゲスト管理には、仮想マシン (VM) 拡張機能、カスタム コードを実行する機能、ソフトウェア インベントリ、変更の追跡などが含まれます。Guest management, including virtual machine (VM) extensions, the ability to run custom code, software inventory, and change tracking.
  • ビジネス継続性は、VM のバックアップとディザスター リカバリー オプションにより実現されます。Business continuity through VM backups and disaster recovery options.

次のステップNext steps

Azure Stack Hub の移行が運用状態になると、Azure のパブリック クラウドで Azure Stack Hub またはその他の移行シナリオを使用して、移行の次の繰り返しを開始できます。After your Azure Stack Hub migration reaches an operational state, you can begin the next iteration of migrations by using Azure Stack Hub or other migration scenarios in the Azure public cloud.