Windows Virtual Desktop インスタンスを Azure に移行またはデプロイするMigrate or deploy Windows Virtual Desktop instances to Azure

組織のエンドユーザーのデスクトップをクラウドへ移行することは、クラウド移行の一般的なシナリオです。Migrating an organization's end-user desktops to the cloud is a common scenario in cloud migrations. これを行うことで、従業員の生産性が向上し、組織のユーザー エクスペリエンスをサポートするためにさまざまなワークロードの移行が促進されます。Doing so helps improve employee productivity and accelerate the migration of various workloads to support the organization's user experience.

戦略と動機Strategy and motivations

仮想デスクトップの移行は、以下に示すような一般的な目標となる成果によって動機付けされます。Virtual desktop migrations are motivated by a few common target outcomes, as shown and listed here:

仮想デスクトップの移行の動機を示す一覧。

  • 組織において、PC、携帯電話、タブレット、またはブラウザーなど、IT チームが直接管理していない可能性があるものにまで生産性を拡張する必要がある。Organizations want to extend productivity to PCs, phones, tablets, or browsers that might not be under the direct control of the IT team.
  • 従業員は、自分のデバイスから会社のデータやアプリケーションにアクセスする必要がある。Employees need to access corporate data and applications from their devices.
  • ワークロードがクラウドに移行されると、従業員は、待機時間が短く、より最適化されたエクスペリエンスを実現するために、より多くのサポートが必要になる。As workloads are migrated to the cloud, employees need more support for a low-latency, more optimized experience.
  • 組織がリモート ワークをより効果的に拡大できるように、現在のまたは提案された仮想デスクトップのエクスペリエンスのコストを最適化する必要がある。The costs of current or proposed virtual desktop experiences need to be optimized to help organizations scale their remote work more effectively.
  • IT チームは職場を変革することを望んでいる (これは、多くの場合、従業員のユーザー エクスペリエンスの変革から始まる)。The IT team wants to transform the workplace, which often starts with transforming employees' user experience.

エンドユーザーのデスクトップをクラウド内に仮想化することで、チームでこれらの各成果を実現できます。Virtualization of your end users' desktops in the cloud can help your team realize each of these outcomes.

アプローチ:Windows Virtual Desktop のリファクターと最新化Approach: Windows Virtual Desktop refactor and modernization

この記事シリーズで説明されている方法では、既存の Citrix、VMware、またはリモート デスクトップ サービス ファームは、Windows Virtual Desktop と呼ばれるサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) ソリューションによって最新化され、置き換えられます。In the approach outlined in this article series, the existing Citrix, VMware, or Remote Desktop Services farms are modernized and replaced with a platform as a service (PaaS) solution called Windows Virtual Desktop.

このシナリオでは、デスクトップ イメージは Azure に移行されるか、新しいイメージが生成されます。In this scenario, desktop images are either migrated to Azure or new images are generated. 同様に、ユーザー プロファイルは Azure に移行されるか、新しいプロファイルが作成されます。Similarly, user profiles are either migrated to Azure or new profiles are created. ほとんどの場合、クライアント ソリューションは有効ですが、この移行作業ではほとんど変更されません。For the most part, the client solution is enabled but largely unchanged by this migration effort.

仮想デスクトップの移行シナリオの図。

クラウドへの移行が完了すると、仮想デスクトップ ファームの管理のオーバーヘッドとコストがクラウドネイティブ ソリューションに置き換えられます。これにより、チームの仮想デスクトップ エクスペリエンスが管理されます。When the migration to the cloud is finished, the overhead and costs of managing a virtual desktop farm are replaced with a cloud-native solution that manages the virtual desktop experience for your team. チームが考慮する必要があるのは、デスクトップ イメージ、利用可能なアプリケーション、Azure Active Directory、ユーザー プロファイルのサポートだけです。The team needs to be concerned only with support of the desktop images, available applications, Azure Active Directory, and user profiles.

次の手順Next steps

クラウド導入の取り組みの特定の要素に関するガイダンスについては、以下を参照してください。For guidance on specific elements of the cloud adoption journey, see: