クラウド会計とはWhat is cloud accounting?

クラウド変革のための財務モデルを作成する」で説明しているように、クラウドにより IT のコスト計上方法が変わります。The cloud changes how IT accounts for costs, as is described in Create a financial model for cloud transformation. クラウドによってコストがどのように割り当てられるかによって、さまざまな IT 会計モデルのサポートがはるかに簡単になります。Various IT accounting models are much easier to support because of how the cloud allocates costs. したがって、クラウド変革の取り組みに着手する前に、クラウドのコスト計上方法を理解しておくことが重要となります。So it's important to understand how to account for cloud costs before you begin a cloud transformation journey. この記事では、最も一般的な IT のクラウド会計モデルの概要を示します。This article outlines the most common cloud accounting models for IT.

従来の IT 会計 (コスト センター モデル)Traditional IT accounting (cost center model)

多くの場合、IT をコスト センターとして考えることは正確です。It's often accurate to consider IT a cost center. 従来の IT 会計モデルでは、IT によりすべての IT 資産の購買力が統合されます。In the traditional IT accounting model, IT consolidates purchasing power for all IT assets. 財務モデルに関する記事で指摘したように、この購買力の統合には、ソフトウェアのライセンス、繰り返し発生する CRM ライセンスの料金、従業員のデスクトップの購入、その他の多額のコストが含まれます。As we pointed out in the financial models article, that purchasing power consolidation can include software licenses, recurring charges for CRM licensing, purchase of employee desktops, and other large costs.

IT がコスト センターとして機能するときは、IT の知覚価値の大部分は調達管理のレンズを通して見られます。When IT serves as a cost center, the perceived value of IT is largely viewed through a procurement management lens. この認識によって、取締役会やその他の役員が、IT がもたらす真の価値を理解することは難しくなります。This perception makes it difficult for the board or other executives to understand the true value that IT provides. 調達コストは、組織によって加えられたその他の価値を上回ることで、IT の見方を歪める傾向があります。Procurement costs tend to skew the view of IT by outweighing any other value added by the organization. IT がしばしば最高財務責任者や最高業務責任者の責任としてにひとくくりに扱われるのは、この見方が原因です。This view explains why IT is often lumped into the responsibilities of either the chief financial officer or the chief operating officer. この IT の見方は限定的であり、短絡的である可能性もあります。This perception of IT is limited and might be shortsighted.

中央 IT 会計 (利益センター モデル)Central IT accounting (profit center model)

コスト センターとしての IT という見方を打破するため、一元的な IT 会計モデルを選択する CIO もいます。To overcome the cost center view of IT, some CIOs opted for a centralized IT model of accounting. この種類のモデルでは、IT は競合の事業単位のように、そして収益を生み出す事業単位と同等のように扱われます。In this type of model, IT is treated like a competing business unit and a peer to revenue-producing business units. 場合によっては、このモデルは完全に論理的であることがあります。In some cases, this model can be entirely logical. たとえば、収益を生み出す専門的な IT サービス部門がある企業もいくつかあります。For example, some organizations have a professional IT services division that generates a revenue stream. 多くの場合、一元的な IT モデルでは巨額の収益は生み出されないため、このモデルを正当化することは難しくなります。Frequently, centralized IT models don't generate significant revenue, making it difficult to justify the model.

収益モデルに関係なく、一元的な IT 会計モデルは、IT 部門がコストを計上する方法に関して一意です。Regardless of the revenue model, centralized IT accounting models are unique because of how the IT unit accounts for costs. 従来の IT モデルでは、IT チームはコストを記録し、運用保守 (O&M) や専用の損益 (P&L) 勘定などの共有の資金からこれらのコストを支払います。In a traditional IT model, the IT team records costs and pays those costs from shared funds like operations and maintenance (O&M) or a dedicated profit and loss (P&L) account.

中央 IT 会計モデルでは、IT チームは間接費、管理、その他の見積もり費用を計上するために提供されたサービスをマーク アップします。In a central IT accounting model, the IT team marks up the services provided to account for overhead, management, and other estimated expenses. その後、競合する事業単位に、マークアップされたサービスに対する請求を行います。It then bills the competing business units for the marked-up services. このモデルでは、CIO がこれらのサービスの販売に関連付けられている損益の管理を期待されています。In this model, the CIO is expected to manage the P&L associated with the sale of those services. これにより、特に IT がコスト削減を必要とする場合や合意した SLA を満たしていない場合に、IT コストの増大と、中央 IT と事業単位間の争いを引き起こす可能性があります。This can create inflated IT costs and contention between central IT and business units, especially when IT needs to cut costs or isn't meeting agreed-upon SLAs. 技術や市場の変革の時期には、新しい技術は中央 IT の損益に支障をきたし、変革が困難になる場合があります。During times of technology or market change, any new technology would cause a disruption to central IT's P&L, making transformation difficult.

配賦Chargeback

IT のコスト センターとしての評判を変える最初の一般的な手順の 1 つは、会計の配賦モデルを実装することです。One of the common first steps in changing IT's reputation as a cost center is implementing a chargeback model of accounting. このモデルは、比較的小規模の企業や非常に効率的な IT 組織で特に一般的です。This model is especially common in smaller enterprises or highly efficient IT organizations. 配賦モデルでは、特定の事業単位に関連付けられているすべての IT コストが、その事業単位の予算で運営費のように扱われます。In the chargeback model, any IT costs that are associated with a specific business unit are treated like an operating expense in that business unit's budget. この方法により、IT に対する累積的なコスト効果が減少し、ビジネスの価値をより明確に示すことができます。This practice reduces the cumulative cost effects on IT, allowing business values to show more clearly.

従来のオンプレミス モデルでは、誰かが多額の資本経費と原価償却費を依然として行う必要があるため、配賦の実現は困難です。In a legacy on-premises model, chargeback is difficult to realize because someone still has to carry the large capital expenses and depreciation. 資本支出から使用量に関連付けられた運営費への継続的な変換は、困難な会計処理です。The ongoing conversion from capital expenditures to operating expenses associated with usage is a difficult accounting exercise. この困難が、従来の IT 会計モデルと中央 IT 会計モデルを作成する主な理由です。This difficulty is a major reason for the creation of the traditional IT accounting model and the central IT accounting model. 配賦モデルを効率的に提供する場合、クラウド コスト会計の運営費モデルはほぼ必須になります。The operating expenses model of cloud cost accounting is almost required if you want to efficiently deliver a chargeback model.

しかし、その影響を考慮せずにこのモデルを実装するべきではありません。But you shouldn't implement this model without considering the implications. 配賦モデルに固有のいくつかの結果を次に示します。Here are a few consequences that are unique to a chargeback model:

  • 配賦は、IT 全体の予算が大幅に削減される結果となります。Chargeback results in a massive reduction of the overall IT budget. 非効率的である、または運用保守において広範で複雑な技術スキルを必要とする IT 組織の場合、このモデルではこれらの費用が不健全な方法で露呈することになります。For IT organizations that are inefficient or require extensive complex technical skills in operations or maintenance, this model can expose those expenses in an unhealthy way.
  • 統制の損失は、一般的な結果です。Loss of control is a common consequence. 非常に政治的な環境では、配賦によって統制が失われ、スタッフが事業に再配置される可能性があります。In highly political environments, chargeback can result in loss of control and staff being reallocated to the business. これにより高い非効率性が生じ、IT が一貫して SLA またはプロジェクト要件を満たす能力が減少します。This could create significant inefficiencies and reduce IT's ability to consistently meet SLAs or project requirements.
  • 共有サービスの計上の困難さも、もう 1 つの一般的な結果です。Difficulty accounting for shared services is another common consequence. 組織が買収によって成長し、その結果として技術的な負債を抱えている場合、すべてのシステムを効果的に連携させ続けるために維持しなければならない共有サービスの割合が高い可能性があります。If the organization has grown through acquisition and is carrying technical debt as a result, it's likely that a high percentage of shared services must be maintained to keep all systems working together effectively.

クラウド変革には、これらと、配賦モデルに関連付けられているその他の結果に対するソリューションが含まれています。Cloud transformations include solutions to these and other consequences associated with a chargeback model. ただし、これらのソリューションにはそれぞれ、実装と運営にかかるコストが含まれています。But each of those solutions includes implementation and operating expenses. CIO と CFO は、配賦モデルを検討する前に、その長所と短所について慎重に比較する必要があります。The CIO and CFO should carefully weigh the pros and cons of a chargeback model before considering one.

ショーバックまたは認識バックShowback or awareness-back

大企業の場合、ショーバックまたは認識バック モデルは、コスト センターからバリュー センターへの移行のより安全な最初の手順です。For larger enterprises, a showback or awareness-back model is a safer first step in the transition from cost center to value center. このモデルは、財務会計に影響しません。This model doesn't affect financial accounting. 実際、各組織の損益は変わりません。In fact, the P&Ls of each organization don't change. 最も大きく変わるのは、考え方と認識です。The biggest shift is in mindset and awareness. ショーバックまたは認識バック モデルでは、IT は一元化および統合された購買力をビジネスのエージェントとして管理します。In a showback or awareness-back model, IT manages the centralized, consolidated buying power as an agent for the business. 事業へ戻すレポートでは、IT はすべての直接費を関連する事業単位に帰属させます。これにより、IT が直接消費するものと判断される予算が削減されます。In reports back to the business, IT attributes any direct costs to the relevant business unit, which reduces the perceived budget directly consumed by IT. IT は関連する事業単位のニーズに基づいて予算を計画するため、純粋な IT の取り組みに関連するコストを IT はより正確に計上することができます。IT also plans budgets based on the needs of the associated business units, which allows IT to more accurately account for costs associated to purely IT initiatives.

このモデルは、真の配賦モデルと IT 会計の従来モデルの間のバランスを提供します。This model provides a balance between a true chargeback model and more traditional models of IT accounting.

クラウド会計モデルの影響Impact of cloud accounting models

会計モデルの選択は、システムの設計に不可欠です。The choice of accounting models is crucial in system design. 会計モデルの選択は、サブスクリプション戦略、命名規則、タグ付け規則、ポリシーとブループリント設計に影響を与えることがあります。The choice of accounting model can affect subscription strategies, naming standards, tagging standards, and policy and blueprint designs.

企業と提携してクラウド会計モデルとグローバル市場に関する決定を行った後は、最初のクラウド導入プロジェクトを選択するために十分な情報が得られています。After you've worked with the business to make decisions about a cloud accounting model and global markets, you have enough information to choose your first cloud adoption project.