Azure SDK を使用して Cloud Services (延長サポート) をデプロイする

この記事では、複数のロール (Web ロールおよび worker ロール) を備え、かつ、リモート デスクトップ拡張機能を追加した Cloud Services (延長サポート) インスタンスを、Azure SDK を使ってデプロイする方法を説明します。 Cloud Services (延長サポート) は、Azure Resource Manager に基づく Azure Cloud Services のデプロイ モデルです。

始める前に

クラウド サービス (延長サポート) のデプロイの前提条件を確認し、関連するリソースを作成します。

Cloud Services (延長サポート) をデプロイする

  1. Azure Compute SDK NuGet パッケージをインストールし、標準の認証メカニズムを使用してクライアントを初期化します。

        public class CustomLoginCredentials : ServiceClientCredentials
        {
            private string AuthenticationToken { get; set; }
            public override void InitializeServiceClient<T>(ServiceClient<T> client)
            {
                var authenticationContext = new AuthenticationContext("https://login.windows.net/{tenantID}");
                var credential = new ClientCredential(clientId: "{clientID}", clientSecret: "{clientSecret}");
                var result = authenticationContext.AcquireTokenAsync(resource: "https://management.core.windows.net/", clientCredential: credential);
                if (result == null) throw new InvalidOperationException("Failed to obtain the JWT token");
                AuthenticationToken = result.Result.AccessToken;
            }
            public override async Task ProcessHttpRequestAsync(HttpRequestMessage request, CancellationToken cancellationToken)
            {
                if (request == null) throw new ArgumentNullException("request");
                if (AuthenticationToken == null) throw new InvalidOperationException("Token Provider Cannot Be Null");
                request.Headers.Authorization = new AuthenticationHeaderValue("Bearer", AuthenticationToken);
                request.Headers.Accept.Add(new MediaTypeWithQualityHeaderValue("application/json"));
                //request.Version = new Version(apiVersion);
                await base.ProcessHttpRequestAsync(request, cancellationToken);
            }
        }
    
        var creds = new CustomLoginCredentials();
        m_subId = Environment.GetEnvironmentVariable("AZURE_SUBSCRIPTION_ID");
        ResourceManagementClient m_ResourcesClient = new ResourceManagementClient(creds);
        NetworkManagementClient m_NrpClient = new NetworkManagementClient(creds);
        ComputeManagementClient m_CrpClient = new ComputeManagementClient(creds);
        StorageManagementClient m_SrpClient = new StorageManagementClient(creds);
        m_ResourcesClient.SubscriptionId = m_subId;
        m_NrpClient.SubscriptionId = m_subId;
        m_CrpClient.SubscriptionId = m_subId;
        m_SrpClient.SubscriptionId = m_subId;
    
  2. Azure Resource Manager NuGet パッケージをインストールして、新しいリソース グループを作成します。

    var resourceGroups = m_ResourcesClient.ResourceGroups;
    var m_location = “East US”;
    var resourceGroupName = "ContosoRG";//provide existing resource group name, if created already
    var resourceGroup = new ResourceGroup(m_location); 
    resourceGroup = await resourceGroups.CreateOrUpdateAsync(resourceGroupName, resourceGroup);
    
  3. サービス パッケージ (.cspkg) ファイルとサービス構成 (.cscfg) ファイルを格納するストレージ アカウントとコンテナーを作成します。 Azure Storage NuGet パッケージをインストールします。 既存のストレージ アカウントを使用する場合、この手順は省略可能です。 ストレージ アカウントには、一意の名前を使用します。

    string storageAccountName = “ContosoSAS”
    var stoInput = new StorageAccountCreateParameters
       {
            Location = m_location,
            Kind = Microsoft.Azure.Management.Storage.Models.Kind.StorageV2,
            Sku = new Microsoft.Azure.Management.Storage.Models.Sku(SkuName.StandardRAGRS),
        };
            StorageAccount storageAccountOutput = m_SrpClient.StorageAccounts.Create(rgName,
            storageAccountName, stoInput);
            bool created = false;
            while (!created)
               {
                    Thread.Sleep(600);
                    var stos = m_SrpClient.StorageAccounts.ListByResourceGroup(rgName);
                    created =
                    stos.Any(
                        t =>
                        StringComparer.OrdinalIgnoreCase.Equals(t.Name, storageAccountName));
                }
    
    StorageAccount storageAccountOutput = m_SrpClient.StorageAccounts.GetProperties(rgName, storageAccountName);.
    var accountKeyResult = m_SrpClient.StorageAccounts.ListKeysWithHttpMessagesAsync(rgName, storageAccountName).Result;
    CloudStorageAccount storageAccount = new CloudStorageAccount(new StorageCredentials(storageAccountName, accountKeyResult.Body.Keys.FirstOrDefault(). Value), useHttps: true);
    
    var blobClient = storageAccount.CreateCloudBlobClient();
    CloudBlobContainer container = blobClient.GetContainerReference("sascontainer");
    container.CreateIfNotExistsAsync().Wait();
    sharedAccessBlobPolicy sasConstraints = new SharedAccessBlobPolicy();
    sasConstraints.SharedAccessStartTime = DateTime.UtcNow.AddDays(-1);
    sasConstraints.SharedAccessExpiryTime = DateTime.UtcNow.AddDays(2);
    sasConstraints.Permissions = SharedAccessBlobPermissions.Read | SharedAccessBlobPermissions.Write;
    
  4. サービス パッケージ (.cspkg) ファイルをストレージ アカウントにアップロードします。 パッケージの URL は、どのストレージ アカウントの Shared Access Signature (SAS) URI にもすることができます。

    CloudBlockBlob cspkgblockBlob = container.GetBlockBlobReference(“ContosoApp.cspkg”);
    cspkgblockBlob.UploadFromFileAsync(“./ContosoApp/ContosoApp.cspkg”). Wait();
    
    //Generate the shared access signature on the blob, setting the constraints directly on the signature.
    string cspkgsasContainerToken = cspkgblockBlob.GetSharedAccessSignature(sasConstraints);
    
    //Return the URI string for the container, including the SAS token.
    string cspkgSASUrl = cspkgblockBlob.Uri + cspkgsasContainerToken;
    
  5. サービス構成 (.cscfg) ファイルをストレージ アカウントにアップロードします。 サービス構成は、文字列 XML または URL 形式のいずれかとして指定します。

    CloudBlockBlob cscfgblockBlob = container.GetBlockBlobReference(“ContosoApp.cscfg”);
    cscfgblockBlob.UploadFromFileAsync(“./ContosoApp/ContosoApp.cscfg”). Wait();
    
    //Generate the shared access signature on the blob, setting the constraints directly on the signature.
    string sasCscfgContainerToken = cscfgblockBlob.GetSharedAccessSignature(sasConstraints);
    
    //Return the URI string for the container, including the SAS token.
    string cscfgSASUrl = cscfgblockBlob.Uri + sasCscfgContainerToken;
    
  6. 仮想ネットワークとサブネットを作成します。 Azure Network NuGet パッケージをインストールします。 既存のネットワークとサブネットを使用する場合、この手順は省略可能です。

    VirtualNetwork vnet = new VirtualNetwork(name: vnetName) 
       { 
            AddressSpace = new AddressSpace 
               { 
                    AddressPrefixes = new List<string> { "10.0.0.0/16" } 
               }, 
                    Subnets = new List<Subnet> 
                    { 
                        new Subnet(name: subnetName) 
                        { 
                            AddressPrefix = "10.0.0.0/24" 
                        } 
                    }, 
                    Location = m_location 
               }; 
    m_NrpClient.VirtualNetworks.CreateOrUpdate(resourceGroupName, “ContosoVNet”, vnet);
    
  7. パブリック IP アドレスを作成し、そのパブリック IP アドレスの DNS ラベル プロパティを設定します。 Cloud Services (延長サポート) では、Basic SKU のパブリック IP アドレスのみをサポートしています。 Standard SKU のパブリック IP は、Cloud Services では機能しません。 静的 IP を使用する場合は、サービス構成 (.cscfg) ファイルで予約済み IP として参照する必要があります

    PublicIPAddress publicIPAddressParams = new PublicIPAddress(name: “ContosIp”) 
       { 
            Location = m_location, 
            PublicIPAllocationMethod = IPAllocationMethod.Dynamic, 
            DnsSettings = new PublicIPAddressDnsSettings() 
               { 
                    DomainNameLabel = “contosoappdns” 
               } 
       }; 
    PublicIPAddress publicIpAddress = m_NrpClient.PublicIPAddresses.CreateOrUpdate(resourceGroupName, publicIPAddressName, publicIPAddressParams);
    
  8. ネットワーク プロファイル オブジェクトを作成し、ロード バランサーのフロントエンドにパブリック IP アドレスを関連付けます。 Azure プラットフォームにより、クラウド サービス リソースと同じサブスクリプションに "クラシック" SKU ロード バランサー リソースが自動的に作成されます。 ロード バランサー リソースは、ARM の読み取り専用リソースです。 リソースに対する更新は、クラウド サービス デプロイ ファイル (.cscfg および .csdef) を介してのみサポートされます

    LoadBalancerFrontendIPConfiguration feipConfiguration = new LoadBalancerFrontendIPConfiguration() 
        { 
            Name = “ContosoFe”, 
            Properties = new LoadBalancerFrontendIPConfigurationProperties() 
                { 
                PublicIPAddress = new CM.SubResource() 
                    { 
                        Id = $"/subscriptions/{m_subId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Network/publicIPAddresses/{publicIPAddressName}", 
                    } 
                } 
        }; 
    
    CloudServiceNetworkProfile cloudServiceNetworkProfile = new CloudServiceNetworkProfile() 
        { 
            LoadBalancerConfigurations = new List<LoadBalancerConfiguration>() 
                { 
                    new LoadBalancerConfiguration() 
                       { 
                        Name  = 'ContosoLB', 
                        Properties = new LoadBalancerConfigurationProperties() 
                            { 
                            FrontendIPConfigurations = new List<LoadBalancerFrontendIPConfiguration>() 
                                { 
                                feipConfig 
                                } 
                            } 
                        } 
                } 
        }; 
    
    
  9. Key Vault を作成します。 このキー コンテナーは、Cloud Services (延長サポート) の各種ロールに関連付けられている証明書を格納するために使用します。 このキー コンテナーは、一意の名前を使用したうえで、Cloud Services (延長サポート) インスタンスと同じリージョンおよびサブスクリプションに配置する必要があります。 詳細については、「Azure Cloud Services (延長サポート) で証明書を使用する」を参照してください。

    New-AzKeyVault -Name "ContosKeyVault” -ResourceGroupName “ContosoOrg” -Location “East US”
    
  10. キー コンテナーのアクセス ポリシーを更新し、自分のユーザー アカウントに証明書のアクセス許可を付与します。

    Set-AzKeyVaultAccessPolicy -VaultName 'ContosKeyVault' -ResourceGroupName 'ContosoOrg'      -UserPrincipalName 'user@domain.com' -PermissionsToCertificates create,get,list,delete
    

    または、(Get-AzADUser を実行して取得できる) オブジェクト ID を介してアクセス ポリシーを設定します。

    Set-AzKeyVaultAccessPolicy -VaultName 'ContosKeyVault' -ResourceGroupName 'ContosOrg' -     ObjectId 'xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx' -PermissionsToCertificates          create,get,list,delete
    
  11. この例では、自己署名証明書をキー コンテナーに追加します。 Cloud Services (延長サポート) のロールにデプロイするためには、証明書の拇印をサービス構成 (.cscfg) ファイルに追加する必要があります。

    $Policy = New-AzKeyVaultCertificatePolicy -SecretContentType "application/x-pkcs12" -       SubjectName "CN=contoso.com" -IssuerName "Self" -ValidityInMonths 6 -ReuseKeyOnRenewal 
    Add-AzKeyVaultCertificate -VaultName "ContosKeyVault" -Name "ContosCert" -      CertificatePolicy $Policy
    
  12. OS プロファイル オブジェクトを作成します。 OS プロファイルでは、Cloud Services (延長サポート) ロールに関連付けられている証明書を指定します。 ここでは、これは前の手順で作成したものと同じ証明書です。

    CloudServiceOsProfile cloudServiceOsProfile = 
        new CloudServiceOsProfile 
           { 
                Secrets = new List<CloudServiceVaultSecretGroup> 
                   { 
                        New CloudServiceVaultSecretGroup { 
                        SourceVault = <sourceVault>, 
                        VaultCertificates = <vaultCertificates> 
                        } 
                   } 
           };
    
  13. ロール プロファイル オブジェクトを作成します。 ロール プロファイルは、名前、容量、階層など、SKU のロール固有のプロパティを定義するものです。

    この例では、ContosoFrontend と ContosoBackend という 2 つのロールを定義します。 ロール プロファイルの情報は、サービス構成 (.cscfg) ファイルとサービス定義 (.csdef) ファイルの中で定義されているロール構成と一致している必要があります。

    CloudServiceRoleProfile cloudServiceRoleProfile = new CloudServiceRoleProfile()
       {
            Roles = new List<CloudServiceRoleProfileProperties>();
    
                // foreach role in cloudService
                roles.Add(new CloudServiceRoleProfileProperties()
                    {
                        Name = 'ContosoFrontend',
                        Sku = new CloudServiceRoleSku
                        {
                            Name = 'Standard_D1_v2',
                            Capacity = 2,
                            Tier = 'Standard'
                        }
                    );
    
                roles.Add(new CloudServiceRoleProfileProperties()
                    {
                        Name = 'ContosoBackend',
                        Sku = new CloudServiceRoleSku
                        {
                            Name = 'Standard_D1_v2',
                            Capacity = 2,
                            Tier = 'Standard'
                        }
                    );
    
                    }
                    }
    
  14. (省略可能) Cloud Services (延長サポート) インスタンスに追加する拡張機能プロファイル オブジェクトを作成します。 この例では、RDP 拡張機能を追加します。

    string rdpExtensionPublicConfig = "<PublicConfig>" +
        "<UserName>adminRdpTest</UserName>" +
        "<Expiration>2021-10-27T23:59:59</Expiration>" +
        "</PublicConfig>";
        string rdpExtensionPrivateConfig = "<PrivateConfig>" +
        "<Password>VsmrdpTest!</Password>" +
        "</PrivateConfig>";
    
        Extension rdpExtension = new Extension
                {
                    Name = name,
                    Properties = new CloudServiceExtensionProperties
                    {
                        Publisher = "Microsoft.Windows.Azure.Extensions",
                        Type = "RDP",
                        TypeHandlerVersion = "1.2.1",,
                        AutoUpgradeMinorVersion = true,
                        Settings = rdpExtensionPublicConfig,
                        ProtectedSettings = rdpExtensionPrivateConfig,
                        RolesAppliedTo = [“*”],
                    }
                };
    
    CloudServiceExtensionProfile cloudServiceExtensionProfile = new CloudServiceExtensionProfile
        {
            Extensions = rdpExtension
        };
    
  15. Cloud Services (延長サポート) インスタンスのデプロイを作成します。

    CloudService cloudService = new CloudService
        {
            Properties = new CloudServiceProperties
                {
                    RoleProfile = cloudServiceRoleProfile
                    Configuration = < Add Cscfg xml content here>,
                    // ConfigurationUrl = <Add your configuration URL here>,
                    PackageUrl = <Add cspkg SAS url here>,
                    ExtensionProfile = cloudServiceExtensionProfile,
                    OsProfile= cloudServiceOsProfile,
                    NetworkProfile = cloudServiceNetworkProfile,
                    UpgradeMode = 'Auto'
                },
                    Location = m_location
                };
    
    CloudService createOrUpdateResponse = m_CrpClient.CloudServices.CreateOrUpdate(“ContosOrg”, “ContosoCS”, cloudService);
    

次のステップ