Azure Cloud Services (延長サポート) に関してよく寄せられる質問Frequently asked questions for Azure Cloud Services (extended support)

この記事では、Azure Cloud Services (延長サポート) に関してよく寄せられる質問について説明します。This article covers frequently asked questions related to Azure Cloud Services (extended support).

全般General

Cloud Services (クラシック) と Cloud Services (延長サポート) のリソース名は何ですか?What is the resource name for Cloud Services (classic) & Cloud Services (extended support)?

  • Cloud Services (クラシック): microsoft.classiccompute/domainnamesCloud Services (classic): microsoft.classiccompute/domainnames
  • Cloud Services (延長サポート): microsoft.compute/cloudservicesCloud Services (extended support): microsoft.compute/cloudservices

Cloud Services (延長サポート) をデプロイできる場所はどこですか?What locations are available to deploy Cloud Services (extended support)?

Cloud Services (延長サポート) は、すべてのパブリック クラウド リージョンで使用できます。Cloud Services (extended support) is available in all public cloud regions.

クォータはどのように変更しますか?How does my quota change?

お客様は、他の Azure Resource Manager 製品と同じプロセスを使用してクォータをリクエストする必要があります。Azure Resource Manager のクォータはリージョン別であり、リージョンごとに個別のクォータ リクエストが必要になります。Customers will need to request quota using the same processes as any other Azure Resource Manager product.Quota in Azure Resource Manager is regional and a separate quota request will be needed for each region.

運用およびステージング スロットが表示されなくなったのはなぜですか?Why don’t I see a production & staging slot anymore?

Cloud Services (延長サポート) では、2 つのスロット (運用とステージング) が含まれていたホステッド サービスの論理的な概念はサポートされません。Cloud Services (extended support) does not support the logical concept of a hosted service, which included two slots (Production & Staging). 各デプロイが、独立した Cloud Service (延長サポート) のデプロイです。Each deployment is an independent Cloud Service (extended support) deployment. Cloud Service の新しいリリースをテストしてステージングするには、Cloud Service (延長サポート) をデプロイし、別の Cloud Service (延長サポート) との間で VIP スワップ可能としてタグ付けします。To test and stage a new release of a cloud service, deploy a cloud service (extended support) and tag it as VIP swappable with another cloud service (extended support)

空の Cloud Service を作成できなくなったのはなぜですか?Why can’t I create an empty Cloud Service anymore?

ホステッド サービス名の概念が存在しなくなったため、空の Cloud Service (延長サポート) を作成することはできません。The concept of hosted service names does not exist anymore, you cannot create an empty Cloud Service (extended support).

Cloud Services (延長サポート) では、リソース正常性チェック (RHC) はサポートされていますか?Does Cloud Services (extended support) support Resource Health Check (RHC)?

いいえ。Cloud Services (延長サポート) では、リソース正常性チェック (RHC) はサポートされていません。No, Cloud Services (extended support) does not support Resource Health Check (RHC).

ロール インスタンスのメトリックはどのように変更されますか?How are role instance metrics changing?

ロール インスタンスのメトリックに変更はありません。There are no changes in the role instance metrics.

Web および worker ロールはどのように変更されますか?How are web & worker roles changing?

Web および worker ロールの設計、アーキテクチャ、コンポーネントに変更はありません。There are no changes to the design, architecture or components of web and worker roles.

ロール インスタンスはどのように変更されますか?How are role instances changing?

ロール インスタンスの設計、アーキテクチャ、コンポーネントに変更はありません。There are no changes to the design, architecture or components of the role instances.

ゲスト OS 更新プログラムはどのように変更されますか?How will guest os updates change?

ロールアウト方法に変更はありません。There are no changes to the rollout method. Cloud Services (クラシック) と Cloud Services (延長サポート) では、同じ更新プログラムが取得されます。Cloud Services (classic) and Cloud Services (extended support) will get the same updates.

Cloud Services (延長サポート) では、停止済み、割り当て済みと停止済み、割り当て解除済みの各状態はサポートされますか?Does Cloud Services (extended support) support stopped-allocated and stopped-deallocated states?

Cloud Services (延長サポート) のデプロイでは、停止済み、割り当て済み状態のみサポートされます。これは、Azure portal では "停止済み" と表示されます。Cloud Services (extended support) deployment only supports the Stopped- Allocated state which appears as "stopped" in the Azure portal. 停止済み、割り当て解除済み状態はサポートされていません。Stopped- Deallocated state is not supported.

Cloud Services (延長サポート) のデプロイでは、クラスター、可用性ゾーン、リージョン間のスケーリングはサポートされますか?Do Cloud Services (extended support) deployments support scaling across clusters, availability zones, and regions?

Cloud Services (延長サポート) のデプロイでは、複数のクラスター、可用性ゾーン、リージョン間のスケーリングはできません。Cloud Services (extended support) deployments cannot scale across multiple clusters, availability zones and regions.

Cloud Services (クラシック) と Cloud Services (延長サポート) の間に価格の違いはありますか?Are there any pricing differences between Cloud Services (classic) and Cloud Services (extended support)?

Cloud Services (延長サポート) では、Azure Key Vault と基本 (ARM) パブリック IP アドレスが使用されます。Cloud Services (extended support) uses Azure Key Vault and Basic (ARM) Public IP addresses. 証明書を必要とするお客様は、証明書の管理に Azure Key Vault を使用する必要があります (Azure Key Vault の価格の詳細をご確認ください)。 Cloud Services (延長サポート) の各パブリック IP アドレスは個別に課金されます (パブリック IP アドレスの価格の詳細をご確認ください)。 Customers requiring certificates need to use Azure Key Vault for certificate management (learn more about Azure Key Vault pricing.)  Each Public IP address for Cloud Services (extended support) is charged separately (learn more about Public IP Address pricing.)

リソースResources

Cloud Services (延長サポート) のデプロイにリンクされているリソースの中で、同じリソース グループに配置する必要があるのはどれですか?What resources linked to a Cloud Services (extended support) deployment need to live in the same resource group?

ロード バランサー、ネットワーク セキュリティ グループ、ルート テーブルは、同じリージョンおよびリソース グループに配置する必要があります。Load balancers, network security groups and route tables need to live in the same region and resource group.

Cloud Services (延長サポート) のデプロイにリンクされているリソースの中で、同じリージョンに配置する必要があるのはどれですか?What resources linked to a Cloud Services (extended support) deployment need to live in the same region?

Key Vault、仮想ネットワーク、パブリック IP アドレス、ネットワーク セキュリティ グループ、ルート テーブルは、同じリージョンに配置する必要があります。Key Vault, virtual network, public IP addresses, network security groups and route tables need to live in the same region.

Cloud Services (延長サポート) のデプロイにリンクされているリソースの中で、同じ仮想ネットワークに配置する必要があるのはどれですか?What resources linked to a Cloud Services (extended support) deployment need to live in the same virtual network?

パブリック IP アドレス、ロード バランサー、ネットワーク セキュリティ グループ、ルート テーブルは、同じ仮想ネットワークに配置する必要があります。Public IP addresses, load balancers, network security groups and route tables need to live in the same virtual network.

デプロイ ファイルDeployment files

テンプレートを使用してデプロイを実行または管理するには、どのようにすればよいですか?How can I use a template to deploy or manage my deployment?

REST、PowerShell、CLI を使用して、テンプレートとパラメーターのファイルをパラメーターとして渡すことができます。Template and parameter files can be passed as a parameter using REST, PowerShell and CLI. また、Azure portal を使用して、これらをアップロードすることもできます。They can also be uploaded using the Azure portal.

現在、4 つのファイル (テンプレート、パラメーター、csdef、cscfg) を管理する必要がありますか?Do I need to maintain four files now? (template, parameter, csdef, cscfg)

テンプレートとパラメーターのファイルは、デプロイの自動化にのみ使用されます。Template and parameter files are only used for deployment automation. Cloud Services (クラシック) と同様に、最初に依存リソースを手動で作成し、次に PowerShell、CLI コマンドを使用して、またはポータルで既存の csdef、cscfg を使用して、Cloud Services (延長サポート) のデプロイを作成できます。Like Cloud Services (classic), you can manually create dependent resources first and then a Cloud Services (extended support) deployment using PowerShell, CLI commands or through Portal with existing csdef, cscfg.

Cloud Services (延長サポート) では、アプリケーション コードはどのように変更されますか?How does my application code change on Cloud Services (extended support)

cspkg にパッケージされているアプリケーション コードに必要な変更はありません。There are no changes required for your application code packaged in cspkg. 既存のアプリケーションは、以前と同じように引き続き動作します。Your existing applications will continue to work as before.

移行Migration

Cloud Services (延長サポート) では、割り当ての失敗による障害は軽減されますか?Will Cloud Services (extended support) mitigate the failures due to allocation failures?

いいえ。Cloud Service (延長サポート) のデプロイは、Cloud Services (クラシック) と同様にクラスターに関連付けられています。No, Cloud Service (extended support) deployments are tied to a cluster like Cloud Services (classic). そのため、クラスターがいっぱいになった場合、割り当ての失敗は引き続き発生します。Therefore, allocation failures will continue to exist if the cluster is full.

いつ移行する必要がありますか?When do I need to migrate?

移行に必要な時間と複雑さの見積もりは、さまざまな不確定要素によって異なります。Estimating the time required and complexity migration depends on a range of variables. 移行の作業範囲、阻害要因、複雑さを理解するためには、計画を立てることが最も効果的な手順です。Planning is the most effective step to understand the scope of work, blockers and complexity of migration.

ネットワークNetworking

仮想ネットワークを使用せずにデプロイを作成できないのはなぜですか?Why can’t I create a deployment without virtual network?

仮想ネットワークは、Azure Resource Manager でのすべてのデプロイに必要なリソースです。Virtual networks are a required resource for any deployment on Azure Resource Manager. Cloud Services (延長サポート) のデプロイは、仮想ネットワーク内に配置する必要があります。Cloud Services (extended support) deployment must live inside a virtual network.

多くのネットワーク リソースが表示されるようになったのはなぜですか?Why am I now seeing so many networking resources?

Azure Resource Manager では、可視性と制御を向上させるために、お使いの Cloud Services (延長サポート) のデプロイのコンポーネントがリソースとして公開されます。In Azure Resource Manager, components of your Cloud Services (extended support) deployment are exposed as a resource for better visibility and improved control. 同じ種類のリソースが Cloud Services (クラシック) で使用されていましたが、非表示になっていました。The same type of resources were used in Cloud Services (classic) however they were just hidden. このようなリソースの 1 つの例として、パブリック ロード バランサーがあります。これは、現在、プラットフォームによって自動的に作成される明示的な "読み取り専用" リソースです。One example of such a resource is the Public Load Balancer, which is now an explicit 'read only' resource automatically created by the platform

Cloud Services (延長サポート) に対するサブネットにはどのような制限が適用されますか?What restrictions apply for a subnet with respective to Cloud Services (extended support)?

Cloud Services (延長サポート) のデプロイを含むサブネットは、Virtual Machines、Virtual Machine Scale Sets、Service Fabric など、他のコンピューティング製品のデプロイとは共有できません。A subnet containing Cloud Services (extended support) deployments cannot be shared with deployments from other compute products such as Virtual Machines, Virtual Machines Scale Sets, Service Fabric, etc.

Cloud Services (延長サポート) では、どのような IP 割り当て方法がサポートされていますか?What IP allocation methods are supported on Cloud services (extended support)?

Cloud Services (延長サポート) では、動的および静的 IP 割り当て方法がサポートされています。Cloud Services (extended support) supports dynamic & static IP allocation methods. 静的 IP アドレスは、cscfg ファイルで予約済み IP として参照されます。Static IP addresses are referenced as reserved IPs in the cscfg file.

IP アドレスに対して課金されるのはなぜですか?Why am I getting charged for IP addresses?

お客様は、ユーザーが仮想マシンに関連する IP アドレスについて課金されるのと同じように、Cloud Services (延長サポート) での IP アドレスの使用について課金されます。Customers are billed for IP Address use on Cloud Services (extended support) just as users are billed for IP addresses associated with virtual machines.

Cloud Services (延長サポート) で DNS 名を使用できますか?Can I use a DNS name with Cloud Services (extended support)?

はい。Yes. Cloud Services (延長サポート) に DNS 名を付けることもできます。Cloud Services (extended support) can also be given a DNS name. Azure Resource Manager では、DNS ラベルは、Cloud Service に割り当てられるパブリック IP アドレスのオプション プロパティです。With Azure Resource Manager, the DNS label is an optional property of the public IP address that is assigned to the Cloud Service. Azure Resource Manager ベースのデプロイの DNS 名の形式は、<userlabel>.<region>.cloudapp.azure.com です。The format of the DNS name for Azure Resource Manager based deployments is <userlabel>.<region>.cloudapp.azure.com

証明書と Key VaultCertificates & Key Vault

Cloud Services (延長サポート) で証明書を管理する必要があるのはなぜですか?Why do I need to manage my certificates on Cloud Services (extended support)?

Cloud Services (延長サポート) では、カスタマー マネージド Key Vault 内に証明書が格納される他のコンピューティング オファリングと同じプロセスが採用されています。Cloud Services (extended support) has adopted the same process as other compute offerings where certificates reside within customer managed Key Vaults. これにより、お客様はシークレットと証明書を完全に制御できます。This enables customers to have complete control over their secrets & certificates.

すべてのリージョンのすべてのデプロイに対して 1 つの Key Vault を使用できますか?Can I use one Key Vault for all my deployments in all regions?

いいえ。No. Key Vault はリージョン別のリソースであるため、お客様は、リージョンごとに 1 つの Key Vault を使用する必要があります。Key Vault is a regional resource and customers need one Key Vault in each region. ただし、1 つの Key Vault を、特定のリージョン内のすべてのデプロイに使用することは可能です。However, one Key Vault can be used for all deployments within a given region.

次のステップNext steps

Cloud Services (延長サポート) の使用を開始するには、PowerShell を使用した Cloud Service (延長サポート) のデプロイに関する記事を参照してください。To start using Cloud Services (extended support), see Deploy a Cloud Service (extended support) using PowerShell