クラウド サービスを作成してデプロイする方法How to create and deploy a cloud service

Azure portal には、クラウド サービスを作成してデプロイする方法が 2 つ用意されています。"簡易作成" と "カスタム作成" です。The Azure portal provides two ways for you to create and deploy a cloud service: Quick Create and Custom Create.

このトピックでは、簡易作成の方法を使って新しいクラウド サービスを作成し、その後、 [アップロード] を使用して Azure にクラウド サービス パッケージをアップロードしてデプロイする方法について説明します。This article explains how to use the Quick Create method to create a new cloud service and then use Upload to upload and deploy a cloud service package in Azure. この方法を使うと、Azure ポータルに、必要な事項をすべて完了するのに便利なリンクが操作の進行につれて表示されます。When you use this method, the Azure portal makes available convenient links for completing all requirements as you go. クラウド サービスの作成時にデプロイする準備が整っている場合は、[カスタム作成] を使用して作成とデプロイを同時に実行できます。If you're ready to deploy your cloud service when you create it, you can do both at the same time using Custom Create.

注意

Azure DevOps からクラウド サービスを発行する予定の場合は、[簡易作成] を使用した後、[Azure クイック スタート] またはダッシュボードから Azure DevOps 発行を設定する必要があります。If you plan to publish your cloud service from Azure DevOps, use Quick Create, and then set up Azure DevOps publishing from the Azure Quickstart or the dashboard. 詳細については、Azure DevOps を使用した Azure への継続的デリバリーに関するページを参照するか、 [クイック スタート] ページのヘルプを参照してください。For more information, see Continuous Delivery to Azure by Using Azure DevOps, or see help for the Quick Start page.

概念Concepts

Azure のクラウド サービスとしてアプリケーションをデプロイするには、3 つのコンポーネントが必要です。Three components are required to deploy an application as a cloud service in Azure:

  • サービス定義Service Definition
    クラウド サービス定義ファイル (.csdef) では、ロールの数などのサービス モデルを定義します。The cloud service definition file (.csdef) defines the service model, including the number of roles.
  • サービス構成Service Configuration
    クラウド サービス構成ファイル (.cscfg) では、ロール インスタンスの数など、クラウド サービスと個々のロールの構成設定を指定します。The cloud service configuration file (.cscfg) provides configuration settings for the cloud service and individual roles, including the number of role instances.
  • サービス パッケージService Package
    サービス パッケージ (.cspkg) には、アプリケーション コード、構成、サービス定義ファイルが含まれます。The service package (.cspkg) contains the application code and configurations and the service definition file.

ここでは、これらのコンポーネントとパッケージを作成する方法の詳細について説明します。You can learn more about these and how to create a package here.

アプリケーションの準備Prepare your app

クラウド サービスを展開する前に、アプリケーション コードとクラウド サービス構成ファイル (.cscfg) からクラウド サービス パッケージ (.cspkg) を作成する必要があります。Before you can deploy a cloud service, you must create the cloud service package (.cspkg) from your application code and a cloud service configuration file (.cscfg). Azure SDK には、こういった必須のデプロイ ファイルを準備するためのツールが用意されています。The Azure SDK provides tools for preparing these required deployment files. SDK は、 Azure のダウンロード ページからアプリケーション コードの開発に使用する言語でインストールできます。You can install the SDK from the Azure Downloads page, in the language in which you prefer to develop your application code.

サービス パッケージをエクスポートする前に、以下の 3 つのクラウド サービス機能について特別な構成が必要です。Three cloud service features require special configurations before you export a service package:

  • 前に Secure Sockets Layer (SSL) と呼ばれていたトランスポート層セキュリティ (TLS) をデータ暗号化のために使用するクラウド サービスをデプロイする場合は、アプリケーションを TLS 用に構成 します。If you want to deploy a cloud service that uses Transport Layer Security (TLS), previously known as Secure Sockets Layer (SSL), for data encryption, configure your application for TLS.
  • ロール インスタンスに対するリモート デスクトップ接続を構成する場合は、リモート デスクトップ用に ロールを構成 します。If you want to configure Remote Desktop connections to role instances, configure the roles for Remote Desktop.
  • クラウド サービスの詳細監視を構成する場合は、クラウド サービスの Azure Diagnostics を有効にします。If you want to configure verbose monitoring for your cloud service, enable Azure Diagnostics for the cloud service. 最小監視 (既定の監視レベル) では、ロール インスタンス (仮想マシン) のホスト オペレーティング システムから収集したパフォーマンス カウンターが使用されます。Minimal monitoring (the default monitoring level) uses performance counters gathered from the host operating systems for role instances (virtual machines). 詳細監視 は、アプリケーション処理時に発生する問題を詳しく分析できるように、ロール インスタンス内のパフォーマンス データに基づいて追加のメトリックを収集します。Verbose monitoring gathers additional metrics based on performance data within the role instances to enable closer analysis of issues that occur during application processing. Azure Diagnostics を有効にする方法については、 Enabling Diagnostics in Azure (Azure における診断の有効化)を参照してください。To find out how to enable Azure Diagnostics, see Enabling diagnostics in Azure.

Web ロールまたは worker ロールのデプロイを伴うクラウド サービスを作成するには、 サービス パッケージを作成する必要があります。To create a cloud service with deployments of web roles or worker roles, you must create the service package.

開始する前にBefore you begin

  • Azure SDK をまだインストールしていない場合は、 [Azure SDK のインストール] をクリックして Azure のダウンロード ページを開き、アプリケーション コードの開発に使用する言語用の SDK をダウンロードします。If you haven't installed the Azure SDK, click Install Azure SDK to open the Azure Downloads page, and then download the SDK for the language in which you prefer to develop your code. (これは後でも実行する機会があります)。(You'll have an opportunity to do this later.)
  • 証明書を必要とするロール インスタンスがある場合は、証明書を作成します。If any role instances require a certificate, create the certificates. クラウド サービスには、秘密キーのある .pfx ファイルが必要です。Cloud services require a .pfx file with a private key. 証明書は、クラウド サービスを作成してデプロイするときに、Azure にアップロードできます。You can upload the certificates to Azure as you create and deploy the cloud service.

Create and deployCreate and deploy

  1. Azure Portal にログインします。Log in to the Azure portal.

  2. [Create a resource > Compute] (リソースの作成 > 計算) をクリックし、下へスクロールして [クラウド サービス] をクリックします。Click Create a resource > Compute, and then scroll down to and click Cloud Service.

    クラウド サービスの発行

  3. 新しい [クラウド サービス] ウィンドウで、 [DNS 名] の値を入力します。In the new Cloud Service pane, enter a value for the DNS name.

  4. 新しい リソース グループ を作成するか、または既存のリソース グループを選択します。Create a new Resource Group or select an existing one.

  5. [場所] を選択します。Select a Location.

  6. [パッケージ] をクリックします。Click Package. これにより、 [パッケージのアップロード] ウィンドウが開きます。This opens the Upload a package pane. 必須フィールドに必要事項を入力します。Fill in the required fields. いずれかのロールに単一インスタンスが含まれている場合は、 [1 つ以上のロールに単一のインスタンスが含まれている場合でもデプロイします] チェック ボックスがオンになっていることを確認してください。If any of your roles contain a single instance, ensure Deploy even if one or more roles contain a single instance is selected.

  7. [デプロイの開始] がオンになっていることを確認します。Make sure that Start deployment is selected.

  8. [OK] をクリックして、 [パッケージのアップロード] ウィンドウを閉じます。Click OK which will close the Upload a package pane.

  9. 追加する証明書がない場合は、 [作成] をクリックします。If you do not have any certificates to add, click Create.

    クラウド サービスの発行

証明書のアップロードUpload a certificate

デプロイメント パッケージが 証明書を使用するように構成されている場合は、ここで証明書をアップロードできます。If your deployment package was configured to use certificates, you can upload the certificate now.

  1. [証明書] を選択し、 [証明書の追加] ウィンドウで TLS/SSL 証明書 .pfx ファイルを選択して、証明書の [パスワード] を指定します。Select Certificates, and on the Add certificates pane, select the TLS/SSL certificate .pfx file, and then provide the Password for the certificate,

  2. [証明書のアタッチ] をクリックし、 [証明書の追加] ウィンドウで [OK] をクリックします。Click Attach certificate, and then click OK on the Add certificates pane.

  3. [クラウド サービス] ウィンドウで [作成] をクリックします。Click Create on the Cloud Service pane. デプロイの状態が [準備完了] になったら、次の手順に進むことができます。When the deployment has reached the Ready status, you can proceed to the next steps.

    クラウド サービスの発行

デプロイが正常に完了したことを確認するVerify your deployment completed successfully

  1. クラウド サービス インスタンスをクリックします。Click the cloud service instance.

    サービスのステータスが、 実行中になっていることを確認します。The status should show that the service is Running.

  2. [要点][サイトの URL] をクリックして、Web ブラウザーでクラウド サービスを開きます。Under Essentials, click the Site URL to open your cloud service in a web browser.

    CloudServices_QuickGlance

次のステップNext steps