Azure Cloud Shell の制限Limitations of Azure Cloud Shell

Azure Cloud Shell には、次の既知の制限があります。Azure Cloud Shell has the following known limitations:

一般的な制限事項General limitations

システム状態と永続化System state and persistence

Cloud Shell セッションを提供するマシンは一時的であり、セッションが 20 分間非アクティブの状態になると、リサイクルされます。The machine that provides your Cloud Shell session is temporary, and it is recycled after your session is inactive for 20 minutes. Cloud Shell では、Azure ファイル共有がマウントされている必要があります。Cloud Shell requires an Azure file share to be mounted. そのため、Cloud Shell にアクセスするには、ご利用のサブスクリプションでストレージ リソースをセットアップできることが必要です。As a result, your subscription must be able to set up storage resources to access Cloud Shell. その他の考慮事項:Other considerations include:

  • マウントされたストレージでは、$Home ディレクトリ内の変更のみが永続化されます。With mounted storage, only modifications within the $Home directory are persisted.
  • Azure ファイル共有は、割り当て済みリージョン内からのみマウントできます。Azure file shares can be mounted only from within your assigned region.
    • Bash では、env を実行して、ACC_LOCATION として設定されたリージョンを検索します。In Bash, run env to find your region set as ACC_LOCATION.

ブラウザーのサポートBrowser support

Cloud Shell では、Microsoft Edge、Microsoft Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox、および Apple Safari の最新バージョンがサポートされます。Cloud Shell supports the latest versions of Microsoft Edge, Microsoft Internet Explorer, Google Chrome, Mozilla Firefox, and Apple Safari. プライベート モードの Safari はサポートされません。Safari in private mode is not supported.

コピーと貼り付けCopy and paste

  • Windows: コピーの場合は Ctrl-c がサポートされますが、貼り付けには Shift-insert を使用します。Windows: Ctrl-c to copy is supported but use Shift-insert to paste.
    • Firefox や IE ではクリップボードのアクセス許可が正しくサポートされない場合があります。FireFox/IE may not support clipboard permissions properly.
  • Mac OS: コピーの場合は Cmd-c、貼り付けの場合は Cmd-v を使用します。Mac OS: Cmd-c to copy and Cmd-v to paste.

特定のユーザーがアクティブにできるシェルは 1 つだけであるFor a given user, only one shell can be active

ユーザーは、一度に 1 種類のシェル (Bash または PowerShell) だけを起動できます。Users can only launch one type of shell at a time, either Bash or PowerShell. ただし、Bash または PowerShell の複数のインスタンスを同時に実行できます。However, you may have multiple instances of Bash or PowerShell running at one time. メニューを使用して Bash と PowerShell の間でスワップを行うと、Cloud Shell が再起動し、既存セッションが終了します。Swapping between Bash or PowerShell by using the menu causes Cloud Shell to restart, which terminates existing sessions. 別の方法として、PowerShell で bash と入力して Bash を実行でき、PowerShell で pwsh と入力して Bash を実行できます。Alternatively, you can run bash inside PowerShell by typing bash, and you can run PowerShell inside bash by typing pwsh.

Usage limits (使用状況の制限)Usage limits

Cloud Shell は対話型のユース ケースを想定しています。Cloud Shell is intended for interactive use cases. そのため、実行時間の長い非対話型セッションは、警告なしで終了します。As a result, any long-running non-interactive sessions are ended without warning.

Bash の制限事項Bash limitations

ユーザーのアクセス許可User permissions

権限は、sudo アクセスのない、通常のユーザーとして設定されます。Permissions are set as regular users without sudo access. $Home ディレクトリ外のインストールはすべて失われます。Any installation outside your $Home directory is not persisted.

.bashrc または $PROFILE の編集Editing .bashrc or $PROFILE

.bashrc または PowerShell の $PROFILE ファイルを編集すると、Cloud Shell で予期しないエラーが発生する可能性があるため、編集には注意が必要です。Take caution when editing .bashrc or PowerShell's $PROFILE file, doing so can cause unexpected errors in Cloud Shell.

PowerShell の制限事項PowerShell limitations

AzureAD モジュールの名前AzureAD module name

AzureAD モジュールの名前は現在 AzureAD.Standard.Preview であり、このモジュールは同じ機能を提供します。The AzureAD module name is currently AzureAD.Standard.Preview, the module provides the same functionality.

SqlServer モジュールの機能SqlServer module functionality

Cloud Shell に含まれている SqlServer モジュールには、PowerShell Core に対するプレリリース サポートしかありません。The SqlServer module included in Cloud Shell has only prerelease support for PowerShell Core. 特に、Invoke-SqlCmd はまだ使用できません。In particular, Invoke-SqlCmd is not available yet.

Azure ドライブから作成された場合の既定のファイルの場所Default file location when created from Azure drive:

ユーザーは、PowerShell コマンドレットを使用して Azure: ドライブにファイルを作成することができません。Using PowerShell cmdlets, users can not create files under the Azure: drive. ユーザーが vim や nano などの他のツールを使用して新しいファイルを作成すると、これらのファイルは、既定では $HOME に保存されます。When users create new files using other tools, such as vim or nano, the files are saved to the $HOME by default.

GUI アプリケーションがサポートされていないGUI applications are not supported

ユーザーが Windows ダイアログ ボックスを作成するコマンドを実行すると、Unable to load DLL 'IEFRAME.dll': The specified module could not be found. (Exception from HRESULT: 0x8007007E) のようなエラー メッセージが表示されます。If the user runs a command that would create a Windows dialog box, one sees an error message such as: Unable to load DLL 'IEFRAME.dll': The specified module could not be found. (Exception from HRESULT: 0x8007007E).

進行状況バーを表示した後に大きなギャップができるLarge Gap after displaying progress bar

ユーザーが進行状況バーを表示するアクション (Azure: ドライブ内にある状態でのタブ補完など) を実行した場合は、カーソルが正しく設定されていないために、前に進行状況バーがあった場所にギャップが現れることがあります。If the user performs an action that displays a progress bar, such a tab completing while in the Azure: drive, then it is possible that the cursor is not set properly and a gap appears where the progress bar was previously.

次の手順Next steps

Cloud Shell のトラブルシューティングTroubleshooting Cloud Shell
Bash のクイックスタートQuickstart for Bash
PowerShell のクイックスタートQuickstart for PowerShell