Azure CSP の請求の概要Azure CSP billing overview

このガイドでは、請求サイクル、価格、使用量など、Azure Cloud Solution Provider (Azure CSP) プログラムで請求がどのように行われるかを説明します。This guide covers the basics of how billing works in the Azure Cloud Solution Provider (Azure CSP) program, including the billing cycle, pricing, and usage.

重要

この記事は、Azure CSP 直接パートナーの請求モデルが対象です。This article covers the billing model for Azure CSP direct partners. Azure CSP 間接リセラーの場合は、担当の Azure CSP 間接プロバイダーに詳細を問い合わせてください。If you are an Azure CSP indirect reseller, ask your Azure CSP indirect provider for details.

請求サイクルBilling cycle

Azure CSP プログラムに登録するときに、請求サイクルの最初の日 (通常、パートナーは月の最初の日を選びます) を選びます。When you enroll in the Azure CSP program, you select the first day of the billing cycle (usually partners select the first day of the month). この選択により、毎月の請求サイクルが決まります。This choice determines your monthly billing cycle.

パートナー センターの請求書のスクリーンショット

一般的な請求ルール:General billing rules:

  • 請求書が作成されてから 60 日以内に Microsoft にお支払いください。Pay to Microsoft within 60 days after the invoice is generated.
  • 請求書は、最後の請求サイクルにおけるすべての顧客の合計消費量に基づいています。The invoice is based on the total consumption of all your customers during the last billing cycle.
  • Microsoft は、パートナー自身の請求書の処理方法に関してはいかなる要件や条件を設けていません。Microsoft doesn't have any requirements or conditions about how you handle your own invoicing. パートナーの顧客に対するルールはパートナーが定義します。You define the rules for your customers.
  • 特定の顧客の Azure の使用状況を確認するには、1 つの照合ファイル内で顧客 ID/名前と他の関連フィールドを使います。To determine the Azure usage of a specific customer, use the customer ID/name and other relevant fields within the single reconciliation file. このファイルは、パートナー センターで毎月作成されます。This file is generated every month on Partner Center.
  • パートナー独自の手数料とパートナーが提供したサービスの料金を追加します。Add your own fees and charges for services that you provide. Microsoft はこの情報に関知しません。Microsoft is not aware of this information.
  • Microsoft は、請求書 1 通と照合ファイル 1 つを作成します。これにはパートナーの全 Azure CSP 顧客に関する情報が含まれています。Microsoft generates a single invoice and a single reconciliation file, containing information for all your Azure CSP customers. パートナーは、この情報を分割し、顧客ごとに個別の請求額を提供する必要があります。You are responsible for splitting this information and providing separate bills to your customers.

Azure CSP の請求、価格、および使用構造は、シンプルな一連のイベントに従います。The billing, pricing, and usage structure of Azure CSP follows a simple sequence of events:

全体的な請求シーケンスを示すフローチャート

  • ステップ 1: Azure CSP パートナー (貴社) は、顧客との関係を確立します (新規または既存の Microsoft 顧客)。Step 1: The Azure CSP partner (you) establishes a relationship with a customer (new or existing Microsoft customer). この関係を確実なものにするため、顧客への Azure サブスクリプションの "販売" に合意します。In securing this relationship, you agree to "sell" them an Azure subscription. パートナーは、すべての請求と徴収の処理など、この関係についてエンドツーエンドの所有権を持つことになります。You now own this relationship from end to end, including handling all billing and collections.

  • ステップ 2: パートナーは Azure Portal に移動し、顧客に販売するサービスを作成します。Step 2: You go to the Azure portal and create the services that you are selling to the customer. 基本的に、パートナーは Microsoft からサービスを購入して、自分の顧客に提供します。Essentially, you are purchasing the service from Microsoft and then giving it to your customer.

  • ステップ 3: 使用状況は一か月を通して発生します。Step 3: Usage occurs throughout the month. Azure サービスは使用量ベースなので、1 か月間の請求額を前もって知ることはできません。Because Azure services are usage-based, it is impossible to know what the monthly bill will be up front. 顧客が使った Azure サービスの量に基づき、請求額は月ごとに変わります。The bill changes from month to month based on how much of the Azure services your customer uses.

  • ステップ 4: 請求サイクルの最後に、Microsoft はパートナーに顧客の使用量に対する請求書を送ります。Step 4: At the end of the billing cycle, Microsoft sends you an invoice for your customer's usage. パートナーはパートナー自身の請求額を Microsoft に支払う責任があります。You are responsible for paying your bill to Microsoft. 請求書に含まれるのは Azure サービスだけではありません。That invoice is not necessarily restricted to Azure services. パートナーがこのパートナー センター アカウントを通して顧客に他の Microsoft 製品 (たとえば、Office 365、Enterprise Mobility + Security など) を提供した場合、その請求も含まれる場合があります。You may see other Microsoft products (for example, Office 365 or Enterprise Mobility + Security) if you've provided them through this Partner Center account to your customers.

  • ステップ 5: Microsoft から請求明細を受け取った後、パートナーは請求書を作成し、顧客から支払いを徴収する責任があります。Step 5: After you receive the itemized bill from Microsoft, it is your responsibility to create invoices and collect payment from your customer.

通常、パートナーには複数の顧客がいます。Typically you will have more than one customer. そのため、パートナーは、Microsoft から包括的な請求書を 1 通受け取ったら、それを複数の請求書にさらに細かく分割して顧客ごとの徴収を行います。Therefore, when you receive one large bill from Microsoft, you will break it up into many smaller bills in order to collect from each of your customers.

請求書の読み方とこれを理解する方法について詳しくは、Azure CSP の請求書に関するページをご覧ください。For more information on reading and understanding your bill, see Azure CSP invoice.

Azure の使用量情報Azure usage information

Azure サブスクリプションは使用量に基づくので、特定の月の正確な価格を予測することは困難です。Because Azure subscriptions are usage-based, it is hard to predict the exact price of a given month. ただし、過去の使用量データがあれば、特定の顧客の予想される Azure 使用量を推定できます。However, with previous usage data, you can get an estimate of how much Azure usage to expect from a particular customer. この情報は、Microsoft からの請求額が予想より多い場合に、料金の発生源を特定するのにも役に立ちます。This information can also be useful for determining the source of charges if your bill from Microsoft is larger than expected.

注意

Microsoft は、Azure CSP の顧客に対して、使用量レポートや消費データを一切提供しません。Microsoft doesn't provide any usage reports or consumption data to Azure CSP customers. パートナー センターの使用量データはパートナー向けです。Partner Center usage data is partner-facing.

この情報は、パートナー センター ポータルから、またはパートナー センター使用量 API を使って、取得することができます。You can retrieve this information either through the Partner Center portal, or by using Partner Center usage APIs. パートナーのすべての顧客について Azure の使用量情報を取得できます。You can get Azure usage information for all your customers.

パートナー センターでの使用量情報のスクリーンショット

また、特定の顧客の特定の Azure CSP サブスクリプションでの使用量を詳細に調べることもできます。You can also drill down to usage details inside a specific Azure CSP subscription of a particular customer:

パートナー センターでの特定の顧客の使用量情報のスクリーンショット

Azure の使用量の詳細と高度なコスト分析機能を顧客に提供したい場合は、パートナー センターに統合されている Azure Cost Management by Cloudyn を使うことができます。If you'd like to provide Azure usage details and rich cost analysis capabilities to your customers, you can use Azure Cost Management by Cloudyn, integrated with Partner Center.

Cloudyn のサービスおよびリージョン別コスト レポートのスクリーンショット

Azure Cost Management by Cloudyn では、すべての顧客について、クラウドの使用状況と、Azure および AWS や Google などの他のクラウド プロバイダーに対する支出を追跡することができます。Azure Cost Management by Cloudyn allows you to track cloud usage and expenditures for Azure and other cloud providers including AWS and Google for all your customers. わかりやすいダッシュボードのレポートは、コストの割り当てとショーバック/チャージバックに役立ちます。Easy-to-understand dashboard reports help with cost allocation and showbacks/chargebacks as well. Cost Management を使うと、使用率が低いリソースを識別して管理、調整することにより、クラウドの支出を最適化できます。Cost Management helps optimize your cloud spending by identifying underutilized resources that you can then manage and adjust.

使用量制限を設定するSet usage limits

パートナーは、顧客の使用超過を防ぎたいと考えることがあるかもしれません。Partners sometimes want protection from the possibility of customers' overspending. しかし、何らかの支出しきい値に達したとしても、Microsoft は顧客の Azure リソースをどうすることもできないので、パートナー センター ポータルで Azure の使用量にハード制限を設定する方法はありません。But the challenge is that Microsoft never knows what to do with customers' Azure resources when some spending threshold is reached, so there is no way to set hard limits for Azure usage in the Partner Center portal.

顧客の Azure の使用を完全に止めるには、Azure サブスクリプションを一時停止する必要があります。To completely stop Azure usage for the customer, the Azure subscription should be suspended. この一時停止の結果として、顧客のすべての VM がシャットダウンされ、すべてのストレージ アカウントがアクセス不能になり、顧客が使っていた他のすべての Azure リソースが機能しなくなります。As a result of this suspension, all of a customer's VMs are shut down, all storage accounts become inaccessible, and all other Azure resources that the customer used stop functioning. 一時停止により、顧客のサブスクリプションにデプロイされていたワークロードは完全に中断します。Suspension leads to a complete interruption of workloads that were deployed in the customer's subscription. このレベルの対応は必要ないことがあります。This level of response may be unnecessary. たとえば、顧客は複数の Azure VM によってサポートされる費用のかかるマーケティング キャンペーンを実施しただけであり、予想より使用量がわずかに多かったのかもしれません。For example, maybe the customer simply had an expensive marketing campaign, supported by several Azure VMs, and usage was slightly higher then expected.

Azure CSP で過剰な Azure の使用を防ぐには、パートナー レベル (すべての顧客のすべて Azure サブスクリプションが対象) および顧客の Azure サブスクリプション レベルで、予算を設定できます。To avoid excessive Azure usage in Azure CSP, you can set budgets on the Partner level (for all Azure subscriptions of all customers), and also on the customer's Azure subscription level.

パートナー センターでの支出情報のスクリーンショット

パートナー センターでのサブスクリプション予算情報のスクリーンショット

予算はソフトしきい値です。The budget is a soft threshold. しきい値に達すると、通知を受け取ります。When you reach the threshold, you receive a notification. その場合、次のいずれかを行うことができます。You can then do one of the following:

  • そのままにする。Leave it as it is. 過剰な使用は計画されていたことで、顧客はその料金を払います。Excessive usage was planned, and the customer will pay for it.
  • Azure の過剰使用について顧客に通知する。Notify the customer about the excessive Azure usage. 顧客から支払いの承認を得ます。Get the customer's approval that he or she will pay for it.
  • 問題が解決されるまで、顧客が Azure Portal にアクセスできないようにする。Revoke the customer's access to the Azure portal until the issue is resolved. すべての Azure リソースは動作しますが、顧客はリソースの新規作成や既存リソースの変更を行うことができません。All Azure resources will be functional, but customer won't be able to create new or modify existing resources.
  • 顧客の VM を停止する。Stop the customer's VMs. データは引き続きアクセスできますが、顧客はそれ以上コンピューティング時間に対して課金されません。Data is still accessible, but the customer won't be charged for additional compute hours.
  • Azure CSP のサブスクリプションを一時停止する。Suspend the Azure CSP subscription. これにより、そのサブスクリプションの Azure 使用量メーターは完全に停止します。This completely stops Azure usage meters for that subscription. 顧客のすべての VM はシャットダウンされ、すべてのストレージ アカウントがアクセス不能になり、顧客が使っていた他のすべての Azure リソースが機能しなくなります。All of the customer's VMs are shut down, all storage accounts are inaccessible, and all other Azure resources that the customer used stop functioning.

詳しくは、「顧客の Azure 支出予算を設定する」をご覧ください。For more information, see Set an Azure budget for your customers.

すべての過剰使用状況に対応する単一のルールはありません。There is no single rule for every excessive usage situation. 予算機能を使うと、パートナーごとまたは顧客ごとのソフトしきい値を設定でき、通知を受け取ってから必要な方法で対処できます。Budgeting capabilities allow you to set per-partner or per-customer soft thresholds, and react in a required way after receiving the notification.

Azure の価格情報Azure pricing information

使用量ベースに加えて、Azure サービスは動的に価格設定されます。In addition to being usage-based, Azure services are dynamically priced. つまり、さまざまな Azure サービスの価格が、月により、またはときには月の途中でさえも、変化する可能性があります。This means that the prices for different Azure services may change from month to month, and sometimes even within a month.

このようなことはすべて Azure サービスの価格の見積もりを非常に困難にしますが、見積もりを容易にするツールが用意されています。All of this can make estimating the price of an Azure service very difficult, but there are tools in place to make it easier. たとえば、Azure チャネル料金計算ツール (Azure CSP パートナーの資格情報による承認が必要です) を試してみてください。For example, try the Azure channel pricing calculator (requires authorization with Azure CSP partner credentials).

Azure チャネル料金計算ツールのスクリーンショット

また、GitHub で提供されているオープン ソースの料金計算ツールを試すこともできます。You may also want to try this Open source pricing calculator on GitHub. このツールを使うと、Azure CSP サブスクリプションでソリューションをホストするコストを見積もることができます。It can be used to estimate the cost of hosting a solution in an Azure CSP subscription. 入力として Azure Resource Manager テンプレートを受け取り、出力として予想コストを示します。It takes the Azure Resource Manager template as an input, and gives the estimated costs as an output.

注意

Azure Portal では顧客に価格は一切表示されません。Customers don't see any prices on the Azure portal. これは、Microsoft が、Azure サービスの最終的な顧客価格と請求ルールを知らないためです。This is because Microsoft doesn't know the final customer price for Azure services and billing rules. これらは、Azure CSP パートナーによって顧客に対して設定されます。These are set by the Azure CSP partner for their customers.

顧客に表示される一般的な価格メッセージのスクリーンショット

次の手順Next steps

  • Azure CSP 価格リストを操作する方法を学習する。Learn how to work with the Azure CSP price list.
  • Microsoft CSP の請求書を分析する方法を学習する。Learn how to analyze a Microsoft CSP invoice.
  • Azure CSP の課金のしくみをさらによく理解するために詳細情報を参照する。Read more to better understand how Azure CSP billing works.