Enterprise Agreement から Cloud Solution Provider に Azure サブスクリプションを移行するMigrate an Azure subscription from Enterprise Agreement to Cloud Solution Provider

Microsoft Enterprise Agreement または Microsoft Server と Cloud Enrollment (SCE) から Azure Cloud Solution Provider (Azure CSP) プログラムへの顧客の既存 Azure サブスクリプション移行を評価し、実行する方法について説明します。Learn how to assess and then complete the migration of a customer's existing Azure subscription from Microsoft Enterprise Agreement or Microsoft Server and Cloud Enrollment (SCE) to the Azure Cloud Solution Provider (Azure CSP) program.

プロセスの概要Process overview

Enterprise Agreement から CSP への Azure サブスクリプション移行は 3 つの主要手順で構成されています。Migrating an Azure subscription from Enterprise Agreement to CSP involves three major steps:

  1. 移行元の Azure EA サブスクリプションの移行先の Azure CSP サブスクリプションが同じテナント (ディレクトリ) 内にあることを確認します。Ensure that source Azure EA subscription and target Azure CSP subscription are within the same tenant (directory). パートナー EA を CSP に移行する手順顧客 EA を CSP に移行する手順を適宜参照してください。Refer to partner EA to CSP or customer EA to CSP migration procedure accordingly.

  2. 評価: 始める前に、Azure CSP に移す Azure CSP アカウントのすべてのサブスクリプションについて、すべての Azure リソースを評価します。Perform an assessment: Before you begin, assess all Azure resources in all subscriptions in the Enterprise Agreement account that you want to move to Azure CSP. この作業は、Azure CSP に何を移せて、何を移せないのか、サービスの移動には何が必要なのか判断する際に役立ちます。This helps you determine what you can and can't move to Azure CSP, and what moving a service entails.

    注意

    Azure CSP では利用できない Azure サービスもあります。Some Azure services are not available in Azure CSP. そのようなサービスは再構築する必要があるのか、移行は不可能なのかを、できるだけ早く知ることが重要です。It's better to know as early as possible whether these services need to be restructured or cannot be migrated.

  3. Azure クラシック デプロイ モデルを Azure Resource Manager にアップグレードする: Azure クラシック デプロイ モデルで作成したリソースを顧客が使っている場合、そのリソースは、それを Azure CSP に移動する前に、Azure Resource Manager モデルに移動する必要があります。Upgrade Azure classic deployment model to Azure Resource Manager: If a customer is still using resources that they created by using the Azure classic deployment model, the resources must be transferred to the Azure Resource Manager model before you move them to Azure CSP. これには、Azure クラシック デプロイ モデルで作成した仮想マシン、仮想ネットワーク、ストレージ アカウントなどがあります。This includes any virtual machines, virtual networks, and storage accounts that were created by using the Azure classic deployment model.

    注意

    Azure CSP は Azure Resource Manager サービスにのみ対応しています。Azure CSP supports only Azure Resource Manager services. Azure クラシック デプロイメント サービスは Azure CSP に移行できません。Azure classic deployment services cannot be migrated to Azure CSP.

  4. 移行先サブスクリプションから Azure CSP にリソースを移動する: 顧客のすべてのサービスで Azure Resource Manager モデルが利用されている場合、そのサービスを Azure CSP サブスクリプションに移行するという最終手順を実行できます。Move resources from target subscription to Azure CSP: When all of the customer's services are using the Azure Resource Manager model, you can perform the final step of migrating them to an Azure CSP subscription.

次の手順Next steps