クイック スタート:Azure Management クライアント ライブラリを使用して Cognitive Services リソースを作成するQuickstart: Create a Cognitive Services resource using the Azure Management client library

このクイックスタートを利用すると、Azure Management クライアント ライブラリを使用して、Azure Cognitive Services リソースを作成および管理できます。Use this quickstart to create and manage Azure Cognitive Services resources using the Azure Management client library.

Azure Cognitive Services は、開発者が直接的な人工知能 (AI) またはデータ サイエンスのスキルや知識がなくてもコグニティブかつインテリジェントなアプリケーションを構築できる、REST API シリーズとクライアント ライブラリ SDK を含むクラウドベースのサービスです。Azure Cognitive Services are cloud-base services with REST APIs, and client library SDKs available to help developers build cognitive intelligence into applications without having direct artificial intelligence (AI) or data science skills or knowledge. 開発者は Azure Cognitive Services を使用して、見たり、聞いたり、話したり、理解したり、推論し始めたりできるコグニティブ ソリューションを使用したコグニティブ機能をそのアプリケーションに容易に追加することができます。Azure Cognitive Services enables developers to easily add cognitive features into their applications with cognitive solutions that can see, hear, speak, understand, and even begin to reason.

個別の AI サービスは、ご利用の Azure サブスクリプションに作成した Azure リソースによって表されます。Individual AI services are represented by Azure resources that you create under your Azure subscription. リソースの作成後、生成されたキーとエンドポイントを使用して、アプリケーションを認証できます。After you create a resource, you can use the keys and endpoint generated to authenticate your applications.

リファレンスのドキュメント | ライブラリのソース コード | パッケージ (NuGet) | サンプルReference documentation | Library source code | Package (NuGet) | Samples

C# の前提条件C# prerequisites

Azure サービス プリンシパルを作成するCreate an Azure Service Principal

アプリケーションが Azure アカウントと対話できるようにするには、アクセス許可を管理するための Azure サービス プリンシパルが必要です。To have your application interact with your Azure account, you need an Azure service principal to manage permissions. Azure サービス プリンシパルの作成に関するページの手順に従ってください。Follow the instructions in Create an Azure service principal.

サービス プリンシパルを作成すると、それにシークレット値、ID、およびアプリケーション ID が含まれていることがわかります。When you create a service principal, you'll see it has a secret value, an ID, and an application ID. 後の手順のために、アプリケーション ID とシークレットを一時的な場所に保存します。Save the application ID and secret to a temporary location for later steps.

リソース グループを作成するCreate a resource group

Cognitive Services リソースを作成する前に、リソースを格納するための Azure リソース グループをアカウントに用意する必要があります。Before you create a Cognitive Services resource, your account must have an Azure resource group to contain the resource. リソース グループがまだ存在しない場合は、先に進む前に、Azure portal で作成します。If you don't already have a resource group, create one in the Azure portal before continuing.

新しい C# アプリケーションを作成するCreate a new C# application

新しい .NET Core アプリケーションを作成します。Create a new .NET Core application. コンソール ウィンドウ (cmd、PowerShell、Bash など) で、dotnet new コマンドを使用し、azure-management-quickstart という名前で新しいコンソール アプリを作成します。In a console window (such as cmd, PowerShell, or Bash), use the dotnet new command to create a new console app with the name azure-management-quickstart. このコマンドにより、1 つのソース ファイル (program.cs) を使用する単純な "Hello World" C# プロジェクトが作成されます。This command creates a simple "Hello World" C# project with a single source file: program.cs.

dotnet new console -n azure-management-quickstart

新しく作成されたアプリ フォルダーにディレクトリを変更します。Change your directory to the newly created app folder. 次を使用してアプリケーションをビルドできます。You can build the application with:

dotnet build

ビルドの出力に警告やエラーが含まれないようにする必要があります。The build output should contain no warnings or errors.

...
Build succeeded.
 0 Warning(s)
 0 Error(s)
...

クライアント ライブラリをインストールするInstall the client library

次のコマンドを使用して、アプリケーション ディレクトリ内に .NET 用 Azure Management クライアント ライブラリをインストールします。Within the application directory, install the Azure Management client library for .NET with the following command:

dotnet add package Microsoft.Azure.Management.CognitiveServices
dotnet add package Microsoft.Azure.Management.Fluent
dotnet add package Microsoft.Azure.Management.ResourceManager.Fluent

Visual Studio IDE を使用している場合、クライアント ライブラリは、ダウンロード可能な NuGet パッケージとして入手できます。If you're using the Visual Studio IDE, the client library is available as a downloadable NuGet package.

ライブラリをインポートするImport libraries

program.cs を開き、ファイルの先頭に次の using ステートメントを追加します。Open program.cs and add the following using statements to the top of the file:

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using Microsoft.Azure.Management.Fluent;
using Microsoft.Azure.Management.ResourceManager.Fluent;
using Microsoft.Azure.Management.ResourceManager.Fluent.Authentication;
using Microsoft.Azure.Management.CognitiveServices;
using Microsoft.Azure.Management.CognitiveServices.Models;

クライアントを認証するAuthenticate the client

program.cs のルートに以下のフィールドを追加し、作成したサービス プリンシパルと Azure アカウント情報を使用して値を指定します。Add the following fields to the root of program.cs and populate their values, using the service principal you created and your Azure account information.

const string  service_principal_application_id = "TODO_REPLACE";
const string  service_principal_secret = "TODO_REPLACE";

/* The ID of your Azure subscription. You can find this in the Azure Dashboard under Home > Subscriptions. */
const string  subscription_id = "TODO_REPLACE";

/* The Active Directory tenant ID. You can find this in the Azure Dashboard under Home > Azure Active Directory. */
const string  tenant_id = "TODO_REPLACE";

/* The name of the Azure resource group in which you want to create the resource.
You can find resource groups in the Azure Dashboard under Home > Resource groups. */
const string  resource_group_name = "TODO_REPLACE";

次に、Main メソッドでこれらの値を使用して、CognitiveServicesManagementClient オブジェクトを構築します。Then, in your Main method, use these values to construct a CognitiveServicesManagementClient object. このオブジェクトは、すべての Azure 管理操作に必要です。This object is needed for all of your Azure management operations.

var service_principal_credentials = new ServicePrincipalLoginInformation ();
service_principal_credentials.ClientId = service_principal_application_id;
service_principal_credentials.ClientSecret = service_principal_secret;

var credentials = SdkContext.AzureCredentialsFactory.FromServicePrincipal(service_principal_application_id, service_principal_secret, tenant_id, AzureEnvironment.AzureGlobalCloud);
var client = new CognitiveServicesManagementClient(credentials);
client.SubscriptionId = subscription_id;

管理メソッドを呼び出すCall management methods

Main メソッドに次のコードを追加して、使用可能なリソースの一覧表示、サンプル リソースの作成、所有しているリソースの一覧表示、およびサンプル リソースの削除を行います。Add the following code to your Main method to list available resources, create a sample resource, list your owned resources, and then delete the sample resource. これらのメソッドは、以降の手順で定義します。You'll define these methods in the next steps.

    // List all available resource kinds, SKUs, and locations for your Azure account:
    list_available_kinds_skus_locations(client);

    // Create a resource with kind TextTranslation, F0 (free tier), location global.
    create_resource(client, "test_resource", "TextTranslation", "F0", "Global");

    // List all resources for your Azure account:
    list_resources(client);

    // Delete the resource.
    delete_resource(client, "test_resource");

    Console.WriteLine("Press any key to exit.");
    Console.ReadKey();

Cognitive Services リソースを作成する (C#)Create a Cognitive Services resource (C#)

新しい Cognitive Services リソースを作成してサブスクライブするには、Create メソッドを使用します。To create and subscribe to a new Cognitive Services resource, use the Create method. このメソッドで、渡したリソース グループに新しい課金対象リソースが追加されます。This method adds a new billable resource to the resource group you pass in. 新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの "種類"、その価格レベル (つまり SKU)、および Azure の場所を把握している必要があります。When creating your new resource, you'll need to know the "kind" of service you want to use, along with its pricing tier (or SKU) and an Azure location. 次のメソッドは、これらのすべてを引数として受け取り、リソースを作成します。The following method takes all of these as arguments and creates a resource.

static void create_resource(CognitiveServicesManagementClient client, string resource_name, string kind, string account_tier, string location)
{
    Console.WriteLine("Creating resource: " + resource_name + "...");
    // The parameter "properties" must be an empty object.
    CognitiveServicesAccount parameters = 
        new CognitiveServicesAccount(null, null, kind, location, resource_name, new CognitiveServicesAccountProperties(), new Sku(account_tier));
    var result = client.Accounts.Create(resource_group_name, account_tier, parameters);
    Console.WriteLine("Resource created.");
    Console.WriteLine("ID: " + result.Id);
    Console.WriteLine("Kind: " + result.Kind);
    Console.WriteLine();
}

サービスと価格レベルを選択するChoose a service and pricing tier

新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの "種類" と、必要な価格レベル (つまり SKU) を把握する必要があります。When you create a new resource, you'll need to know the "kind" of service you want to use, along with the pricing tier (or SKU) you want. リソースを作成するときに、この情報と他の情報をパラメーターとして使用します。You'll use this and other information as parameters when creating the resource. 使用できる Cognitive Service の "種類" の一覧を確認するには、スクリプトで次のメソッドを呼び出します。You can find a list of available Cognitive Service "kinds" by calling the following method in your script:

static void list_available_kinds_skus_locations(CognitiveServicesManagementClient client)
{

    Console.WriteLine("Available SKUs:");
    var result = client.ResourceSkus.List();
    Console.WriteLine("Kind\tSKU Name\tSKU Tier\tLocations");
    foreach (var x in result) {
        var locations = "";
        foreach (var region in x.Locations)
        {
            locations += region;
        }
        Console.WriteLine(x.Kind + "\t" + x.Name + "\t" + x.Tier + "\t" + locations);
    };
}

2 つの異なるリソースを使用して、Azure Cognitive Services にアクセスすることができます:マルチサービス リソース、または単一サービス リソース。You can access Azure Cognitive Services through two different resources: A multi-service resource, or a single-service one.

  • マルチサービス リソース:Multi-service resource:
    • 1 つのキーとエンドポイントを使用して複数の Azure Cognitive Services にアクセスします。Access multiple Azure Cognitive Services with a single key and endpoint.
    • ご利用の複数のサービスの課金を統合します。Consolidates billing from the services you use.
  • 単一サービス リソース:Single-service resource:
    • 作成されたサービスごとに一意のキーとエンドポイントを使用して、単一の Azure Cognitive Service にアクセスします。Access a single Azure Cognitive Service with a unique key and endpoint for each service created.
    • Free レベルを使用してサービスをお試しください。Use the free tier to try out the service.

SKU と価格の情報の一覧については、以下を参照してください。See the list of SKUs and pricing information below.

マルチサービスMulti-service

サービスService 種類Kind
複数のサービス。Multiple services. 詳細については、価格に関するページを参照してください。For more information, see the pricing page. CognitiveServices

視覚Vision

サービスService 種類Kind
Computer VisionComputer Vision ComputerVision
Custom Vision - PredictionCustom Vision - Prediction CustomVision.Prediction
Custom Vision - TrainingCustom Vision - Training CustomVision.Training
FaceFace Face
Form RecognizerForm Recognizer FormRecognizer
Ink RecognizerInk Recognizer InkRecognizer
サービスService 種類Kind
Bing AutosuggestBing Autosuggest Bing.Autosuggest.v7
Bing Custom SearchBing Custom Search Bing.CustomSearch
Bing Entity SearchBing Entity Search Bing.EntitySearch
Bing SearchBing Search Bing.Search.v7
Bing Spell CheckBing Spell Check Bing.SpellCheck.v7

音声Speech

サービスService 種類Kind
Speech ServicesSpeech Services SpeechServices
音声認識Speech Recognition SpeakerRecognition

言語Language

サービスService 種類Kind
Form UnderstandingForm Understanding FormUnderstanding
LUISLUIS LUIS
QnA MakerQnA Maker QnAMaker
Text AnalyticsText Analytics TextAnalytics
Text TranslationText Translation TextTranslation

決定Decision

サービスService 種類Kind
Anomaly DetectorAnomaly Detector AnomalyDetector
Content ModeratorContent Moderator ContentModerator
PersonalizerPersonalizer Personalizer

価格レベルと請求Pricing tiers and billing

価格レベル (および請求される金額) は、認証情報を使用して送信するトランザクションの数に基づきます。Pricing tiers (and the amount you get billed) are based on the number of transactions you send using your authentication information. 各価格レベルにより、以下が指定されます。Each pricing tier specifies the:

  • 1 秒あたりに許可されるトランザクションの最大数 (TPS)。maximum number of allowed transactions per second (TPS).
  • 価格レベル内で有効にされるサービス機能。service features enabled within the pricing tier.
  • 事前に定義された数のトランザクションのコスト。cost for a predefined number of transactions. この数を超えると、サービスの「価格の詳細」で指定されている追加料金が発生します。Going above this number will cause an extra charge as specified in the pricing details for your service.

注意

Cognitive Services の多くには、サービスを試すために使用できる無料レベルがあります。Many of the Cognitive Services have a free tier you can use to try the service. 無料レベルを使用するには、リソースの SKU として F0 を使用します。To use the free tier, use F0 as the SKU for your resource.

リソースを表示するView your resources

Azure アカウントのすべてのリソース (すべてのリソース グループにわたる) を表示するには、次のメソッドを使用します。To view all of the resources under your Azure account (across all resource groups), use the following method:

static void list_resources(CognitiveServicesManagementClient client)
{
    Console.WriteLine("Resources in resource group: " + resource_group_name);
    var result = client.Accounts.ListByResourceGroup(resource_group_name);
    foreach (var x in result)
    {
        Console.WriteLine("ID: " + x.Id);
        Console.WriteLine("Name: " + x.Name);
        Console.WriteLine("Type: " + x.Type);
        Console.WriteLine("Kind: " + x.Kind);
        Console.WriteLine();
    }
}

リソースの削除Delete a resource

次のメソッドは、特定のリソース グループから指定されたリソースを削除します。The following method deletes the specified resource from the given resource group.

static void delete_resource(CognitiveServicesManagementClient client, string resource_name)
{
    Console.WriteLine("Deleting resource: " + resource_name + "...");
    client.Accounts.Delete (resource_group_name, resource_name);

    Console.WriteLine("Resource deleted.");
    Console.WriteLine();
}

アプリケーションの実行Run the application

アプリケーション ディレクトリから dotnet run コマンドを使用してアプリケーションを実行します。Run the application from your application directory with the dotnet run command.

dotnet run

関連項目See also

リファレンス ドキュメント | ライブラリのソース コード | パッケージ (Maven)Reference documentation | Library source code | Package (Maven)

Java の前提条件Java prerequisites

Azure サービス プリンシパルを作成するCreate an Azure Service Principal

アプリケーションが Azure アカウントと対話できるようにするには、アクセス許可を管理するための Azure サービス プリンシパルが必要です。To have your application interact with your Azure account, you need an Azure service principal to manage permissions. Azure サービス プリンシパルの作成に関するページの手順に従ってください。Follow the instructions in Create an Azure service principal.

サービス プリンシパルを作成すると、それにシークレット値、ID、およびアプリケーション ID が含まれていることがわかります。When you create a service principal, you'll see it has a secret value, an ID, and an application ID. 後の手順のために、アプリケーション ID とシークレットを一時的な場所に保存します。Save the application ID and secret to a temporary location for later steps.

リソース グループを作成するCreate a resource group

Cognitive Services リソースを作成する前に、リソースを格納するための Azure リソース グループをアカウントに用意する必要があります。Before you create a Cognitive Services resource, your account must have an Azure resource group to contain the resource. リソース グループがまだ存在しない場合は、先に進む前に、Azure portal で作成します。If you don't already have a resource group, create one in the Azure portal before continuing.

新しい Java アプリケーションを作成するCreate a new Java application

コンソール ウィンドウ (cmd、PowerShell、Bash など) で、ご利用のアプリ用に新しいディレクトリを作成し、そこに移動します。In a console window (such as cmd, PowerShell, or Bash), create a new directory for your app, and navigate to it.

mkdir myapp && cd myapp

作業ディレクトリから gradle init コマンドを実行します。Run the gradle init command from your working directory. このコマンドによって、Gradle 用の重要なビルド ファイルが作成されます。たとえば、実行時にアプリケーションを作成して構成するために使用される build.gradle.kts などです。This command will create essential build files for Gradle, including build.gradle.kts which is used at runtime to create and configure your application.

gradle init --type basic

DSL を選択するよう求められたら、Kotlin を選択します。When prompted to choose a DSL, select Kotlin.

作業ディレクトリから、次のコマンドを実行します。From your working directory, run the following command:

mkdir -p src/main/java

クライアント ライブラリをインストールするInstall the client library

このクイックスタートでは、Gradle 依存関係マネージャーを使用します。This quickstart uses the Gradle dependency manager. クライアント ライブラリとその他の依存関係マネージャーの情報については、Maven Central Repository を参照してください。You can find the client library and information for other dependency managers on the Maven Central Repository.

プロジェクトの build.gradle.kts ファイルに、必要なプラグインと設定と共に、クライアント ライブラリを implementation ステートメントとして含めます。In your project's build.gradle.kts file, include the client library as an implementation statement, along with the required plugins and settings.

plugins {
    java
    application
}
application {
    mainClass.set("FormRecognizer")
}
repositories {
    mavenCentral()
}
dependencies {
    implementation(group = "com.microsoft.azure", name = "azure-mgmt-cognitiveservices", version = "1.10.0-beta")
}

ライブラリをインポートするImport libraries

新しい src/main/java フォルダーに移動し、Management.java という名前のファイルを作成します。Navigate to the new src/main/java folder and create a file called Management.java. それを任意のエディターまたは IDE で開き、以下の import ステートメントを追加します。Open it in your preferred editor or IDE and add the following import statements:

import com.microsoft.azure.*;
import com.microsoft.azure.arm.resources.Region;
import com.microsoft.azure.credentials.*;
import com.microsoft.azure.management.cognitiveservices.v2017_04_18.*;
import com.microsoft.azure.management.cognitiveservices.v2017_04_18.implementation.*;

import java.io.*;
import java.lang.Object.*;
import java.util.*;
import java.net.*;

クライアントを認証するAuthenticate the client

Management.java にクラスを追加した後、次のフィールドと値をその中に追加します。Add a class in Management.java, and then add the following fields and their values inside of it. 作成したサービス プリンシパルと他の Azure アカウント情報を使用して、値を指定します。Populate their values, using the service principal you created and your other Azure account information.

/*
Be sure to use the service pricipal application ID, not simply the ID. 
*/
private static String applicationId = "INSERT APPLICATION ID HERE";
private static String applicationSecret = "INSERT APPLICATION SECRET HERE";

/* The ID of your Azure subscription. You can find this in the Azure Dashboard under Home > Subscriptions. */
private static String subscriptionId = "INSERT SUBSCRIPTION ID HERE";

/* The Active Directory tenant ID. You can find this in the Azure Dashboard under Home > Azure Active Directory. */
private static String tenantId = "INSERT TENANT ID HERE";

/* The name of the Azure resource group in which you want to create the resource.
You can find resource groups in the Azure Dashboard under Home > Resource groups. */
private static String resourceGroupName = "INSERT RESOURCE GROUP NAME HERE";

次に、main メソッドでこれらの値を使用して、CognitiveServicesManager オブジェクトを構築します。Then, in your main method, use these values to construct a CognitiveServicesManager object. このオブジェクトは、すべての Azure 管理操作に必要です。This object is needed for all of your Azure management operations.

// auth
private static ApplicationTokenCredentials credentials = new ApplicationTokenCredentials(applicationId, tenantId, applicationSecret, AzureEnvironment.AZURE);

CognitiveServicesManager client = CognitiveServicesManager.authenticate(credentials, subscriptionId);

管理メソッドを呼び出すCall management methods

Main メソッドに次のコードを追加して、使用可能なリソースの一覧表示、サンプル リソースの作成、所有しているリソースの一覧表示、およびサンプル リソースの削除を行います。Add the following code to your Main method to list available resources, create a sample resource, list your owned resources, and then delete the sample resource. これらのメソッドは、以降の手順で定義します。You'll define these methods in the next steps.

    // list all available resource kinds, SKUs, and locations for your Azure account.
    list_available_kinds_skus_locations (client);

    // list all resources for your Azure account.
    list_resources (client);

    // Create a resource with kind Text Translation, SKU F0 (free tier), location global.
    String resourceId = create_resource (client, "test_resource", resourceGroupName, "TextAnalytics", "S0", Region.US_WEST);

    // Delete the resource.
    delete_resource (client, resourceId);
}

Cognitive Services リソースを作成する (Java)Create a Cognitive Services resource (Java)

新しい Cognitive Services リソースを作成してサブスクライブするには、create メソッドを使用します。To create and subscribe to a new Cognitive Services resource, use the create method. このメソッドで、渡したリソース グループに新しい課金対象リソースが追加されます。This method adds a new billable resource to the resource group you pass in. 新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの "種類"、その価格レベル (つまり SKU)、および Azure の場所を把握している必要があります。When creating your new resource, you'll need to know the "kind" of service you want to use, along with its pricing tier (or SKU) and an Azure location. 次のメソッドは、これらのすべてを引数として受け取り、リソースを作成します。The following method takes all of these as arguments and creates a resource.

public String create_resource (CognitiveServicesManager client, String resourceName, String resourceGroupName, String kind, String skuName, Region region) {
    System.out.println ("Creating resource: " + resourceName + "...");

    CognitiveServicesAccount result = client.accounts().define(resourceName)
        .withRegion(region)
        .withExistingResourceGroup(resourceGroupName)
        .withKind(kind)
        .withSku(new Sku().withName(skuName))
        .create();

    System.out.println ("Resource created.");
    System.out.println ("ID: " + result.id());
    System.out.println ("Provisioning state: " + result.properties().provisioningState().toString());
    System.out.println ();

    return result.id();
}

サービスと価格レベルを選択するChoose a service and pricing tier

新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの "種類" と、必要な価格レベル (つまり SKU) を把握する必要があります。When you create a new resource, you'll need to know the "kind" of service you want to use, along with the pricing tier (or SKU) you want. リソースを作成するときに、この情報と他の情報をパラメーターとして使用します。You'll use this and other information as parameters when creating the resource. 使用できる Cognitive Service の "種類" の一覧を確認するには、次のメソッドを呼び出します。You can find a list of available Cognitive Service "kinds" by calling the following method:

public void list_available_kinds_skus_locations (CognitiveServicesManager client) {
    System.out.println ("Available SKUs:");
    System.out.println("Kind\tSKU Name\tSKU Tier\tLocations");
    ResourceSkus skus = client.resourceSkus();
    // See https://github.com/ReactiveX/RxJava/wiki/Blocking-Observable-Operators
    for (ResourceSku sku : skus.listAsync().toBlocking().toIterable()) {
        String locations = String.join (",", sku.locations());
        System.out.println (sku.kind() + "\t" + sku.name() + "\t" + sku.tier() + "\t" + locations);
    }
}

2 つの異なるリソースを使用して、Azure Cognitive Services にアクセスすることができます:マルチサービス リソース、または単一サービス リソース。You can access Azure Cognitive Services through two different resources: A multi-service resource, or a single-service one.

  • マルチサービス リソース:Multi-service resource:
    • 1 つのキーとエンドポイントを使用して複数の Azure Cognitive Services にアクセスします。Access multiple Azure Cognitive Services with a single key and endpoint.
    • ご利用の複数のサービスの課金を統合します。Consolidates billing from the services you use.
  • 単一サービス リソース:Single-service resource:
    • 作成されたサービスごとに一意のキーとエンドポイントを使用して、単一の Azure Cognitive Service にアクセスします。Access a single Azure Cognitive Service with a unique key and endpoint for each service created.
    • Free レベルを使用してサービスをお試しください。Use the free tier to try out the service.

SKU と価格の情報の一覧については、以下を参照してください。See the list of SKUs and pricing information below.

マルチサービスMulti-service

サービスService 種類Kind
複数のサービス。Multiple services. 詳細については、価格に関するページを参照してください。For more information, see the pricing page. CognitiveServices

視覚Vision

サービスService 種類Kind
Computer VisionComputer Vision ComputerVision
Custom Vision - PredictionCustom Vision - Prediction CustomVision.Prediction
Custom Vision - TrainingCustom Vision - Training CustomVision.Training
FaceFace Face
Form RecognizerForm Recognizer FormRecognizer
Ink RecognizerInk Recognizer InkRecognizer
サービスService 種類Kind
Bing AutosuggestBing Autosuggest Bing.Autosuggest.v7
Bing Custom SearchBing Custom Search Bing.CustomSearch
Bing Entity SearchBing Entity Search Bing.EntitySearch
Bing SearchBing Search Bing.Search.v7
Bing Spell CheckBing Spell Check Bing.SpellCheck.v7

音声Speech

サービスService 種類Kind
Speech ServicesSpeech Services SpeechServices
音声認識Speech Recognition SpeakerRecognition

言語Language

サービスService 種類Kind
Form UnderstandingForm Understanding FormUnderstanding
LUISLUIS LUIS
QnA MakerQnA Maker QnAMaker
Text AnalyticsText Analytics TextAnalytics
Text TranslationText Translation TextTranslation

決定Decision

サービスService 種類Kind
Anomaly DetectorAnomaly Detector AnomalyDetector
Content ModeratorContent Moderator ContentModerator
PersonalizerPersonalizer Personalizer

価格レベルと請求Pricing tiers and billing

価格レベル (および請求される金額) は、認証情報を使用して送信するトランザクションの数に基づきます。Pricing tiers (and the amount you get billed) are based on the number of transactions you send using your authentication information. 各価格レベルにより、以下が指定されます。Each pricing tier specifies the:

  • 1 秒あたりに許可されるトランザクションの最大数 (TPS)。maximum number of allowed transactions per second (TPS).
  • 価格レベル内で有効にされるサービス機能。service features enabled within the pricing tier.
  • 事前に定義された数のトランザクションのコスト。cost for a predefined number of transactions. この数を超えると、サービスの「価格の詳細」で指定されている追加料金が発生します。Going above this number will cause an extra charge as specified in the pricing details for your service.

注意

Cognitive Services の多くには、サービスを試すために使用できる無料レベルがあります。Many of the Cognitive Services have a free tier you can use to try the service. 無料レベルを使用するには、リソースの SKU として F0 を使用します。To use the free tier, use F0 as the SKU for your resource.

リソースを表示するView your resources

Azure アカウントのすべてのリソース (すべてのリソース グループにわたる) を表示するには、次のメソッドを使用します。To view all of the resources under your Azure account (across all resource groups), use the following method:

public void list_resources (CognitiveServicesManager client) {
    System.out.println ("Resources in resource group: " + resourceGroupName);
    // Note Azure resources are also sometimes referred to as accounts.
    Accounts accounts = client.accounts();
    for (CognitiveServicesAccount account : accounts.listByResourceGroupAsync(resourceGroupName).toBlocking().toIterable()) {
        System.out.println ("Kind: " + account.kind ());
        System.out.println ("SKU Name: " + account.sku().name());
        System.out.println ();
    }
}

リソースの削除Delete a resource

次のメソッドは、特定のリソース グループから指定されたリソースを削除します。The following method deletes the specified resource from the given resource group.

public void delete_resource (CognitiveServicesManager client, String resourceId) {
    System.out.println ("Deleting resource: " + resourceId + "...");
    client.accounts().deleteByIds (resourceId);
    System.out.println ("Resource deleted.");
    System.out.println ();
}

関連項目See also

リファレンスのドキュメント | ライブラリのソース コード | パッケージ (NPM) | サンプルReference documentation | Library source code | Package (NPM) | Samples

JavaScript の前提条件JavaScript prerequisites

Azure サービス プリンシパルを作成するCreate an Azure Service Principal

アプリケーションが Azure アカウントと対話できるようにするには、アクセス許可を管理するための Azure サービス プリンシパルが必要です。To have your application interact with your Azure account, you need an Azure service principal to manage permissions. Azure サービス プリンシパルの作成に関するページの手順に従ってください。Follow the instructions in Create an Azure service principal.

サービス プリンシパルを作成すると、それにシークレット値、ID、およびアプリケーション ID が含まれていることがわかります。When you create a service principal, you'll see it has a secret value, an ID, and an application ID. 後の手順のために、アプリケーション ID とシークレットを一時的な場所に保存します。Save the application ID and secret to a temporary location for later steps.

リソース グループを作成するCreate a resource group

Cognitive Services リソースを作成する前に、リソースを格納するための Azure リソース グループをアカウントに用意する必要があります。Before you create a Cognitive Services resource, your account must have an Azure resource group to contain the resource. リソース グループがまだ存在しない場合は、先に進む前に、Azure portal で作成します。If you don't already have a resource group, create one in the Azure portal before continuing.

新しい Node.js アプリケーションを作成するCreate a new Node.js application

コンソール ウィンドウ (cmd、PowerShell、Bash など) で、ご利用のアプリ用に新しいディレクトリを作成し、そこに移動します。In a console window (such as cmd, PowerShell, or Bash), create a new directory for your app, and navigate to it.

mkdir myapp && cd myapp

npm init コマンドを実行し、package.json ファイルを使用して node アプリケーションを作成します。Run the npm init command to create a node application with a package.json file.

npm init

先に進む前に、index.js というファイルを作成します。Create a file named index.js before going on.

クライアント ライブラリをインストールするInstall the client library

次の NPM パッケージをインストールします。Install the following NPM packages:

npm install @azure/arm-cognitiveservices
npm install @azure/ms-rest-js
npm install @azure/ms-rest-nodeauth

アプリの package.json ファイルが依存関係によって更新されます。Your app's package.json file will be updated with the dependencies.

ライブラリをインポートするImport libraries

index.js スクリプトを開き、以下のライブラリをインポートします。Open your index.js script and import the following libraries.

"use strict";
/* To run this sample, install the following modules.
 * npm install @azure/arm-cognitiveservices
 * npm install @azure/ms-rest-js
 * npm install @azure/ms-rest-nodeauth
 */
var Arm = require("@azure/arm-cognitiveservices");
var msRestNodeAuth = require("@azure/ms-rest-nodeauth");

クライアントを認証するAuthenticate the client

スクリプトのルートに以下のフィールドを追加し、作成したサービス プリンシパルと Azure アカウント情報を使用して値を指定します。Add the following fields to the root of your script and fill in their values, using the service principal you created and your Azure account information.

const service_principal_application_id = "TODO_REPLACE";
const service_principal_secret = "TODO_REPLACE";

/* The ID of your Azure subscription. You can find this in the Azure Dashboard under Home > Subscriptions. */
const subscription_id = "TODO_REPLACE";

/* The Active Directory tenant ID. You can find this in the Azure Dashboard under Home > Azure Active Directory. */
const tenant_id = "TODO_REPLACE";

/* The name of the Azure resource group in which you want to create the resource.
You can find resource groups in the Azure Dashboard under Home > Resource groups. */
const resource_group_name = "TODO_REPLACE";

次に、プログラムの主要な作業を処理するために、次の quickstart 関数を追加します。Next, add the following quickstart function to handle the main work of your program. 最初のコード ブロックでは、前に入力した資格情報変数を使用して、CognitiveServicesManagementClient オブジェクトを構築します。The first block of code constructs a CognitiveServicesManagementClient object using the credential variables you entered above. このオブジェクトは、すべての Azure 管理操作に必要です。This object is needed for all of your Azure management operations.

async function quickstart() {
    const credentials = await msRestNodeAuth.loginWithServicePrincipalSecret (service_principal_application_id, service_principal_secret, tenant_id);
    const client = new Arm.CognitiveServicesManagementClient (credentials, subscription_id);
    // Note Azure resources are also sometimes referred to as accounts.
    const accounts_client = new Arm.Accounts (client);
    const resource_skus_client = new Arm.ResourceSkus (client);

管理関数を呼び出すCall management functions

quickstart 関数の末尾に次のコードを追加して、使用可能なリソースの一覧表示、サンプル リソースの作成、所有しているリソースの一覧表示、およびサンプル リソースの削除を行います。Add the following code to the end of your quickstart function to list available resources, create a sample resource, list your owned resources, and then delete the sample resource. これらの関数は、以降の手順で定義します。You'll define these functions in the next steps.

Cognitive Services リソースを作成する (Node.js)Create a Cognitive Services resource (Node.js)

新しい Cognitive Services リソースを作成してサブスクライブするには、Create 関数を使用します。To create and subscribe to a new Cognitive Services resource, use the Create function. この関数で、渡したリソース グループに新しい課金対象リソースが追加されます。This function adds a new billable resource to the resource group you pass in. 新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの "種類"、その価格レベル (つまり SKU)、および Azure の場所を把握している必要があります。When you create your new resource, you'll need to know the "kind" of service you want to use, along with its pricing tier (or SKU) and an Azure location. 次の関数は、これらのすべての引数を受け取り、リソースを作成します。The following function takes all of these arguments and creates a resource.

function create_resource (client, resource_name, kind, sku_name, location) {
    console.log ("Creating resource: " + resource_name + "...");
    // The parameter "properties" must be an empty object.
    var parameters = { sku : { name: sku_name }, kind : kind, location : location, properties : {} };

    return client.create(resource_group_name, resource_name, parameters)
        .then((result) => {
        console.log("Resource created.");
        print();
        console.log("ID: " + result.id);
        console.log("Kind: " + result.kind);
        console.log();
        })
        .catch((err) =>{ 
                console.log(err)
        })
}

サービスと価格レベルを選択するChoose a service and pricing tier

新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの "種類" と、必要な価格レベル (つまり SKU) を把握する必要があります。When you create a new resource, you'll need to know the "kind" of service you want to use, along with the pricing tier (or SKU) you want. リソースを作成するときに、この情報と他の情報をパラメーターとして使用します。You'll use this and other information as parameters when creating the resource. 次の関数は、利用可能な Cognitive Service の "種類" を一覧表示します。The following function lists the available Cognitive Service "kinds."

async function list_available_kinds_skus_locations (client) {
    console.log ("Available SKUs:");
    var result = await client.list ();
    console.log("Kind\tSKU Name\tSKU Tier\tLocations");
    result.forEach (function (x) {
        var locations = x.locations.join(",");
        console.log(x.kind + "\t" + x.name + "\t" + x.tier + "\t" + locations);
    });
}

2 つの異なるリソースを使用して、Azure Cognitive Services にアクセスすることができます:マルチサービス リソース、または単一サービス リソース。You can access Azure Cognitive Services through two different resources: A multi-service resource, or a single-service one.

  • マルチサービス リソース:Multi-service resource:
    • 1 つのキーとエンドポイントを使用して複数の Azure Cognitive Services にアクセスします。Access multiple Azure Cognitive Services with a single key and endpoint.
    • ご利用の複数のサービスの課金を統合します。Consolidates billing from the services you use.
  • 単一サービス リソース:Single-service resource:
    • 作成されたサービスごとに一意のキーとエンドポイントを使用して、単一の Azure Cognitive Service にアクセスします。Access a single Azure Cognitive Service with a unique key and endpoint for each service created.
    • Free レベルを使用してサービスをお試しください。Use the free tier to try out the service.

SKU と価格の情報の一覧については、以下を参照してください。See the list of SKUs and pricing information below.

マルチサービスMulti-service

サービスService 種類Kind
複数のサービス。Multiple services. 詳細については、価格に関するページを参照してください。For more information, see the pricing page. CognitiveServices

視覚Vision

サービスService 種類Kind
Computer VisionComputer Vision ComputerVision
Custom Vision - PredictionCustom Vision - Prediction CustomVision.Prediction
Custom Vision - TrainingCustom Vision - Training CustomVision.Training
FaceFace Face
Form RecognizerForm Recognizer FormRecognizer
Ink RecognizerInk Recognizer InkRecognizer
サービスService 種類Kind
Bing AutosuggestBing Autosuggest Bing.Autosuggest.v7
Bing Custom SearchBing Custom Search Bing.CustomSearch
Bing Entity SearchBing Entity Search Bing.EntitySearch
Bing SearchBing Search Bing.Search.v7
Bing Spell CheckBing Spell Check Bing.SpellCheck.v7

音声Speech

サービスService 種類Kind
Speech ServicesSpeech Services SpeechServices
音声認識Speech Recognition SpeakerRecognition

言語Language

サービスService 種類Kind
Form UnderstandingForm Understanding FormUnderstanding
LUISLUIS LUIS
QnA MakerQnA Maker QnAMaker
Text AnalyticsText Analytics TextAnalytics
Text TranslationText Translation TextTranslation

決定Decision

サービスService 種類Kind
Anomaly DetectorAnomaly Detector AnomalyDetector
Content ModeratorContent Moderator ContentModerator
PersonalizerPersonalizer Personalizer

価格レベルと請求Pricing tiers and billing

価格レベル (および請求される金額) は、認証情報を使用して送信するトランザクションの数に基づきます。Pricing tiers (and the amount you get billed) are based on the number of transactions you send using your authentication information. 各価格レベルにより、以下が指定されます。Each pricing tier specifies the:

  • 1 秒あたりに許可されるトランザクションの最大数 (TPS)。maximum number of allowed transactions per second (TPS).
  • 価格レベル内で有効にされるサービス機能。service features enabled within the pricing tier.
  • 事前に定義された数のトランザクションのコスト。cost for a predefined number of transactions. この数を超えると、サービスの「価格の詳細」で指定されている追加料金が発生します。Going above this number will cause an extra charge as specified in the pricing details for your service.

注意

Cognitive Services の多くには、サービスを試すために使用できる無料レベルがあります。Many of the Cognitive Services have a free tier you can use to try the service. 無料レベルを使用するには、リソースの SKU として F0 を使用します。To use the free tier, use F0 as the SKU for your resource.

リソースを表示するView your resources

Azure アカウントのすべてのリソース (すべてのリソース グループにわたる) を表示するには、次の関数を使用します。To view all of the resources under your Azure account (across all resource groups), use the following function:

async function list_resources (client) {
    console.log ("Resources in resource group: " + resource_group_name);
    var result = await client.listByResourceGroup (resource_group_name);
    result.forEach (function (x) {
        console.log(x);
        console.log();
    });
}

リソースの削除Delete a resource

次の関数は、特定のリソース グループから指定されたリソースを削除します。The following function deletes the specified resource from the given resource group.

async function delete_resource (client, resource_name) {
    console.log ("Deleting resource: " + resource_name + "...");
    await client.deleteMethod (resource_group_name, resource_name)
    console.log ("Resource deleted.");
    console.log ();
}

アプリケーションの実行Run the application

スクリプトの末尾に以下のコードを追加して、エラー処理付きのメイン quickstart 関数を呼び出します。Add the following code to the bottom of your script to call your main quickstart function with error handling.

try {
    quickstart();
}
catch (error) {
    console.log(error);
}

次に、コンソール ウィンドウで node コマンドを使用して、アプリケーションを実行します。Then, in your console window, run the application with the node command.

node index.js

関連項目See also

リファレンス ドキュメント | ライブラリのソース コード | パッケージ (PyPi) | サンプルReference documentation | Library source code | Package (PyPi) | Samples

Python の前提条件Python prerequisites

Azure サービス プリンシパルを作成するCreate an Azure Service Principal

アプリケーションが Azure アカウントと対話できるようにするには、アクセス許可を管理するための Azure サービス プリンシパルが必要です。To have your application interact with your Azure account, you need an Azure service principal to manage permissions. Azure サービス プリンシパルの作成に関するページの手順に従ってください。Follow the instructions in Create an Azure service principal.

サービス プリンシパルを作成すると、それにシークレット値、ID、およびアプリケーション ID が含まれていることがわかります。When you create a service principal, you'll see it has a secret value, an ID, and an application ID. 後の手順のために、アプリケーション ID とシークレットを一時的な場所に保存します。Save the application ID and secret to a temporary location for later steps.

リソース グループを作成するCreate a resource group

Cognitive Services リソースを作成する前に、リソースを格納するための Azure リソース グループをアカウントに用意する必要があります。Before you create a Cognitive Services resource, your account must have an Azure resource group to contain the resource. リソース グループがまだ存在しない場合は、先に進む前に、Azure portal で作成します。If you don't already have a resource group, create one in the Azure portal before continuing.

新しい Python アプリケーションを作成するCreate a new Python application

お気に入りのエディターまたは IDE で新しい Python アプリケーションを作成し、コンソール ウィンドウでプロジェクトに移動します。Create a new Python application in your preferred editor or IDE and navigate to your project in a console window.

クライアント ライブラリをインストールするInstall the client library

次のようにして、クライアント ライブラリをインストールできます。You can install the client library with:

pip install azure-mgmt-cognitiveservices

Visual Studio IDE を使用している場合、クライアント ライブラリは、ダウンロード可能な NuGet パッケージとして入手できます。If you're using the Visual Studio IDE, the client library is available as a downloadable NuGet package.

ライブラリをインポートするImport libraries

Python スクリプトを開き、以下のライブラリをインポートします。Open your Python script and import the following libraries.

from msrestazure.azure_active_directory import ServicePrincipalCredentials
from azure.mgmt.cognitiveservices import CognitiveServicesManagementClient
from azure.mgmt.cognitiveservices.models import CognitiveServicesAccount, Sku

クライアントを認証するAuthenticate the client

スクリプトのルートに以下のフィールドを追加し、作成したサービス プリンシパルと Azure アカウント情報を使用して値を指定します。Add the following fields to the root of your script and fill in their values, using the service principal you created and your Azure account information.

# Be sure to use the service pricipal application ID, not simply the ID. 
service_principal_application_id = "MY-SERVICE-PRINCIPAL-APPLICATION-ID"
service_principal_secret = "MY-SERVICE-PRINCIPAL-SECRET"

# The ID of your Azure subscription. You can find this in the Azure Dashboard under Home > Subscriptions.
subscription_id = "MY-SUBSCRIPTION-ID"

# The Active Directory tenant ID. You can find this in the Azure Dashboard under Home > Azure Active Directory.
tenant_id = "MY-TENANT-ID"

# The name of the Azure resource group in which you want to create the resource.
# You can find resource groups in the Azure Dashboard under Home > Resource groups.
resource_group_name = "MY-RESOURCE-GROUP"

次に、次のコードを追加して、CognitiveServicesManagementClient オブジェクトを構築します。Then add the following code to construct a CognitiveServicesManagementClient object. このオブジェクトは、すべての Azure 管理操作に必要です。This object is needed for all of your Azure management operations.

credentials = ServicePrincipalCredentials(service_principal_application_id, service_principal_secret, tenant=tenant_id)
client = CognitiveServicesManagementClient(credentials, subscription_id)

Cognitive Services リソースを作成する (Python)Create a Cognitive Services resource (Python)

新しい Cognitive Services リソースを作成してサブスクライブするには、Create 関数を使用します。To create and subscribe to a new Cognitive Services resource, use the Create function. この関数で、渡したリソース グループに新しい課金対象リソースが追加されます。This function adds a new billable resource to the resource group you pass in. 新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの "種類"、その価格レベル (つまり SKU)、および Azure の場所を把握している必要があります。When you create your new resource, you'll need to know the "kind" of service you want to use, along with its pricing tier (or SKU) and an Azure location. 次の関数は、これらのすべての引数を受け取り、リソースを作成します。The following function takes all of these arguments and creates a resource.

def create_resource (resource_name, kind, sku_name, location):
    print("Creating resource: " + resource_name + "...")
# The parameter "properties" must be an empty object.
    parameters = CognitiveServicesAccount(sku=Sku(name=sku_name), kind=kind, location=location, properties={})
    result = client.accounts.create(resource_group_name, resource_name, parameters)
    print("Resource created.")
    print()
    print("ID: " + result.id)
    print("Name: " + result.name)
    print("Type: " + result.type)
    print()

サービスと価格レベルを選択するChoose a service and pricing tier

新しいリソースを作成するときには、使用するサービスの "種類" と、必要な価格レベル (つまり SKU) を把握する必要があります。When you create a new resource, you'll need to know the "kind" of service you want to use, along with the pricing tier (or SKU) you want. リソースを作成するときに、この情報と他の情報をパラメーターとして使用します。You'll use this and other information as parameters when creating the resource. 次の関数は、利用可能な Cognitive Service の "種類" を一覧表示します。The following function lists the available Cognitive Service "kinds."

def list_available_kinds_skus_locations():
    print("Available SKUs:")
    result = client.resource_skus.list()
    print("Kind\tSKU Name\tSKU Tier\tLocations")
    for x in result:
        locations = ",".join(x.locations)
        print(x.kind + "\t" + x.name + "\t" + x.tier + "\t" + locations)

2 つの異なるリソースを使用して、Azure Cognitive Services にアクセスすることができます:マルチサービス リソース、または単一サービス リソース。You can access Azure Cognitive Services through two different resources: A multi-service resource, or a single-service one.

  • マルチサービス リソース:Multi-service resource:
    • 1 つのキーとエンドポイントを使用して複数の Azure Cognitive Services にアクセスします。Access multiple Azure Cognitive Services with a single key and endpoint.
    • ご利用の複数のサービスの課金を統合します。Consolidates billing from the services you use.
  • 単一サービス リソース:Single-service resource:
    • 作成されたサービスごとに一意のキーとエンドポイントを使用して、単一の Azure Cognitive Service にアクセスします。Access a single Azure Cognitive Service with a unique key and endpoint for each service created.
    • Free レベルを使用してサービスをお試しください。Use the free tier to try out the service.

SKU と価格の情報の一覧については、以下を参照してください。See the list of SKUs and pricing information below.

マルチサービスMulti-service

サービスService 種類Kind
複数のサービス。Multiple services. 詳細については、価格に関するページを参照してください。For more information, see the pricing page. CognitiveServices

視覚Vision

サービスService 種類Kind
Computer VisionComputer Vision ComputerVision
Custom Vision - PredictionCustom Vision - Prediction CustomVision.Prediction
Custom Vision - TrainingCustom Vision - Training CustomVision.Training
FaceFace Face
Form RecognizerForm Recognizer FormRecognizer
Ink RecognizerInk Recognizer InkRecognizer
サービスService 種類Kind
Bing AutosuggestBing Autosuggest Bing.Autosuggest.v7
Bing Custom SearchBing Custom Search Bing.CustomSearch
Bing Entity SearchBing Entity Search Bing.EntitySearch
Bing SearchBing Search Bing.Search.v7
Bing Spell CheckBing Spell Check Bing.SpellCheck.v7

音声Speech

サービスService 種類Kind
Speech ServicesSpeech Services SpeechServices
音声認識Speech Recognition SpeakerRecognition

言語Language

サービスService 種類Kind
Form UnderstandingForm Understanding FormUnderstanding
LUISLUIS LUIS
QnA MakerQnA Maker QnAMaker
Text AnalyticsText Analytics TextAnalytics
Text TranslationText Translation TextTranslation

決定Decision

サービスService 種類Kind
Anomaly DetectorAnomaly Detector AnomalyDetector
Content ModeratorContent Moderator ContentModerator
PersonalizerPersonalizer Personalizer

価格レベルと請求Pricing tiers and billing

価格レベル (および請求される金額) は、認証情報を使用して送信するトランザクションの数に基づきます。Pricing tiers (and the amount you get billed) are based on the number of transactions you send using your authentication information. 各価格レベルにより、以下が指定されます。Each pricing tier specifies the:

  • 1 秒あたりに許可されるトランザクションの最大数 (TPS)。maximum number of allowed transactions per second (TPS).
  • 価格レベル内で有効にされるサービス機能。service features enabled within the pricing tier.
  • 事前に定義された数のトランザクションのコスト。cost for a predefined number of transactions. この数を超えると、サービスの「価格の詳細」で指定されている追加料金が発生します。Going above this number will cause an extra charge as specified in the pricing details for your service.

注意

Cognitive Services の多くには、サービスを試すために使用できる無料レベルがあります。Many of the Cognitive Services have a free tier you can use to try the service. 無料レベルを使用するには、リソースの SKU として F0 を使用します。To use the free tier, use F0 as the SKU for your resource.

リソースを表示するView your resources

Azure アカウントのすべてのリソース (すべてのリソース グループにわたる) を表示するには、次の関数を使用します。To view all of the resources under your Azure account (across all resource groups), use the following function:

def list_resources():
    print("Resources in resource group: " + resource_group_name)
    result = client.accounts.list_by_resource_group(resource_group_name)
    for x in result:
        print(x)
        print()

リソースの削除Delete a resource

次の関数は、特定のリソース グループから指定されたリソースを削除します。The following function deletes the specified resource from the given resource group.

def delete_resource(resource_name) :
    print("Deleting resource: " + resource_name + "...")
    client.accounts.delete(resource_group_name, resource_name)
    print("Resource deleted.")

管理関数を呼び出すCall management functions

以下のコードをスクリプトの末尾に追加して、上の関数を呼び出します。Add the following code to the bottom of your script to call the above functions. このコードは、使用可能なリソースの一覧表示、サンプル リソースの作成、所有しているリソースの一覧表示、およびサンプル リソースの削除を行います。This code lists available resources, creates a sample resource, lists your owned resources, and then deletes the sample resource.

# Uncomment this to list all available resource kinds, SKUs, and locations for your Azure account.
list_available_kinds_skus_locations()

# Create a resource with kind Text Translation, SKU F0 (free tier), location global.
create_resource("test_resource", "TextTranslation", "F0", "Global")

# Uncomment this to list all resources for your Azure account.
list_resources()

# Delete the resource.
delete_resource("test_resource")

アプリケーションの実行Run the application

コマンド ラインで python コマンドを使用して、アプリケーションを実行します。Run your application from the command line with the python command.

python <your-script-name>.py

関連項目See also