クイックスタート: Azure portal を使用して Cognitive Services リソースを作成するQuickstart: Create a Cognitive Services resource using the Azure portal

このクイックスタートを使用して、Azure Cognitive Services の使用を開始します。Use this quickstart to start using Azure Cognitive Services. Azure portal で Cognitive Services リソースを作成すると、アプリケーションの認証を行うためのエンドポイントとキーが得られます。After creating a Cognitive Service resource in the Azure portal, you'll get an endpoint and a key for authenticating your applications.

Azure Cognitive Services は、開発者が直接的な人工知能 (AI) またはデータ サイエンスのスキルや知識がなくてもコグニティブかつインテリジェントなアプリケーションを構築できる、REST API シリーズとクライアント ライブラリ SDK を含むクラウドベースのサービスです。Azure Cognitive Services are cloud-based services with REST APIs, and client library SDKs available to help developers build cognitive intelligence into applications without having direct artificial intelligence (AI) or data science skills or knowledge. 開発者は Azure Cognitive Services を使用して、見たり、聞いたり、話したり、理解したり、推論し始めたりできるコグニティブ ソリューションを使用したコグニティブ機能をそのアプリケーションに容易に追加することができます。Azure Cognitive Services enables developers to easily add cognitive features into their applications with cognitive solutions that can see, hear, speak, understand, and even begin to reason.

2 つの異なるリソースを使用して、Azure Cognitive Services にアクセスすることができます:マルチサービス リソース、または単一サービス リソース。You can access Azure Cognitive Services through two different resources: A multi-service resource, or a single-service one.

  • マルチサービス リソース:Multi-service resource:
    • 1 つのキーとエンドポイントを使用して複数の Azure Cognitive Services にアクセスします。Access multiple Azure Cognitive Services with a single key and endpoint.
    • ご利用の複数のサービスの課金を統合します。Consolidates billing from the services you use.
  • 単一サービス リソース:Single-service resource:
    • 作成されたサービスごとに一意のキーとエンドポイントを使用して、単一の Azure Cognitive Service にアクセスします。Access a single Azure Cognitive Service with a unique key and endpoint for each service created.
    • Free レベルを使用してサービスをお試しください。Use the free tier to try out the service.

前提条件Prerequisites

新しい Azure Cognitive Services リソースを作成するCreate a new Azure Cognitive Services resource

  1. リソースを作成します。Create a resource.

    マルチサービス リソースには、ポータルで Cognitive Services という名前が付けられます。The multi-service resource is named Cognitive Services in the portal. Cognitive Services リソースを作成しますCreate a Cognitive Services resource.

    現在、マルチサービス リソースでは次の Cognitive Services にアクセスできます。At this time, the multi-service resource enables access to the following Cognitive Services:

    • Computer VisionComputer Vision
    • Content ModeratorContent Moderator
    • FaceFace
    • Language Understanding (LUIS)Language Understanding (LUIS)
    • Text AnalyticsText Analytics
    • [変換者]Translator
    • Bing Search v7Bing Search v7
      (Web、画像、ニュース、ビデオ、ビジュアル)(Web, Image, News, Video, Visual)
    • Bing Custom SearchBing Custom Search
    • Bing Entity SearchBing Entity Search
    • Bing AutosuggestBing Autosuggest
    • Bing Spell CheckBing Spell Check
  2. [作成] ページで、次の情報を指定します。On the _ Create* page, provide the following information:

    名前Name Cognitive Sservices リソースのわかりやすい名前。A descriptive name for your cognitive services resource. 例: MyCognitiveServicesResourceFor example, MyCognitiveServicesResource.
    サブスクリプションSubscription 使用できる Azure サブスクリプションのいずれかを選択します。Select one of your available Azure subscriptions.
    場所Location Cognitive Services インスタンスの場所。The location of your cognitive service instance. 別の場所を選択すると待機時間が生じる可能性がありますが、リソースのランタイムの可用性には影響しません。Different locations may introduce latency, but have no impact on the runtime availability of your resource.
    価格レベルPricing tier Cognitive Services アカウントのコストは、選択しているオプションと使用量によって異なります。The cost of your Cognitive Services account depends on the options you choose and your usage. 詳細については、「API の価格の詳細」をご覧ください。For more information, see the API pricing details.
    リソース グループResource group Cognitive Services リソースを含むことになる Azure リソース グループ。The Azure resource group that will contain your Cognitive Services resource. 新しいグループを作成することも、既存のグループに追加することもできます。You can create a new group or add it to a pre-existing group.

    マルチサービス リソースのリソース作成画面

    Create をクリックしてください。Click Create.

ヒント

サブスクリプションで Cognitive Service リソースを作成できない場合は、Azure portalPowerShell コマンド、または Azure CLI コマンドを使用して、Azure リソース プロバイダーの機能を有効にする必要がある場合があります。If your subscription doesn't allow you to create a Cognitive Service resource, you may need to enable that ability of the Azure resource provider with the Azure portal, PowerShell command or an Azure CLI command. サブスクリプションの所有者でない場合は、サブスクリプションの所有者、または_管理者_のロールを持つユーザーに、登録の完了またはアカウントに付与されている /register/action 特権を要求します。If you are not the subscription owner, ask the Subscription Owner or someone with a role of admin to complete the registration for you or ask for the /register/action privileges granted to your account.

リソースのキーを取得するGet the keys for your resource

  1. リソースが正常にデプロイされたら、 [次の手順][リソースに移動] をクリックします。After your resource is successfully deployed, click on _ Go to resource* under Next Steps.

    Cognitive Services を検索する

  2. 開かれたクイックスタート ウィンドウで、キーとエンドポイントにアクセスできます。From the quickstart pane that opens, you can access your key and endpoint.

    キーとエンドポイントを取得する

認証用の環境変数を構成するConfigure an environment variable for authentication

アプリケーションは、使用する Cognitive Services へのアクセスを認証する必要があります。Applications need to authenticate access to the Cognitive Services they use. 認証するために、Azure リソースのキーを格納する環境変数を作成することをお勧めします。To authenticate, we recommend creating an environment variable to store the keys for your Azure Resources.

キーを用意したら、アプリケーションを実行しているローカル マシンの新しい環境変数に書き込みます。After you have your key, write it to a new environment variable on the local machine running the application. 環境変数を設定するには、コンソール ウィンドウを開いて、お使いのオペレーティング システムの手順に従います。To set the environment variable, open a console window, and follow the instructions for your operating system. your-key をお使いのリソースのいずれかのキーで置き換えます。Replace your-key with one of the keys for your resource.

setx COGNITIVE_SERVICE_KEY "your-key"

実行中のプログラムのうち、環境変数の読み取りを必要とするプログラム (コンソール ウィンドウを含む) については、環境変数を追加した後で再起動が必要となる場合があります。After you add the environment variable, you may need to restart any running programs that will need to read the environment variable, including the console window. たとえば、Visual Studio をエディターとして使用している場合、サンプルを実行する前に Visual Studio を再起動します。For example, if you are using Visual Studio as your editor, restart Visual Studio before running the example.

リソースをクリーンアップするClean up resources

Cognitive Services サブスクリプションをクリーンアップして削除したい場合は、リソースまたはリソース グループを削除することができます。If you want to clean up and remove a Cognitive Services subscription, you can delete the resource or resource group. リソース グループを削除すると、そのグループに含まれている他のリソースも削除されます。Deleting the resource group also deletes any other resources contained in the group.

  1. Azure Portal で左側のメニューを展開してサービスのメニューを開き、 [リソース グループ] を選択して、リソース グループの一覧を表示します。In the Azure portal, expand the menu on the left side to open the menu of services, and choose Resource Groups to display the list of your resource groups.
  2. 削除するリソースが含まれているリソース グループを見つけますLocate the resource group containing the resource to be deleted
  3. リソース グループの一覧を右クリックします。Right-click on the resource group listing. [リソース グループの削除] を選択し、確認します。Select Delete resource group, and confirm.

関連項目See also