Azure Cognitive Services の診断ログを有効にするEnable diagnostic logging for Azure Cognitive Services

このガイドでは、Azure Cognitive Service の診断ログを有効にするための詳細な手順について説明します。This guide provides step-by-step instructions to enable diagnostic logging for an Azure Cognitive Service. これらのログでは、問題の識別やデバッグに使用されるリソースの操作に関する豊富で頻繁なデータが提供されます。These logs provide rich, frequent data about the operation of a resource that are used for issue identification and debugging. 続行する前に、少なくとも 1 つの Cognitive Service (Bing Web SearchSpeech ServicesLUIS など) へのサブスクリプションを持つ Azure アカウントが必要です。Before you continue, you must have an Azure account with a subscription to at least one Cognitive Service, such as Bing Web Search, Speech Services, or LUIS.

前提条件Prerequisites

診断ログを有効にするには、ログ データを格納する場所が必要になります。To enable diagnostic logging, you'll need somewhere to store your log data. このチュートリアルでは、Azure Storage と Log Analytics を使用します。This tutorial uses Azure Storage and Log Analytics.

  • Azure Storage - ポリシー監査、静的解析、またはバックアップの診断ログを保持します。Azure storage - Retains diagnostic logs for policy audit, static analysis, or backup. 設定を構成するユーザーが両方のサブスクリプションに対して適切な Azure RBAC アクセスを持っている限り、ストレージ アカウントはログを出力するリソースと同じサブスクリプションに属している必要はありません。The storage account does not have to be in the same subscription as the resource emitting logs as long as the user who configures the setting has appropriate Azure RBAC access to both subscriptions.
  • Log Analytics - Azure リソースによって生成された生ログの分析を可能にする柔軟なログ検索および分析ツール。Log Analytics - A flexible log search and analytics tool that allows for analysis of raw logs generated by an Azure resource.

注意

その他の構成オプションも使用できます。Additional configuration options are available. 詳細については、Azure リソースからのログ データの収集と使用に関するページを参照してください。To learn more, see Collect and consume log data from your Azure resources.

診断ログの収集を有効にするEnable diagnostic log collection

最初に、Azure portal を使用して診断ログを有効にします。Let's start by enabling diagnostic logging using the Azure portal.

注意

PowerShell または Azure CLI を使用してこの機能を有効にするには、Azure リソースからのログ データの収集と使用に関するページに示されている手順を使用します。To enable this feature using PowerShell or the Azure CLI, use the instructions provided in Collect and consume log data from your Azure resources.

  1. Azure Portal に移動します。Navigate to the Azure portal. 次に、Cognitive Services リソースを見つけて選択します。Then locate and select a Cognitive Services resource. たとえば、Bing Web Search へのサブスクリプションを選択します。For example, your subscription to Bing Web Search.
  2. 次に、左側のナビゲーション メニューから、 [監視] を見つけて [診断設定] を選択します。Next, from the left-hand navigation menu, locate Monitoring and select Diagnostic settings. この画面には、このリソースに対して前に作成したすべての診断設定が含まれています。This screen contains all previously created diagnostic settings for this resource.
  3. 前に作成したリソースで使用したいものが存在する場合は、ここでそれを選択できます。If there is a previously created resource that you'd like to use, you can select it now. それ以外の場合は、 [+ Add diagnostic setting] (+ 診断設定の追加) を選択します。Otherwise, select + Add diagnostic setting.
  4. 設定の名前を入力します。Enter a name for the setting. 次に、 [ストレージ アカウントへのアーカイブ] および [Log Analytics への送信] を選択します。Then select Archive to a storage account and Send to log Analytics.
  5. 構成するよう求めるメッセージが表示されたら、診断ログを格納するために使用するストレージ アカウントと OMS ワークスペースを選択します。When prompted to configure, select the storage account and OMS workspace that you'd like to use to store you diagnostic logs. :ストレージ アカウントまたは OMS ワークスペースがない場合は、プロンプトに従って作成してください。Note : If you don't have a storage account or OMS workspace, follow the prompts to create one.
  6. [Audit][RequestResponse] 、および [AllMetrics] を選択します。Select Audit , RequestResponse , and AllMetrics. 次に、診断ログ データの保持期間を設定します。Then set the retention period for your diagnostic log data. 保持ポリシーが 0 に設定されていると、そのログ カテゴリのイベントは無期限に格納されます。If a retention policy is set to zero, events for that log category are stored indefinitely.
  7. [保存] をクリックします。Click Save.

ログ データがクエリや分析に使用できるようになるまでに最大 2 時間かかることがあります。It can take up to two hours before logging data is available to query and analyze. そのため、すぐには何も表示されなくても気にしないでください。So don't worry if you don't see anything right away.

Azure Storage の診断データを表示およびエクスポートするView and export diagnostic data from Azure Storage

Azure Storage は、大量の非構造化データを格納するために最適化された、強力なオブジェクト ストレージ ソリューションです。Azure Storage is a robust object storage solution that is optimized for storing large amounts of unstructured data. このセクションでは、ストレージ アカウントにクエリを実行して 30 日間の合計トランザクションを取得し、そのデータを Excel にエクスポートする方法について説明します。In this section, you'll learn to query your storage account for total transactions over a 30-day timeframe and export the data to excel.

  1. Azure portal から、最後のセクションで作成した Azure Storage リソースを見つけます。From the Azure portal, locate the Azure Storage resource that you created in the last section.
  2. 左側のナビゲーション メニューから、 [監視] を見つけて [メトリック] を選択します。From the left-hand navigation menu, locate Monitoring and select Metrics.
  3. 使用可能なドロップダウンを使用してクエリを構成します。Use the available drop-downs to configure your query. この例では、時間範囲を [過去 30 日間] に、メトリックを [トランザクション] に設定します。For this example, let's set the time range to Last 30 days and the metric to Transaction.
  4. クエリが完了すると、過去 30 日間のトランザクションの視覚化が表示されます。When the query is complete, you'll see a visualization of transaction over the last 30 days. このデータをエクスポートするには、ページの上部にある [Excel へのエクスポート] ボタンを使用します。To export this data, use the Export to Excel button located at the top of the page.

診断データで実行できる操作の詳細については、Azure Storage に関するページを参照してください。Learn more about what you can do with diagnostic data in Azure Storage.

Log Analytics ログを表示するView logs in Log Analytics

リソースに対するログ分析データを調査するには、次の手順に従います。Follow these instructions to explore log analytics data for your resource.

  1. Azure portal で、左側のナビゲーション メニューから [Log Analytics] を見つけて選択します。From the Azure portal, locate and select Log Analytics from the left-hand navigation menu.
  2. 診断を有効にするときに作成したリソースを見つけて選択します。Locate and select the resource you created when enabling diagnostics.
  3. [全般] で、 [ログ] を見つけて選択します。Under General , locate and select Logs. このページから、ログに対してクエリを実行できます。From this page, you can run queries against your logs.

サンプル クエリSample queries

ログ データを調査するために使用できるいくつかの基本的な Kusto クエリを次に示します。Here are a few basic Kusto queries you can use to explore your log data.

指定した期間の Azure Cognitive Services のすべての診断ログを表示するには、次のクエリを実行します。Run this query for all diagnostic logs from Azure Cognitive Services for a specified time period:

AzureDiagnostics
| where ResourceProvider == "MICROSOFT.COGNITIVESERVICES"

最新の 10 件のログを表示するには、次のクエリを実行します。Run this query to see the 10 most recent logs:

AzureDiagnostics
| where ResourceProvider == "MICROSOFT.COGNITIVESERVICES"
| take 10

リソース で操作をグループ化するには、次のクエリを実行します。Run this query to group operations by Resource :

AzureDiagnostics
| where ResourceProvider == "MICROSOFT.COGNITIVESERVICES" |
summarize count() by Resource

操作を実行するためにかかる平均時間を見つけるには、次のクエリを実行します。Run this query to find the average time it takes to perform an operation:

AzureDiagnostics
| where ResourceProvider == "MICROSOFT.COGNITIVESERVICES"
| summarize avg(DurationMs)
by OperationName

OperationName によって分割された一定期間の操作の量と、10 秒ごとにビン分割された数を表示するには、次のクエリを実行します。Run this query to view the volume of operations over time split by OperationName with counts binned for every 10s.

AzureDiagnostics
| where ResourceProvider == "MICROSOFT.COGNITIVESERVICES"
| summarize count()
by bin(TimeGenerated, 10s), OperationName
| render areachart kind=unstacked

次のステップNext steps