Azure Face API とはWhat is the Azure Face API?

Azure Cognitive Services Face API は、画像に含まれている人の顔の検出、認識、分析に使用されるアルゴリズムを備えています。The Azure Cognitive Services Face API provides algorithms that are used to detect, recognize, and analyze human faces in images. 人の顔の情報を処理する機能は、多種多様なソフトウェア シナリオで重要です。The ability to process human face information is important in many different software scenarios. シナリオの例として、セキュリティ、自然なユーザー インターフェイス、画像コンテンツの分析と管理、モバイル アプリ、ロボティクスなどがあります。Example scenarios are security, natural user interface, image content analysis and management, mobile apps, and robotics.

Face API にはいくつかの異なる機能があります。The Face API provides several different functions. それぞれの機能について以降のセクションで説明します。Each function is outlined in the following sections. これらの詳細については、後の説明を参照してください。Read on to learn more about them.

顔検出Face detection

Face API では、画像に含まれている人の顔を検出し、その位置の四角形の座標を返します。The Face API detects human faces in an image and returns the rectangle coordinates of their locations. 顔検出ではオプションとして、顔関連の属性を抽出できます。Optionally, face detection can extract a series of face-related attributes. たとえば、頭部姿勢、性別、年齢、感情、顔ひげ、眼鏡です。Examples are head pose, gender, age, emotion, facial hair, and glasses.

注意

顔検出機能は Computer Vision API でも利用できます。The face detection feature is also available through the Computer Vision API. 顔のデータを使ってさらに操作を行いたい場合は、Face API (この記事で説明するサービス) を使用してください。If you want to do further operations with face data, use the Face API, which is the service discussed in this article.

女性と男性の画像 (それぞれの顔の周囲に四角形が描かれ、年齢と性別が表示されている)

顔検出の詳細については、顔検出の概念に関するページを参照してください。For more information on face detection, see the Face detection concepts article. また、Detect API リファレンス ドキュメントも参照してください。Also see the Detect API reference documentation.

顔検証Face verification

Verify API は、検出された 2 つの顔に対する認証、または検出された 1 つの顔から 1 つの人物オブジェクトに対する認証を実行します。The Verify API performs an authentication against two detected faces or from one detected face to one person object. 実質的には、2 つの顔が同一人物のものであるかどうかを評価します。Practically, it evaluates whether two faces belong to the same person. この機能は、セキュリティのシナリオで役立つ可能性があります。This capability is potentially useful in security scenarios. 詳細については、顔認識の概念のガイドまたは Verify API リファレンス ドキュメントを参照してください。For more information, see the Face recognition concepts guide or the Verify API reference documentation.

似た顔の検索Find similar faces

Find Similar API では、ターゲットの顔と候補となる一連の顔を比較して、ターゲットの顔によく似ている一連の顔を見つけます。The Find Similar API compares a target face with a set of candidate faces to find a smaller set of faces that look similar to the target face. matchPerson と matchFace の 2 つの動作モードがサポートされています。Two working modes, matchPerson and matchFace, are supported. matchPerson モードでは、Verify API を使用して同一人物についてフィルター処理が行われた後、似た顔が返されます。The matchPerson mode returns similar faces after it filters for the same person by using the Verify API. matchFace モードでは、同一人物フィルターは無視されます。The matchFace mode ignores the same-person filter. 同一人物のものであるかどうかに関係なく、似ている顔の候補のリストが返されます。It returns a list of similar candidate faces that might or might not belong to the same person.

ターゲットの顔の例を次に示します。The following example shows the target face:

笑顔の女性

そして候補となる顔は次のとおりです。And these are the candidate faces:

笑っている人々の 5 つの画像。

4 つの似た顔を検索する場合、matchPerson モードではターゲットの顔と同じ人を表す a と b が返されます。To find four similar faces, the matchPerson mode returns a and b, which show the same person as the target face. matchFace モードでは、ターゲットと同一人物でなくても、また類似性が低くても厳密に 4 つの候補が返されるので、a、b、c、d が返されます。The matchFace mode returns a, b, c, and d, exactly four candidates, even if some aren't the same person as the target or have low similarity. 詳細については、顔認識の概念のガイドまたは Find Similar API リファレンス ドキュメントを参照してください。For more information, see the Face recognition concepts guide or the Find Similar API reference documentation.

顔のグループ化Face grouping

Group API では、未知の顔の集合が、類似性に基づいて複数のグループに分けられます。The Group API divides a set of unknown faces into several groups based on similarity. それぞれのグループは、元の顔の集合から得られる、互いに素な真部分集合です。Each group is a disjoint proper subset of the original set of faces. グループ内のすべての顔は、同じ人物に属する可能性があります。All of the faces in a group are likely to belong to the same person. 1 人の人物について、いくつかの異なるグループが存在する可能性があります。There can be several different groups for a single person. グループは、たとえば表情などの別の要因によって区別されます。The groups are differentiated by another factor, such as expression, for example. 詳細については、顔認識の概念のガイドまたは Group API リファレンス ドキュメントを参照してください。For more information, see the Face recognition concepts guide or the Group API reference documentation.

人物の特定Person identification

Identify API を使用して、人のデータベースと照らして、検出された顔を識別します。The Identify API is used to identify a detected face against a database of people. この機能は、写真管理ソフトウェアにおける画像の自動タグ付けに役立つ可能性があります。This feature might be useful for automatic image tagging in photo management software. データベースは事前に作成しておき、後で編集できます。You create the database in advance, and you can edit it over time.

次の画像は、"myfriends" という名前のデータベースの例を示しています。The following image shows an example of a database named "myfriends". 各グループは、最大で 100 万個の異なる person オブジェクトを含むことができます。Each group can contain up to 1 million different person objects. 各 person オブジェクトには最大で 248 個の顔を登録できます。Each person object can have up to 248 faces registered.

それぞれ異なる人物に対応する 3 つの列とそれぞれ 3 行の顔の画像から成るグリッド

データベースを作成してトレーニングした後、新しく検出された顔を含むグループに対して識別を実行できます。After you create and train a database, you can perform identification against the group with a new detected face. 顔がグループ内の person として識別された場合、その person オブジェクトが返されます。If the face is identified as a person in the group, the person object is returned.

人物の特定の詳細については、顔認識の概念のガイドまたは Identify API リファレンス ドキュメントを参照してください。For more information about person identification, see the Face recognition concepts guide or the Identify API reference documentation.

コンテナーの使用Use containers

標準化された Docker コンテナーをデータの近くにインストールすることによって、Face コンテナーを使用して顔を検出、認識、識別します。Use the Face container to detect, recognize, and identify faces by installing a standardized Docker container closer to your data.

サンプル アプリSample apps

以下のサンプル アプリケーションは、Face API のいくつかの使用方法を示しています。The following sample applications show a few ways to use the Face API:

データのプライバシーとセキュリティData privacy and security

Cognitive Services リソース全般に言えることですが、Face サービスを使用する開発者は、顧客データに関する Microsoft のポリシーに留意する必要があります。As with all of the Cognitive Services resources, developers who use the Face service must be aware of Microsoft's policies on customer data. 詳細については、Microsoft セキュリティ センターの Cognitive Services のページを参照してください。For more information, see the Cognitive Services page on the Microsoft Trust Center.

次の手順Next steps

クイック スタートに従って、顔検出のシナリオをコードで実装します。Follow a quickstart to implement a face-detection scenario in code: