QnA Maker のリソースを管理するManage QnA Maker resources

QnA Maker のナレッジ ベースを作成する前に、まず Azure で QnA Maker サービスをセットアップしておく必要があります。Before you can create any QnA Maker knowledge bases, you must first set up a QnA Maker service in Azure. QnA Maker サービスは、サブスクリプション内で新しいリソースを作成することが認可されているユーザーであれば、だれでもセットアップできます。Anyone with authorization to create new resources in a subscription can set up a QnA Maker service.

リソースを作成する前に、次の概念について十分に理解しておくことをお勧めします。A solid understanding of the following concepts is helpful before creating your resource:

新しい QnA Maker サービスの作成Create a new QnA Maker service

この手順では、ナレッジ ベースのコンテンツを管理するために必要な Azure リソースを作成します。This procedure creates the Azure resources needed to manage the knowledge base content. これらの手順を完了すると、Azure portal のリソース用の [キー] ページに、サブスクリプション キーが表示されます。After you complete these steps, you'll find the subscription keys on the Keys page for the resource in the Azure portal.

  1. Azure portal にサインインし、QnA Maker リソースを作成します。Sign in to the Azure portal and create a QnA Maker resource.

  2. 使用条件を読んだ後、 [作成] を選択します。Select Create after you read the terms and conditions:

    新しい QnA Maker サービスの作成

  3. QnA Maker で、適切なレベルとリージョンを選択します。In QnA Maker, select the appropriate tiers and regions:

    新しい QnA Maker サービスを作成する - 価格レベルとリージョン

    • [名前] フィールドに、この QnA Maker サービスを識別する一意の名前を入力します。In the Name field, enter a unique name to identify this QnA Maker service. ナレッジ ベースが関連付けられる QnA Maker のエンドポイントも、この名前によって識別されます。This name also identifies the QnA Maker endpoint that your knowledge bases will be associated with.

    • QnA Maker リソースのデプロイ先となる サブスクリプション を選択します。Choose the Subscription under which the QnA Maker resource will be deployed.

    • QnA Maker 管理サービス (ポータルおよび Management API) の 価格レベル を選択します。Select the Pricing tier for the QnA Maker management services (portal and management APIs). 詳細については、SKU の価格に関するページをご覧ください。See more details about SKU pricing.

    • この QnA Maker リソースのデプロイ先として、新しい リソース グループ を作成する (推奨) か、既存のリソース グループを使用します。Create a new Resource group (recommended) or use an existing one in which to deploy this QnA Maker resource. QnA Maker はいくつかの Azure リソースを作成します。QnA Maker creates several Azure resources. これらのリソースを保持するリソース グループを作成すると、リソースの検索、管理、および削除を、リソース グループ名によって簡単に実行できます。When you create a resource group to hold these resources, you can easily find, manage, and delete these resources by the resource group name.

    • リソース グループの場所 を選択します。Select a Resource group location.

    • Azure Cognitive Search サービスの 検索価格レベル を選択します。Choose the Search pricing tier of the Azure Cognitive Search service. Free レベル オプションを利用できない (灰色表示されている) 場合、それは、ご利用のサブスクリプションで Free サービスが既にデプロイされていることを意味します。If the Free tier option is unavailable (appears dimmed), it means you already have a free service deployed through your subscription. その場合は、Basic レベルから開始する必要があります。In that case, you'll need to start with the Basic tier. Azure Cognitive Search の価格の詳細に関するページを参照してください。See Azure Cognitive Search pricing details.

    • Azure Cognitive Search インデックスのデプロイ先となる 検索場所 を選択します。Choose the Search location where you want Azure Cognitive Search indexes to be deployed. 顧客データをどの場所に格納する必要があるかの制限に基づいて、Azure Cognitive Search で使用する場所を選択できます。Restrictions on where customer data must be stored will help determine the location you choose for Azure Cognitive Search.

    • [アプリ名] フィールドに、Azure App Service インスタンスの名前を入力します。In the App name field, enter a name for your Azure App Service instance.

    • App Service の既定のレベルは Standard (S1) になります。By default, App Service defaults to the standard (S1) tier. このプランは、作成後に変更することができます。You can change the plan after creation. 詳細については、「App Service の価格」をご覧ください。Learn more about App Service pricing.

    • App Service のデプロイ先となる Web サイトの場所 を選択します。Choose the Website location where App Service will be deployed.

      注意

      検索場所Web サイトの場所 と異なっていてもかまいません。The Search Location can differ from the Website Location.

    • Application Insights を有効にするかどうかを選択します。Choose whether or not you want to enable Application Insights. Application Insights を有効にした場合、トラフィック、チャットのログ、エラーに関するテレメトリが QnA Maker によって収集されます。If Application Insights is enabled, QnA Maker collects telemetry on traffic, chat logs, and errors.

    • Application Insights リソースのデプロイ先となる App Insights の場所 を選択します。Choose the App insights location where the Application Insights resource will be deployed.

    • コスト削減対策として、QnA Maker 用に作成する Azure リソースのすべてではなく、一部を共有することができます。For cost savings measures, you can share some but not all Azure resources created for QnA Maker.

  4. すべてのフィールドを確認した後、 [作成] を選択します。After all the fields are validated, select Create. プロセスが完了するまでに数分かかることがあります。The process can take a few minutes to complete.

  5. デプロイが完了すると、サブスクリプション内に次のリソースが作成されていることがわかります。After deployment is completed, you'll see the following resources created in your subscription:

    リソースによって新しい QnA Maker サービスが作成された

    種類が Cognitive Services であるリソースには、サブスクリプション キーがあります。The resource with the Cognitive Services type has your subscription keys.

QnA Maker の SKU をアップグレードするUpgrade QnA Maker SKU

現在のレベルよりも多くの質問と回答をナレッジ ベースに含めたい場合は、QnA Maker サービスの価格レベルをアップグレードします。When you want to have more questions and answers in your knowledge base, beyond your current tier, upgrade your QnA Maker service pricing tier.

QnA Maker 管理 SKU をアップグレードするには、次の手順に従います。To upgrade the QnA Maker management SKU:

  1. Azure portal の QnA Maker リソースに移動し、 [価格レベル] を選択します。Go to your QnA Maker resource in the Azure portal, and select Pricing tier.

    QnA Maker リソース

  2. 適切な SKU を選択し、 [選択] を押します。Choose the appropriate SKU and press Select.

    QnA Maker の価格

App Service をアップグレードするUpgrade App Service

ナレッジ ベースでクライアント アプリからのより多くの要求に対応する必要がある場合は、App Service の価格レベルをアップグレードします。When your knowledge base needs to serve more requests from your client app, upgrade your App Service pricing tier.

App Service は、スケールアップまたはスケールアウトすることができます。You can scale up or scale out App Service.

Azure portal で App Service リソースに移動し、必要に応じて [スケールアップ][スケールアウト] のどちらかのオプションを選択します。Go to the App Service resource in the Azure portal, and select the Scale up or Scale out option as required.

QnA Maker App Service のスケーリング

最新のランタイム更新プログラムを取得するGet the latest runtime updates

QnA Maker ランタイムは、Azure portal で QnA Maker サービスを作成するときにデプロイされる Azure App Service インスタンスの一部です。The QnAMaker runtime is part of the Azure App Service instance that's deployed when you create a QnAMaker service in the Azure portal. ランタイムの更新は定期的に行われます。Updates are made periodically to the runtime. QnA Maker App Service インスタンスは、2019 年 4 月のサイト拡張リリース (バージョン 5+) 以降は自動更新モードになります。The QnA Maker App Service instance is in auto-update mode after the April 2019 site extension release (version 5+). この更新は、アップグレード中のダウンタイムがゼロになるように設計されています。This update is designed to take care of ZERO downtime during upgrades.

https://www.qnamaker.ai/UserSettings で現在のバージョンを確認できます。You can check your current version at https://www.qnamaker.ai/UserSettings. ご使用のバージョンがバージョン 5.x よりも古い場合は、App Service を再起動して最新の更新プログラムを適用する必要があります。If your version is older than version 5.x, you must restart App Service to apply the latest updates:

  1. Azure portal で QnA Maker サービス (リソース グループ) に移動します。Go to your QnAMaker service (resource group) in the Azure portal.

    QnA Maker Azure リソース グループQnAMaker Azure resource group

  2. App Service インスタンスをクリックして、 [概要] セクションを開きます。Select the App Service instance and open the Overview section.

    QnA Maker App Service インスタンスQnAMaker App Service instance

  3. App Service を再起動します。Restart App Service. 更新プロセスは数秒で完了します。The update process should finish in a couple of seconds. この再起動中、エンド ユーザーは、この QnA Maker サービスを使用する依存アプリケーションやボットを使用できなくなります。Any dependent applications or bots that use this QnAMaker service will be unavailable to end users during this restart period.

    QnA Maker App Service インスタンスの再起動

タイムアウトを回避するように App Service のアイドル設定を構成するConfigure App service idle setting to avoid timeout

公開されたナレッジ ベースの QnA Maker 予測ランタイムを提供するアプリ サービスにはアイドル タイムアウトの構成があり、サービスがアイドル状態の場合、既定では自動的にタイムアウトします。The app service, which serves the QnA Maker prediction runtime for a published knowledge base, has an idle timeout configuration, which defaults to automatically time out if the service is idle. QnA Maker の場合、これは、予測ランタイム GenerateAnswer API は、一定期間トラフィックがないとタイムアウトする場合があることを意味します。For QnA Maker, this means your prediction runtime generateAnswer API occasionally times out after periods of no traffic.

トラフィックがない場合でも、予測エンドポイント アプリが読み込まれたままにするには、アイドル状態を常時オンに設定します。In order to keep the prediction endpoint app loaded even when there is no traffic, set the idle to always on.

  1. Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. QnA Maker リソースの App Service を探して選択します。Search for and select your QnA Maker resource's app service. 名前は QnA Maker リソースと同じですが、App Service の 種類 は異なります。It will have the same name as the QnA Maker resource but it will have a different type of App Service.

  3. [設定] を探し、 [構成] を選択します。Find Settings then select Configuration.

  4. [構成] ペインで [一般設定] を選択して、 [常にオン] を探し、値として [オン] を選択します。On the Configuration pane, select General settings, then find Always on, and select On as the value.

    [構成] ペインの [一般設定] の [常にオン] を [オン] に設定する。On the Configuration pane, select General settings, then find Always on, and select On as the value.

  5. [保存] を選んで構成を保存します。Select Save to save the configuration.

  6. アプリを再起動して新しい設定を使用するかどうかを確認するメッセージが表示されます。You are asked if you want to restart the app to use the new setting. [続行] をクリックします。Select Continue.

詳しくは、App Service の一般設定を構成する方法をご覧ください。Learn more about how to configure the App Service General settings.

QnA Maker App Service をホストするように App Service Environment を構成するConfigure App Service Environment to host QnA Maker App Service

App Service Environment を使用して、QnA Maker App Service をホストできます。The App Service Environment can be used to host QnA Maker app service. App Service Environment が内部の場合は、これらの手順を実行する必要があります。If the App Service Environment is internal, then you need to follow these steps:

  1. アプリ サービスと Azure Search サービスを作成します。Create an App service and an Azure search service.
  2. アプリ サービスを公開し、QnA Maker の利用を次のように許可します。Expose the app service and allow QnA Maker availability as:
    • 一般公開 - 既定Publicly available - default
    • DNS サービス タグ: CognitiveServicesManagementDNS service tag: CognitiveServicesManagement

App Service のためのネットワークの分離Network isolation for App Service

QnA Maker コグニティブ サービスでは、サービス タグ CognitiveServicesManagement が使用されます。QnA Maker Cognitive Service uses the service tag: CognitiveServicesManagement. IP アドレスの範囲を許可リストに追加するには、次の手順に従ってください。Please follow these steps to add the IP Address ranges to an allowlist:

  • すべてのサービス タグの IP 範囲をダウンロードします。Download IP Ranges for all service tags.
  • "CognitiveServicesManagement" の IP を選択します。Select the IPs of "CognitiveServicesManagement".
  • App Service リソースのネットワーク セクションに移動し、[アクセス制限の構成] をクリックして、許可リストに IP を追加します。Navigate to the networking section of your App Service resource, and click on "Configure Access Restriction" option to add the IPs to an allowlist.

また、App Service に対して同じ処理を行う自動スクリプトも用意されています。We also have an automated script to do the same for your App Service. 許可リストを構成するための PowerShell スクリプトについては、GitHub 上にあります。You can find the PowerShell script to configure an allowlist on GitHub. スクリプト パラメーターとして、サブスクリプション ID、リソース グループ、および実際の App Service 名を入力する必要があります。You need to input subscription id, resource group and actual App Service name as script parameters. スクリプトを実行すると、App Service の許可リストに IP が自動的に追加されます。Running the script will automatically add the IPs to App Service allowlist.

  1. Azure Resource Manager を使用して QnA Maker Cognitive Services インスタンス (Microsoft.CognitiveServices/accounts) を作成します。QnA Maker エンドポイントは App Service Environment に設定する必要があります。Create a QnA Maker cognitive service instance (Microsoft.CognitiveServices/accounts) using Azure Resource Manager, where QnA Maker endpoint should be set to App Service Environment.

トラフィック マネージャーを使用したビジネス継続性Business continuity with traffic manager

ビジネス継続性計画の主な目的は、回復性に優れたナレッジ ベース エンドポイントを作成し、そのナレッジ ベース エンドポイントを使用するボットまたはアプリケーションにダウン タイムが発生しないようにすることです。The primary objective of the business continuity plan is to create a resilient knowledge base endpoint, which would ensure no down time for the Bot or the application consuming it.

QnA Maker bcp 計画QnA Maker bcp plan

上に示した概念の説明は次のとおりです。The high-level idea as represented above is as follows:

  1. ペアになっている Azure リージョンに、同一の QnA Maker サービスを 1 つずつ、計 2 つ設定します。Set up two parallel QnA Maker services in Azure paired regions.

  2. プライマリ QnA Maker App サービスをバックアップして、セカンダリ セットアップで復元します。Backup your primary QnA Maker App service and restore it in the secondary setup. これにより、両方のセットアップが同じホスト名とキーで動作するようになります。This will ensure that both setups work with the same hostname and keys.

  3. プライマリとセカンダリの Azure 検索インデックスを常に同期しておきます。Azure のインデックスをバックアップおよび復元する方法については、GitHub でサンプルを参照してください。Keep the primary and secondary Azure search indexes in sync. Use the GitHub sample here to see how to backup-restore Azure indexes.

  4. 連続エクスポートを使って Application Insights をバックアップします。Back up the Application Insights using continuous export.

  5. プライマリとセカンダリのスタックを設定したら、トラフィック マネージャーを使用して 2 つのエンドポイントを構成し、ルーティング方法を設定します。Once the primary and secondary stacks have been set up, use traffic manager to configure the two endpoints and set up a routing method.

  6. トラフィック マネージャーのエンドポイント向けに Transport Layer Security (TLS) (旧称は Secure Sockets Layer (SSL)) 証明書を作成する必要があります。You would need to create a Transport Layer Security (TLS), previously known as Secure Sockets Layer (SSL), certificate for your traffic manager endpoint. アプリ サービスで TLS/SSL 証明書をバインドします。Bind the TLS/SSL certificate in your App services.

  7. 最後に、ボットまたはアプリでトラフィック マネージャー エンドポイントを使用します。Finally, use the traffic manager endpoint in your Bot or App.

Azure portal でオーサリング キーを確認するFind authoring keys in the Azure portal

QnA Maker リソースを作成した Azure portal で、オーサリング キーの表示とリセットを実行できます。You can view and reset your authoring keys from the Azure portal, where you created the QnA Maker resource. これらのキーは、サブスクリプション キーと呼ばれる場合もあります。These keys may be referred to as subscription keys.

  1. Azure portal で QnA Maker リソースに移動し、種類が Cognitive Services であるリソースを選択します。Go to the QnA Maker resource in the Azure portal and select the resource that has the Cognitive Services type:

    QnA Maker のリソース リスト

  2. [キー] に移動します。Go to Keys:

    Subscription key

QnA Maker ポータルでクエリ エンドポイント キーを確認するFind query endpoint keys in the QnA Maker portal

ナレッジ ベースの呼び出しにはエンドポイント キーが使用されるため、エンドポイントはリソースと同じリージョンにあります。The endpoint is in the same region as the resource because the endpoint keys are used to make a call to the knowledge base.

エンドポイント キーは、QnA Maker ポータルから管理することができます。Endpoint keys can be managed from the QnA Maker portal.

  1. QnA Maker ポータルにサインインし、お使いのプロファイルに移動してから、 [サービスの設定] を選択します。Sign in to the QnA Maker portal, go to your profile, and then select Service settings:

    エンドポイント キー

  2. キーを表示またはリセットします。View or reset your keys:

    エンドポイント キー マネージャーEndpoint key manager

    注意

    キーが漏えいしていると思われる場合は、キーを更新してください。Refresh your keys if you think they've been compromised. それに合わせて、クライアント アプリまたはボットのコードの変更が必要になることがあります。This may require corresponding changes to your client application or bot code.

Azure Cognitive Search サービスのアップグレードUpgrade the Azure Cognitive Search service

多数のナレッジ ベースを使用する予定の場合は、Azure Cognitive Search サービスの価格レベルをアップグレードします。If you plan to have many knowledge bases, upgrade your Azure Cognitive Search service pricing tier.

現在、Azure Search SKU のインプレース アップグレードを実行することはできません。Currently, you can't perform an in-place upgrade of the Azure search SKU. ただし、必要な SKU で新しい Azure Search リソースを作成し、その新しいリソースにデータを復元して、QnA Maker スタックにリンクすることはできます。However, you can create a new Azure search resource with the desired SKU, restore the data to the new resource, and then link it to the QnA Maker stack. そのためには、次の手順に従います。To do this, follow these steps:

  1. Azure portal で新しい Azure Search リソースを作成し、必要な SKU を選択します。Create a new Azure search resource in the Azure portal, and select the desired SKU.

    QnA Maker Azure Search リソース

  2. 元の Azure Search リソースのインデックスを新しいリソースに復元します。Restore the indexes from your original Azure search resource to the new one. バックアップと復元のサンプル コードを参照してください。See the backup restore sample code.

  3. データが復元されたら、新しい Azure Search リソースに移動し、 [キー] を選択して、 [名前][管理者キー] を書き留めます。After the data is restored, go to your new Azure search resource, select Keys, and write down the Name and the Admin key:

    QnA Maker Azure Search キー

  4. 新しい Azure Search リソースを QnA Maker スタックにリンクするために、QnA Maker App Service インスタンスに移動します。To link the new Azure search resource to the QnA Maker stack, go to the QnA Maker App Service instance.

    QnA Maker App Service インスタンス

  5. [アプリケーションの設定] を選択し、 [AzureSearchName] フィールドと [AzureSearchAdminKey] フィールドを手順 3 で書き留めた値に変更します。Select Application settings and modify the settings in the AzureSearchName and AzureSearchAdminKey fields from step 3.

    QnA Maker App Service の設定

  6. App Service インスタンスを再起動します。Restart the App Service instance.

    QnA Maker App Service インスタンスの再起動

Cognitive Search に関する考慮事項Cognitive Search consideration

独立したリソースとしての Cognitive Search には、知っておくべき構成がいくつかあります。Cognitive Search, as a separate resource, has some different configurations you should be aware of.

別の Cognitive Search リソースを使用するように QnA Maker を構成するConfigure QnA Maker to use different Cognitive Search resource

ポータルを使用して QnA サービスとその依存関係 (Search など) を作成すると、Search サービスが自動的に作成され、QnA Maker サービスにリンクされます。If you create a QnA service and its dependencies (such as Search) through the portal, a Search service is created for you and linked to the QnA Maker service. これらのリソースが作成された後、既存の Search サービスを使用するように App Service 設定を更新して、先ほど作成されたサービスを削除できます。After these resources are created, you can update the App Service setting to use a previously existing Search service and remove the one you just created.

QnA Maker の App Service リソースには Cognitive Search リソースが使用されます。QnA Maker's App Service resource uses the Cognitive Search resource. QnA Maker に使用される Cognitive Search リソースを変更するには、Azure portal の設定を変更する必要があります。In order to change the Cognitive Search resource used by QnA Maker, you need to change the setting in the Azure portal.

  1. QnA Maker で使用する Cognitive Search リソースの 管理者キー名前 を取得します。Get the Admin key and Name of the Cognitive Search resource you want QnA Maker to use.

  2. Azure portal にサインインし、QnA Maker リソースに関連付けられている アプリ サービス を見つけます。Sign in to the Azure portal and find the App Service associated with your QnA Maker resource. 両方とも同じ名前です。Both with have the same name.

  3. [設定][構成] の順に選択します。Select Settings, then Configuration. これで、QnA Maker の App Service の既存の設定がすべて表示されます。This will display all existing settings for the QnA Maker's App Service.

    App Service の構成設定を表示する Azure portal のスクリーンショットScreenshot of Azure portal showing App Service configuration settings

  4. 次のキーの値を変更します。Change the values for the following keys:

    • AzureSearchAdminKeyAzureSearchAdminKey
    • AzureSearchNameAzureSearchName
  5. 新しい設定を使用するには、アプリ サービス を再起動する必要があります。To use the new settings, you need to restart the App service. [概要] を選択し、 [再起動] を選択します。Select Overview, then select Restart.

    構成設定の変更後に App Service を再起動する Azure portal のスクリーンショットScreenshot of Azure portal restarting App Service after configuration settings change

Azure Resource Manager テンプレートを使用して QnA サービスを作成する場合は、すべてのリソースを作成し、既存の Search サービスを使用するように App Service の作成を制御できます。If you create a QnA service through Azure Resource Manager templates, you can create all resources and control the App Service creation to use an existing Search service.

詳しくは、App Service のアプリケーションの設定を構成する方法をご覧ください。Learn more about how to configure the App Service Application settings.

Cognitive Search を VNET 内のプライベート エンドポイントとして構成するConfiguring Cognitive Search as a private endpoint inside a VNET

QnA Maker リソースの作成中に検索インスタンスが作成されるとき、完全に顧客の VNET 内に作成されたプライベート エンドポイント構成をサポートするよう Cognitive Search に強制することができます。When a Search instance is created during the creation of a QnA Maker resource, you can force Cognitive Search to support a private endpoint configuration created entirely within a customer’s VNet.

プライベート エンドポイントを使用するには、すべてのリソースが同じリージョンに作成されている必要があります。All resources must be created in the same region to use a private endpoint.

  • QnA Maker リソースQnA Maker resource
  • 新しい Cognitive Search リソースnew Cognitive Search resource
  • 新しい Virtual Network リソースnew Virtual Network resource

Azure portal で次の手順を実行します。Complete the following steps in the Azure portal:

  1. QnA Maker リソースを作成します。Create a QnA Maker resource.
  2. エンドポイント接続 (データ) が "プライベート" に設定された新しい Cognitive Search リソースを作成します。Create a new Cognitive Search resource with Endpoint connectivity (data) set to Private. このリソースは、手順 1. で作成した QnA Maker リソースと同じリージョンに作成します。Create the resource in the same region as the QnA Maker resource created in step 1. Cognitive Search リソースの作成について理解を深めてから、こちらのリンクを使用してリソースの作成ページに直接移動します。Learn more about creating a Cognitive Search resource, then use this link to go directly to the creation page of the resource.
  3. 新しい仮想ネットワーク リソースを作成します。Create a new Virtual Network resource.
  4. この手順の手順 1. で作成した App Service リソース上に VNET を構成します。Configure the VNET on the App service resource created in step 1 of this procedure.
    1. 手順 2. で作成した新しい Cognitive Search リソース用に、Cognitive Search の IP アドレスへの新しい DNS エントリを VNET に作成します。Create a new DNS entry in the VNET for new Cognitive Search resource created in step 2. to the Cognitive Search IP address.
  5. 手順 2. で作成した新しい Cognitive Search リソースに App Service を関連付けます。Associate the App service to the new Cognitive Search resource created in step 2. その後は、手順 1. で作成した元の Cognitive Search リソースを削除してかまいません。Then, you can delete the original Cognitive Search resource created in step 1.

QnA Maker ポータルで、初めてのナレッジ ベースを作成します。In the QnA Maker portal, create your first knowledge base.

無料 Search リソースのアイドル時間ポリシーInactivity policy for free Search resources

QnA Maker リソースを使用していない場合、そのリソースをすべて削除してください。If you are not using a QnA maker resource, you should remove all the resources. 不使用のリソースを削除しなかった場合、無料の Search リソースを作成したときにナレッジ ベースが機能しなくなります。If you don't remove unused resources, your Knowledge base will stop working if you created a free Search resource.

無料の Search リソースは、API 呼び出しを受信しない状態で 90 日経過すると削除されます。Free Search resources are deleted after 90 days without receiving an API call.

Azure リソースを削除するDelete Azure resources

QnA Maker ナレッジ ベースに使用されているいずれかの Azure リソースを削除すると、ナレッジ ベースは機能しなくなります。If you delete any of the Azure resources used for your QnA Maker knowledge bases, the knowledge bases will no longer function. いずれかのリソースを削除する前に、 [設定] ページから確実にナレッジ ベースをエクスポートしてください。Before deleting any resources, make sure you export your knowledge bases from the Settings page.

次のステップNext steps

App ServiceSearch Service の詳細をご覧ください。Learn more about the App service and Search service.