クイック スタート:QnA Maker ナレッジ ベースの作成、トレーニング、発行

Note

新しいバージョンの質問応答機能が、Azure Cognitive Service for Language の一部として使用できるようになりました。 詳しくは、Azure Cognitive Service for Language のドキュメント参照してください。 言語サービス内の質問応答機能については、質問応答に関する記事を参照してください。 既存のナレッジ ベースの移行の詳細については、移行ガイドを参照してください。

QnA Maker のナレッジ ベース (KB) は、よくあるご質問や製品マニュアルなど、独自のコンテンツから作成できます。 この記事には単純な FAQ Web ページから QnA Maker ナレッジ ベースを作成して質問に答える例が含まれています。

前提条件

  • Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。
  • Azure portal で作成された QnA Maker リソース。 リソースを作成したときに選択した Azure Active Directory ID、サブスクリプション、QnA Maker リソース名を覚えておいてください。

最初の QnA Maker ナレッジ ベースを作成する

  1. ご自分の Azure の資格情報を使用して QnAMaker.ai ポータルにサインインします。

  2. QnA Maker ポータルで、 [Create a knowledge base]\(ナレッジ ベースの作成\) を選択します。

  3. QnA Maker リソースが既にある場合は、 [Create]\(作成\) ページで、 [Step 1]\(手順 1\) をスキップします。

サービスをまだ作成していない場合は、 [Stable]\(安定\)[Create a QnA service]\(QnA サービスの作成\) を選択します。 サブスクリプションで QnA Maker サービスを設定するため、Azure portal にリダイレクトされます。 リソースを作成するしたに選択した Azure Active Directory ID、サブスクリプション、QnA リソース名を覚えておいてください。

Azure portal でリソースの作成が完了したら、QnA Maker ポータルに戻り、ブラウザー ページを最新の状態に更新して、 [Step 2]\(手順 2\) を続けます。

  1. [Step 2]\(手順 2\) で、Active Directory、サブスクリプション、サービス (リソース)、およびサービスで作成されたすべてのナレッジ ベースの言語を選択します。

    QnA Maker サービス ナレッジ ベースの選択のスクリーンショット

  2. [Step 3]\(手順 3\) で、自分のナレッジ ベースに My Sample QnA KB という名前を付けます。

  3. [Step 4]\(手順 4\) で、次の表を使用して設定を構成します。

    設定
    Enable multi-turn extraction from URLs, .pdf or .docx files (URL、.pdf、または .docx ファイルからの複数ターンの抽出を有効にする) オン
    Multi-turn default text (マルチターンのデフォルト テキスト) オプションを選択
    + Add URL (+ URL の追加) https://www.microsoft.com/en-us/software-download/faq
    Chit-chat (おしゃべり) [Professional]\(専門家\) を選択します
  4. [Step 5]\(手順 5\) で、 [Create your KB]\(KB の作成\) を選択します。

    抽出プロセスでは、ドキュメントを読み取って質問と回答を識別します。これにはしばらくかかります。

    QnA Maker がナレッジ ベースを正常に作成すると、 [Knowledge base]\(ナレッジ ベース\) ページが開きます。 このページで、ナレッジ ベースの内容を編集することができます。

新しい質問と回答のセットを追加する

  1. QnA Maker ポータルの [Edit]\(編集\) ページで、コンテキスト ツール バーから [+ Add QnA pair]\(+ QnA ペアの追加\) を選択します。

  2. 次の質問を追加します。

    How many Azure services are used by a knowledge base?

  3. "マークダウン" で書式設定された回答を追加します。

    * Azure QnA Maker service\n* Azure Cognitive Search\n* Azure web app\n* Azure app plan

    質問をテキストとして追加し、回答をマークダウンで書式設定して追加します。

    マークダウン記号 * は、箇条書きに使用されます。 \n は、改行に使用されます。

    [Edit]\(編集\) ページには、マークダウンが表示されます。 後で [Test]\(テスト\) パネルを使用すると、マークダウンが正しく表示されることを確認できます。

保存してトレーニング

右上の [保存してトレーニング] を選択し、編集内容を保存して QnA Maker をトレーニングします。 保存しないと、編集した内容は保持されません。

ナレッジ ベースをテストする

  1. QnA Maker ポータルの右上にある [テスト] を選択して、行った変更が反映されたかどうかをテストします。

  2. テキスト ボックスにユーザー クエリの例を入力します。

    I want to know the difference between 32 bit and 64 bit Windows

    テキスト ボックスにユーザー クエリの例を入力します。

  3. [検査] を選択し、詳細に応答を確認します。 テスト ウィンドウは、ナレッジ ベースへの変更を、発行前にテストする際に使用します。

  4. [Test]\(テスト\) パネルを閉じるには、もう一度 [Test]\(テスト\) を選択します。

ナレッジ ベースの公開

ナレッジ ベースを発行すると、ナレッジ ベースのコンテンツが、Azure Search の test インデックスから prod インデックスに移動されます。

ナレッジ ベースのコンテンツ移動のスクリーン ショット

  1. QnA Maker ポータルで、 [発行] を選択します。 確認のため、ページの [発行] を選択します。

    QnA Maker サービスが正常に発行されました。 お使いのアプリケーションまたはボット コードで、エンドポイントを使用できます。

    正常な発行のスクリーンショット

ボットの作成

発行後は、 [発行] ページからボットを作成できます。

  • 複数のボットを迅速に作成し、個々のボットはリージョンや価格プランが異なっていてもすべて同じナレッジ ベースを指すことができます。
  • ナレッジ ベースのボットを 1 つだけにする場合は、 [View all your bots on the Azure portal]\(Azure portal 上で自分のボットをすべて表示する\) リンクを使用して、ご自分の現在のボットの一覧を表示します。

ナレッジ ベースに変更を加えて再発行しても、ボットに対して追加のアクションを実行する必要はありません。 ナレッジ ベースと連携するように既に構成されており、ナレッジ ベースに対する今後のすべての変更に対応します。 ナレッジ ベースを発行するたびに、それに接続されているすべてのボットが自動的に更新されます。

  1. QnA Maker ポータルの [発行] ページで、 [Create bot]\(ボットの作成\) を選択します。 このボタンは、ナレッジ ベースの発行後にのみ表示されます。

    ボットの作成のスクリーンショット

  2. Azure portal の新しいブラウザー タブが開き、Azure Bot Service の作成ページが表示されます。 Azure Bot Service を構成します。 ボットと QnA Maker は、Web App Service プランを共有できますが、Web アプリを共有することはできません。 そのため、ボットのアプリ名は、QnA Maker サービスのアプリ名とは異なる必要があります。

    • すべきこと
      • ボット ハンドルが一意でない場合に、ボット ハンドルを変更する。
      • SDK 言語を選択する。 ボットの作成後、ローカル開発環境にコードをダウンロードして、開発プロセスを続行できます。
    • やってはいけないこと
      • ボットを作成するときに、Azure portal 上で次の設定を変更する。 これらはご自分の既存のナレッジ ベースのために事前に設定されています。
        • QnA 認証キー
        • App Service プランと場所
  3. ボットが作成された後、 [Bot service]\(ボット サービス\) リソースを開きます。

  4. [Bot Management]\(ボット管理\) で、 [Test in Web Chat]\(Web チャットでのテスト\) を選択します。

  5. チャット プロンプトの [Type your message]\(メッセージを入力\) で、以下のように入力します。

    Azure services?

    チャット ボットが、ナレッジ ベースからの回答で応答します。

    テスト Web チャットにユーザー クエリを入力します。

ここで行ったこと

新しいナレッジ ベースを作成してそこにパブリック URL を追加し、独自の QnA ペアを追加しました。また、ナレッジ ベースをトレーニング、テストして、発行しました。

ナレッジ ベースの発行後、ボットを作成し、テストしました。

コードを記述したりコンテンツを整理したりする必要はなく、作業は数分で終了しました。

リソースをクリーンアップする

次のクイックスタートに進まない場合は、Azure portal で QnA Maker と Bot フレームワークのリソースを削除します。

次のステップ

詳細: