Custom Voice の概要Get started with Custom Voice

Custom Voice は、ブランド用に認識性の高い固有の音声を作成できる、一連のオンライン ツールです。Custom Voice is a set of online tools that allow you to create a recognizable, one-of-a-kind voice for your brand. 作業を始めるにあたって必要なのは、少数のオーディオ ファイルと関連する文字起こしだけです。All it takes to get started are a handful of audio files and the associated transcriptions. 以下のリンクに従って、カスタム テキスト読み上げエクスペリエンスの作成を開始しましょう。Follow the links below to start creating a custom text-to-speech experience.

Custom Voice の内容What's in Custom Voice?

カスタム音声を開始する前に、Azure アカウントと音声サービスのサブスクリプションが必要になります。Before starting with Custom Voice, you'll need an Azure account and a Speech service subscription. アカウントを作成したら、データの準備、モデルのトレーニングおよびテスト、音声品質の評価、そしてカスタム音声モデルのデプロイを行えます。Once you've created an account, you can prepare your data, train and test your models, evaluate voice quality, and ultimately deploy your custom voice model.

下の図では、Custom Voice ポータルを使用してカスタム音声モデルを作成する手順を示しています。The diagram below highlights the steps to create a custom voice model using the Custom Voice portal. リンクを使用して、詳細を確認してください。Use the links to learn more.

Custom Voice のアーキテクチャ図

  1. サブスクライブしてプロジェクトを作成する - Azure アカウントを作成し、音声サービスのサブスクリプションを作成します。Subscribe and create a project - Create an Azure account and create a Speech service subscription. この一元化されたサブスクリプションを通じて、音声テキスト変換、テキスト読み上げ、音声翻訳、Custom Voice ポータルにアクセスすることができます。This unified subscription gives you access to speech-to-text, text-to-speech, speech translation, and the Custom Voice portal. 次に、音声サービス サブスクリプションを使用して、最初のカスタム音声プロジェクトを作成します。Then, using your Speech service subscription, create your first Custom Voice project.

  2. データをアップロードする - Custom Voice ポータルまたは Custom Voice API を使用して、データ (オーディオとテキスト) をアップロードします。Upload data - Upload data (audio and text) using the Custom Voice portal or Custom Voice API. ポータルで、発音スコアと信号対雑音比を調査および評価できます。From the portal, you can investigate and evaluate pronunciation scores and signal-to-noise ratios. 詳細については、Custom Voice 用にデータを準備する方法に関する記事を参照してください。For more information, see How to prepare data for Custom Voice.

  3. モデルをトレーニングする - 自分のデータを使用して、カスタム テキスト読み上げ音声モデルを作成します。Train your model – Use your data to create a custom text-to-speech voice model. モデルはさまざまな言語でトレーニングできます。You can train a model in different languages. トレーニング後にモデルをテストし、結果に満足したら、モデルをデプロイできます。After training, test your model, and if you're satisfied with the result, you can deploy the model.

  4. モデルをデプロイする - 自分のテキスト読み上げ音声モデルのカスタム エンドポイントを作成して、自分の製品、ツール、アプリケーションの音声合成にそれを使用します。Deploy your model - Create a custom endpoint for your text-to-speech voice model, and use it for speech synthesis in your products, tools, and applications.

カスタム ニューラル音声Custom Neural voices

ニューラル音声のカスタマイズ機能は、現在、パブリック プレビュー段階にあり、一部のお客様に限定されています。The neural voice customization capability is currently in public preview, limited to selected customers. 使用を開始するには、この申請フォームに入力してください。Fill out this application form to get started.

注意

信頼のおける AI の設計に対するマイクロソフトの取り組みの一環として、個人および社会の権利を保護し、人とコンピューターとの透明性のあるやり取りを促進することを目的としています。As part of Microsoft's commitment to designing responsible AI, our intent is to protect the rights of individuals and society, and foster transparent human-computer interactions. このため、カスタム ニューラル音声は、すべてのお客様が一般に利用できるわけではありません。For this reason, Custom Neural Voice is not generally available to all customers. このテクノロジにアクセスできるのは、アプリケーションの審査を受け、弊社の倫理原則に沿ってアプリケーションを使用することを確約した場合のみです。You may gain access to the technology only after your applications are reviewed and you have committed to using it in alignment with our ethics principles. アプリケーションの制限プロセスの詳細については、こちらを参照してください。Learn more about our application gating process.

Azure アカウントの設定Set up your Azure account

Custom Speech ポータルを使用してカスタム モデルを作成する前に、音声サービス サブスクリプションが必要です。A Speech service subscription is required before you can use the Custom Speech portal to create a custom model. Azure で音声サービス サブスクリプションを作成するには、以下の手順に従います。Follow these instructions to create a Speech service subscription in Azure. Azure アカウントがない場合、新しいものにサインアップできます。If you do not have an Azure account, you can sign up for a new one.

Azure アカウントと音声サービス サブスクリプションを作成したら、カスタム音声ポータルにサインインして、自分のサブスクリプションを接続する必要があります。Once you've created an Azure account and a Speech service subscription, you'll need to sign in to the Custom Voice portal and connect your subscription.

  1. Azure portal から音声サービス サブスクリプション キーを取得します。Get your Speech service subscription key from the Azure portal.
  2. Custom Voice ポータルにサインインします。Sign in to the Custom Voice portal.
  3. 自分のサブスクリプションを選択し、音声プロジェクトを作成します。Select your subscription and create a speech project.
  4. 別の Speech サブスクリプションに切り替えたい場合は、上部のナビゲーションにある歯車アイコンを使用します。If you'd like to switch to another Speech subscription, use the cog icon located in the top navigation.

注意

Custom Voice サービスでは、30 日の無料試用版キーはサポートされていません。The Custom Voice service does NOT support the 30-day free trial key. サービスを使用する前に、Azure で F0 または S0 のキーを作成しておく必要があります。You must have a F0 or a S0 key created in Azure before you can use the service.

プロジェクトを作成する方法How to create a project

データ、モデル、テスト、エンドポイントなどのコンテンツは、Custom Voice ポータルの [プロジェクト] にまとめられます。Content like data, models, tests, and endpoints are organized into Projects in the Custom Voice portal. 各プロジェクトは、国と言語、および作成したい音声の性別に固有です。Each project is specific to a country/language and the gender of the voice you want to create. たとえば、米国の英語 (en-US) を使用するコール センターのチャット ボット用に、女性の音声のプロジェクトを作成できます。For example, you may create a project for a female voice for your call center’s chat bots that use English in the United States (en-US).

初めてのプロジェクトを作成するには、 [Text-to-Speech/Custom Voice](テキスト読み上げ/Custom Voice) タブを選択して、 [新しいプロジェクト] をクリックします。To create your first project, select the Text-to-Speech/Custom Voice tab, then click New Project. ウィザードの手順に従ってプロジェクトを使用します。Follow the instructions provided by the wizard to create your project. プロジェクトの作成後、4 つのタブが表示されます: [データ][トレーニング][テスト中][デプロイ]After you've created a project, you will see four tabs: Data, Training, Testing, and Deployment. それぞれのタブの使い方については、「次の手順」に記載のリンクを使用してください。Use the links provided in Next steps to learn how to use each tab.

次の手順Next steps