Speech Service を使用してカスタム キーワードを作成するCreate a custom keyword by using the Speech service

デバイスは常にキーワード (またはフレーズ) をリッスンしています。Your device is always listening for a keyword (or phrase). たとえば、"コルタナさん" は、Cortana アシスタントのキーワードです。For example, "Hey Cortana" is a keyword for the Cortana assistant. ユーザーがキーワードを読み上げると、ユーザーが読み上げを止めるまで、デバイスは後続のすべての音声をクラウドに送信します。When the user says the keyword, the device sends all subsequent audio to the cloud, until the user stops speaking. キーワードをカスタマイズすることは、デバイスを差別化し、ブランドを強化する上で効果的な方法です。Customizing your keyword is an effective way to differentiate your device and strengthen your branding.

この記事では、デバイス用のカスタム キーワードを作成する方法について説明します。In this article, you learn how to create a custom keyword for your device.

有効なキーワードを選択するChoose an effective keyword

キーワードを選択するときには、以下のガイドラインを考慮に入れます。Consider the following guidelines when you choose a keyword:

  • キーワードは、英語の単語または語句とする必要があります。Your keyword should be an English word or a phrase. 2 秒以内に読み上げることができる必要があります。It should take no longer than two seconds to say.

  • 4 音節から 7 音節の単語が最適です。Words of 4 to 7 syllables work best. たとえば、"Hey, Computer" は適切なキーワードです。For example, "Hey, Computer" is a good keyword. "Hey" だけではよくありません。Just "Hey" is a poor one.

  • キーワードは、英語の一般的な発音規則に従っている必要があります。Keywords should follow common English pronunciation rules.

  • 英語の一般的な発音規則に従った一意の単語や造語にすると、誤検知が減る可能性があります。A unique or even a made-up word that follows common English pronunciation rules might reduce false positives. たとえば "computerama" が適切なキーワードになる可能性があります。For example, "computerama" might be a good keyword.

  • 一般的な単語は選択しないでください。Do not choose a common word. たとえば、"eat" や "go" は、普通の会話の中で頻繁に出てくる単語です。For example, "eat" and "go" are words that people say frequently in ordinary conversation. これらは、デバイスの誤ったトリガーとなる可能性があります。They might be false triggers for your device.

  • 別の発音をする可能性があるキーワードは使用しないようにします。Avoid using a keyword that might have alternative pronunciations. ユーザーは、デバイスが応答するようにするために、”正しい” 発音を知っている必要があります。Users would have to know the "right" pronunciation to get their device to respond. たとえば "509" は、"five zero nine"、"five oh nine"、または "five hundred and nine" と発音できます。For example, "509" can be pronounced "five zero nine," "five oh nine," or "five hundred and nine." "R.E.I.""R.E.I." は、"R E I" または "Ray" として発音できます。can be pronounced "r-e-i" or "ray." "Live" は、"/Līv/" または "/liv/" と発音できます。"Live" can be pronounced "/līv/" or "/liv/".

  • 特殊な文字、記号、または数字は使用しないでください。Do not use special characters, symbols, or digits. たとえば、"Go#" および "20 + cats" は、適切なキーワードになりません。For example, "Go#" and "20 + cats" would not be good keywords. ただし、"go sharp" や "twenty plus cats" は機能するでしょう。However, "go sharp" or "twenty plus cats" might work. それでもブランディングにおいて記号を使用して、正しい発音が一般に認知されるように、マーケティングやドキュメントを利用することができます。You can still use the symbols in your branding and use marketing and documentation to reinforce the proper pronunciation.

注意

商標登録された単語をキーワードとして選択する場合は、自身でその商標を所有しているか、商標の所有者からその単語の使用を許可されている必要があります。If you choose a trademarked word as your keyword, be sure that you own that trademark or that you have permission from the trademark owner to use the word. Microsoft は、キーワードの選択によって発生する可能性がある法律上のどんな問題に対しても一切の責任を負いません。Microsoft is not liable for any legal issues that might arise from your choice of keyword.

キーワードを作成するCreate your keyword

カスタム キーワードを使用する前に、Speech Studio[Custom Keyword](カスタム キーワード) ページを使用してキーワードを作成する必要があります。Before you can use a custom keyword, you'll need to create a keyword using the Custom Keyword page on Speech Studio. キーワードを指定すると、デバイスにデプロイするファイルが生成されます。After you provide a keyword, it produces a file that you deploy to your device.

  1. Speech Studioに移動してサインインします。音声サブスクリプションをまだ持っていない場合は、 [サブスクリプションを作成する] を選択します。Go to the Speech Studio and Sign in or, if you do not yet have a speech subscription, choose Create a subscription.

  2. [Custom Keyword](カスタム キーワード) ページで、選択したキーワードを入力し、 [キーワードの追加] をクリックします。At the Custom Keyword page, type in the keyword of your choice and click Add keyword. 効果的なキーワードを選択するために役立つガイドラインがいくつかあります。We have some guidelines to help choose an effective keyword. 現在、サポートは en-US 言語に限定されています。Support is currently limited to the en-US language.

    キーワードを入力する

  3. ポータルでは、次に、キーワードの発音候補が作成されます。The portal will now create candidate pronunciations for your keyword. 再生ボタンをクリックして各工法をリッスンし、間違った発音の横にあるチェック ボックスをオフにします。Listen to each candidate by clicking the play buttons and remove the checks next to any pronunciations that are incorrect. 正しい発音のチェック ボックスのみをオンにした後、 [送信] を選択して、キーワードの生成を開始します。Once only good pronunciations are checked, select Submit to begin generating the keyword. キーワードを変更する場合は、まず、マウス ポインターを行の上に置いたときに右側に表示される [削除] ボタンをクリックして、既存のキーワードを削除します。If you want to change the keyword, first remove the existing one by clicking on the delete button that appears on the right side of the row while hovering over it.

    キーワードを確認する

  4. モデルが生成されるまでに最大で 1 分かかる場合があります。It may take up to one minute for the model to be generated. ファイルをダウンロードするように求められます。You will then be prompted to download the file.

    キーワードをダウンロードする

  5. .zip ファイルをコンピューターに保存します。Save the .zip file to your computer. デバイスにカスタム キーワードをデプロイするには、このファイルが必要です。You will need this file to deploy your custom keyword to your device.

次の手順Next steps

カスタム キーワードを Speech Devices SDK クイックスタートでテストします。Test your custom keyword with Speech Devices SDK Quickstart.