Azure Logic Apps を使用して、Office 365 Outlook のメール、連絡先、カレンダーを管理するManage email, contacts, and calendars in Office 365 Outlook by using Azure Logic Apps

Azure Logic AppsOffice 365 Outlook コネクタを使用すると、ロジック アプリを構築することで Office 365 を管理する自動化されたタスクとワークフローを作成できます。With Azure Logic Apps and the Office 365 Outlook connector, you can create automated tasks and workflows that manage your Office 365 account by building logic apps. たとえば、次のタスクを自動化します。For example, you automate these tasks:

  • メールの取得、送信、返信を行う。Get, send, and reply to email.
  • カレンダーで会議をスケジュールする。Schedule meetings on your calendar.
  • 連絡先を追加および編集する。Add and edit contacts.

任意のトリガーを使用してワークフローを開始できます。たとえば、新しいメールが届いたとき、カレンダーの項目が更新されたとき、または Salesforce などの別のサービスでイベントが発生したときなどです。You can use any trigger to start your workflow, for example, when a new email arrives, when a calendar item is updated, or when an event happens in a difference service, such as Salesforce. トリガー イベントに応答するアクションを使用できます。たとえば、メールを送信したり、新しいカレンダー イベントを作成したりできます。You can use actions that respond to the trigger event, for example, send an email or create a new calendar event.

注意

@outlook.com または @hotmail.com アカウントのタスクを自動化するには、Outlook.com コネクタを使用します。To automate tasks for an @outlook.com or @hotmail.com account, use the Outlook.com connector.

前提条件Prerequisites

  • Office 365 アカウントAn Office 365 account

  • Azure サブスクリプション。An Azure subscription. Azure サブスクリプションがない場合は、無料の Azure アカウントにサインアップしてください。If you don't have an Azure subscription, sign up for a free Azure account.

  • Office 365 Outlook アカウントにアクセスするロジック アプリ。The logic app where you want to access your Office 365 Outlook account. Office 365 Outlook トリガーを使用してワークフローを開始するには、空のロジック アプリが必要です。To start your workflow with an Office 365 Outlook trigger, you need to have a blank logic app. Office 365 Outlook アクションをワークフローに追加するには、ロジック アプリにトリガーが既に存在している必要があります。To add an Office 365 Outlook action to your workflow, your logic app needs to already have a trigger.

トリガーの追加Add a trigger

トリガーは、ロジック アプリのワークフローを開始するイベントです。A trigger is an event that starts the workflow in your logic app. この例のロジック アプリでは、指定された間隔と頻度に基づいて、メール アカウントの更新されたカレンダー イベントを確認する "ポーリング" トリガーを使用します。This example logic app uses a "polling" trigger that checks for any updated calendar event in your email account, based on the specified interval and frequency.

  1. Azure portal のロジック アプリ デザイナーで空のロジック アプリを開きます。In the Azure portal, open your blank logic app in the Logic App Designer.

  2. 検索ボックスに、フィルターとして「office 365 outlook」と入力します。In the search box, enter office 365 outlook as your filter. この例では、 [予定しているイベントがすぐに開始されるとき] を選択します。This example selects When an upcoming event is starting soon.

    ロジック アプリを開始するトリガーの選択

  3. サインインを求められた場合は、ロジック アプリがアカウントに接続できるように、Office 365 の資格情報を入力します。If you're prompted to sign in, provide your Office 365 credentials so that your logic app can connect to your account. それ以外の場合、接続が既に存在する場合は、トリガーのプロパティに関する情報を指定します。Otherwise, if your connection already exists, provide the information for the trigger's properties.

    この例では、トリガーによってチェックされるカレンダーを選択します。次に例を示します。This example selects the calendar that the trigger checks, for example:

    トリガーのプロパティを構成する

  4. トリガーに、 [頻度][間隔] の値を設定します。In the trigger, set the Frequency and Interval values. タイム ゾーンなど、使用可能なその他のトリガーのプロパティを追加するには、 [新しいパラメーターの追加] リストからそれらプロパティを選択します。To add other available trigger properties, such as Time zone, select those properties from the Add new parameter list.

    たとえば、トリガーを使用して 15 分ごとにカレンダーをチェックするには、 [頻度][分] に設定し、 [間隔]15 に設定します。For example, if you want the trigger to check the calendar every 15 minutes, set Frequency to Minute, and set Interval to 15.

    トリガーの頻度と間隔を設定する

  5. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

次に、トリガーが起動した後に実行するアクションを追加します。Now add an action that runs after the trigger fires. たとえば、Twilio の [メッセージを送信] アクションを追加できます。これは 15 分以内にカレンダー イベントが開始されたときにテキストを送信します。For example, you can add the Twilio Send message action, which sends a text when a calendar event starts in 15 minutes.

アクションを追加するAdd an action

アクションとは、ロジック アプリのワークフローによって実行される操作です。An action is an operation that's run by the workflow in your logic app. この例のロジック アプリでは、Office 365 Outlook に新しい連絡先が作成されます。This example logic app creates a new contact in Office 365 Outlook. 別のトリガーまたはアクションからの出力を使用して、連絡先を作成できます。You can use the output from another trigger or action to create the contact. たとえば、ロジック アプリで Dynamics 365 トリガー [レコードが作成されたとき] を使用します。For example, suppose your logic app uses the Dynamics 365 trigger, When a record is created. Office 365 Outlook の [連絡先の作成] アクションを追加し、SalesForce トリガーからの出力を使用して新しい連絡先を追加できます。You can add the Office 365 Outlook Create contact action and use the outputs from the SalesForce trigger to create the new contact.

  1. Azure portal のロジック アプリ デザイナーでロジック アプリを開きます。In the Azure portal, open your logic app in the Logic App Designer.

  2. ワークフローの最後のステップとしてアクションを追加するには、 [新しいステップ] を選択します。To add an action as the last step in your workflow, select New step.

    ステップの間にアクションを追加するには、該当するステップ間の矢印の上にポインターを移動します。To add an action between steps, move your pointer over the arrow between those steps. 表示されるプラス記号 ( + ) を選択してから、 [アクションの追加] を選択します。Select the plus sign (+) that appears, and then select Add an action.

  3. 検索ボックスに、フィルターとして「office 365 outlook」と入力します。In the search box, enter office 365 outlook as your filter. この例では [連絡先の作成] を選択します。This example selects Create contact.

    ロジック アプリで実行するアクションの選択

  4. サインインを求められた場合は、ロジック アプリがアカウントに接続できるように、Office 365 の資格情報を入力します。If you're prompted to sign in, provide your Office 365 credentials so that your logic app can connect to your account. それ以外の場合、接続が既に存在する場合は、アクションのプロパティに関する情報を指定します。Otherwise, if your connection already exists, provide the information for the action's properties.

    この例では、アクションによって新しい連絡先が作成される連絡先のフォルダーを選択します。次に例を示します。This example selects the contacts folder where the action creates the new contact, for example:

    アクションのプロパティを構成する

    使用可能なその他のアクションのプロパティを追加するには、 [新しいパラメーターの追加] リストからそれらプロパティを選択します。To add other available action properties, select those properties from the Add new parameter list.

  5. デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。On the designer toolbar, select Save.

コネクタ固有の詳細Connector-specific details

コネクタの Swagger ファイルに記述される、トリガー、アクション、制限の技術的詳細については、コネクタのリファレンス ページを参照してください。For technical details about triggers, actions, and limits as described in the connector's Swagger file, see the connector's reference page.

次のステップNext steps