Office 365 Outlook コネクタの使用Get started with the Office 365 Outlook connector

Office 365 Outlook コネクタを使用すると、Office 365 Outlook の操作が可能になります。The Office 365 Outlook connector enables interaction with Outlook in Office 365. このコネクタを使用すると、連絡先と予定表アイテムの作成、編集、更新に加え、電子メールの取得、送信、返信を行うことができます。Use this connector to create, edit, and update contacts and calendar items, and also get, send, and reply to email.

Office 365 Outlook では、次のことができます。With Office 365 Outlook, you:

  • Office 365 の電子メールや予定表の機能を使用して、ワークフローを構築します。Build your workflow using the email and calendar features within Office 365.
  • 新しい電子メールを受信したときや予定表アイテムが更新されたときなどに、トリガーを使用してワークフローを開始します。Use triggers to start your workflow when there is a new email, when a calendar item is updated, and more.
  • アクションを使用して、電子メールの送信、新しい予定表イベントの作成などの操作を実行します。Use actions to send an email, create a new calendar event, and more. たとえば、Salesforce 内に新しいオブジェクトがあるとき (トリガー) に Office 365 Outlook に電子メールを送信します (アクション)。For example, when there is a new object in Salesforce (a trigger), send an email to your Office 365 Outlook (an action).

この記事では、ロジック アプリ内で Office 365 Outlook コネクタを使用する方法を説明し、トリガーとアクションの一覧を示します。This article shows you how to use the Office 365 Outlook connector in a logic app, and also lists the triggers and actions.

注意

本記事は、一般公開された Logic Apps の一般公開 (GA) を対象としています。This version of the article applies to Logic Apps general availability (GA).

Logic Apps の詳細については、「Logic Apps とは」とロジック アプリの作成に関するページを参照してください。To learn more about Logic Apps, see What are logic apps and create a logic app.

Office 365 への接続Connect to Office 365

ロジック アプリから任意のサービスにアクセスできるようにするには、まず、そのサービスへの "接続" を作成します。Before your logic app can access any service, you first create a connection to the service. 接続により、ロジック アプリと別のサービスとの接続が実現します。A connection provides connectivity between a logic app and another service. たとえば、Office 365 Outlook に接続するには、最初に Office 365 "接続" が必要になります。For example, to connect to Office 365 Outlook, you first need an Office 365 connection. 接続を作成するには、接続対象のサービスへのアクセスに通常使用する資格情報を入力します。To create a connection, enter the credentials you normally use to access the service you wish to connect to. そのため、Office 365 Outlook の場合は、Office 365 アカウントの資格情報を入力して接続を作成します。So with Office 365 Outlook, enter the credentials to your Office 365 account to create the connection.

接続の作成Create the connection

前提条件Prerequisites

ロジック アプリで Office 365 アカウントを使用するには、Office 365 アカウントに接続するロジック アプリを承認してください。Before using your Office 365 account in a logic app, authorize the logic app to connect to your Office 365 account. これは、Azure ポータルのロジック アプリ内で簡単に実行できます。You can do this easily within your logic app on the Azure portal.

次の手順に従って、Office 365 アカウントに接続するロジック アプリを承認します。Authorize your logic app to connect to your Office 365 account using the following steps:

  1. ロジック アプリを作成します。Create a logic app. Logic Apps デザイナーで、ドロップダウン リストから [Microsoft が管理している API を表示] を選択し、検索ボックスに「Office 365」と入力します。In the Logic Apps designer, select Show Microsoft managed APIs in the drop down list, and then enter "office 365" in the search box. トリガーまたはアクションの 1 つを選択します。Select one of the triggers or actions:
    Office 365 の接続の作成手順Office 365 connection creation step

  2. これまでに Office 365 への接続を作成したことがない場合は、Office 365 の資格情報を使用してサインインするよう求められます。If you haven't previously created any connections to Office 365, you are prompted to sign in using your Office 365 credentials:
    Office 365 の接続の作成手順

  3. [サインイン] を選択し、ユーザー名とパスワードを入力します。Select Sign in, and enter your user name and password. [サインイン] をクリックします。Select Sign in:
    Office 365 の接続の作成手順Office 365 connection creation step

    これらの資格情報を使用して、接続するロジック アプリの承認と、Office 365 アカウントへのアクセスが行われます。These credentials are used to authorize your logic app to connect to, and access your Office 365 account.

  4. 接続が作成されたことを確認します。Notice the connection has been created. これで、ロジック アプリで他の手順に進むことができます。Now, proceed with the other steps in your logic app:
    Office 365 の接続の作成手順

トリガーを使用するUse a trigger

トリガーとは、ロジック アプリで定義されたワークフローの開始に使用できるイベントです。A trigger is an event that can be used to start the workflow defined in a logic app. トリガーは、指定された間隔と頻度でサービスを "ポーリング" します。Triggers "poll" the service at an interval and frequency that you want. トリガーの詳細についてはこちらを参照してください。Learn more about triggers.

  1. ロジック アプリで「office 365」と入力して、トリガーの一覧を取得します。In the logic app, type "office 365" to get a list of the triggers:

  2. [Office 365 Outlook - When an upcoming event is starting soon (Office 365 Outlook - 予定しているイベントが間もなく開始されるとき)] を選択します。Select Office 365 Outlook - When an upcoming event is starting soon. 接続が既に存在する場合は、ドロップダウン リストから予定表を選択します。If a connection already exists, then select a calendar from the drop-down list.

    サインインを求められたら、サインインの詳細を入力して接続を作成します。If you are prompted to sign in, then enter the sign in details to create the connection. この手順については、このトピックの「接続の作成」を参照してください。Create the connection in this topic lists the steps.

    注意

    この例では、予定表のイベントが更新されたときにロジック アプリが実行されます。In this example, the logic app runs when a calendar event is updated. このトリガーの結果を確認するには、自分にテキスト メッセージを送信する別のアクションを追加してください。To see the results of this trigger, add another action that sends you a text message. たとえば、15 分以内に予定表イベントが開始するときにテキスト メッセージを送信する Twilio "メッセージの送信" アクションを追加します。For example, add the Twilio Send message action that texts you when the calendar event is starting in 15 minutes.

  3. [編集] を選択し、 [頻度][間隔] の値を設定します。Select the Edit button and set the Frequency and Interval values. たとえば、トリガーを使用して 15 分ごとにポーリングを実行するには、 [頻度][分] に設定し、 [間隔]15 に設定します。For example, if you want the trigger to poll every 15 minutes, then set the Frequency to Minute, and set the Interval to 15.

  4. ツール バーの左上隅にある [保存] を選択して変更を保存します。Save your changes (top left corner of the toolbar). ロジック アプリが保存され、場合によっては、自動的に有効になります。Your logic app is saved and may be automatically enabled.

アクションを使用するUse an action

アクションとは、ロジック アプリで定義されたワークフローによって実行される操作です。An action is an operation carried out by the workflow defined in a logic app. アクションの詳細についてはこちらを参照してください。Learn more about actions.

  1. プラス記号を選択します。Select the plus sign. いくつかの選択肢が表示されます。 [アクションの追加][条件の追加][その他] です。You see several choices: Add an action, Add a condition, or one of the More options.

  2. [アクションの追加] を選択します。Choose Add an action.

  3. テキスト ボックスに「office 365」と入力して、使用可能なすべてのアクションの一覧を取得します。In the text box, type “office 365” to get a list of all the available actions.

  4. この例では、 [Office 365 Outlook - Create contact (Office 365 Outlook - 連絡先を作成する)] を選択します。In our example, choose Office 365 Outlook - Create contact. 接続が既に存在する場合は、 [Folder ID (フォルダー ID)][名] 、およびその他のプロパティを指定します。If a connection already exists, then choose the Folder ID, Given Name, and other properties:

    接続情報の入力を求められたら、詳細を入力して接続を作成します。If you are prompted for the connection information, then enter the details to create the connection. これらのプロパティについては、このトピックの「接続の作成」を参照してください。Create the connection in this topic describes these properties.

    注意

    この例では、Office 365 Outlook で新しい連絡先を作成します。In this example, we create a new contact in Office 365 Outlook. 別のトリガーからの出力を使用して、連絡先を作成できます。You can use output from another trigger to create the contact. たとえば、SalesForce の "When an object is created (オブジェクトが作成されたとき) " トリガーを追加します。For example, add the SalesForce When an object is created trigger. 次に、SalesForce のフィールドを使用して Office 365 で新しい連絡先を作成する Office 365 Outlook の "Create contact (連絡先を作成する) " アクションを追加します。Then add the Office 365 Outlook Create contact action that uses the SalesForce fields to create the new contact in Office 365.

  5. ツール バーの左上隅にある [保存] を選択して変更を保存します。Save your changes (top left corner of the toolbar). ロジック アプリが保存され、場合によっては、自動的に有効になります。Your logic app is saved and may be automatically enabled.

コネクタ固有の詳細Connector-specific details

コネクタの詳細に関するページに、Swagger で定義されているトリガーとアクション、さらに制限が記載されています。View any triggers and actions defined in the swagger, and also see any limits in the connector details.

次の手順Next Steps

ロジック アプリを作成します。Create a logic app. API の一覧で、Logic Apps で使用できる他のコネクタを確認してください。Explore the other available connectors in Logic Apps at our APIs list.