Azure Logic Apps を使用して HTTP または HTTPS エンドポイントを呼び出すCall HTTP or HTTPS endpoints with Azure Logic Apps

Azure Logic Apps とハイパーテキスト転送プロトコル (HTTP) コネクタを使用してロジック アプリを構築することで、任意の HTTP または HTTPS エンドポイントと通信するワークフローを自動化できます。With Azure Logic Apps and the Hypertext Transfer Protocol (HTTP) connector, you can automate workflows that communicate with any HTTP or HTTPS endpoint by building logic apps. たとえば、Web サイトのサービス エンドポイントを監視できます。For example, you can monitor the service endpoint for your website. Web サイトが停止するなど、そのエンドポイントでイベントが発生すると、そのイベントによってロジック アプリのワークフローがトリガーされ、指定したアクションが実行されます。When an event happens at that endpoint, such as your website going down, the event triggers your logic app's workflow and runs the specified actions.

HTTP トリガーは、定期的にエンドポイントをチェック、つまりポーリングするワークフローの最初の手順として使用できます。You can use the HTTP trigger as the first step in your worklfow for checking or polling an endpoint on a regular schedule. チェックごとに、トリガーからエンドポイントに対する呼び出し、つまり要求が送信されます。On each check, the trigger sends a call or request to the endpoint. エンドポイントの応答によって、ロジック アプリのワークフローが実行されるかどうかが決定します。The endpoint's response determines whether your logic app's workflow runs. トリガーによって、応答の任意のコンテンツがロジック アプリのアクションに渡されます。The trigger passes along any content from the response to the actions in your logic app.

必要に応じてエンドポイントを呼び出すために、ワークフローの他の手順として HTTP アクションを使用できます。You can use the HTTP action as any other step in your workflow for calling the endpoint when you want. エンドポイントの応答によって、ワークフローの以降のアクションの実行方法が決まります。The endpoint's response determines how your workflow's remaining actions run.

ロジック アプリを初めて使用する場合は、「Azure Logic Apps とは」を参照してください。If you're new to logic apps, review What is Azure Logic Apps?

前提条件Prerequisites

HTTP トリガーを追加するAdd HTTP trigger

  1. Azure portal にサインインし、ロジック アプリ デザイナーで空のロジック アプリをまだ開いていない場合は開きます。Sign in to the Azure portal, and open your blank logic app in Logic App Designer, if not open already.

  2. 検索ボックスに、フィルターとして「http」と入力します。In the search box, enter "http" as your filter. トリガーの一覧で、[HTTP] トリガーを選択します。Under the triggers list, select the HTTP trigger.

    HTTP トリガーを選択する

  3. ターゲット エンドポイントへの呼び出しに含める HTTP トリガーのパラメーターと値を指定します。Provide the HTTP trigger's parameters and values you want to include in the call to the target endpoint. トリガーでターゲット エンドポイントを確認する頻度を設定します。Set up recurrence for how often you want the trigger to check the target endpoint.

    HTTP トリガー パラメーターを入力する

    HTTP トリガー、パラメーター、および値の詳細については、トリガーとアクションの種類に関するリファレンスを参照してください。For more information about the HTTP trigger, parameters, and values, see Trigger and action types reference.

  4. トリガーが起動したときに実行されるアクションを使用して、ロジック アプリのワークフローを引き続き構築します。Continue building your logic app's workflow with actions that run when the trigger fires.

HTTP アクションを追加するAdd HTTP action

ロジック アプリがすべてのサービスにアクセスできるようにするには、事前にロジック アプリとサービスの間に "接続" を作成する必要があります。Before your logic app can access any service, you must create a connection between your logic app and that service. この接続を事前に作成していない場合は、該当のサービスのトリガーまたはアクションをロジック アプリに追加するときに、接続情報の入力を求められます。If you didn't previously create this connection, you're prompted for connection information when you add a trigger or action for that service to your logic app. Logic Apps デザイナーでは、ロジック アプリから直接この接続を作成するための簡単な方法を提供しています。The Logic Apps Designer provides an easy way for you to create this connection directly from your logic app.

  1. Azure portal にサインインし、ロジック アプリ デザイナーでロジック アプリを開きます (まだ開いていない場合)。Sign in to the Azure portal, and open your logic app in Logic App Designer, if not open already.

  2. HTTP アクションを追加する最後のステップの下で、[新しいステップ] を選択します。Under the last step where you want to add the HTTP action, choose New step.

    この例では、ロジック アプリは最初のステップとして HTTP トリガーから開始します。In this example, the logic app starts with the HTTP trigger as the first step.

  3. 検索ボックスに、フィルターとして「http」と入力します。In the search box, enter "http" as your filter. アクションの一覧で、[HTTP] アクションを選択します。Under the actions list, select the HTTP action.

    HTTP アクションを選択する

    ステップの間にアクションを追加するには、ステップ間の矢印の上にポインターを移動します。To add an action between steps, move your pointer over the arrow between steps. 表示されるプラス記号 (+) を選択し、[アクションの追加] を選択します。Choose the plus sign (+) that appears, and then select Add an action.

  4. ターゲット エンドポイントへの呼び出しに含める HTTP アクションのパラメーターと値を指定します。Provide the HTTP action's parameters and values you want to include in the call to the target endpoint.

    HTTP アクションのパラメーターを入力する

  5. 完了したら、必ずロジック アプリを保存します。When you're done, make sure you save your logic app. デザイナーのツール バーで、[保存] を選択します。On the designer toolbar, choose Save.

AuthenticationAuthentication

認証を設定するには、アクションまたはトリガー内で [詳細オプションの表示] を選択します。To set authentication, choose Show advanced options inside the action or trigger. HTTP トリガーとアクションに使用できる認証の種類の詳細については、トリガーとアクションの種類に関するリファレンスを参照してください。For more information about available authentication types for HTTP triggers and actions, see Trigger and action types reference.

サポートを受けるGet support

次の手順Next steps