ロジック アプリでのコネクタの使用Using connectors in a logic app

コネクタは、サービス、プロトコル、およびプラットフォームでの、イベント、データ、およびアクションへのすばやいアクセスを提供します。Connectors provide quick access to events, data, and actions across services, protocols, and platforms. Logic Apps がサポートするコネクタの完全な一覧については、 こちらを参照してください。The full list of connectors that Logic Apps supports can be found here. コネクタは、ロジック アプリでトリガーまたはアクションとして使用できますが、使用には構成された "接続" が必要な場合があります (例: Twitter アカウントがユーザーの代わりにアクセスしたり投稿することを承認する場合)。Connectors can be used as a trigger or an action in a logic app, and may require a configured connection to use (for example: authorizing a Twitter account to access or post on your behalf).

基本Basics

コネクタは、ロジック アプリの一部としてアクセスできるホストされたサービスで、Dynamics、Azure、Salesforce など他のサービスとの統合に使用されます。Connectors are hosted services you can access as part of a logic app to integrate with other services like Dynamics, Azure, Salesforce, and more. コネクタのデプロイと管理は Microsoft が行いますので、スケール、スループット、およびセキュリティの管理が万全な、統合ワークフローを構築することができます。They are deployed and managed by Microsoft, so you can build your integration workflows with scale, throughput, and security taken care of. [Show Microsoft managed API (Microsoft Managed API を表示)] でコネクタ アクションやトリガーを検索/選択することで、コネクタをロジック アプリに追加できます。You can add a connector to a logic app by searching and selecting a connector action or trigger under Show Microsoft managed APIs.

トリガーを選択する [アクション] メニュー

コネクタ アクションやトリガーには、それぞれ構成する一連のプロパティがあります。Each connector action or trigger will have its set of properties to configure. [情報]ボタンをクリックしてアクションの詳細を確認したり、ドキュメントを参照して 詳細を確認します。You can click on the info buttons to learn more about action, or reference its documentation to learn more.

まだコネクタになっていないサービスや API と統合する場合は、 カスタム コネクタ を通じてロジック アプリを拡張するか、または HTTP などのプロトコル経由で直接サービスに連絡します。If you want to integrate with a service or API that isn't yet a connector, you can also extend logic apps through a custom connector or just call directly to the service over a protocol like HTTP.

トリガーTriggers

一部のコネクタはトリガーを備えており、コネクタからのイベントによってロジック アプリが起動し、データがトリガーの一部として渡されます。Some connectors have a trigger, which means an event from that connector will fire a logic app and pass in any data as part of the trigger. トリガーは常に、ロジック アプリの最初の手順です。A trigger is always the first step in a logic app. 一般的なトリガーには次のような操作が含まれます。Popular triggers include operations like:

  • 繰り返し―1 時間おきに実行Recurrence - run every hour
  • HTTP 要求を受信したときWhen an HTTP request is received
  • 項目がキューに追加されたときWhen an item is added to a queue
  • 電子メールを受信したときWhen an email is received

一部のトリガーは、ロジック アプリへの通知を通じてイベントが発生すると直ちに起動しますが、トリガーの中には、ロジック アプリがイベントのサービスをチェックする頻度 (最大 15 秒おき) に定期実行期間を構成する必要があるものもあります。Some triggers will fire the instant an event happens through a notification to the logic app, and others will need a recurrence interval configured on how often the logic app will check the service for an event (up to every 15 seconds).

イベントを受信すると、ロジック アプリの実行が開始され、ワークフローのアクションが開始されます。Once an event is received, the logic app run will fire and the actions in the workflow will start. また、ワークフロー全体で、トリガーからのあらゆるデータにアクセスできます (たとえば "新しいツイート" トリガーがツイートを実行に渡します)。You will also be able to access any data from the trigger throughout the workflow (for example the 'On a new tweet' trigger will pass the tweet into the run).

アクションActions

ほとんどのコネクタには、ワークフローの一部として実行される、1 つまたは複数のアクションがあります。Most connectors have one or many actions that can be executed as part of the workflow. アクションとは、トリガーから実行が開始された後に発生する手順のことです。Actions are any steps that happen after the run has fired from a trigger. アクションを追加するには [新しい手順] ボタンをクリックして、使用するコネクタを検索します。To add an action click the New Step button and search for the connector you want to use. 選択すると (そして必要な 接続 を構成すると) 構成するアクション カードが表示されます。Once selected (and after configuring any connections that may be required) you will see the action card you can configure. 出力用のトークンをクリックして前の手順からデータを選択したり、必要に応じて他の構成を入力します。You can select data from previous steps by clicking on any of the tokens for outputs, or enter in any other configuration as needed.

コネクタ アクションの構成

接続Connections

ほとんどのコネクタは、使用する前に "接続" を構成する必要があります。Most connectors require you to configure a connection before you can use the connector. "接続" とは、コネクタへのアクセスに必要なログインや接続の構成のことです。A connection is any login or connection configuration needed to access the connector. OAuth を使用するコネクタにとって、接続の作成は、アクセス トークンの暗号化と Azure シークレット ストアへの安全な保存が可能なサービス (Office 365、Salesforce、または GitHub など) へのサインインを意味します。For connectors that use OAuth, create a connection means signing into the service (like Office 365, Salesforce, or GitHub) where your access token can be encrypted and securely stored in an Azure secret store. その他のコネクタ (FTP や SQL など) では、サーバーのアドレス、ユーザー名、およびパスワードなどの構成を含む接続が必要です。Other connectors (like FTP and SQL) require a connection that contains configuration like server address, username, and password. これらの接続構成の詳細も暗号化され、安全に保存されます。These connection configuration details are also encrypted and securely stored. 接続は、サービスが許可する限り、サービスにアクセスすることができます。Connections will be able to access the service for as long as the service allows. Azure Active Directory の OAuth 接続 (Office 365 や Dynamics など) については、アクセス トークンを無制限に更新し続けることができます。For Azure Active Directory OAuth connections (like Office 365 and Dynamics) we can continue to refresh the access token indefinitely. 他のサービスでは、更新せずにトークンを利用できる期間が制限されている場合があります。Other services may put limits on how long we can use a token without it being refreshed. 一般に、パスワードの変更など特定のアクションで、すべてのアクセス トークンが無効になります。In general certain actions like changing a password will invalidate all access tokens.

Azure で接続の表示と管理を行うには、[参照] をクリックして [API 接続] を選択します。Connections can be viewed and managed in Azure by clicking Browse and selecting API Connections. API 接続リソースから、作成した接続の表示、編集、更新、および再承認を行います。From the API Connections resource you can view, edit, update, or re-authorize any connections you have created.

次の手順Next Steps