Azure Container Registry のベスト プラクティス

以下のベスト プラクティスに従うことにより、Azure のプライベート レジストリのパフォーマンスを最大限に引き出し、運用のコスト効率を高め、コンテナー イメージとその他の成果物を格納およびデプロイできます。

レジストリの概念の背景については、「レジストリ、リポジトリ、イメージについて」を参照してください。 レジストリでのタグ付けとイメージ作成の方法については、「コンテナー イメージのタグ付けとバージョン管理に関する推奨事項」も参照してください。

ネットワーク的に近接する場所へのデプロイ

コンテナー レジストリは、コンテナーのデプロイ先と同じ Azure リージョンに作成してください。 ご利用のコンテナー ホストとネットワーク的に近接するリージョンにレジストリを配置することで、待ち時間とコストの両方を低減することができます。

ネットワーク的に近接する場所へのデプロイは、プライベート コンテナー レジストリを使用する大きな理由の 1 つです。 Docker イメージは、段階的なデプロイに対応した効率のよいレイヤー構造になっています。 ところが、新しいノードは、特定のイメージに必要なすべてのレイヤーをプルする必要があります。 この初回 docker pull で、あっという間に数ギガバイトにまで達することがあります。 プライベート レジストリとデプロイとの距離が短ければ、ネットワーク待ち時間が最小限で済みます。 また、Azure を含むすべてのパブリック クラウドには、ネットワーク送信データ転送料金が導入されています。 異なるデータセンターからイメージを取得すると、待ち時間に加えて、ネットワーク送信データ転送料金が別途発生します。

Geo レプリケーション転送を使用した複数リージョンへのデプロイ

複数のリージョンにコンテナーをデプロイする場合は、Azure Container Registry の Geo レプリケーション機能をご使用ください。 ローカル データ センターから世界各国の顧客にサービスを提供する場合であれ、開発チームの拠点が分散している場合であれ、レジストリを Geo レプリケーション転送することにより、レジストリの管理を省力化し、待ち時間を最小限に抑えることができます。 また、画像がプッシュされた場合など、特定のレプリカ内のイベントを通知するように、リージョン Webhook を構成できます。

geo レプリケーションは、Premium レジストリで使用できます。 Geo レプリケーションの使用方法については、Azure Container Registry の Geo レプリケーションに関する 3 部構成のチュートリアルを参照してください。

プル パフォーマンスを最大化する

デプロイの近くにイメージを配置する以外に、イメージ自体の特性がプル パフォーマンスに影響を与える可能性があります。

  • イメージ サイズ - 不要な レイヤーを削除したり、レイヤーのサイズを縮小したりして、画像のサイズを最小化します。 イメージ サイズを縮小する 1 つの方法は、マルチステージの Docker ビルド方法を使用して、必要なランタイム コンポーネントのみを含めることです。

    また、より軽量なベース OS イメージを含めることができるかどうかも確認します。 特定のベース イメージをキャッシュする Azure Container Instances などのデプロイ環境を使用する場合は、キャッシュされたイメージの 1 つのイメージ レイヤーをスワップできるかどうかを確認します。

  • レイヤー数 - 使用されるレイヤーの数を調整します。 数が少なすぎると、ホストでのレイヤーの再利用とキャッシュの恩恵を受けられません。 多すぎると、デプロイ環境でのプルと圧縮解除に時間がかかります。 レイヤーの数は、5 ~ 10 が最適です。

また、必要なパフォーマンスのニーズを満たす Azure Container Registry のサービス レベルも選択します。 Premium レベルでは、大規模なデプロイがある場合、最大帯域幅と読み取りと書き込みの同時操作の最高比率が提供されます。

リポジトリの名前空間

リポジトリの名前空間を使用することで、1 つのレジストリを組織内の複数のグループで共有することができます。 デプロイやチームの境界を越えてレジストリを共有することができます。 Azure Container Registry では、名前空間を入れ子にしてグループ分けすることができます。 ただし、レジストリでは、階層としてではなく、すべてのリポジトリが個別に管理されます。

たとえば、以下のようなコンテナー イメージ タグを考えてみましょう。 ルート名前空間には全社的に使用されるイメージ (aspnetcore など) を置き、Products グループと Marketing グループが所有するコンテナー イメージには、それぞれ固有の名前空間を使用します。

  • contoso.azurecr.io/aspnetcore:2.0
  • contoso.azurecr.io/products/widget/web:1
  • contoso.azurecr.io/products/bettermousetrap/refundapi:12.3
  • contoso.azurecr.io/marketing/2017-fall/concertpromotions/campaign:218.42

専用のリソース グループ

コンテナー レジストリは、複数のコンテナー ホスト間で使用されるリソースであるため、専用のリソース グループに置くことをお勧めします。

特定のホスト タイプ (Azure Container Instances など) を試験的に使用することもあるかと思いますが、作業後はコンテナー インスタンスを削除するのが普通です。 しかし、Azure Container Registry にプッシュした一連のイメージを保存しておきたいこともあるでしょう。 レジストリを専用のリソース グループに置いておけば、コンテナー インスタンス リソース グループを削除するときに、レジストリ内の一連のイメージを不注意で削除するリスクを極力抑えることができます。

認証と承認

Azure Container Registry に対して認証を行うときのシナリオは、個人の認証とサービス ("ヘッドレス") 認証の 2 つに大別されます。 次の表は、それらのシナリオの概要とそれぞれに推奨される認証方法をまとめたものです。

Type サンプル シナリオ 推奨される方法
個人 ID 開発者が、その開発マシンにイメージをプルしたり、開発マシンからイメージをプッシュしたりする。 az acr login
ヘッドレス/サービス ID ユーザーの直接介入を伴わないビルドとデプロイのパイプライン。 サービス プリンシパル

これらと他の Azure Container Registry の認証シナリオについて詳しくは、「Azure コンテナー レジストリでの認証」を参照してください。

Azure Container Registry は、組織内のセキュリティのプラクティスをサポートし、さまざまな ID に職務と特権を配布します。 ロールベースのアクセス制御を使用して、さまざまなユーザー、サービス プリンシパル、またはさまざまなレジストリの操作を実行するその他の ID に適切なアクセス許可を割り当てます。 たとえば、ビルド パイプラインで使用されるサービス プリンシパルにプッシュ アクセス許可を割り当て、デプロイに使用されるさまざまな ID にプル アクセス許可を割り当てます。 特定のリポジトリに対して、細かい設定が可能な時間制限付きアクセスを指定するためのトークンを作成します。

レジストリ サイズの管理

コンテナー レジストリ サービス レベルのストレージ制約は、一般的なシナリオに一致するように意図されています。開始用の Basic、大半の運用アプリケーションに対応する Standard、ハイパースケール パフォーマンスと geo レプリケーションに対応する Premium があります。 レジストリの有効期間を通して、使用されていないコンテンツを定期的に削除することによって、そのサイズを管理する必要があります。

Azure CLI コマンド az acr show-usage を使用して、レジストリ内のストレージとその他のリソースの現在の消費量を表示します。

az acr show-usage --resource-group myResourceGroup --name myregistry --output table

サンプル出力:

NAME                        LIMIT         CURRENT VALUE    UNIT
--------------------------  ------------  ---------------  ------
Size                        536870912000  215629144        Bytes
Webhooks                    500           1                Count
Geo-replications            -1            3                Count
IPRules                     100           1                Count
VNetRules                   100           0                Count
PrivateEndpointConnections  10            0                Count

Azure portal では、レジストリの [概要] でも現在のストレージの使用状況が分かります。

Azure Portal でのレジストリ使用状況情報

注意

geo レプリケーションの対象となっているレジストリでは、ホーム リージョンのストレージ使用量が表示されます。 使用済みのレジストリ ストレージの合計については、レプリケーションの数を乗算します。

イメージ データを削除する

Azure Container Registry は、コンテナー レジストリからイメージ データを削除するためのいくつかの方法をサポートしています。 タグまたはマニフェスト ダイジェストによってイメージを削除するか、またはリポジトリ全体を削除することができます。

タグなし ("未解決" や "孤立" とも呼ばれる) イメージを含むイメージ データのレジストリからの削除の詳細については、「Azure Container Registry のコンテナー イメージを削除する」を参照してください。 保有ポリシーは、タグなしマニフェストにも設定できます。

次のステップ

Azure Container Registry には、異なる機能を提供するレベル (SKU とも呼ばれます) があります。 利用可能なサービス レベルの詳細については、Azure Container Registry のサービス レベルに関するページを参照してください。

コンテナー レジストリのセキュリティ体制を改善するために役立つ推奨事項については、「Azure Container Registry 用の Azure セキュリティ ベースライン」を参照してください。