Azure Cosmos コンテナーを作成するCreate an Azure Cosmos container

この記事では、Azure Cosmos コンテナー (コレクション、テーブル、またはグラフ) を作成するいくつかの方法について説明します。This article explains the different ways to create an Azure Cosmos container (collection, table, or graph). これには、Azure portal、Azure CLI、またはサポートされている SDK を使用します。You can use Azure portal, Azure CLI, or supported SDKs for this. この記事では、コンテナーを作成してパーティション キーを指定し、スループットをプロビジョニングする方法を紹介します。This article demonstrates how to create a container, specify the partition key, and provision throughput.

Azure portal を使用してコンテナーを作成するCreate a container using Azure portal

SQL APISQL API

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 新しい Azure Cosmos アカウントを作成するか、既存のアカウントを選択します。Create a new Azure Cosmos account, or select an existing account.

  3. [データ エクスプローラー] ウィンドウを開いて [新しいコンテナー] を選択します。Open the Data Explorer pane, and select New Container. 次に、以下の詳細を指定します。Next, provide the following details:

    • 新しいデータベースを作成するか、既存のデータベースを使用するかを指定します。Indicate whether you are creating a new database or using an existing one.
    • コンテナー ID を入力します。Enter a container ID.
    • パーティション キーを入力します。Enter a partition key.
    • プロビジョニングするスループットを入力します (例: 1,000 RU)。Enter a throughput to be provisioned (for example, 1000 RUs).
    • [OK] を選択します。Select OK.

    [新しいコンテナー] が強調して示されている [データ エクスプローラー] ウィンドウのスクリーンショット

MongoDB 用 Azure Cosmos DB APIAzure Cosmos DB API for MongoDB

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 新しい Azure Cosmos アカウントを作成するか、既存のアカウントを選択します。Create a new Azure Cosmos account, or select an existing account.

  3. [データ エクスプローラー] ウィンドウを開いて [新しいコンテナー] を選択します。Open the Data Explorer pane, and select New Container. 次に、以下の詳細を指定します。Next, provide the following details:

    • 新しいデータベースを作成するか、既存のデータベースを使用するかを指定します。Indicate whether you are creating a new database or using an existing one.
    • コンテナー ID を入力します。Enter a container ID.
    • シャード キーを入力します。Enter a shard key.
    • プロビジョニングするスループットを入力します (例: 1,000 RU)。Enter a throughput to be provisioned (for example, 1000 RUs).
    • [OK] を選択します。Select OK.

    MongoDB 用 Azure Cosmos DB API の [コンテナーの追加] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

Cassandra APICassandra API

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 新しい Azure Cosmos アカウントを作成するか、既存のアカウントを選択します。Create a new Azure Cosmos account, or select an existing account.

  3. [データ エクスプローラー] ウィンドウを開いて [新しいテーブル] を選択します。Open the Data Explorer pane, and select New Table. 続けて、以下の詳細を指定してください。Next, provide the following details:

    • 新しいキースペースを作成するか、既存のキースペースを使用するかを指定します。Indicate whether you are creating a new keyspace, or using an existing one.
    • テーブルの名前を入力します。Enter a table name.
    • プロパティを入力し、主キーを指定します。Enter the properties and specify a primary key.
    • プロビジョニングするスループットを入力します (例: 1,000 RU)。Enter a throughput to be provisioned (for example, 1000 RUs).
    • [OK] を選択します。Select OK.

    Cassandra API の [テーブルの追加] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

注意

Cassandra API では、主キーがパーティション キーとして使用されます。For Cassandra API, the primary key is used as the partition key.

Gremlin APIGremlin API

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 新しい Azure Cosmos アカウントを作成するか、既存のアカウントを選択します。Create a new Azure Cosmos account, or select an existing account.

  3. [データ エクスプローラー] ウィンドウを開いて [新しいグラフ] を選択します。Open the Data Explorer pane, and select New Graph. 続けて、以下の詳細を指定してください。Next, provide the following details:

    • 新しいデータベースを作成するか、既存のデータベースを使用するかを指定します。Indicate whether you are creating a new database, or using an existing one.
    • グラフ ID を入力します。Enter a Graph ID.
    • [無制限] のストレージ容量を選択します。Select Unlimited storage capacity.
    • 頂点のパーティション キーを入力します。Enter a partition key for vertices.
    • プロビジョニングするスループットを入力します (例: 1,000 RU)。Enter a throughput to be provisioned (for example, 1000 RUs).
    • [OK] を選択します。Select OK.

    Gremlin API の [グラフの追加] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

Table APITable API

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 新しい Azure Cosmos アカウントを作成するか、既存のアカウントを選択します。Create a new Azure Cosmos account, or select an existing account.

  3. [データ エクスプローラー] ウィンドウを開いて [新しいテーブル] を選択します。Open the Data Explorer pane, and select New Table. 次に、以下の詳細を指定します。Next, provide the following details:

    • テーブル ID を入力します。Enter a Table ID.
    • プロビジョニングするスループットを入力します (例: 1,000 RU)。Enter a throughput to be provisioned (for example, 1000 RUs).
    • [OK] を選択します。Select OK.

    Table API の [テーブルの追加] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

注意

Table API では、新しい行を追加するたびにパーティション キーが指定されます。For Table API, the partition key is specified each time you add a new row.

Azure CLI を使用してコンテナーを作成するCreate a container using Azure CLI

以下のリンクは、Azure CLI を使用して Azure Cosmos DB のコンテナー リソースを作成する方法を示すものです。The links below show how to create container resources for Azure Cosmos DB using Azure CLI.

すべての Azure Cosmos DB API にわたる Azure CLI の全サンプルの一覧については、SQL APICassandra APIMongoDB APIGremlin APITable API に関する記事を参照してください。For a listing of all Azure CLI samples across all Azure Cosmos DB APIs see, SQL API, Cassandra API, MongoDB API, Gremlin API, and Table API

PowerShell を使用してコンテナーを作成するCreate a container using PowerShell

以下のリンクは、PowerShell を使用して Azure Cosmos DB のコンテナー リソースを作成する方法を示すものです。The links below show how to create container resources for Azure Cosmos DB using PowerShell.

すべての Azure Cosmos DB API にわたる Azure CLI の全サンプルの一覧については、SQL APICassandra APIMongoDB APIGremlin APITable API に関する記事を参照してください。For a listing of all Azure CLI samples across all Azure Cosmos DB APIs see, SQL API, Cassandra API, MongoDB API, Gremlin API, and Table API

.NET SDK を使用してコンテナーを作成するCreate a container using .NET SDK

SQL API と Gremlin APISQL API and Gremlin API

// Create a container with a partition key and provision 1000 RU/s throughput.
DocumentCollection myCollection = new DocumentCollection();
myCollection.Id = "myContainerName";
myCollection.PartitionKey.Paths.Add("/myPartitionKey");

await client.CreateDocumentCollectionAsync(
    UriFactory.CreateDatabaseUri("myDatabaseName"),
    myCollection,
    new RequestOptions { OfferThroughput = 1000 });

MongoDB 用 Azure Cosmos DB APIAzure Cosmos DB API for MongoDB

// Create a collection with a partition key by using Mongo Shell:
db.runCommand( { shardCollection: "myDatabase.myCollection", key: { myShardKey: "hashed" } } )

注意

MongoDB ワイヤ プロトコルでは、要求ユニットという概念は理解されません。MongoDB wire protocol does not understand the concept of Request Units. プロビジョニングされたスループットを持つ新しいコレクションを作成するには、Azure portal または SQL API 用の Cosmos DB SDK を使用します。To create a new collection with provisioned throughput on it, use the Azure portal or Cosmos DB SDKs for SQL API.

Cassandra APICassandra API

// Create a Cassandra table with a partition/primary key and provision 1000 RU/s throughput.
session.Execute(CREATE TABLE myKeySpace.myTable(
    user_id int PRIMARY KEY,
    firstName text,
    lastName text) WITH cosmosdb_provisioned_throughput=1000);

次の手順Next steps