Azure Cosmos DB のデータベースのスループットをプロビジョニングするProvision throughput on a database in Azure Cosmos DB

この記事では、Azure Cosmos DB のデータベースのスループットをプロビジョニングする方法について説明します。This article explains how to provision throughput on a database in Azure Cosmos DB. スループットは、単一のコンテナーを対象にプロビジョニングできるほか、データベースを対象にプロビジョニングして、それをデータベース内の複数のコンテナーで共有することもできます。You can provision throughput for a single container, or for a database and share the throughput among the containers within it. コンテナーレベルとデータベースレベルのスループットを使用するタイミングについては、コンテナーとデータベースでのスループットのプロビジョニングのユース ケースに関する記事を参照してください。To learn when to use container-level and database-level throughput, see the Use cases for provisioning throughput on containers and databases article. データベース レベルのスループットは、Azure portal または Azure Cosmos DB SDK を使用してプロビジョニングできます。You can provision database level throughput by using the Azure portal or Azure Cosmos DB SDKs.

Azure portal を使用してスループットをプロビジョニングするProvision throughput using Azure portal

SQL (Core) APISQL (Core) API

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. 新しい Azure Cosmos アカウントを作成するか、既存の Azure Cosmos アカウントを選択します。Create a new Azure Cosmos account, or select an existing Azure Cosmos account.

  3. [データ エクスプローラー] ウィンドウを開いて [新しいデータベース] を選択します。Open the Data Explorer pane, and select New Database. 以下の詳細を指定します。Provide the following details:

    • データベース ID を入力します。Enter a database ID.
    • [スループットのプロビジョニング] を選択します。Select Provision throughput.
    • スループットを入力します (例: 1000 RU)。Enter a throughput (for example, 1000 RUs).
    • [OK] を選択します。Select OK.

[新しいデータベース] ダイアログ ボックスのスクリーンショット

Azure CLI を使用してスループットをプロビジョニングするProvision throughput using Azure CLI

az cosmosdb database create --db-name
                            [--key]
                            [--name]
                            [--resource-group-name]
                            [--subscription]
                            [--throughput]
                            [--url-connection]

PowerShell を使用してスループットをプロビジョニングするProvision throughput using PowerShell

# Create a database and provision throughput of 400 RU/s
$resourceGroupName = "myResourceGroup"
$accountName = "mycosmosaccount"
$databaseName = "database1"
$databaseResourceName = $accountName + "/sql/" + $databaseName

$databaseProperties = @{
    "resource"=@{ "id"=$databaseName };
    "options"=@{ "Throughput"= 400 }
}

New-AzResource -ResourceType "Microsoft.DocumentDb/databaseAccounts/apis/databases" `
    -ApiVersion "2015-04-08" -ResourceGroupName $resourceGroupName `
    -Name $databaseResourceName -PropertyObject $databaseProperties

.NET SDK を使用してスループットをプロビジョニングProvision throughput using .NET SDK

注意

SQL API 用の Cosmos SDK を使用して、すべての API のスループットをプロビジョニングできます。You can use Cosmos SDKs for SQL API to provision throughput for all APIs. Cassandra API では、必要に応じて以下の例を使用することもできます。You can optionally use the following example for Cassandra API as well.

すべての APIAll APIs

.Net V2 SDK.Net V2 SDK

//set the throughput for the database
RequestOptions options = new RequestOptions
{
    OfferThroughput = 500
};

//create the database
await client.CreateDatabaseIfNotExistsAsync(
    new Database {Id = databaseName},  
    options);

.Net V3 SDK.Net V3 SDK

//create the database with throughput
string databaseName = "MyDatabaseName";
await this.cosmosClient.CreateDatabaseIfNotExistsAsync(
        id: databaseName,
        throughput: 1000);

Cassandra APICassandra API

// Create a Cassandra keyspace and provision throughput of 400 RU/s
session.Execute(CREATE KEYSPACE IF NOT EXISTS myKeySpace WITH cosmosdb_provisioned_throughput=400);

次の手順Next steps

Azure Cosmos DB のプロビジョニングされたスループットについては、次の記事を参照してください。See the following articles to learn about provisioned throughput in Azure Cosmos DB: