Azure Cosmos Emulator - リリース ノートとダウンロード情報Azure Cosmos Emulator - Release notes and download information

適用対象: SQL API Cassandra API Gremlin API Table API MongoDB 用 Azure Cosmos DB API

この記事では、Azure Cosmos エミュレーター リリース ノートを各リリースで行われた機能更新プログラムを示して説明します。This article shows the Azure Cosmos emulator release notes with a list of feature updates that were made in each release. また、ダウンロードして使用するためのエミュレーターの最新バージョンも記載しています。It also lists the latest version of emulator to download and use.

ダウンロードDownload

MSI ダウンロードMSI download Microsoft ダウンロード センターMicrosoft Download Center
開始するにはGet started Azure Cosmos Emulator を使用してローカルで開発するDevelop locally with Azure Cosmos emulator

リリース ノートRelease notes

2.11.8 (2020 年 11 月 6 日)2.11.8 (6 November 2020)

  • このリリースには、Cosmos エミュレーターの Data Explorer に対する更新プログラムが含まれています。また、TLS 1.3 クライアントが Data Explorer を開こうとする問題が修正されています。This release includes an update for the Cosmos emulator Data Explorer and fixes an issue where TLS 1.3 clients try to open the Data Explorer.

2.11.6 (2020 年 10 月 6 日)2.11.6 (6 October 2020)

  • このリリースでは、複数のコンテナーが同時に作成される可能性がある場合の、コンカレンシーに関連する問題が解決されています。This release addresses a concurrency related issue when multiple containers might be created at the same time. そのような場合は、エミュレーターのデータが破損した状態のままとなり、エミュレーターのエンドポイントに対する次の API 要求が "サービスを利用できません" エラーで失敗して、エミュレーターのローカルデータの再起動とリセットが必要となります。In such cases emulator's data is left in a corrupted state and following API requests to the emulator's endpoint could fail with "service unavailable" errors, requiring a restart and a reset of the emulator's local data.

2.11.5 (2020 年 8 月 23 日)2.11.5 (23 August 2020)

このリリースでは、次の 2 つの新しい Cosmos Emulator スタートアップ オプションが追加されています。This release adds two new Cosmos emulator startup options:

  • "/EnablePreview" - エミュレーターのプレビュー機能を有効にします。"/EnablePreview" - it enables preview features for the emulator. プレビュー機能はまだ開発中であり、CI とサンプル記述を通じてアクセスできます。The preview features that are still under development and they can be accessed via CI and sample writing.
  • "/EnableAadAuthentication" - エミュレーターが、Azure Cosmos 主キーの代わりに、カスタムの Azure Active Directory トークンを受け入れることができるようにします。"/EnableAadAuthentication" - it enables the emulator to accept custom Azure Active Directory tokens as an alternative to the Azure Cosmos primary keys. この機能は、まだ開発中です。特定のロールの割り当てとその他のアクセス許可に関連する設定は、現在、サポートされていません。This feature is still under development; specific role assignments and other permission-related settings aren't currently supported.

2.11.2 (2020 年 7 月 07 日)2.11.2 (07 July 2020)

  • このリリースでは、Cosmos エミュレーターのトラブルシューティング時に必要となる ETL トレースの収集方法が変更されています。This release changes how ETL traces required when troubleshooting the Cosmos emulator are collected. WPR (Windows Performance Runtime ツール) が ETL ベース トレースのキャプチャ用の既定のツールとなり、以前の LOGMAN ベースのキャプチャは非推奨になりました。WPR (Windows Performance Runtime tools) is now the default tools for capturing ETL-based traces while old LOGMAN based capturing has been deprecated. この変更が必要となった 1 つの理由は、Cosmos エミュレーターを介して LOGMAN を実行した場合の動作に、最新の Windows セキュリティ更新プログラムが予期しない影響を与えたためです。This change is required in part because latest Windows security updates had an unexpected impact on how LOGMAN works when executed through the Cosmos emulator.

2.11.1 (2020 年 6 月 10 日)2.11.1 (10 June 2020)

  • このリリースでは、エミュレーターのデータ エクスプローラーに関連して、2 つのバグが修正されています。This release fixes couple bugs related to emulator Data Explorer. Web ブラウザーからエミュレーターのデータ エクスプローラーを使用しているとき、一部のケースで、Cosmos エミュレーターのエンドポイントへの接続に失敗し、関連するすべてのアクション (データベースまたはコンテナーの作成など) がエラーになることがあります。In certain cases when using the emulator Data Explorer through a web browser, it fails to connect to the Cosmos emulator endpoint and all the related actions such as creating a database or a container will result in error. また、データ エクスプローラーのアップロード アクションを使用して JSON ファイルからアイテムを作成する際の問題も解決されています。The second issue fixed is related to creating an item from a JSON file using Data Explorer upload action.

2.11.02.11.0

  • このリリースでは、プロビジョニング済みスループットの自動スケーリングがサポートされました。This release introduces support for autoscale provisioned throughput. これらの新機能には、プロビジョニング済みスループットのカスタム最大レベルを要求ユニット (RU/秒) で設定する機能、既存のデータベースとコンテナーで自動スケーリングを有効にする機能、および Azure Cosmos DB SDK を介したプログラムによるサポートが含まれます。These new features include the ability to set a custom maximum provisioned throughput level in request units (RU/s), enable autoscale on existing databases and containers, and programmatic support through Azure Cosmos DB SDKs.
  • 多数のドキュメント (1 GB 以上) でクエリを実行しているときに、エミュレーターが内部エラー状態コード 500 で失敗する問題が修正されました。Fix an issue while querying through large number of documents (over 1 GB) were the emulator will fail with internal error status code 500.

2.9.22.9.2

  • このリリースでは、MongoDB エンドポイント バージョン 3.2 のサポートを有効にする際のバグが修正されました。This release fixes a bug while enabling support for MongoDb endpoint version 3.2. また、LOGMAN ではなく WPR を使用して、トラブルシューティング用の ETL トレースを生成できるようになりました。It also adds support for generating ETL traces for troubleshooting purposes using WPR instead of LOGMAN.

2.9.12.9.1

  • このリリースでは、クエリ API のサポートに関するいくつかの問題が修正され、Windows Server 2012 などの古い OS との互換性が復元されています。This release fixes couple issues in the query API support and restores compatibility with older OSs such as Windows Server 2012.

2.9.02.9.0

  • このリリースでは、整合性を "整合性のあるプレフィックス" に設定してユーザーとアクセス許可の上限を引き上げるオプションが追加されています。This release adds the option to set the consistency to consistent prefix and increase the maximum limits for users and permissions.

2.7.22.7.2

  • このリリースでは、MongoDB バージョン 3.6 サーバーのサポートが Cosmos Emulator に追加されました。This release adds MongoDB version 3.6 server support to the Cosmos Emulator. サービスのバージョン 3.6 を対象とする MongoDB エンドポイントを起動するには、管理者用のコマンド ラインで "/EnableMongoDBEndpoint=3.6" オプションを使用してエミュレーターを起動します。To start a MongoDB endpoint that target version 3.6 of the service, start the emulator from an Administrator command line with "/EnableMongoDBEndpoint=3.6" option.

2.7.02.7.0

  • このリリースでは、.Net Core または x86 .NET ベースのクライアントが使用されている場合に、エミュレーターからの SQL API アカウントに対するクエリの実行を妨げていた再発バグが修正されます。This release fixes a regression, which prevented users from executing queries against the SQL API account from the emulator when using .NET core or x86 .NET based clients.

2.4.62.4.6

  • このリリースは、2019 年 7 月時点の Azure Cosmos サービスの機能と同等です。ただし、Azure Cosmos エミュレーターを使用したローカルでの開発に関するページに記載されている例外を除きます。This release provides parity with the features in the Azure Cosmos service as of July 2019, with the exceptions noted in Develop locally with Azure Cosmos emulator. また、コマンド ラインを介して起動した場合のエミュレーターのシャットダウンに関連するバグ、および直接モード接続を使用する SDK クライアントに対する内部 IP アドレスのオーバーライドに関するバグも修正されます。It also fixes several bugs related to emulator shut down when invoked via command line and internal IP address overrides for SDK clients using direct mode connectivity.

2.4.32.4.3

  • MongoDB サービスの既定での無効な開始。Disabled starting the MongoDB service by default. 既定で、SQL エンドポイントのみが有効になります。Only the SQL endpoint is enabled as default. ユーザーは、エミュレーターの "/EnableMongoDbEndpoint" コマンド ライン オプションを使用して、エンドポイントを手動で開始する必要があります。The user must start the endpoint manually using the emulator's "/EnableMongoDbEndpoint" command-line option. これは、他のすべてのサービス エンドポイント (Gremlin、Cassandra、Table など) と同様です。Now, it's like all the other service endpoints, such as Gremlin, Cassandra, and Table.
  • "/AllowNetworkAccess" で開始した場合のエミュレーターのバグ (Gremlin、Cassandra、および Table エンドポイントが外部クライアントからの要求を適切に処理しない) を修正しました。Fixed a bug in the emulator when starting with “/AllowNetworkAccess” where the Gremlin, Cassandra, and Table endpoints weren't properly handling requests from external clients.
  • 直接接続のポートをファイアウォール規則の設定に追加します。Add direct connection ports to the Firewall Rules settings.

2.4.02.4.0

  • Pulse Client などのネットワーク監視アプリがホスト コンピューター上にあるときにエミュレーターの起動が失敗する問題を修正しました。Fixed an issue with emulator failing to start when network monitoring apps, such as Pulse Client, are present on the host computer.