Azure Cosmos DB の MongoDB 用 APIAzure Cosmos DB's API for MongoDB

Azure Cosmos DB は、ミッション クリティカルなアプリケーション向けの、Microsoft のグローバル分散型マルチモデル データベース サービスです。Azure Cosmos DB is Microsoft's globally distributed, multi-model database service for mission-critical applications. Azure Cosmos DB は、ターン キー グローバル分散スループットとストレージの世界規模でのエラスティック スケーリング、99 パーセンタイルの 1 桁ミリ秒の待機時間を提供し、高可用性を保証します。これらはすべて業界最高レベルの SLA によってサポートされています。Azure Cosmos DB provides turn-key global distribution, elastic scaling of throughput and storage worldwide, single-digit millisecond latencies at the 99th percentile, and guaranteed high availability, all backed by industry-leading SLAs. Azure Cosmos DB は、データのインデックスを自動的に作成します。スキーマとインデックスの管理に対処する必要はありません。Azure Cosmos DB automatically indexes data without requiring you to deal with schema and index management. Azure Cosmos DB はマルチモデルであり、ドキュメント、キーと値、グラフ、列指向の各データ モデルをサポートします。It is multi-model and supports document, key-value, graph, and columnar data models. 既定では、SQL API を使用して Cosmos DB を操作できます。By default, you can interact with Cosmos DB using SQL API. さらに、Cosmos DB サービスは、Cassandra、MongoDB、Gremlin、Azure Table Storage など、一般的な NoSQL API 向けのワイヤ プロトコルを実装しています。Additionally, the Cosmos DB service implements wire protocols for common NoSQL APIs including Cassandra, MongoDB, Gremlin, and Azure Table Storage. これにより、使い慣れた NoSQL クライアント ドライバーとツールを使用して、Cosmos データベースを操作できます。This allows you to use your familiar NoSQL client drivers and tools to interact with your Cosmos database.

ワイヤ プロトコルの互換性Wire protocol compatibility

Azure Cosmos DB は、Cassandra、MongoDB、Gremlin、Azure Table Storage など、一般的な NoSQL データベース向けのワイヤ プロトコルを実装しています。Azure Cosmos DB implements wire protocols of common NoSQL databases including Cassandra, MongoDB, Gremlin, and Azure Tables Storage. Cosmos DB 内部で直接かつ効率的にワイヤ プロトコルのネイティブ実装が提供されているため、NoSQL データベースの既存のクライアント SDK、ドライバー、ツールで透過的に Cosmos DB を操作できます。By providing a native implementation of the wire protocols directly and efficiently inside Cosmos DB, it allows existing client SDKs, drivers, and tools of the NoSQL databases to interact with Cosmos DB transparently. Cosmos DB では、任意の NoSQL データベース向けにワイヤ互換性のある API を提供するためにデータベースのソース コードを使用することは一切ありません。Cosmos DB does not use any source code of the databases for providing wire-compatible APIs for any of the NoSQL databases.

既定では、Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API を使用して作成された新しいアカウントは、MongoDB ワイヤ プロトコルのバージョン 3.6 と互換性があります。By default, new accounts created using Azure Cosmos DB's API for MongoDB are compatible with version 3.6 of the MongoDB wire protocol. これらのプロトコル バージョンを認識する MongoDB クライアント ドライバーはすべて、Cosmos DB にネイティブに接続できます。Any MongoDB client driver that understands this protocol version should be able to natively connect to Cosmos DB.

Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API

主な利点Key benefits

フル マネージドかつグローバルに分散されたサービスとしてのデータベースである Cosmos DB の主な利点はこちらで説明しています。The key benefits of Cosmos DB as a fully managed, globally distributed, database as a service are described here. さらに、Cosmos DB では、人気の高い NoSQL API のワイヤ プロトコルをネイティブ実装することで、次のような利点も実現しています。Additionally, by natively implementing wire protocols of popular NoSQL APIs, Cosmos DB provides the following benefits:

  • アプリケーション ロジックの重要な部分を保持しながら、Cosmos DB にアプリケーションを簡単に移行できます。Easily migrate your application to Cosmos DB while preserving significant portions of your application logic.
  • アプリケーションの移植性を保持して、クラウド ベンダーに非依存な状態を維持できます。Keep your application portable and continue to remain cloud vendor-agnostic.
  • Cosmos DB を利用した一般的な NoSQL API 向けに、業界最高レベルの、ご利用料金に基づく SLA が手に入ります。Get industry leading, financially backed SLAs for the common NoSQL APIs powered by Cosmos DB.
  • Cosmos データベースのプロビジョニング済みのスループットと容量を、ニーズに応じてエラスティックにスケーリングでき、お支払いは必要なスループットとストレージの分のみとなります。Elastically scale the provisioned throughput and storage for your Cosmos databases based on your need and pay only for the throughput and storage you need. これにより、大幅にコストを削減できます。This leads to significant cost savings.
  • マルチマスター レプリケーションによるターンキーのグローバル分散が可能になります。Turnkey, global distribution with multi-master replication.

Cosmos DB の MongoDB 用 APICosmos DB's API for MongoDB

クイックスタートに従って Azure Cosmos アカウントを作成し、既存の MongoDB アプリケーションを移行して Azure Cosmos DB を使用するか、新しいアプリケーションを構築します。Follow the quickstarts to create an Azure Cosmos account and migrate your existing MongoDB application to use Azure Cosmos DB, or build a new one:

次の手順Next steps

使用し始めるためのいくつかのヒントを次に示します。Here are a few pointers to get you started:

注:この記事では、MongoDB データベースとのワイヤ プロトコルの互換性を提供する Azure Cosmos DB の機能について説明します。Microsoft は、このサービスを提供するための MongoDB データベースの運営は行いません。Azure Cosmos DB は MongoDB, Inc. には所属していません。Note: This article describes a feature of Azure Cosmos DB that provides wire protocol compatibility with MongoDB databases. Microsoft does not run MongoDB databases to provide this service. Azure Cosmos DB is not affiliated with MongoDB, Inc.