Studio 3T を使用して Azure Cosmos アカウントに接続するConnect to an Azure Cosmos account using Studio 3T

Studio 3T を使用して Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API に接続するには、次のことを行う必要があります。To connect to an Azure Cosmos DB's API for MongoDB using Studio 3T, you must:

注意

現時点では、Cosmos DB の MongoDB 用 API では、Robo 3T v1.2 以前のバージョンがサポートされています。Currently, Robo 3T v1.2 and lower versions are supported with Cosmos DB's API for MongoDB.

Studio 3T で接続を作成するCreate the connection in Studio 3T

Studio 3T 接続マネージャーに Azure Cosmos アカウントを追加するには、次の手順を行います。To add your Azure Cosmos account to the Studio 3T connection manager, use the following steps:

  1. Azure Cosmos DB への MongoDB アプリケーションの接続」の記事にある手順を使用して、Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API アカウントの接続情報を取得します。Retrieve the connection information for your Azure Cosmos DB's API for MongoDB account using the instructions in the Connect a MongoDB application to Azure Cosmos DB article.

    接続文字列のページのスクリーンショット

  2. [Connect (接続)] をクリックして接続マネージャーを開き、 [New Connection (新しい接続)] をクリックします。Click Connect to open the Connection Manager, then click New Connection

    Studio 3T 接続マネージャーのスクリーンショット

  3. [新しい接続] ウィンドウの [サーバー] タブで、Azure Cosmos アカウントのホスト (FQDN) とポートを入力します。In the New Connection window, on the Server tab, enter the HOST (FQDN) of the Azure Cosmos account and the PORT.

    Studio 3T 接続マネージャーの [Server](サーバー) タブのスクリーンショット

  4. [New Connection](新しい接続) ウィンドウの [認証] タブで、 [Basic (MONGODB-CR or SCARM-SHA-1)] (基本 (MONGODB-CR または SCARM-SHA-1)) の認証モードを選択し、ユーザー名とパスワードを入力します。In the New Connection window, on the Authentication tab, choose Authentication Mode Basic (MONGODB-CR or SCARM-SHA-1) and enter the USERNAME and PASSWORD. 既定の認証データベース (admin) をそのまま使用するか、または独自の値を指定します。Accept the default authentication db (admin) or provide your own value.

    Studio 3T 接続マネージャーの [Authentication](認証) タブのスクリーンショット

  5. [New Connection (新しい接続)] ウィンドウの [SSL] タブで、 [Use SSL protocol to connect (SSL プロトコルを使用して接続する)] チェック ボックスをオンにし、 [Accept server self-signed SSL certificates (サーバー自己署名 SSL 証明書を受け付ける)] オプション ボタンをオンにします。In the New Connection window, on the SSL tab, check the Use SSL protocol to connect check box and the Accept server self-signed SSL certificates radio button.

    Studio 3T 接続マネージャーの [SSL] タブのスクリーンショット

  6. [Test Connection (接続のテスト)] をクリックして接続情報を検証し、 [OK] をクリックして [New Connection (新しい接続)] ウィンドウに戻り、 [Save (保存)] をクリックします。Click the Test Connection button to validate the connection information, click OK to return to the New Connection window, and then click Save.

    Studio 3T のテスト接続ウィンドウのスクリーンショット

Studio 3T を使用してデータベース、コレクション、およびドキュメントを作成するUse Studio 3T to create a database, collection, and documents

Studio 3T を使用してデータベース、コレクション、およびドキュメントを作成するには、次の手順を実行します。To create a database, collection, and documents using Studio 3T, perform the following steps:

  1. 接続マネージャーで目的の接続を強調表示し、 [Connect (接続)] をクリックします。In Connection Manager, highlight the connection and click Connect.

    Studio 3T 接続マネージャーのスクリーンショット

  2. ホストを右クリックし、 [データベースの追加] を選択します。Right-click the host and choose Add Database. データベースの名前を指定し、 [OK] をクリックします。Provide a database name and click OK.

    Studio 3T の [Add Database](データベースの追加) オプションのスクリーンショット

  3. データベースを右クリックし、 [コレクションの追加] を選択します。Right-click the database and choose Add Collection. コレクションの名前を指定し、 [Create (作成)] をクリックします。Provide a collection name and click Create.

    Studio 3T の [Add Collection](コレクションの追加) オプションのスクリーンショット

  4. [Collection (コレクション)] メニュー項目をクリックし、 [Add Document (ドキュメントの追加)] をクリックします。Click the Collection menu item, then click Add Document.

    Studio 3T の [Add Document](ドキュメントの追加) オプションのスクリーンショット

  5. [Add Document (ドキュメントの追加)] ダイアログに次の情報を貼り付けて [Add Document (ドキュメントの追加)] をクリックします。In the Add Document dialog, paste the following and then click Add Document.

     {
     "_id": "AndersenFamily",
     "lastName": "Andersen",
     "parents": [
            { "firstName": "Thomas" },
            { "firstName": "Mary Kay"}
     ],
     "children": [
        {
            "firstName": "Henriette Thaulow", "gender": "female", "grade": 5,
            "pets": [{ "givenName": "Fluffy" }]
        }
     ],
     "address": { "state": "WA", "county": "King", "city": "seattle" },
     "isRegistered": true
     }
    
  6. 今度は次の内容を含む別のドキュメントを追加します。Add another document, this time with the following content:

     {
     "_id": "WakefieldFamily",
     "parents": [
         { "familyName": "Wakefield", "givenName": "Robin" },
         { "familyName": "Miller", "givenName": "Ben" }
     ],
     "children": [
         {
             "familyName": "Merriam",
              "givenName": "Jesse",
             "gender": "female", "grade": 1,
             "pets": [
                 { "givenName": "Goofy" },
                 { "givenName": "Shadow" }
             ]
         },
         {
             "familyName": "Miller",
              "givenName": "Lisa",
              "gender": "female",
              "grade": 8 }
     ],
     "address": { "state": "NY", "county": "Manhattan", "city": "NY" },
     "isRegistered": false
     }
    
  7. サンプル クエリを実行します。Execute a sample query. たとえば姓が "Andersen" である世帯を検索し、parents フィールドと state フィールドを取得します。For example, search for families with the last name 'Andersen' and return the parents and state fields.

    Mongo Chef のクエリ結果のスクリーンショット

次のステップNext steps

  • Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API と共に Robo 3T を使用する方法を学びます。Learn how to use Robo 3T with Azure Cosmos DB's API for MongoDB.
  • Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API を使用した MongoDB のサンプルを調査します。Explore MongoDB samples with Azure Cosmos DB's API for MongoDB.